野良猫 な つく。 中途半端な優しさが一番残酷?野良猫の餌付けから始まる「悲しみの連鎖」

中途半端な優しさが一番残酷?野良猫の餌付けから始まる「悲しみの連鎖」

野良猫 な つく

野良猫は、女性が好き! 小柄な女性 優しい小柄な女性が大好きです。 猫の扱い方がうまいのでしょう。 やさしくやさしく接することがなつくための1歩ですね。 40代女性の声が心地がよい 猫が男性より女性になつく傾向は、声にあります。 猫の耳はとても感度がよく、6万~10万ヘルツ。 人間で1. 5~2万ヘルツとかなりの差があります。 男性の声だと、音が低く感じて怖い印象を与えます。 猫が好きな声はすこし高めのゆっくりとした声です。 お母さんくらいの40代女性の声がこれに当てはまります。 男性は声をすこし高く赤ちゃんを癒すような声だと、猫がよってきます。 高い声を出してやさしくしてみましょう。 野良猫にあったら目をそらす 野良猫の目は、敏感 猫同士が、にらみ合いしている場合があります。 目と目があったら最後、喧嘩が始まります。 人間は、目と目合わせると親近感を覚えますが、猫の場合は逆ですね。 寄ってきても目をそらし、触らない 野良猫が寄ってきたら、触りたくなります。 ここは、我慢してください。 目をあわさないでください。 もし、野良猫があなたを敵だと認識したら、襲ってきます。 野良猫の気が済むまで触らないでじっとしています。 基本的には放置がよい 野良猫を追い詰めてはいけません まだ、野良猫がなついていないにもかかわらず、こちらから距離を詰めると逃げてしまいます。 固く座って、猫がよりやすいように雰囲気つくりをしましょう。 野良猫が匂いを嗅いでくれるまで 見て見ぬふりをしながら、野良猫が寄ってくるのを待ちます。 近付いてきて匂いを嗅いだとしても放置してください。 野良猫も興味あって寄ってくるのですから。 これを何回か繰り返すとすこし親近感がわきます。 基本は、あくまでも放置です。 焦ってはいけません。 野良猫は激しい動きが嫌い アピールをしない 野良猫を見かけたら、手を大きく振り回したりと脅すようなアピールをしていけません。 猫がびっくりして逃げてしまいます。 お婆ちゃんのような静かさで おばちゃんと猫は、よくイラストなどで見かけますね。 あれぐらいの関係がいいですね。 ゆったりとした動作。 小幅で歩く姿は野良猫にとって、好まれるようです。 同じ大きさだと、親近感が湧く 体育座りが野良猫に受けがよい 自分の体よりも大きいほうが猫に威圧感を感じます。 猫は自分の体格くらいなら、寄り付きやすいです。 体育座りがいいですね。 子供や赤ちゃんには近付きやすい 飼い猫や一般の猫の大きさなら、安心して子供や赤ちゃんやお婆ちゃんに近付きやすいでしょう。 ただし、野良猫の場合は何か病気を持っている可能性があります。 できれば、子供で野良猫を寄せないようした方がいいですね。 野良猫の気持ちのよいところを探ってみる 犬と猫との喜ぶポイントが違う 犬は、どこを触ってもうれしいしっぽふりをします。 猫は、体の場所によっては反応がないときがあります。 猫は背中を触ると嫌がる 普通犬の場合、頭や背中などを触りますが、猫の場合は、背中を触ると嫌がることが多いです。 背中を押された感じを受けるのでしょうね。 頭や首周辺、しっぽの手前の一部がよい 頭や首周辺、しっぽの手前に一部には、よい反応を示します。 もちろん好みは違いますが。 実際、触りながら確認するといいですね。 触りながら、野良猫の反応を見る 個体ごとの反応を見る 触っていると、猫が気持ちのよい反応をしはじめます。 猫の方から、体を押しつけきます。 個体ごとによって反応が違いますから、確認していきましょう。 なでなでしてみる なでなでしただけでなつく猫もいます。 逆になでなでが嫌いな猫もいます。 特に野良猫がいっぱいいるところでは各個体の性格が違います。 