ポケモンホーム ポケモンgo。 【ポケモンGO/剣盾】ポケモンGO・ピカブイから剣盾へポケモンを送る方法・送れるポケモン|ポケらく

【ポケモンGO】ポケモンホームでピカブイを経由してポケモンを送る方法と個体値について解説!

ポケモンホーム ポケモンgo

「ポケモンホーム」は「すべてのポケモンが集まる場所」のコンセプトのもと、ハードの垣根を越えてポケモンを預けたり、オンラインでポケモンを交換できたりするクラウドサービスです。 本記事ではポケモンホームでできることと、実際に使ってみたインプレッションをお届けします。 フリープランのユーザーは預けられるポケモンの数などで制限を受けます。 重要なポイントとしてプレミアムプランに加入していなければ「ポケバンク」を利用して、3DS以前の過去作からポケモンを転送できません。 プレミアムプランの価格は1か月(30日)が360円(税込み、以下同)、3か月(90日)が600円、12か月(365日)が1950円となっています。 まず3DSでの操作から。 3DSに「ポケバンク」をDLして「ポケットモンスター サン・ムーン」などの過去作から移動します。 この「ポケバンク」の利用も通常であれば有償ですが、「ポケモンホーム」サービス開始から1か月は無料で利用できるキャンペーンを展開しています。 「ポケバンク」から「ポケモンホーム」にポケモンを移すにはNintendo Switch側で「ポケモンホーム」を起動して「ひっこしパスワード」を取得します。 3DSの「ポケバンク」では、転送したいボックス選択して、16文字の「ひっこしパスワード」記入すると転送を開始します。 一度「ポケモンホーム」に転送してしまうと、「ポケバンク」に戻すことはできないので注意してください。 「ポケモンホーム」の「ひっこし」画面で「ニンテンドー3DSが無い」を選択すると3DSナシで「ポケバンク」預けてあるポケモンを引き出すことができます。 この場合「ポケバンク」を使っていた「ニンテンドーネットワークID」がNintendo Switchで利用しているものと一致している必要があります。 記事冒頭では「すべてのポケモンが集まる場所」として紹介しましたが、現時点ではすべてのポケモンが最新作で遊べるとはかぎりません。 上記画像にて、アイコンの右上に赤い禁止マークがあるポケモンは現状では「ポケモン剣盾」に転送できません。 また、左上黄色いビックリマークがあるポケモンは「ポケモン剣盾」で使用出来ない技を覚えています。 対応しているポケモンに制限があるものの、過去作で使っていた高個体値メタモンを「ポケモン剣盾」に転送ができるので理想個体の厳選作業が効率化しそうですね。 また、「ポケモン剣盾」では性格や個体値を変更できるので過去作で捕また伝説ポケモンなどを理想個体に調整できるもポイントです。 今後のDLC配信やアップデートで転送可能なポケモンが増えるのが楽しみですね。 ポケモンホームのアプリはApp StoreとGoogle Playにて配信しています。 アプリでは、ポケGOからの転送はまだ実装されていませんが、ミラクルボックスやGTSでのポケモン交換は可能です。 出先などでスマホから気軽に、ネットワーク交換で欲しいポケモンをゲットできそうですね。

次の

『ポケモンHOME』情報まとめ。ソフト連携や料金プランの詳細をチェック!

