失業 給付 金 計算。 ハローワークの失業手当はいくらもらえるの?支給額の計算方法を確認

失業保険(失業給付額)を自動計算する

失業 給付 金 計算

自分が貰える失業保険の金額を計算する あなたが貰える失業保険の「給付日数、日額手当、月額手当、手当総額」を計算できます。 算出に必要なデータは6カ月間の給与総額、年齢、勤続年数、退職理由のみです。 6カ月間の給与(賞与を除く)を半角数字で入力します。 年齢、勤続年数、退職理由を選びます。 計算ボタンを押します。 6カ月間の給与 円 年齢 勤続年数 退職理由 自己都合 会社都合 給付日数 日間 日額手当 円 月額手当 円 手当総額 円 失業保険の給付額は、今まで勤めていた会社から受け取った「退職前の6カ月間の給与」の約50~80%に相当します。 割合に幅がある理由は、賃金の高さで金額に大きな差が生まれないよう、平均的に支給するためです。 賃金が高い人ほど多くの給付金を受け取れはしますが、賃金の低い人ほど高いレートが適用されます。 また、受給者は退職理由で自己都合と会社都合に分類されますが、失業保険の申請者は若い世代では自己都合が過半数を占め、年齢が増えると会社都合の人が増えていきます。 自己都合と会社都合の人では日額手当や月額手当に違いはありません。 ただ、会社都合の人は転職活動の準備がしにくいため、 給付日数が自己都合の人の1. 0~2. 2倍に延長されていて、手当総額が増加します。 年齢で計算式を知る 賃金日額が計算できたら、今度は年齢別の表に賃金日額を当てはめて、 A~Fのいずれかの計算式を知ります。 年齢は「30歳未満、30~44歳、45~59歳、60~64歳、65歳以上」の5つに分類されています。 例えば、年齢が35歳、賃金日額が5900円の人は「C」です。 年齢 賃金日額 計算式 給付率 30歳未満 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~1万2330円 C 51~79% 1万2331~1万3630円 D 50% 1万3631円以上 E 49%以下 30~44歳 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~1万2330円 C 51~79% 1万2331~1万5140円 D 50% 1万5141円以上 E 49%以下 45~59歳 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~12330円 C 51~79% 1万2331~1万6670円 D 50% 1万6671円以上 E 49%以下 60~64歳 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~1万0980円 F 46~79% 1万0981~1万5890円 D 45% 1万5891円以上 E 44%以下 65歳以上 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~1万2330円 C 51~79% 1万2331~1万3630円 D 50% 1万3631円以上 E 49%以下 情報取得日 2019年7月時点 給付率は基本的には「81%以上、80%、51~79%、50%、49%以下」などと5段階に分かれていて、賃金日額が高い人ほど給付率が下がっています。 これは生活できる水準を考慮しているためで、低所得者ほど相対的に手厚いサポートが受けられる仕組みです。 ただし、給付率は目安になる数値であるため、ここでは重要でありません。 退職理由が自己都合の人は「勤続年数が1~10年未満で90日間、10~20年未満で120日間、20年以上で150日間」となり、年齢に関係なく一律で決まっています。 退職理由が会社都合の人は「勤続年数が1年未満で90日間、1~5年未満で90~180日間、5~10年未満で120~240日間、10~20年未満で180~270日間、20年以上で240~330日間」となり、年齢によって給付期間に幅があります。 データは厚生労働省発表の最新版 失業保険の給付額の計算はが毎年7月1日以降に発表するデータに基づいて、プログラムを組んでいます。 そのため、 現時点では2019年7月時点のデータが最新版です。 毎年データが更新される理由は、雇用保険法第18条の規定により、前年度の勤労統計における平均給与額の変動比率に応じて、その年の給与水準に修正されるためです。 雇用保険制度は「失業した人や教育訓練を受ける人などの生活のサポート、就職や転職活動の促進、社会全体の雇用の安定化」に対して、失業保険などの各種手当を給付しています。 また「失業の予防、雇用状態の是正や雇用機会の増大、労働者の能力の開発や向上、その他労働者の福祉の増進を図るための雇用安定事業、能力開発事業、雇用福祉事業」を行っています。 この雇用保険制度を無駄なく利用して、次のライフステージへの足掛かりにしましょう。 ちなみに雇用保険のわからないことは雇用保険のしおりに詳しく掲載、もしくはハローワークの職員の人たちもていねいに説明してくれます。