なついてくる野良猫をさらに感度よくなでなでするとなつかれてしまうかもしれませんね。 野良猫は体臭に敏感 香水はNG 猫は、匂いにとても敏感な動物です。 人間にとって香水は、猫にとっては臭いの一言で終わります。 柑橘系の匂いは避けましょう。 洗剤やせっけんもNG せっけんや洗剤など無臭なものができているので大丈夫だと思われがちですが、猫はかなりの嗅覚を持っています。 敏感に反応します。 できるだけ自然な匂いの方が、近付きやすいですね。 野良猫に食べ物を与えるのはどうか? 猫用チーズ・キャットフード・お菓子 食べ物を与えることによって、急に野良猫がやってきて人気が出ると思います。 ただしあくまでも一時しのぎです。 食べ物をあげたあとが肝心 食べ物を与えても、その場しのぎです。 近所迷惑にもなりかねません。 しっかりとルールを守り、一定の時間に餌やりをできること、最後まで面倒を見れることなど責任を持ちましょう! 猫は、時間の概念がない 長く接してるとなつく? 人間は、猫に対してあの手この手でなつかせようとします。 「これだけ時間かけているからなつくはず」と思っている人は要注意です。 長く接しているからといって、なついてくるわけではありません。 ただ、人に慣れただけです。 会わない日があると猫は忘れる 猫はふらっとどこかへ出かけてしまうことがあり、いない間は撫でられたことも忘れることもあります。 楽しい時間を忘れさせないために 野良猫相手でも、やはり愛情をもって接することです。 たとえ野良猫に忘れられても人の記憶には残ります。 恥を承知で野良猫に声をかける 高い声でやさしく お目当ての野良猫がいたら、声をかけましょう。 ただし、やさしく・謙虚に対応します。 興味を持って来ればラッキー 声をかけて興味を持ってくれたら、すこしづつ距離を縮めます。 とにかく、「あなたを見てますよ」とサイン送りつづけましょう。 猫は人差し指が好き 人差し指で誘導 猫は人差し指で指されるとその先を見ようとします。 自分の前で人差し指を持ってくるのですから、「これは何?」と興味が湧くのでしょうね。 捉えたい感情は封印 人差し指で興味を示しても我慢です。 絶対領域である2m以内になったら、体を丸め座り、自分も人差し指を見ながら猫の視線を外します。 猫の警戒心を解こう 猫の視線を感じても、焦らないこと。 人差し指で猫に匂いを嗅がせて、自分の姿や雰囲気、匂いを感じてもらいます。 これを繰り返すと猫の警戒心がほぐれていきます。 野良猫を手の甲で触ろう 人差し指と同時に 人差し指で猫がよってきて、慣れてきたなと思ったら、反対の手の甲で猫に近付けてみましょう。 手の平では逃げてしまう 手の平だと、掴まれるのではないかと警戒します。 手の甲だとその心配がないので猫が嗅いできます。 やさしく声かけ 猫が人差し指や手の甲まで、来たらやさしく声をかけましょう。 まるで恋人に出あったように。 野良猫に無理をさせない 無理な行動は慎むこと もともと警戒心に強い猫です。 ましてや野良猫は、自由に育っているので人間という生き物を知りません。 お互いが理解していないうちは、無理な行動は慎むことが大切です。 嫌われても、他にも猫はいる たくさんの野良猫たちがいるところへ行って取り合ってくれなくても、場所が変わればほんのひと時の間でもなついてくれる野良猫が必ずいます。 とにかく、野良猫を仲良くなりたいという気持ちを持ち続けることが大切です。 野良猫を触ったら、手を洗おう 野良猫にどんな病気を持っているかわかりません。 消毒用の洗剤で手をかならず洗いましょう。 まとめ 野良猫をなつかせるには、誠意を持つこと。 野良猫は本来孤独な動物です。 しかも、いろいろな個体がいますので、なつく猫も入れば、遠巻きで見ている猫もいます。 自分本位で、おもちゃみたいな扱いで接すると、猫にもそれが伝わります。 恋人を扱うように・・・。 お互いを知ることです。 素直に敵意がなく、誠意を持って接してみましょう。

