マネー の 虎 最終 回。 貞廣一鑑

マネーの虎のその後!成功者ランキングTOP20【画像あり・2020最新版】

マネー の 虎 最終 回

「そのお金の使い道は?」「 ノーマネーでフィニッシュです。 」 非常に聞き慣れたフレーズです。 大学受験の息抜きに見ていた動画が「」だったので、もう数年間は見続けていますね。 既に番組自体は終了していますが。 志願者が希望する金額に満たない投資額だった場合、例え一円でも不足していれば「マネー不成立」ということで、投資の話は無かったことになります。 個人的に好きな回は「」ですね。 「謙虚ライオン」というワードが生まれた「伝説回」「神回」とも呼ばれている回です。 この前の動画では河原社長とコラボしていました。 笑 なぜこんな話をしたのかというと、このブログを書きながら「マネーの虎」の音声を聞いているからです。 ラジオ感覚で聞いています。 非常にどうでも良い話なのですが、何故か最近マイブームになってきたのでタイトルにも使ってみました。 笑 では本題へ。 打ち合わせの1日でした 今日1日をまとめると「打ち合わせ or ミーティング or 面談」…。 朝の9時半から役場で打ち合わせを行いました。 今日の活動で唯一撮影した写真ですが…。 笑 山元町役場の入り口入ってすぐにある、山元町の特産品を紹介している棚です!気になる人は、是非役場 or 生産者の方々へ〜。 渡辺重益県議会議員との対談 「対談」というと大きな語弊がありそうですが…。 要するに、お話をさせていただきました!笑 学生支援ダンボールのことで、こともあって、渡辺さんの方からご連絡をいただきました。 ただ、何か仕事の話など…、というわけではなく、本当にざっくばらんと話をしました。 こうして議員さんと話をするということは人生で初めてだったので、勝手に身構えてしまったのですが…。 笑 渡辺さん、お忙しいところ、本当にありがとうございました!これからもよろしくお願いいたします。 渡辺県議のホームページは。 今日撮った写真も、後日SNSなどで掲載されるかと思います。 笑 本日最後の面談へ! 日中の面談が全て終わってから、夜の部へ。 笑 非常にお世話になっている企業の方との面談でした! 1日の振り返りをしつつ、これからどうしたいのか等々…。 人生相談・お悩み解消コーナー的な感じでお話をさせていただきました。 笑 思えば、最近は毎日山元町で作業をしていたこともあって、関わる人は町内の方々だけ。 別にそれに対して不満を持っているというわけではなく(むしろ好きな町の方々と好きなだけ関わり続けられるのは幸せなことなんですが)、話す相手がマンネリ化(?)しやすいというのも問題かなと、話をしていて思いました。 他にも、選択するときはポジティブなマインドでいる方がより良い選択になる、といった話など…。 少し精神的な話をすることが多い企業なので宗教チックな側面が強くなってしまうのですが、それがまた面白い特徴だなと思っています。 笑 素直に「気持ちが楽になった」と書くと本当に宗教にしか見えなくなってしまうのですが、気持ちが楽になったのは事実なので…。 それだけ伝えたかったです。 笑 お忙しいところ、本当にありがとうございました! 今日は終わり 明日、ダンボール発送の準備などで出来ることから、どんどん動いていきます! 世間的にはコロナウイルスも落ち着いてきたような報道がされていますが、今日は東京で新規感染者22人を記録したそうで…。 まだまだ気を引き締めなければならなそうです。 出来ることから始めていきましょう! ではでは。 ありがとうございました!.

