コピック アプリ。 コピックマーカーの基礎知識!アナログイラスト初心者向け

DECOPIC終了、Snapeee破綻に続くプリクラアプリの終わり

コピック アプリ

それでも、アナログ主体で活動しているイラストレーターさんがいないという訳ではありません。 漫画家さんの方でしたらアナログのみで漫画やイラストを描き上げている人はまだまだ多いです。 それでも、アナログでのイラストは徐々に減ってきている印象はあります。 そんな中でも強いアナログ画材があります。 それはTooから出ているアルコールマジックマーカーの「コピック」です。 こちらをメインに使用しているイラストレーターさんも漫画家さんもかなり多いです。 今回はそんなコピックを使ってみる事にしたいと思います。 使ってみたいけども使い方が解らない、持っているけど上手く塗れないという方に為に塗り方をメインに進めさせていただきます。 どうぞ宜しくお願い致します。 コピックとは? コピックはToo社から出ているアルコール性のマジックマーカーです。 現在は3種類出ています。 もう一つワイドという広い面積のモノがありますがこちらはインクを自分で入れて使用するモノらしいので今回は省きます。 上から ・コピック・チャオ コピックよりもインク量が少ないのでその分価格も安いので手軽に購入が出来ます。 1本250円前後(税別)ですので1000円持っていけば3本買ってもお釣りが来ます。 ・コピック・スケッチ 一般的に「コピック」と聞くとこちらを連想すると思います。 画材屋のコミックコーナー等でもこちらが一番優先的に置かれているとおもいますし…(書店等はどちらかと言うとチャオのみという場合もありますが) 筆タイプのペン先なので様々な着色に適しています。 ・コピック 実はこちらが「コピック」らしいです。 通販等で「コピック」という名称で注文をするとこのタイプが送られてくるので注意が必要です。 こちらは正統派なマジックマーカーのような印象があります。 極細のペン先とブロックタイプのペン先になります。 繊細な場所の塗りには向きませんが広い面積の塗りにはとても大活躍してくれます。 …以上がコピックの種類になります。 蓋に記してあるE00やC03等の番号は色の番号になります。 画材屋さんでコピックが配置されている場合色はこのアルファベットと番号順に配置されていますので見てみると楽しいです。 迷った場合はオススメセットとして6~12本程セットになったモノも売られている場合がありますのでそちらを購入しても良いかと思います。 コピックは保存状態があまりに酷い場合じゃなければ10年以上持つマーカーです。 ですので、あまり使わない色はチャオ、メインで使う色はスケッチ、広い面積を塗る場合にはコピックという使い分けをしても良いかもしれません。 コピックを塗る際に大事な紙とペンの相性 まずはコピックを塗る際に大事な紙、こちらはどんなモノが良いでしょうか? 気軽に手に入る紙で見て行きたいと思います。 漫画用原稿用紙もケント紙ですのでそれの裏を使用しても良いです。 染み込み、発色共々丁度良いです。 人によっては薄く感じる場合もありかもしれませんが…。 こちらを使用している人は多いと思います。 滲みも少ないのでパリっとした印象の塗りが出来ます。 次にコピー用紙です。 発色や染み込みがケント紙よりも良いですが薄い紙なのでちょっと乾きが遅い印象があります。 線画をコピーして塗るという作家さんも多いです。 個人的にはちょっとムラが出来易いかな? と思います。 最後がマルマンから出ているスケッチブックです。 書店や文具や、スーパーの文具コーナーと広い場所で手に入り易いスケッチブックです。 画用紙なので滲みが出やすいですがその分ムラが出来にくいと思います。 個人的に一番良く使っている紙ですので今回はこちらの紙を使用して説明させていただきます。 コピックはアルコール性ですので「耐水性」のインクを使用したペンならばインクを溶かし、線を伸ばす等の事故を防ぐ事が出来ます。 油性マジックや中性ボールペンですとこのような滲みの原因となってしまいます。 では、実際に塗りをしてみましょう コピックをムラなく塗ってみよう。 コピックは普通に塗り潰すだけでは色の濃い薄いが目立つ「ムラ」が出来てしまいます。 薄い色は特に目立ってしまいます。 ムラ無く塗る方法ですが。 一回インクを塗り潰した後にもう一度同じインクを乗せる「重ね塗り」 ペン先を紙に押し当てそのまま円を描くようにクルクル塗り込む「回し塗り」があります。 どちらも塗ると言う寄りはインクを紙にしみ込ませるという感覚ですね。 そしてムラ無く塗るコツは、コピックはアルコール性のインクなので乾く前に素早く塗る…という事です。 多少はみ出るかもしれませんがムラとはみ出しのどちらかを優先させるか…ですね。 素早く塗ると言っても塗り個所によって様々です。 広い場所でしたらブロックタイプのペン先を使用して広く手早くベタ塗りを行うのが大事です。 逆に細かい場所でしたら筆タイプや極細タイプで素早く塗りあげる事が大事になるので臨機応変に使っていきましょう。 コピックには0番という「無色透明」なインクがあります。 当然0番のみを使用しても当然色は付きません。 こちらは色を暈かす、色を溶かす役割があります。 先に0番を塗り込んだ画用紙に色を乗せた場合、まだインクが乾いていない状態ですので色の境目が少し滲んでいます。 水彩画で言う所の「画用紙に水を染み込ませる」にちょっと近いと思います。 次に色を乗せてから0を塗り込むと元のインクを0番が溶かしてしまうのでそこから滲みが出来ます。 こちらも水彩での濃い色の乗せた後水で伸ばす方法に近いかと思います。 コピックのコツはとにかく乾く前に塗る、手早く塗る事を、心がけるのが良いです。 後に乾いてから塗り込む、敢えてムラを作る等の方法も有りますが…それらはまた次の機会に… コピック初心者でも怖がらない!! 基本な塗り方を覚えよう まとめ まず、今回は基本的な所で説明させていただきました。 ムラ無く塗れる、コツを掴めれば次のグラデーションや混色も上手く出来ると思います。 次の機会がありましたら是非お付き合い頂けると幸いです。 ココまでお付き合い下さりありがとうございました!!

