ご 了解 いただき。 【ビジネスメール】「了解・承諾」の返信例文と書き方・注意点|マナーの虎

「了解いたしました」は上司に使っていいって本当?

ご 了解 いただき

この記事の目次• ご了承いただきありがとうございます の意味 「ご了承いただきありがとうございます」は「納得・承諾してもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご了承の意味は「事情をくんで納得すること、承諾すること」 ご了承(読み:ごりょうしょう)のもとになる単語は「了承」であり、意味は「事情をくんで納得すること」「承知すること」「承諾」 つまり「ご了承ください」だと意味は… 「事情をくんで納得してほしい」「理解したうえで承諾してほしい、認めてほしい」「了解してほしい」のように解釈できます。 すると意味は「納得・承諾してもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご了承」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 了承 = 事情をくんで納得すること、承諾すること• すると「ご了承いただきありがとうございます」の意味は… 「納得・承諾してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 「ご了承いただきありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご了承いただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご了承いただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「了承」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「了承」に謙譲語「お・ご」で 「ご了承」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご了承いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご了承いただきありがとうございます の使い方 つづいて「ご了承いただきありがとうございます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに「納得してもらいたい・承諾してもらいたい」とお願いしたメールに返信がきたとき。 お礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「返信ビジネスメール書き出しの挨拶」 「ご了承いただきありがとうございます」はとくに返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 在庫が無くて納期をのばすよう依頼して「OK」との返事をもらったとき。 -ビジネスメール例文- このたびの在庫不足にともなう納期調整に際し、 ご了承いただきありがとうございます。 のようにして使うと丁寧です。 「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」が丁寧 ただ注意点として「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」「感謝申し上げます」としたほうが丁寧な印象となります。 お礼のフレーズは「ありがとう」だけじゃなくって本当にたくさんあります。 お詫びをともなう時は「恐縮・恐れ入る」などを使うと丁寧 またお詫びシーンではお礼よりも「恐れ入ります=申し訳なく思う」「恐縮です=恐れ入ります」というように申し訳なく思う気持ちをあらわすフレーズをつかったほうがよいシーンもあります。 そうすると…以下の例文のほうがよいでしょうね… 「ご了承くださいまして~」の「ください」は「くれる」の尊敬語「くださる」を使っています。 どちらを使っても結局は同じことを述べています。 「ご了承いただき vs ご了承くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご了承いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご了承くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」+接続詞 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご了承いただく=納得・承諾していただく」なのか「ご了承くださる=納得・承諾してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご了承いただきありがとうございます」「 ご了承くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご指導して くださりありがとうございます」 「 ご指導 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご了承」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご了承いただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご了承」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご了承」 お礼シーンだけじゃない「ご了承」の使い方。 ほかには何かしらの不都合がおきて目上や上司・取引先に「納得・承諾してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「ご了承くださいますようお願い申し上げます」 意味は「納得・承諾してくれるようお願いします」• 例文「ご了承のほどお願い申し上げます」 意味は「納得・承諾してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご了承いただければ幸いです」 意味は「納得・承諾してもらえたら嬉しいです」• 例文「ご了承いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「納得・承諾してもらいたいと思います」• 例文「ご了承いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「納得・承諾してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご了承いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「納得・承諾してね!よろしく」という意味なのです。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご了承くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご了承くださいますよう お願いいたします」「ご了承くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご了承くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご了承」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「誠に恐縮ではございますがご了承〜」 「大変恐縮ではございますがご了承〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「誠に恐れ入りますがご了承〜」 「大変恐れ入りますがご了承〜」 「たびたび恐れ入りますがご了承〜」• お手数=お手間 「誠にお手数お掛けしますがご了承〜」 「大変お手数ではございますがご了承〜」•