次の

令和の虎 逆神回となったヤバイ志願者たちまとめ

マネー の 虎 最終 回

伝説のバラエティ番組「マネーの虎」 「マネーの虎」という番組を聞いて、「あー、はいはい、よく見ていた」となるか、「何ですか、それ?」なのか、結構年齢が分かれます。 同番組は2001年10月から2004年3月まで日本テレビで放送されていたバラエティ番組です。 実現したい企画を挑戦者が持ち込み、プレゼンをします。 その審査をするのは成長企業の社長(マネーの虎)5人。 机の前に札束を積み上げたうえで、志願者のプレゼンに対して、厳しい質問を浴びせます。 虎を投資する気にさせ希望金額に到達すると「マネー成立」。 数百万円から2000万円以上もの巨額を一気に融資されます。 単なるクイズ番組などであれば、賞金ないし景品は最高でも1000万円までとなりますが、この番組だと上限がないところがミソ。 視聴者は、挑戦者が巨額の投資を受けられるかどうか(あるいは、負けていくのか)ドキドキしながら見ていました。 今でも、この番組を懐かしがる中高年のファンは多くいます。 元「マネーの虎」・岩井良明社長がYouTube開設 この「マネーの虎」に出演していた社長の一人が岩井良明・社長です(MONOLITH Japan代表取締役も兼任)。 株式会社モノリスは1989年創業・1992年設立の塾運営会社です。 東京商工リサーチの企業情報のコメント欄には 「愛知県江南市及び名古屋市内に8教室の学習塾を運営する企業で、高い合格率を背景に安定した事業基盤を構築している」。 この岩井社長はもとは「マネーの虎」に挑戦者として出演しようとしていました。 しかも、他の挑戦者と異なり、すでに塾の運営会社(株式会社モノリス)を立ち上げ、軌道に乗っていた時期です。 挑戦者として出演しようとしたところ、スタッフから逆に「虎として出演を」と言われて、番組中期から虎として出演することになります。 元同志社大学応援団に在籍。 思いがあって塾を立ち上げたということもあり、挑戦者に熱く、ときに厳しく語るキャラクターも視聴者から支持を集めていました。 この岩井社長が、2018年12月に「就活の虎CHANNEL」を開設しました。 元々、仕事の合間に動画を見る(あるいは動画を見る合間に仕事)のが私、石渡という人間です。 ある日、「就活の虎CHANNEL」を発見。 どうせ、「マネーの虎」に乗っかった素人ものだろうと思いきや、岩井社長の番組でした。 対談形式でゲストは南原社長・川原社長も しかも、第一回は岩井社長と同じマネーの虎だった、南原竜樹・株式会社LUFTホールディングス代表取締役社長(以降、南原社長と表記します)。 「マネーの虎」では人気だった社長の1人です。 その後、2018年12月30日現在、11本の動画を公開。 いずれも、岩井社長とゲストがその回のテーマについて対談する、という形式です。 ゲストは南原社長以外には、川原ひろし・株式会社なんでんかんでんホールディングス社長、田中修治・株式会社オンデーズ代表取締役社長(メガネチェーン)、林尚弘・A. ver代表取締役社長(武田塾を運営)の4人。 この4人はいずれも共通点があって、「就活しなかった」という点です。 実際に番組の冒頭ではチャンネル名のナレーションの後、「就活しなかった人々」の画像とナレーションも入ります。 2018年12月30日現在、チャンネル登録者数は4192人。 動画の視聴PVは1700~4. 9万回というところ。 人気はやはり南原社長の回、次が川原社長。 やはり「マネーの虎」は強し、というところでしょうか。 コメント欄を私が見た限りでは就活生が2~3割程度、残りは社会人でマネーの虎ファンが多いようです。 就活生も「見ていました」とあるのですが、おそらく動画経由で見たのでしょう。 毎回、終了間際に動画概要欄のリンクから登録すると『就活の虎 虎の巻』プレゼントとあります。 果たして、どんな内容なのか、そこは不明です。 も開設。 こちらには、 「元マネーの虎・株式会社MONOLITH Japan代表取締役の岩井良明です。 