次の

コピックコレクション

コピック アプリ

ここではコピックにまつわる便利なアプリとソフトをご紹介したいと思います。 どちらもユーザーに好評価を受けていて、使い勝手がいいと評判です! COPIC Collection PC上で簡単なお絵かきからより高品質なアートワークまでを楽しめる高機能な無料ペイントソフト。 ユニークな円形メニューを採用し、マウスだけでなく、ペンやタッチでの操作性に優れているのが特長。 鉛筆やコピックふうのペン、ズーム、レイヤーなどの機能を装備。 なお、無料版で使用できるコピックは72色。 有料のフル機能版では345色に増えるほか、パースガイドなどの便利な機能が多数追加されている。 @LINEスタンプ販売中 yurino32 COPIC collection 便利過ぎびっくり。 何故私は今までこれを入れてなかったの馬鹿。 単に管理するだけかと思っていたら いや管理出来るだけでかなり助かるのですが 店舗情報やら色見本やらが合ってなにこれホント良い子ね。 — にゃぎ。 所有しているものや購入予定のものを登録できるので、店頭での重複購入を防げる。 登録する際は名称や番号、ペン先でも探せるが、オリジナルのカラーバーや補色情報などでも検索できるのが便利。 お近くの店舗を調べたり、補色の候補を瞬時に検索することも可能。 コピックユーザー待望の機能が詰まった便利なアプリケーション。 すごく軽いし。

次の

第9回 漫画の道具紹介【COPIC Collectionの使い方】編!コピックをアプリで管理!