次の

諸々の意味と使い方・ビジネス/日常での使い方例文7つ

ご 了解 いただき

お願いや依頼された時の英語の返事で、カジュアルな「了解」、少しフォーマルな「了解しました(分かりました)」や「承知しました」は、どう言ったらいいのでしょうか。 今すぐ知りたい!という方に、色々な言い方の『』をご用意していますので、そちらをご覧ください。 下記の場面で「了解しました」の英語は変わってくるので注意が必要です。 内容・状況を理解した場合の言い方• 依頼を受けた場合の言い方• 確認したことを伝える場合の言い方 また、SNSやビジネスのメールで書く場合も異なります。 少しややこしいな~と思われたかもしれませんが、先ずは一通り確認して、2~3つ個ほど使いこなせるようになることからスタートしましょう! のちに、一つの表現だけではなく、しっかりと色々な言い方をマスターできれば、ネイティブ感覚で使えるとかっこいいですよ。 最後には、どれくらい「了解しました」の英語を理解したのかを試せる、 「まとめクイズ」を用意していますので、チャレンジしてみましょう! よって今回は、日本語の「了解しました」はとても便利な表現なのですが、英語ではその内容によって、様々な表現があります。 メールや口頭、相手の立場によって、適切な「了解しました(分かりました)」を使いこなせるように、それぞれの言い方を時と場合に分けてご紹介します。 【目次】 1-1.カジュアルな英語で「了解しました」|内容理解編 ・「OK. 」 ・「All right. 」 ・「I get it. 」 ・「Sounds good. 」 ・「I see. 」 1-2.フォーマルな英語で「了解しました」|内容理解編 ・「I understand/I understand it. 」 ・「Understood. 」 2-1.カジュアルな英語で「了解しました」|依頼への返事編 ・「No problem. 」 ・「You got it. 」 ・「Will do. 」 2-2.フォーマルな英語で「了解しました」|依頼への返事編 ・「Certainly. 」 ・「Absolutely. 」 ・「Sure. 」 ・「That would be fine. 」 ・「I would be happy to. 」 3-1.カジュアルな英語で「了解しました」|内容確認編 ・「I get the point. 」 ・「Roger. 」 ・「Copy. 」 ・「Noted. 」 3-2.フォーマルな英語で「了解しました」|内容確認編 ・「Thank you for your ~. 」 ・「I have recieved your ~. 」 ・「I acknowledge ~. 」 0.すぐに使える!英語の「了解しました」の早見表 ここでは、主に3つの場面で(それぞれカジュアルとフォーマル)、今すぐに日常英会話やビジネス、またメールなどで活用できる「了解しました」の表現をいくつか厳選しています。 しかし、早見表の後の記事にて、他の言い方、またその使い方や場面での使い分けなど、しっかりと習得した方が一気に英会話力がUPします。 /All right. I agree with you. No problem. /You got it. Certainly. /Sure thing. Roger. /Copy. /Noted. Thank you for ~. /I appreciate ~. 1-1.カジュアルな英語で「了解しました」|内容理解編 友達同士や家族の間で、口語表現で気軽に使える「了解!」、「了解です」というニュアンスのフレーズです。 1-1-1.「OK. 」 「OK. 」(オーケイ)は、もっとも一般的な言い方で、とてもカジュアルな表現です。 日本語でも「オーケー」と使いますね。 これはオールマイティーな使い方ができ、内容を理解した時だけではなく、依頼を受けた場合、確認したことを伝える場合にも使えます。 1-1-2.「All right. 」 「All right. 」の直訳は、「分かりました」や「大丈夫です」です。 ネイティブもよく使う表現で、依頼を受けた時にも使える「了解しました」です。 発音は「オーライ」のようにするのが自然です。 ビジネスシーンでも使えますが、少しだけカジュアルな言い方です。 1-1-3.「I get it. 」 「I get it. 」は、「了解しました」、「理解しました」、「分かりました」という時に使います。 現在形の表現になるので、分かった直後に使うのが自然です。 