現在『就活の虎』として大学生と企業のマッチングビジネスを立ち上げました。 この事業に特化して、つぶやいて行こうと思っています」 とあります。 今後、このマッチングビジネス関連についても情報が出てくるもの、と思われます。 就活しなくてもボスキャラに勝てるか この「就活の虎CHANNEL」が面白いのは、やはり「就活」と出しながら「就活しなかった人々」をゲストに招いている点です。 今後、この非就活組をゲストに呼び続けるのか、それとも、別形式も合わせて出して行くのか、そこも注目したいところ。 ちょうど、この「就活の虎CHANNEL」が開設された時期に、私は学生からこんな質問を受けていました。 「堀江貴文さんの本には『正社員は現代版の奴隷制』とありました。 大手企業では入社後は雑用が多いと聞きますし、低賃金で長時間働かされるようです。 しかも、大きな仕事を任せて盛らないようですし。 だったら、非正規の方が賃金も上昇していますし、魅力あると思うのですが」 私は堀江さんの本を読んでいなかったのですが、「正社員は現代版の奴隷」ですか、なるほど。 そういう点があることは否定しません。 ただし。 正社員が「現代版の奴隷」とするならば、非正規・フリーターは、もっとしんどいような。 と、言いますか、私自身は相当しんどかったです。 いや、社会人になって1年目・2年目くらいは正社員と非正規・フリーターの賃金差はそれほどでもありません。 むしろ、時間を自由にできる、働こうと思えば働ける非正規・フリーターの方が稼げます。 ところが2年目・3年目あたりから正社員と非正規・フリーターは賃金面で大きな差が出てきます。 しかも、5年・10年経つと、新入社員の頃に受けていた新入社員研修、これの違いが明らかに出てきます。 組織内での動き方、経営幹部候補生としての心構えなど、新入社員の時期には「うわ、講義だの研修だの、鬱陶しい」と思うような話が実は5年・10年経過してから役立つのです。 「入社後は雑用が多い、大きな仕事を任せられない」というのも、大企業・中小企業問わず、よくある話です。 いきなり大きな仕事を任せるのは一部のベンチャー企業と外資系企業くらいでしょうか。 それが仕事のできる人であれば、つまらない、とも言えますし、堀江さんであれば「現代版の奴隷制」と言い切ることにもなるのでしょう。 ここで考えていただきたいのが最初から仕事をできる人ばかりなのか、学生は、という点です。 堀江さんや、あるいは、「就活の虎CHANNEL」にゲストとして出演している南原社長などは、早い時期からビジネスを展開し、そして成功していました。 それはそれでキャリアの在り方の一つです。 が、大半の学生はそうではありません。 銀行に入った新人がドラマ「半沢直樹」のように企業買収の案件をまとめられるでしょうか、それも数百億円規模の。 商社に入った新人が石油の買い付けをすぐにできるでしょうか。 そういう新人がゼロとは言いませんが、極めて少ないであろうことは想像にかたくありません。 ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどのRPG・ロールプレイングゲームに例えれば、日本の企業(の大半)は、新人が何の武器も防具も持っていないことを理解しています。 で、武器や防具が揃ってきたら、RPGと同じように、中ボス戦に移行。 そして、最後は最高レベルの武器・防具を装備したうえでラスボス戦に入っていきます。 では、新人にいきなり大きな仕事を任すベンチャー企業や外資系企業、あるいは堀江さんや南原社長のようなパターンというのは、RPGだとどうなるでしょうか。 いきなり、ラスボス戦に移行します。 そのために必要な武器なり防具なりは「え?自分で揃えているでしょ?」。 もちろん、ラスボス戦に勝って、次のゲームに移行するのか、それとも負けてゲームオーバーとなるのかは完全な自己責任。 「RPGで考えればわかりやすいはず。 もし、学生のうちからラスボス戦に勝てるくらいの武器も防具も揃えていて自信がある、ということであれば、無理に就職しなくてもいいんじゃないかな。 