次の

野良猫を飼うには?│猫のよくあるご相談│ニャンとも清潔トイレ│花王

野良猫 な つく

メスの野良猫は集団行動をする メスの野良猫は、ライオンさながらに群れを作って生活をすることが多いです。 基本的にはメス猫と子猫を中心とした生活をしています。 子猫の中でもオスの子猫たちは、大体1歳から2歳になる頃には自立をして群れから離れますが、メスの子猫たちは母猫と共に生活をします。 群れで生活をすると言っても、四六時中ともに生活をしているわけではなく、縄張り内で各々食料を求めて行動範囲内で生活をしています。 集団行動をするメス猫たちは、安定した食料を確保していることが多く、近所にごはんを与えてくれる人がいたりします。 そのため、集団行動をするメス猫たちは、行動範囲はそこまで広くはありません。 もちろん単独で行動するメス猫もおり、単独行動をするメス猫は、主にネズミ等の野生動物を食料にすることが多いため、自然と行動範囲は広くなります。 単独行動をするメス猫が、集団行動をしているメス猫たちの仲間に入ることは難しいため、集団行動をするためには繁殖をするためにオス猫を探す必要があります。 オス猫は基本的に単独行動をする オス猫は、マイペースに単独行動をすることが多いです。 行動範囲は広く、メス猫の発情期になると、その行動範囲は3倍以上になるとも考えられています。 オス猫は、様々なメス猫と交尾をするために至る場所を渡り歩き、交尾をしていきます。 そして発情期が終わると、また放浪をして生活をします。 オス猫がその後子育てに加わることはなく、その理由は近親交配を本能的に避けていると考えられています。 毎日の生活に重要な「食事」について 野良猫はどのように毎日の食事をしているのでしょうか?野良猫の食事の事情は、非常に過酷なものです。 まず、猫は肉食動物であるため、動物性タンパクが必要になります。 そのため、ネズミやカエル、鳥等を食べて栄養を摂らなければなりません。 それには狩りの能力が必要であり、狩りも毎日安定して成功をすることがあるとは限りません。 そのため、野良猫は食料を求めて放浪をし、ゴミを漁って食べられるものを探したり、近所の人からごはんを与えてもらって生活をしています。 冬になると野生動物は冬眠をしたり、街中に姿を現すことが少なくなるため、さらに過酷な生活が続きます。 空腹と寒さとの闘いです。 暖をとるための場所を探さなければなりませんし、食料の確保もしなければなりません。 また、飲み水も簡単に手に入るわけではなく、雨水や人間の生活から出る水を飲んでしのいでいることが多いです。 野良猫は、決して健康的であるとは言えない生活をしています。 野良猫の問題 野良猫が生活している近所の人たちは、野良猫たちの糞尿や爪とぎによる被害があるため、迷惑と感じている人も少なくありません。 そのため、野良猫へごはんを与えることも決して良いこととは言えません。 野良猫にごはんを与えるということは、野良猫の寿命を延ばすことに繋がります。 野良猫は、基本的に毎日楽しく生活をしているわけではありません。 そのため、野良猫が繁殖するということは、良いこととは考えにくいです。 一部の地域では、地域猫と呼び、野良猫を保護したあとに避妊手術をし、再び野良猫として生活をさせるといった対策をしています。 そうすることで、野良猫の生活環境を害することなく、時間が経つにつれて自然と野良猫の数が減っていくのです。 まとめ 野良猫は、自由奔放に生活をしているように見えますが、非常に過酷で、猫好きであればかわいそうと感じてしまうような生活をしていることが多いです。 野良猫がいなくなり、すべての猫が幸せに生活をすることができるように、私たち人間にできることを考えてみてはいかがでしょうか。 犬の病気 症状から探す• 部位から探す• 病名から探す•