コピック アプリ

Contents• コピックコレクションで出来ること まずはこのアプリを使って出来ることをざっくりご紹介します。 所持しているコピックの管理• カラーシステムで直感的な色検索• 写真を読み込んで色を調べる• 身近なコピック販売店の検索• その他細かい機能 などなど。 コピックの管理 ではまず一番使って欲しい機能、 コピックの管理機能を紹介します! この管理機能とは、コピック全種の中で 自分が所持しているコピックがどれなのか、全部で何本持っているのかを管理できる機能です。 まず準備から。 コピック管理画面は写真のように色カテゴリ別に分けられており、 タブをタップすると、そこに属するペン達が表示されます。 暗く表示されているペンを 1度タップすると、ペンがぴょこっと飛び出て 明るく表示されるので、自分の所持しているものを順番に選んでアクティブにさせていきましょう(この作業が一番面倒ですが、一度やったら終わりなんで頑張ってください!) また、画面右上にある ペン種をタップすれば、表示させたいペン種を選ぶことができます。 持ってないペン種があるならチェックマークを外しておいた方が画面が見やすくなってオススメです。 1本無くなるたびに買いに行くのは大変なので、急いでない場合はある程度まとめて購入することになるかと思うのですが、いざ購入段階になってみると。。 管理画面下の メニューバー内にある星アイコンをタップすれば、このように 購入リストとして 星マークをつけたカラーのみが表示されるようになります。 このリストを見ながら買い物すれば、間違った色や同じ色を買ってしまう心配なし! 購入後は右上の編集から削除できるのも便利です。 コピックカラーシステム 画面下にあるメニューバーの 左から2番目のモザイクのようなアイコンを押す、もしくは管理画面のペンを長押しして色の情報タブをタップすることで、 コピックカラーシステムページへ移ることができます。 このカラーシステムページでは、各色を実際に 紙に1度塗り、2度塗り、3度塗りした画像を見ることが可能で「ペンの蓋の色と実際に塗った色全然ちゃうやーん!」というギャップを埋めるのに役立ってくれます。 また、この色見本の部分を 左にスワイプすれば 自分がこの色を所持して入るのかどうかを。 もう一度左にスワイプすれば色名の由来を見ることができます。 色名の由来を順番に見ていくの、結構楽しいですよ。 画面下半分に表示されている カラーチャートは、横スクロールさせることで、素早く、かつ直感的に使いたい色を検索することが可能です。 便利! 3. ここではカメラを起動します。 写真を使用をタップすると、明るさやコントラスト調整の画面になるので、本物に近くなるよう微調整を行なってください。 OKをタップすると、このような画面に移動するので、自分が知りたい色の部分に 四角いカーソルをドラッグすれば近い色をいくつか教えてくれます。 また、下に表示されて入る中から 気になる色をタップすれば、カラーシステムのように 紙に塗った色合いと、 自分が所持して入る色か否か、 購入予定に入っているかどうかが表示されます。 もしここでこの色を購入予定リストに追加したい場合は、 星の部分をタップしてアクティブにしておき、右上のOKボタンをタップすれば先ほどの購入予定リストに追加されます。 そのまま ピンチして拡大していってもいいですし、左上の矢印状の 位置情報アイコンをタップして自分の 現在地から店を探すこともできます。 また、右上の リストをタップすれば 表示を都道府県別にすることもできます。 その他機能 コピックコレクションには他にも細かい機能が色々ついています。 SNS共有 これはコピックコレクション内に取り込んだイラストに、 色番号をつけてSNSに投稿できる機能です。 画面下のメニューバーの 右から2つ目にある、四角と矢印が組み合わされたアイコンをタップします。 写真を撮影もしくはカメラロールから取り込み、明るさやコントラストなどを整えると、このような色選択画面へと移動するので、 自分が載せたい色を選び、イラスト上へドラッグドロップしましょう。 すると上の写真のように 色と番号が書かれたタグが表示されます。 3以降の機能 アイコンのカラーのデフォルトはオレンジ色のグラデーションですが、それを 自分の好きなコピックの色に変更できる機能です。 画面下のメニューバーの 一番右の歯車マークをタップして、 アイコン色を変更を選びます。 すると写真のように一覧が表示されるので、グッときた色を選びましょう。 するとこの通り! 自分の推しカラーがアイコンになりました。 元に戻したいときは、アイコン色を選択する画面右上にある、元に戻すボタンをタップするだけです。 この機能が実際問題必要かは置いといて、いかにも多色イラスト用マーカーコピックさんのアプリっぽいなと感じる機能ですね(笑) お手製見本の時代は終了か 昔はこんな便利なアプリがなかったので、コピックお手製色見本を作ったものです。 もちろん紙によって発色の仕方は異なるので、この先もお手製見本が活躍する場面はあるのでしょうが、それにしても便利な時代になりました。 絵の具に色鉛筆にカラーインク。 イラストには様々な着色方法はありますが、私はなんだかんだコピックが大好きです。 コピックコレクションは無料で使える便利ツールです。 是非私と同じく、コピック好きの皆様。

次の