逆に、最初から『ラスボス戦なんて無理ゲーです』ということであれば、堀江さんが何を言おうが、就職して雑魚キャラ退治からの経験値稼ぎの方がよっぽどいいと思うよ」 就活をするのか、それとも起業も含めた違う選択肢を取るか悩む学生にはこう説明するようにしています。 就活をしない人の話こそ就活生の役に立つ では、就活をする学生が、就活をしなかった人の話、「就活の虎CHANNEL」を見る価値がないか、あるいは堀江さんの本を読む価値がないか、と言えばそんなことはありません。 就活を経験した人の話、というのはそれはそれで有益です。 同じように、就活をしなかった人の話、というのも、就活生には有益です。 「就活の虎CHANNEL」で言えば、南原社長の企業選びの視点のこの動画などは就活生は見るべき価値があります。 今のところ、「マネーの虎」ファンの社会人が中心の「就活の虎CHANNEL」。 今後、どこまで学生の支持を集めるのか、どんな動画をあげていくのかを含めて注目です。 就活生のウソ・「盛る」を見破る方法 学生のウソ・盛るは今も昔も 就活において、ウソ・盛るは今も昔も変わりません。 しかし、企業からすれば、学生のPRポイントを信じて採用したところ、大したことはなく、がっかり。 挙げ句、採用担当者が他部署から「今年の人事は何をやっているんだ。 あんな外れ人材を採用するなんて」などと怒られることになります。 当連載は、採用担当者を想定読者としてお送りするものです。 その一回目が「学生のウソを見破る方法」。 エントリーシート・履歴書、面接の2段階で7点、ご紹介します。 それから、ウソを見破った後はどうするべきかについてもまとめました。 エントリーシートのウソ エントリーシートのウソは以下の3点です。 1:検証不能な数字を多用している 例:「飲食店のホール責任者として来客者数増加策に着手。 キャラクターグッズをプレゼントする方策を考案し、実現。 その結果、来客者数が大幅に増加した」 ちょっと考えれば、学生アルバイトにそう大きな権限など与えられません。 が、エントリーシートでは学生の権限を越えた実績・成果が飛び交います。 その典型が冒頭の例。 飲食店(ファミリーレストラン)のアルバイトだった学生が私に持ち込んだものです。 書類選考落ちが続く、と言うので、見たところ、このエピソードがありました。 3:エピソードの背景説明が長すぎて本人の説明がない 例:「ゼミでは女性キャリアの変遷について研究しました。 総合職は男女雇用機会均等法で(以下、説明が続く)。 私は聞き取り調査から卒業論文を執筆予定です」 冒頭の例だと「聞き取り調査」で何をどう苦労したかが、採用担当者の知りたいところ。 研究内容は「女性キャリアの変遷」だろうが「万葉集」だろうが「戦前の政党政治」だろうが、何でもいいはず。 ゼミに限らず、サークルやイベント運営など、エピソードの背景説明を長く書いてしまう学生は結構います。 それでいて本人がどう関わったかはほとんど書いていません。 こういうエントリーシートは、ウソを書いている可能性がやや高い、と言えます。 エントリーシートの注意 以上、3点、エントリーシートのウソをまとめました。 ただ、エントリーシートの段階では、学生がウソを書いているかどうか、判別しづらい点も多くあります。 というのも、学生が直接会ったキャリアセンター職員・カウンセラーやOB訪問で会った社員などから「エントリーシートは盛った方がいい(ウソを書いた方がいい)」という指導をすることがあります。 あるいは、直接は聴いていなくてもネットにあふれる「エントリーシートは盛った方がいい」を真に受けて書いてしまうことが多々あります。 悪意がないまま、ウソを書いている学生は、中には優秀な学生、その企業に向いている学生がいる可能性もあります。 そのため、近年ではエントリーシート・履歴書だけでは判定せず、一次面接と合わせて判断する企業が増えてきました。 面接のウソ 面接のウソは以下の4点です。 1:アピール内容と矛盾した内容しか話せない 例:プレゼン大会に出場し、面接でも好印象 近年、採用担当者の間で「就活生のウソ」として警戒感が急に高まっているのが、プレゼン大会出場者です。 