次の

野良猫にも使える!猫があっという間になつく11の方法

野良猫 な つく

街中で好きなように過ごしている野良猫に遭遇したことがあるでしょうか。 やはり野良猫は飼い猫に比べて、かなり警戒心が強いですよね。 「こっちにおいで~」と優しく声をかけてみると、こちらを伺っている野良猫。 できればヨシヨシしたい!という気持ちも猫好きならば当然ありますよね。 警戒心が強い野良猫が、会ったばかりの人間になついたりすることはあるんでしょうか。 今回は野良猫がぴっとりとなついてくれる方法をご紹介します。 警戒心が強い野良猫だからこそ、嫌われないためのポイントもあるので注意ですよ。 野良猫でも人間になつくことがある 人間に対してあまりなつくことのない野良猫ですが、人間側のやり方によってはなついてもらうこともできます。 やはり大人になっている成猫よりも、生まれたばかりの子猫の方が人になつきやすいでしょう。 もちろん成猫でも、繰り返し優しく接していくことで少しずつではありますが警戒心を解いてくれることもありますよ。 野良猫と接する時に注意すること では、野良猫と実際に接する時にどのように注意したらいいのか考えてみましょう。 高すぎず低すぎず、優しい雰囲気の声を出す 猫は基本的に低い音が苦手で、〈怖い〉と感じてしまう傾向にあります。 やはり男の人の低い声は怖がってしまいやすいですし、女の人や子どもの声は安心しやすいようですね。 ただし、子どもはいきなり向かってきたりして行動が読めない分、野良猫は警戒するんですけれど。 野良猫もやはり優しい雰囲気の声が好きなので、まずは優しく「猫ちゃ~ん、おいで~」「かわいい猫ちゃんだね~」などと語尾を上げながら話しかけてみましょう。 まずはしゃがんで野良猫の警戒心をとく 猫は背が低くてとっても小さいですよね。 だから立っている人間のことはかなり大きく見えるんです。 人間に慣れていない野良猫なら、いつにも増して恐怖心が沸いてしまうかもしれません。 ですから、野良猫を見つけたらしゃがむようにして体勢を低くして、野良猫を怖がらせないようにしてあげましょう。 野良猫がかわいいからって言って、サササーッと近づいてしまうとすぐに警戒されてしまいますよ。 猫を見つめすぎて警戒されないようにする 猫にとって、視線を合わせるということはつまりケンカを売ることを意味します。 こちらはかわいい!と思って見ていても、猫にとっては恐怖になることがあるのです。 〈私は敵じゃないんだよ〉ということを理解してもらうために、視線は合わせず少しそらしながら、さりげなく近づいていきましょう。 いきなり野良猫をさわらずに、まずは近づいてくるのを待ってみよう 飼い猫なら頭をヨシヨシしてあげると喜びますが、それと同じような感覚で触ろうとすると野良猫からは警戒されてしまうでしょう。 自分が野良猫になったと想定してみて……いきなり自分の頭に向かって大きな手が伸びてきたら、ビックリしてしまいませんか? 猫は自分に興味があるものの臭いをかぐ、という習性がありますよね。 自分から触りに行くのではなく、さりげなく手を出して待っておくようにしておきましょう。 この時、人差し指を出してみるのがポイントです。 猫はこうされるとついつい、その指の先に注意を集中させてしまうものです。 しばらくすると野良猫はその手を興味深そうにクンクンと嗅いできてくれるかもしれせん。 それで〈この人間は危険がないようだ〉と判断してもらえれば、身体を触らせてもらえるかもしれませんよ。 まずは手の平よりも手の甲を使って触れてみる もし野良猫が人差し指や手をクンクンしてくれたら、次の段階に進みましょう。 ここで猫を触る時に手の平を出すと、〈捕まえられてしまう〉と警戒して逃げてしまうことがあります。 触る時は必ず野良猫に向かって優しく話しかけながら。 「猫ちゃ~ん、触らせてね~」など、少し高めな声で優しく声かけを。 そして、なるべく手の平よりも手の甲を使って猫を触るようにしましょう。 この時の触るタッチの仕方は限りなく優しく弱い力で…… 触る場所は猫が比較的無難に触らせてくれる頭や、背中などがいいでしょう。 そこでもし猫が少しでも不快な空気を見せたなら、触るのはやめておいてくださいね。 野良猫を触ったあとには必ず石鹸できれいに手を洗う 野良猫は外で暮らしていますし、普段どこに居るのかも、どこで何を食べて生きているのかも分かりません。 だから、未知の雑菌などを持っている可能性ももちろんあります。 