また、発音は「アイ・ゲティット」か「アイ・ゲリット」がスムーズです。 「get it」の「tとi」の発音を重ねる感じです。 これは、『』の記事でも解説しているとおり、リンキング(リエゾン)という英語独特の発音方法で、「アイ・ゲット・イット」と日本人訛りで発音すると違和感があるので注意が必要です。 直訳で「手に入れる」ということから、自分の中で腑に落ちた、分かったということで使われます。 映画のシーンなどネイティブが頻繁に使う表現の1つです。 「I got it. 」は、「I get it. 」の表現を過去形にしたものになります。 」という表現もあります。 省略しないと、「I have got gotten it. 」という英文です。 微妙な差なのでどちらを使っても間違いではなく、明確な差はありませんが、「すでに分かっているよ」と、前から言われていたことなどにも使います。 」と表現する場合もあります。 この場合の発音も、「got it」の「tとi」の発音を重ねて言いましょう。 1-1-4.「Sounds good. 」 「Sounds good. 」は、「いいですね!了解しました」という時に使える表現です。 主語の「It」を省略したフレーズで、直訳は「それはいい感じに聞こえます」となりますが、「分かりました」というニュアンスが含まれるので、依頼を受けた時にも使える表現です。 また、「good」の部分を代えて、 「Sounds great. 」(素晴らしいですね)や 「Sounds perfect. 」(完璧ですね)などの英語でも、「了解しました」を表現できます。 1-1-5.「I see. 」 「I see. 」は、「分かりました」というニュアンスが含まれる「了解しました」です。 ここでの「see」は「見る」ではなく、「分かります」という意味になります。 ビジネスでフランクに使っても問題ありません。 1-2.フォーマルな英語で「了解しました」|内容理解編 ここでは、目上の方、仕事の上司、ビジネスメールでも使える表現を厳選しました。 1-2-1.「I understand/I understand it. 」 「I understand. 」(アイ・アンダースタンド)は、内容を理解して「了解しました」という時に使えるフレーズです。 カジュアルな「I see. 」より、更に丁寧でビジネスなどでよく使います。 フォーマルなメールなどの文章でも口頭でも使える便利な表現でもあります。 現在形なので、「たった今、分かりました」というニュアンスが含まれています。 この場合は過去形にしないので注意しましょう。 また、それに似ている 「I understand it. 」は、「それについて了解しました」としっかりと何について理解したのか?を強調した「了解しました」になります。 1-2-2.「Understood. 」 「Undertood. 」は、先ほども出てきた「understand」の過去形ではなく、過去分詞です。 「It is undertood. 」の略で、「了解致しました」というニュアンスに近く、目上の上司などに言う口語的表現です。 ビジネスメールの場合は、略さずに「It is understood. 」と書くのがベターでしょう。 」 「I agree」は、少しフォーマルな「了解しました」となります。 ビジネスでの口語やメールなどにも使えます。 「agree(アグリー)」は「同意する」という英語です。 「~について承知いたしました」という、何かに同意したニュアンスが含まれています。 前置詞が「to」か「with」かにより使い方が異なります。 I agree to~. 例)I agree to it. I agree with~. 例)I agree with you. 「agree」の使い方は、でも詳しく解説しています。 また、これに似てる 「I consent to ~(動詞など)」がありますが、少し硬い表現なので、ネイティブが送ってきたメール内などに書かれているケースもあるので、知っているだけでOKです。 」との違いは、「I consent」の方が、積極的に同意する意味合いが含まれています。 「consent(コンセント)」は「同意する」の英語です。 2.依頼を受けた返事での英語の「了解しました」 何かを頼まれた後の、返事での「いいですよ、了解しました」や「了解です。 そうします」などという英語の表現になります。 2-1.カジュアルな英語で「了解しました」|依頼への返事編 口語でカジュアルに使える表現から見てみましょう。 