プレゼン大会に出場したことはウソではなく、面接担当者の評価が高いのもウソではありません。 では、何がウソか、と言えば、プレゼンそのもの。 プレゼン学生を採用して外れだった、と嘆く採用担当者の言を紹介します。 「大規模なプレゼン大会で好成績だった学生がいた。 話し方も堂々としているし、面接担当者の評価も抜群。 最終選考でも役員が大絶賛。 で内定を出して入社。 ところが指示したことしかできない、外れ人材だった。 あとで調べると、その大学のゼミでプレゼン手法のノウハウを全部共有。 プレゼン慣れしていない学生が多い大会なら、好成績を残すのも当然。 そのプレゼンも『ゼミの先生が教えてくれたから』『前年の先輩がそれでうまく行ったから』という理由でやっているだけ。 自分の頭で考えていない。 以降、プレゼン学生は違う意味で就活生のウソと捉えるようになった」 プレゼン大会は各団体・大学が実施するようになっています。 その全て、とは言いませんが参加学生の相当数がプレゼン手法をマニュアルでどうにかしようとしてしまいます。 このプレゼン学生のウソを見破る方法は、やはり深堀り質問が一番です。 特にプレゼンのテーマについて、どんな文献を調べたか、反対意見の文献はどれだけ読んでどう判断したか、などを聞いていくと有効です。 プレゼンにきちんと取り組んだ学生であれば、反対意見の文献も調べています。 一方、プレゼン学生は、数冊程度しか読まずにプレゼンを構成しようとしています。 学生のウソを見破った後は 採用担当者は学生のウソを見破った後、どう動くべきでしょうか。 書類選考の段階であれば、その書類を適切に処分すればいいだけです。 問題は面接時。 合同面接が多い初期選考の段階だと、他の学生にも質問する必要があります。 そのため、無理に問い詰める必然性もなければその余裕もありません。 個人面接が多くなる中盤だとどうでしょうか。 もし、小さなウソ、かつ、欲しい学生であれば、一度、面接から離れて「本当はどう?」など深堀りしていって、「ウソは結局、ばれるからね」などと釘をさすパターンが多くあります。 一方、それほど、採用したいとは思えない学生であれば、かるく流す採用担当者が多いようです。 無理に問い詰めたところで、その企業の心証を悪くするだけだからです。 著者メール(namio eurus. dti. jp)か、Twitter(@ishiwatarireiji)までご連絡ください。

次の

マネーの虎で成功した3人の志願者たち【合計投資額2020万円】

マネー の 虎 最終 回

かつてマネーの虎という人気番組がありました。 一般人である起業家が事業計画をプレゼンテーションし、投資家たる審査員らが出資の可否を決定するという内容だった。 Wikipediaから引用 その人気番組「マネーの虎」が、なんと今年の3月にひっそり復活をしていたんです。 デマかと思ったらマジでした。 企画立案者は南原竜樹社長。 テレビではなく、YouTubeのみでの配信となるようです。 マネーの虎って何? マネーの虎を知らない方のために軽く説明しておきます。 既に知っているよって方はこの項を飛ばしてください。 マネーの虎とは2001年から2004年にかけて放送されたテレビ番組です。 番組の内容は、ビジネスや自分の夢をかなえたいために投資を求める志願者と、ビジネスや夢に投資をしたい社長たちが出演し、志願者社長たちの前でプレゼンテーションをします。 で、その内容に社長たちが共感すれば、マネー成立となり、志願者は社長たちから投資を受け、ビジネスを始めることができるというものです。 いわゆるビジネスのマッチング番組とでもいうべきでしょうか。 もちろん台本などなはく全てガチ。 実際に投資が成立した例も数多くあり、志願者の立ち上げたビジネスが大成功した例もいくつもあります。 その緊迫感やリアリティからとても人気な番組でした。 マネーの虎の出演社長は次の通り。 