野良猫を触ったあとには必ず手を洗うようにしてくださいね。 石鹸で入念に洗って汚れを洗い流してください。 特に子どもの場合には大人に比べて、肌が敏感な場合が多く、猫を触ったことで身体にブツブツなどが出ることもありますので、手洗いは徹底しましょう。 野良猫に餌をあげる場合は、人間側の決意が必要 野良猫をさわることと、餌をあげることは似ているようで大分違ってきます。 餌をあげるとどうしても猫が繁殖しやすくなってしまいますから、個人的には野良猫には餌をあげるべきではないと考えています。 野良猫に餌をあげることで近隣の人に迷惑がかかることがある 野良猫に餌をあげてしまうと、それからはその場所が毎日のルートになってしまうことでしょう。 そうするとその近隣の庭先で排泄などをすることになります。 猫の尿などは本当に臭いため、近隣の人にはかなり迷惑になっめしまいます。 全ての人が猫好きであるわけではないことも理解しておく必要があります。 そして野良猫に餌をあげる行為は、繁殖によってまた野良猫の数が増えてしまうということなんです。 たくさんの野良猫が保健所に連れていかれています。 その野良猫たちの運命は……ほとんどが悲しい結末に至ってしまうのです。 つまり、無責任に餌をあげることで悲しい命を増やしてもらいたくないのです。 餌をあげるということは、その野良猫の命に責任を持つことだと思って欲しいのです。 猫が人間に慣れてしまうことで起こるかもしれない事 野良猫は元々は人間に対して警戒心をかなり持っている生き物です。 しかし、根気強く声をかけたりすることで次第に人間に心を開いてくれるかもしれません。 しかし、それによって悲しい事件が引き起こされてしまうこともあるのです。 動物虐待の餌食になったり、保健所で処分されてしまうかもしれない 人間に対する警戒心が薄れるということは、つまり誰にでも近づいていくようになるかもしれないということです。 それは逆を返せば、 誰にでも捕まってしまう危険性が高まるという事でもあります。 つまり、動物虐待をするよう人間に捕まってしまって命を落としてしまったり、保健所に連れていかれて殺処分されてしまうことだって大いに有りえるんです。 野良猫の殺処分は、年間10万匹とも言われています。 猫好きにとってはこのような現実は知りたくないことだと思いますが、これは紛れもない事実なのです。 だから、ただ〈自分が猫が好きだから、触りたいから 〉という理由だけで安易に猫をなつかせるのは違うということなんです。 私は野良猫になついてもらいたいなら、特定の猫を決めて〈この子になついてもらって、それからお家に迎えてあげよう〉と。 そこまでしっかりと決意をしてから野良猫になついてもらう努力をしてほしいなと願います。 責任を持って野良猫とふれあうようにする 野良猫は今現在も増えていっていますし、それによる殺処分もやはり多いです。 安易に猫を飼って、〈大きくなって可愛くなくなった〉〈愛着がわかなかった〉〈言うことをちゃんと聞かない〉などの理由で飼えなくなったりする飼い主がいるのは嘆かわしいことです…… どんな理由があろうとも、人間と少しも変わらない、1つの大切な命であることを理解してほしいのです。 だから、そのあたりの事をきちんと理解した上で野良猫とふれあってほしいのです。 もちろん、全ての野良猫を実際に飼うことはできません。 しかし野良猫に去勢や避妊手術を受けさせることはできます。 野良猫にこれらの手術をしてもらう場合、通常より安い料金で引き受けてくれる動物病院もあるので、相談してみるといいでしょう。 野良猫になつかれるポイントを押さえて仲良くなろう 普段は近づいてこない野良猫も、猫に好かれるポイントを押さえることで仲良しになることができます。 ただ野良猫が可愛いから触るだけではなく、野良猫をきちんと責任を持って飼えるという場合になついてもらう努力をするようにしましょう。 その野良猫にとって、すばらしい一生が待っていることになりますね。 近くに気になる野良猫?の黒猫が居て。 触りたいと思い、姿勢を低くし、手をゆっくり少しだけ近づけてたんですけど。 いつもしばらくしたら逃げてしまって… ずっと視線を合わせてたからですかね?(自分語りで申し訳ないです。 そして長くなります、それを踏まえて先に謝ります。 ごめんなさい。 それで私も野良猫に餌を与えるのは良くないと思って居まして、注意しようと思いましたが…「いや、もしかしたら別に餌与えても良いのかもしれない!」と思って悩んでいるんです。

次の