2-1-1.「No problem. 」 「No problem. 」(ノー・プロブレム)は、「問題なくできます」という意味が含まれています。 ネイティブが日常会話でもよく使う表現で、代表的な会話のやり取りの1つです。 ビジネスのシーンでも使えます。 また、少しフォーマルな言い方をすると、 「I have no problem with it. 」や 「I have no problem whatsoever. 」という表現にすれば丁寧な言い方になります。 「whatsoever(ワッツソーエヴァー)」は「全く」という英語です。 2-1-2.「You got it. 」 「You got it. )を直訳すると「あなたは手に入れました」となるので、そこから「任せて。 私がやります。 (なので、あなたは手に入れました)」という感じです。 「I got it. (内容を理解した時の表現)」の主語が相手(You)になっています。 依頼された時の返事に使います。 カジュアルな表現です。 この使い分けができると、よりネイティブに近い感覚ですが、フォーマルな場面や、目上の方などに使うのは避けた方がいいです。 」も、気軽に使える表現です。 「それはいいですよ、大丈夫です」というニュアンスになります。 」と表現する場合もあります。 2-1-4.「Will do. 」 「Will do. 」は、「(了解!)分かりました、やります」というときに使います。 カジュアルに気軽に使える表現です。 「I will do it. 」を略した言い方です。 これから取り掛かりますというニュアンスが含まれます。 2-2.フォーマルな英語で「了解しました」|依頼への返事編 ビジネスシーンでよく使われる敬語的フォーマルな表現を厳選しています。 2-2-1.「Certainly. 」 「Certainly. 」(サートゥンリー)の直訳は、「確かに(そうします)」となります。 上司や目上の人、お客さんに対してなど少しかしこまった口語の敬語的表現で、ビジネスなどフォーマルな場面でよく使います。 2-2-2.「Absolutely. 」 「Absolutely」(アブソルートリー)は、「完全に、確実に(そうします)」という時に使います。 当然です、もちろんですという丁寧な口語表現になります。 「Certainly. 」より更に強調した言い方だと捉えて下さい。 2-2-3.「Sure. 」 「Sure. 」(シュアー)は「もちろん!」という意味で、カジュアルでも使える口頭表現です。 これを 「Sure thing. 」にすると、「承知いたしました」や「かしこまりました」となり、少しフォーマルな言い方になります。 2-2-4.「That would be fine. 」 「That would be fine. 」もよく使います。 」の丁寧語となります。 2-2-5.「I would be happy to. 」 「I would be happy to. 」は、自分の感情(喜んで)を表現している、「了解しました」となります。 「to」の後ろの動詞はあえて言わずに、頼まれたことを、喜んで承諾しているニュアンスです。 3.確認したことを伝える時の英語の「了解しました」 相手に内容の理解というより、単純に確認しました(ありがとうございます)というニュアンスが含まれる表現が主です。 3-1.カジュアルな英語で「了解しました」|内容確認編 もちろん、「OK. 」などの表現も使えますが、ここでは別の言い方を習得しましょう。 3-1-1.「I get the point. 」 「要点を確認しました」という時に、この表現を使います。 「point」(ポイント)は、ここでは「要点」という意味です。 「理解して了解しました」という時にも使えます。 また、「あなたの言いたいことは分かったよ/分かった」という場合は「I get your point. 」というフレーズが使えます。 3-1-2.「Roger. 」 「Roger. 」は、「ラジャー」という、日本語でも使われている「了解しました」の表現です。 元々は軍隊などで使用されていた電気通信での表現だったのですが、今ではカジュアルな場面で、少し冗談混じりや友人との間で使います。 「Roger that. 」となると、「それを了解しました」となります。 3-1-3.「Copy. 」 「Copy. 」(コピー)も、「Roger. 」と同じように気軽に使える表現です。 「Copy that. 」も同様です。 こちらも軍隊やその関連のドラマ・映画などでもよく使われます。 