出演社長一覧 運営会社(放送当時) 高橋がなり ソフトオンデマンド株式会社 加藤和也 株式会社ひばりプロダクション 小林敬 株式会社小林事務所 川原ひろし なんでんかんでんフーズ株式会社 堀之内九一郎 株式会社生活倉庫 吉川幸枝 株式会社よし川 安田久 株式会社エイチ・ワイ・ジャパン 愛田武 愛田観光株式会社 杉本博彦 株式会社ピー・ジー・エム 市東剛 ホテルセーラグループ株式会社 高須基仁 モッツ株式会社 竹麓輔 株式会社ハートランド 床波浩 株式会社ビットウェイブ代表取締役 上野健一 ノシアス理想都グループ株式会社 文野直樹 イートアンド株式会社 野尻佳孝 株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ レイコ・B・リスター 株式会社エル・インターナショナル 大原茂桂 株式会社カルチャーオブ・エイジア 野口美佳 株式会社ピーチ・ジョン 櫻木博 株式会社トマトアンドアソシエイツ 樋口道也 株式会社ドリーム 早原浩三 株式会社アップス 尾崎友俐 株式会社オリエンタルダイニングアンドリゾーツ 南原竜樹 オートトレーディングルフトジャパン 岩井良明 株式会社モノリス 貞廣一鑑 株式会社ラブ 臼井由妃 株式会社健康プラザコーワ 表にまとめるとざっとこんな感じです。 放送後、会社が経営破たんしたり、自己破産に追い込まれた社長も多く、虎たちの半生は波乱万丈といったとこです。 出演社長一覧 さて本題。 まず冒頭で説明した新マネーの虎の出演者をご紹介します。 ここで、今回の新マネーの虎に参加する社長を紹介します。 まず今回の企画立案者、冷徹な虎こと 南原竜樹社長。 なんでんかんでんでお馴染み、 川原告史社長。 刑務所レストランを手がけた、 安田久社長。 今回から新しく参加した 王述設社長。 新マネーの虎のメンツはこの4人が主軸な模様ですね。 YouTubeが舞台とはいえ、ちゃんと司会や会場も用意されており作り込みは本格的です。 テレビでやってくれよ マネーの虎復活は嬉しいっちゃ嬉しいけど、しっかしまあ復活の舞台がYouTubeというのは少々ショボさを感じてしまう・・・。 テレビのゴールデンタイムで流してもおかしくないぐらい面白い内容なんだし、できればテレビで放送してほしかったです。 それにこの番組復活について、少々気になることがあるんですよ・・・。 そもそもこの番組は社長たちにメリットがほとんどない まず気になったのが、企画立案者が南原社長であることと、復活の舞台がYouTubeであること。 なぜ気になったのかというと、 この番組は社長たちが参加するメリットがほとんどないからです。 社長たちの役目は志願者に投資をすることですが、当然元本保証など微塵もないし、志願者のビジネスが失敗すれば投資したお金の回収はほぼ不可能。 そもそも志願者がこのような番組に投資を求める時点で、他からは金の工面ができないことを意味します。 よって志願者の質が高いとは言えません。 故にマネーの虎は投資が失敗したケースの方が多いのです。 社長にとってこの番組はハイリスク・ローリターン。 唯一のメリットは自分の知名度が上がるくらいのもの。 しかし今回はYouTubeが舞台なので、テレビほどの効果は得られません。 動画を見ると、ナレーション、司会者の用意、プレゼンテーションの舞台、編集、などなど色々手が込んでるようなのでそこそこお金もかかってるはず。 一体なぜ南原社長はお金をかけてまで旨味がないマネーの虎を復活させ、他の社長たちは到底メリットがあるとは思えない番組参加を決意したのでしょうか? マネーの虎を復活させた理由 仮にもビジネスの第一線で活躍されてる虎たちが、こんな意味がないことをするものでしょうか。 一応動画の中で南原社長が、「若者に夢を与えたい」ともっともらしいことを言ってますが、それが本当の動機だとは思えません。 あなたそんな善人ではないでしょって話です。 気になって色々調べてみたんですが、 どうやら若者にチャンスを与えるわけではなく、若者のお金が目当てだったということが判明しました。 ソースは南原社長のFacebook。 南原社長のFacebookに次々投稿されるリンクに、マネーの虎復活の答えがありました。 年会費が11万円という高額塾です。 