ポケモンホーム ポケモンgo

概要 に開催した「ポケモン事業戦略発表会」にて発表された、「すべてのポケモンが集まる場所」をコンセプトに、Switchとスマートフォンを対象としたクラウドサービス。 と向けににサービス開始。 Switch版とスマートフォン版の両方を、1つのニンテンドーアカウントで連携することにより、幅広いサービスが受けられる。 ポケモンバンクに登場した女史ではなく、なるに似た人物が責任者。 と言うマスコットがナビを務める。 機能について ・ポケムーバー機能 沢山のポケモンが預けられる「 バンク機能」と、過去作から連れてこられる「 ポケムーバー」機能が本作でも対応。 3DSの「ポケモンバンク」・スマホアプリの「」・そしてスイッチの「」と最新作の「」と連動し、穴埋めすると地方図鑑の登録、説明の閲覧が出来る。 7世代以前のポケモン及びポケモンGOとLPLEで捕まえたポケモンをポケモン剣盾に連れていくことが可能である ただし、一部のポケモンに制限がかかるとのこと。 相棒のと、GOに登場する帽子等のアクセをしたポケモン、からリトレーンしたライトポケモンは不可、帽子をかぶったは可能。 なお、開始当初はポケモンGOとは連動できず 一応LPLE経由でガラルのリージョンフォームを除いたのポケモンと、とは預けられる 、今後連携を予定しているとのこと。 また、 一度バンクへ連れて行ってしまうと『剣盾』より前の作品へは戻せなくなるのは本作でも同様。 剣盾ではシーズンパス形式でDLCが提供されているが、こちらは従来通りのサブスクリプション形式になっている。 預けられるポケモンの総数がフリープランでは30匹までだが、有料のプレミアムプランでは 6000匹まで可能。 サブスクリプション単位は1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3つ。 プレミアムプランからフリープランに移行した際、直近に預けた30匹がフリーボックスとなり、この30匹の出し入れは可能である。 それ以前に預けたポケモンは再加入しないと閲覧・引き出しができない。 現状、 過去のバージョンで捕まえたポケモンを活用できるソフトは剣盾のみである。 ポケモンバンクから送り出したポケモンは元の場所には戻せないため、「鎧の孤島」までに解禁されていない個体は 下手に送ってしまうとボックスから動かせなくなってしまうので注意が必要。 ガラル図鑑に記載されていないポケモンに関しては、「鎧の孤島」のほか「」を含めて計200匹以上追加されるが、「冠の雪原」より先のアップデートで更に対応する可能性も考えられる バンクに預けること自体は可能。 LPLEに関しては少々特殊で、 一度も剣盾に連れ出ししていなければ、一度ポケモンホームに預けてもLPLEに帰還させることができる。 (逆に言えば、 一度でも剣盾に連れ出ししてしまうと戻せなくなるので注意が必要だが) ポケモンホームの全国図鑑を埋めるため、あるいはボックスの預けた数を水増しして獲得できるポイントを増やすため、LPLEで持て余しているポケモンをとりあえずポケモンホームに移動させておくという芸当も可能。 ちなみに、ポケモンホームを開始するとが、スマホ版を初めて起動するとのうちの選んだ1体がはじめからボックスに入っている(カントー御三家は 持ち)。 サービス当初は、系統は剣盾で入手できるので、スマホ版の御三家は余程でない限り残りの二つから選ぶことが推奨されていが、他の系統も(期間限定ではあるが)剣盾内で実装され、入手することができたので、現在はどれを選んでも構わないと言われている。 加えて、ヒトカゲに関しても、 現状入手が困難かつストーリー中では入手できない「」持ちであるため、選んでもそこまでデメリットはなかったりする。 ポケモンの交換 ミラクルボックス 世界中の人とランダムにポケモン交換を楽しむことができる機能。 交換に出すポケモンを預ければ自動的に交換されていく。 フリープランは3匹、プレミアムプランは10匹まで選択できる。 機能 Wi-Fiを使ってポケモンを交換できるシステム。 ポケモン剣盾にはGTSが無いため、第8世代を含めたGTSはこちらを利用することになる。 今作は、スマートフォンさえあればソフトやスイッチ本体を持ち歩かなくても、いつでもどこでも身近の人でも世界の誰かでもポケモンの交換が可能である。 これまでと同様幻のポケモンは交換不可となっている。 また、今回から預けたポケモンに特性が表示されるようになったため、隠れ特性が欲しいプレイヤーにとってはかなりありがたい仕様となっている。 グループ交換 最大20人のグループを作り、集まった人たちで一同にポケモン交換をすることができる機能。 グループ内の誰のポケモンがもらえるかは交換するまでわからないので、ランダム要素を楽しむことも出来る。 グループを作る事ができるのはプレミアムプラン加入者のみ。 フレンド交換 近くのフレンドと交換をする機能。 全国図鑑 ポケモンボックスにポケモンを預けることで、全国図鑑にポケモンが登録されていく。 やできるものを預ければそれぞれのすがたも登録される。 登録されたポケモンの情報はSwitch版とスマートフォン版双方で見る事ができる。 図鑑解説はポケモンXY以降の全てのソフトの解説文を見ることができる。 スマートフォン版ではこれに加えてポケモンの覚えるわざやとくせいの一覧も確認できる。 ふしぎなおくりもの スマートフォン版でのみ使える。 シリアルコードや2次元コードを入力したり読み込んだりすることで、ふしぎなおくりものを受け取れる。 サービス開始後からのポケモン剣盾を対象としたふしぎなおくりものを間接的に受け取ることも可能。 受け取った後に表示されるシリアルコードを剣盾で入力することで受け取れる。 マイルーム スマートフォン版でのみ使える。 連携するソフトに関するお知らせやイベント情報が確認できる。 また、ポケモンホーム内でさまざまな条件を満たすと達成できる実績に応じてもらえるシールで自分のプロフィールをカスタマイズできる。 料金プラン ポケモンホームは無料で利用できるサービスもあるが、最大限活用するためには有料のプレミアムプランへの加入が必要になる。 ポケモンバンクからのポケモンの引っ越し等は、プレミアムプランへ加入しないと利用できない。 実際の料金についてはホームページ等を参照されたし。 関連タグ 外部リンク 関連記事 親記事.