3-1-4.「Noted. 」 「留意します」というのが直訳です。 この表現もSNSやメールでよく使われます。 口頭ではあまり使わない表現です。 「Noted. 」(ノーティッド)だけでも構いませんが、最後に「with thanks」を付けると、感謝の気持ちが込められた少し丁寧な表現になりますが、「Well noted. 」同様に、上司や目上の人には基本的に使いません。 3-2.フォーマルな英語で「了解しました」|内容確認編 特にビジネスメールで使える表現が多いので、是非活用してみましょう。 日本語で次のような場合に使えます。 特にビジネスメールで役立ちます。 日程(スケジュール)、了解しました。 ~の件、了解しました。 状況、了解しました• 内容、了解しました など。 3-2-1.「Thank you for your ~. 」 「ご連絡ありがとうございます」や「メールの内容を了解しました」という時に使います。 「Thank you for your correspondence」はよくビジネスメールで使う表現です。 「correspondence」(コリスポンデンス)は、文通、通信という意味で、主にメールの返信で使う丁寧な言い方です。 でも説明している通り、「Thank you very much for your reply. (返信ありがとう)」や「Thank you for your e-mail. (メールありがとう)」などでも「了解しました」を表現できます。 「感謝する」という単語の 「appreicate」(アプリーシエイト)を使って、「I appreciate your e-mail. 」とすると、更に丁寧になります。 また、「ありがとうございます」の様々な言い方は、で紹介していますので、お時間がある時にでも参考にしてみて下さい。 3-2-2.「I have recieved your ~. 」 直訳では、「私はあなたの~を受けとりました」となり、「~を了解しました」となります。 基本的には現在完了形を使います。 「I have recieved your request. (あなたの要望を確かに受け取りました)」、「I have recieved your e-mail(あなたのメールを確かに受け取りました)」などです。 この一文で、先ほど例を挙げました、「~の件、了解しました」、「状況、了解しました」、「内容、了解しました」などを網羅できます。 次に説明する「acknowledge」と同様にそのまま「了解しました」という英文の時に使えます。 の記事も参考にしてみて下さい。 3-2-3.「I acknowledge ~. 」 「acknowledge(アクノリッジ)」は「認識する」という動詞で、ここでは一番フォーマルな言い方です。 「スケジュール、了解しました」などは、「I acknowlege the schedule. 」などと書きます。 「meeting(打ち合わせ)」などにも使えます。 まとめクイズ:「了解しました」の英語を正しく使い分け! 様々な「了解しました」の表現をお伝えしてきましたが、英語は日本語よりもより具体的な言語です。 相手の質問や依頼に対して、自分が「理解しました」、「やります」、「確認しました」を場面毎に変えて、最終的には適切な表現を使い分けられるのがベストです。 しかし、冒頭でもお伝えしましたが、先ずはここでご紹介したものから、2~3個ピックアップして実際に使うことからスタートしましょう! それでは、最後に次の問題を解いてみましょう! 【問題】• 「sure」を使った少しフォーマルな「了解しました」の英語フレーズは?• 「get」を使ったカジュアルな「了解しました」の英語フレーズは?• SNSやメールでもよく使われる確認したことを伝える「了解しました」の英語フレーズは?• 「I agree to~. 」と「I agree with~. 」の違いは?• いつでもカジュアルに使えて、一番簡単な「了解しました」の英語フレーズは? いかがでしたか? 今すぐ読んだ「了解しました」に関する英語でもてこずりますよね。 答えを確認して、少しずつでもしっかりマスターしていきましょう! 【解答】• Sure thing. I get it. 「Noted. 」、または「Noted with thanks. 「I agree to~」の「to」の後ろは、名詞か代名詞がきます。 また、「I agree with~. 」の「with」の後ろは、人が入ります。