次の

失業保険を給付額を計算すると驚く結果に。ハローワークでは教えない真実

失業 給付 金 計算

退職後に失業保険を受け取るまでの流れ 失業保険を貰うためにはハローワークで申請する必要がありますが、それだけで銀行口座にお金が振り込まれるわけではありません。 失業保険の受給までには次の5ステップが必要です。 退職後7~10日以内に会社から離職票1・2と雇用保険被保険者証を受け取ります。 失業保険の申請に必要なものはそれらに加えて、運転免許書かマイナンバーカード、印鑑、写真2枚、預金通帳です。 全国のから現在の あなたの住民票を管轄するハローワークに探します。 ハローワークの受付時間は平日8時30分~17時15分です。 ハローワークでは求職申込書に記入して、窓口で面接を受けます。 本人調査のために7日間の待機期間を経て、提出日の1~3週間後にある雇用保険説明会に出席します。 その1~3週間後にある第1回失業認定日で失業状態であることが認定されると、4~7日後に給付金が振り込まれます。 ただし、自己都合で辞めた人は3カ月の給付制限があり、その間は失業保険は貰えません。 あとは「複数回の求職活動をする、4週間おきに失業認定日に失業状態であることが認定される、その4~7日後に給付金が振り込まれる」の繰り返しです。 失業保険のスケジュールを自動計算する 退職理由とハローワークで 失業保険を申請する提出日を選ぶことで、待機期間、雇用保険説明会、失業認定日、振込日などの失業保険のスケジュールが、自動的に計算できます。 ただし、各市区町村によってはスケジュールが1週間前後することもありますし、該当日が祝日の場合は日付が前後にずれます。 そのため、このスケジュール通りに手続きが進むことは確定していません。 正確な日付を知りたいときはハローワークの職員に相談することが望ましいです。 再就職や失業保険の給付期間が終わるまでは、4週間に1回のサイクルで失業認定日と振込日が繰り返されます。 また、失業保険の給付額を知りたい人は、以下のページで計算できます。 自己都合で給付制限があるときの日程 自己都合とは自分の都合で会社を辞めて、転職を自分の意志で判断している人たちです。 事前に失業を想定できることから、3カ月間の給付制限が設けられていて、1回目の失業認定では失業保険が貰えません。 仮に6月1日に申し込んだ場合の日程は以下のとおりです。 一方、会社都合とは会社の都合で辞めざるを得ない人であり、例えば「会社が倒産した、リストラで解雇された、事業所の廃止で通勤が困難になった」などが該当し、1回目の失業認定から失業保険が貰えます。 仮に6月1日に申し込んだ場合の日程は以下のとおりです。 ちなみに失業保険の手続きは4週間単位で繰り返されるため、常に 同じ曜日にハローワークに訪れることになります。 例えば、失業保険の申請をした日が月曜日であれば、その後の失業認定日も原則月曜日になります。

次の

失業保険の給付金額や期間等を確認

失業 給付 金 計算

1.「退職時の年齢」を選択して下さい。 2.「勤務していた年数」を選択して下さい。 3.「退職前6ヶ月間の給与総額」を入力して下さい。 (半角数字) 賞与(ボーナス)やインセンティブは除いて、住宅手当、通勤手当などは含めて下さい。 4.下のボタンを押すと計算を行います。 1日あたりの給付額(基本手当日額)は 円です。 給付される日数(所定給付日数)は となります。 給付総額は となります。 こちらの自動計算では、以下の規定にもとづいて計算を行っています。 【スポンサーリンク】 1日あたりの給付額(基本手当日額) 1日あたりの給付額は基本手当日額と呼ばれ、1日あたりの賃金(退職する前6ヶ月の賃金の合計を180で割った金額)に給付率をかけて算出されます。 退職時の年齢ごとに最高額や最低額が決められており、収入の低い方に配慮して1日あたりの賃金が低いほど給付率が高くなっています。 各数値は、毎月勤労統計調査で調査されている「毎月決まって支給される給与」の前年度の平均額をもとに変更が行われます。

次の