ビジネスのコンサルティングや資金調達の方法など、起業したい人、もしくは既に起業している人向けの塾。 こちらもビジネスマン向けの塾で、南原社長、川原社長、安田社長が講師を務めています。 50人の募集で現在2人しか入会してないのが実に悲しいですね。 つまり、マネーの虎をYouTubeで復活させた本当の理由は、これらの塾へ入塾させるためだったのです。 Facebookでゴリゴリ宣伝してるし、YouTubeでもガンガンリンクを貼っています。 リンク先では、「元マネーの虎たちから成功のノウハウを学びたい人おすすめ」みたいな宣伝文を並べています。 とはいえ、安田社長も川原社長もビジネスで失敗してるわけで、今現在も大した復活を遂げているわけではありません。 唯一復活したのが南原社長ぐらいのもの。 一昔前の自身の知名度を活かして、こんな怪しい商売をするなんて非常に残念ですね。 なんだか、儲かってますよアピールをして情報教材を売るネットワークビジネス系の人たちっぽい感じですね。 安田社長と川原社長の現状 南原社長は今や完全復活していて会社も順調なようです。 それはだいぶ前から僕も知っていたことです。 しかし、今回出演した安田社長と川原社長に至っては、未だ復活を遂げているわけでありません。 川原社長は唐突に催眠術師になったり、俳優として活動したり大絶賛人生迷走中。 以下の動画は実際の催眠術動画。 ヤバイ映像です。 お次に安田社長ですが、彼の公式サイトもかなりやばいです。 サイトから溢れ出る情報教材販売マンの匂い・・・。 具体的に何をしてるかというと、自身の知名度を活かして、セミナーやコンサルなどを主体に活動しているようです。 胡散臭い・・・。 そういう商売にシフトしちゃったのかって感じです。 今回の新マネーの虎には参加していない、他の元マネーの虎出演者の現在も、皆あまり芳しくない状況のようです。 例えば、志願者に対して常に厳しい態度で接してきた堀之内社長。 堀之内氏は年商100億を超えるリサイクルショップ、生活倉庫を経営していましたが、負債15億を超え破綻。 それ以降めっきりメディアに出なくなったので近況は不明です。 ほっといてほしいのかメディア出演も全て断っているようです。 志願者に激しい罵声と人格否定攻撃を浴びせてきた小林敬社長も、そういえば経営破綻していましたね。 常に自分は正しいと言わんばかりのの高圧的な態度で志願者に恐れられ、飲食界のショーンコネリーと自称していたそうですが、結局うまくいかなかったようです。 (現在は何やらコンサルみたいなことを細々とやっているようですが・・・) 今も変わらず事業を継続しているのは、歩く100億円と評された吉川幸枝社長、母、美空ひばりのすねをかじりまくってる加藤和也社長、衣食住のトータルコーディネートを手掛ける貞廣 一鑑社長、教育事業を展開する熱血漢岩井良明社長ぐらいのもので、あとはたいてい倒産しているか消息が不明になっています。 まとめ マネーの虎復活の理由は実にクソみたいなものでした。 南原社長主催の時点でなんとなく胡散臭さは感じていましたが、案の定ビジネス塾販売が本当の理由でしたね。 で、今後の話ですが、実際マネーの虎自体は放送し続けるのでしょうかね? 今現在YouTubeに何本か動画アップされていますが、最後の動画アップロード日が2016年3月10日となっており、その後は特に音沙汰なしという状況。 南原社長にとっては、マネーの虎動画撮影はあくまでビジネス塾への入塾を促すための宣伝手段。 動画制作にはコストも時間もかかるし、やっぱりそう頻繁に動画は作っていくことはないのですかね。 それと、このユーチューブ動画が単なる高額塾への誘導のために作っているのだとしたら、動画に出演している志願者たちはサクラということになるのでしょうかね? う~ん...。 とりあえず近況がわかればまた記事にします。 また、「マネーの虎みたいにお金を稼ぎたい!」と思う方は下記記事を参考にしてみてください。 参考記事: 以上、「マネーの虎」が番組復活してるんだけど復活した理由がクソすぎる... でした。 youkenwoiouka.

次の