次の

「ご理解ください」と「ご了承」「ご容赦」の正しい使い分けと例文集

ご 了解 いただき

「ご理解」の意味 「ご理解」は「内容を飲み込む」という意味 「ご理解」とは「内容を飲み込む」や「相手の立場をよく知ること」という意味の言葉です。 「ご理解」は「理解」に、丁寧な表現をする際に使われる接頭語の「御(ご)」を加えた敬語表現であるため、目上の人へ使うことができます。 「ご理解」の類語とその違い 「ご理解」の類語 「ご理解」の類語には「ご了承(りょうしょう)」や「ご容赦(ようしゃ)」が当てはまります。 類語ではあるものの使えるシーンは異なるため注意が必要です。 「ご理解」と「ご了承」の違い 「ご理解」は相手に意味や内容を飲み込んでもらう際に使うと説明しましたが、「ご了承」は相手に意味や内容を飲み込み、受け入れてほしいという意味を持つ言葉で、これから起こる未来の事柄を対象に使われます。 「ご理解」と「ご容赦」の違い もう1つの類語「ご容赦」は、起きてしまった出来事に対して理解を求める際に使われ、「大目に見てほしい」「許してほしい」という意味で使われます。 「ご理解」「ご了承」「ご容赦」はそれぞれ「意味や内容を飲み込む」という意味ではありますが、状況によって使い分ける必要があるので注意してください。 ビジネスにおける「ご理解」の使い方と注意点 「ご理解ください」は使う際に注意 目上の相手に理解を求める際に使われる「ご理解ください」という言葉ですが、相手によっては不快感を表す人もいるため注意が必要です。 「ご理解ください」という言葉自体は敬語表現であり、表現として間違いはありません。 しかし「ください」という言葉が命令形であるため目上に対して相応しくないと捉える人もいます。 個人の捉え方によるものですので、間違いであると断定はできませんが使わない方が無難でしょう。 命令形以外を使って理解を求める際は「ご理解賜わりますようお願い申し上げます」や「ご理解いただきますようお願い申し上げます」と言い換えることができます。 「の程」を付けて丁寧な表現に 相手に理解を求める際は「ご理解の程よろしくお願い致します」となります。 腕曲表現である「の程」を付けることで文章が和らぎ、丁寧な印象を相手に与えることができます。 理解することを強く願う際は「何卒」を使う 相手に対し強く願う際に使われる「何卒」を使うことで、相手に理解を強く求める文章となります。 「何卒ご理解いただきますようよろしくお願い致します」や、更に丁寧に表現したい場合は「何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」と使ってください。 理解と協力を求める際は「ご理解ご協力」 目上の相手に理解だけでなく協力も求める際は「ご理解ご協力いただきますようお願い致します」となります。 ビジネスメールや文書にて相手に理解と協力を願う際、文末に使うことで丁寧な印象を与えます。 他にも、理解と了承を求める際の「ご理解とご了承の程よろしくお願い致します」や、理解と援助を求める際の「ご理解の上お力添えいただきますようよろしくお願い致します」など、理解に加えて求めるものがあった際の言い回し方は多く存在します。 状況に合わせて使ってください。 理解への感謝を表す「ご理解いただきありがとうございます」 相手が意味や内容を飲み込んでくれた際はしっかりと感謝の言葉を表すことがマナーと言えます。 「ご理解いただきありがとうございます」や「ご理解いただきましたこと感謝申し上げます」と感謝の気持ちを伝えてください。 ビジネスメールでの「ご理解」を使った例文 「ご理解のほどよろしくお願い致します」を使った例文 理解を丁寧に求める際に「ご理解のほどよろしくお願い致します」と使うことができます。 例えばメールの返信に時間がかかることを相手に理解してもらう場合は「ご返事が遅れる場合がありますが、ご理解のほどよろしくお願い致します」となります。 「ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます」を使った例文 相手に理解してもらうことに加えて許しを請う際に「ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます」が使えます。 お問い合わせに対応することはできませんが、ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます」となります。 まとめ 「ご理解」とは意味や内容を飲み込むという意味があり、目上の相手へ使える敬語表現です。 「ご了承」や「ご容赦」など似た意味を持つ言葉はありますが、それぞれ状況によって使い分ける必要があるため注意してください。 また、命令形など使い方によっては相手を不快にさせることもあります。 正しい使い方で会話をスムーズに進めましょう。

次の