次の

【ポケモン剣盾】過去作のポケモンを送る方法【ソードシールド】

ポケモンホーム ポケモンgo

「ポケモンホーム」は「すべてのポケモンが集まる場所」のコンセプトのもと、ハードの垣根を越えてポケモンを預けたり、オンラインでポケモンを交換できたりするクラウドサービスです。 本記事ではポケモンホームでできることと、実際に使ってみたインプレッションをお届けします。 フリープランのユーザーは預けられるポケモンの数などで制限を受けます。 重要なポイントとしてプレミアムプランに加入していなければ「ポケバンク」を利用して、3DS以前の過去作からポケモンを転送できません。 プレミアムプランの価格は1か月(30日)が360円(税込み、以下同)、3か月(90日)が600円、12か月(365日)が1950円となっています。 まず3DSでの操作から。 3DSに「ポケバンク」をDLして「ポケットモンスター サン・ムーン」などの過去作から移動します。 この「ポケバンク」の利用も通常であれば有償ですが、「ポケモンホーム」サービス開始から1か月は無料で利用できるキャンペーンを展開しています。 「ポケバンク」から「ポケモンホーム」にポケモンを移すにはNintendo Switch側で「ポケモンホーム」を起動して「ひっこしパスワード」を取得します。 3DSの「ポケバンク」では、転送したいボックス選択して、16文字の「ひっこしパスワード」記入すると転送を開始します。 一度「ポケモンホーム」に転送してしまうと、「ポケバンク」に戻すことはできないので注意してください。 「ポケモンホーム」の「ひっこし」画面で「ニンテンドー3DSが無い」を選択すると3DSナシで「ポケバンク」預けてあるポケモンを引き出すことができます。 この場合「ポケバンク」を使っていた「ニンテンドーネットワークID」がNintendo Switchで利用しているものと一致している必要があります。 記事冒頭では「すべてのポケモンが集まる場所」として紹介しましたが、現時点ではすべてのポケモンが最新作で遊べるとはかぎりません。 上記画像にて、アイコンの右上に赤い禁止マークがあるポケモンは現状では「ポケモン剣盾」に転送できません。 また、左上黄色いビックリマークがあるポケモンは「ポケモン剣盾」で使用出来ない技を覚えています。 対応しているポケモンに制限があるものの、過去作で使っていた高個体値メタモンを「ポケモン剣盾」に転送ができるので理想個体の厳選作業が効率化しそうですね。 また、「ポケモン剣盾」では性格や個体値を変更できるので過去作で捕また伝説ポケモンなどを理想個体に調整できるもポイントです。 今後のDLC配信やアップデートで転送可能なポケモンが増えるのが楽しみですね。 ポケモンホームのアプリはApp StoreとGoogle Playにて配信しています。 アプリでは、ポケGOからの転送はまだ実装されていませんが、ミラクルボックスやGTSでのポケモン交換は可能です。 出先などでスマホから気軽に、ネットワーク交換で欲しいポケモンをゲットできそうですね。

次の