みずほダイレクトお客様番号。 【みずほ銀行ダイレクトアプリ】超便利に!指紋認証、顔認証でログインできるように設定する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

【みずほ銀行ダイレクトアプリ】超便利に!指紋認証、顔認証でログインできるように設定する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

みずほダイレクトお客様番号

みずほ銀行の口座番号(桁)について教えてください! 出来れば急ぎでお願いします。。 相手の方から、振り込み先の口座番号を教えてもらったのですが、口座番号が8桁でした。 口座番号は多くて7桁なので、もちろん8桁目が入りません。 私自身がみずほ銀行に口座を持っていない為、詳しいことが分からないのですがみずほ銀行の口座番号は特殊なのですか? 最後に-01というのも見たことなかったので焦りましたが、口座番号が8桁なのも初めてでどうして良いか…。 相手の方には口座番号が8桁で振り込めません、と伝えてみたのですが、-01を省いた同じ番号を教えて頂いたのでどうしたら良いものか悩んでいます・・・。 最初の8を省くとか最後の0を省く、とかなのでしょうか? それとも他の番号と勘違いされているのでしょうか・・・?みずほ銀行は通帳やキャッシュカードにこのように8桁の数字が書かれているものなのですか? 該当銀行勤務です。 みずほに限らず口座番号は通常7桁で7桁に満たない分は頭に0をいれます。 -01の01は世代番号でカードの発行が一枚目という 意味です。 紛失等の再発行に伴い-02,-03・・・と続きます。 おそらく世代番号を入れていることから推測するとキャッシュカードの券面をみて教えてくれていると思いますので、先方の打ち込み違いかと思われます。 蛇足ですが、以前わたくしがオークションで落札代金をみずほ宛てに振込みをする際、先方が教えてくれた口座番号が8桁でした。 8桁はありえないので何度も確認したところ、みずほダイレクトのお客様番号というのがありましてそれが8桁でした。 それを暗記していて口座番号と勘違いしてわたくしに伝えてきたことがあります。 とにかく8桁はありえませんので、もう一度、できれば通帳記載の番号を教えてもらえるといいですね。

次の

みずほ銀行の口座番号(桁)について教えてください!出来れば急ぎで...

みずほダイレクトお客様番号

iPhone・iPadのみずほ銀行アプリに指紋(Touch ID)でログインする設定方法です。 自分は昔から銀行はみずほ銀行を使っていて、iPhoneアプリのみずほ銀行アプリから残高の確認や振込などを行っています。 この「みずほ銀行 ダイレクトアプリ」のiOS版がバージョン3. 6にアップデートされ、 指紋認証(Touch ID)&顔認証(Face ID)でのログインに対応しました。 iPhone Xに先駆けて「顔認証」にも対応しています。 これまではいちいちログイン時にパスワードを入力する必要があったので個人的にはかなり嬉しいアップデートです! ただ最初に一度設定する必要があるので手順を紹介します。 [関連記事] ・ ・ 【iOS】みずほ銀行 ダイレクトアプリに指紋認証(Touch ID)&顔認証(Face ID)でログインする方法 バージョン3. 6以降にアップデート 今回Touch IDログインに対応したのは「みずほ銀行 ダイレクトアプリ」です。 バージョン3. 6以降で対応します。 みずほ銀行アプリとは違うアプリなのでご注意を。。 わかりにくいわ。。 初期設定手順 みずほ銀行のWEBアカウントのお客様番号とパスワードでログインします。 ログイン出来たら左上のメニューボタンをタップします。 表示されるメニュー内の「生体認証ログイン設定」をタップします。 この画面が開いたら画面をちょっと下にスクロールして表示される「生体認証の登録」をタップします。 Touch ID(指紋)か顔認証を選択します。 Xが発売されてない現状だと「Touch ID」となると思います。 Touch IDを要求されます。 iPhoneに登録しているのであればそのまま指紋認証すればOKです。 登録完了です。 一度ログアウトして指紋でログインしてみます。 ログイン画面の「生体認証でログイン」がタップできるようになっていればOKです。 ちなみにみずほアプリの場合、お客様番号は変更できるので「お客様番号を保存」にチェックを入れて保存しておくことをオススメします。 「生体認証でログイン」をタップしてみます。 Touch IDを要求されます。 指紋認証でログイン出来ればOKです。 [関連記事] ・ ・• カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

【みずほ銀行ダイレクトアプリ】超便利に!指紋認証、顔認証でログインできるように設定する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

みずほダイレクトお客様番号

日本3大メガバンクの1つみずほ銀行でも、インターネットバンキングを利用することができます。 最近ではほとんど当たり前とも言えるこのサービス「みずほダイレクト」では、いったいどんなことができるのでしょうか? みずほ銀行の特徴を踏まえつつ、解説していきます。 みずほダイレクトのサービス一覧 みずほ銀行のインターネットバンク「みずほダイレクト」では、どんなサービスを利用することができるのか、まずは一覧を見てみましょう。 なお、以下はインターネットバンキング(PCかスマートフォンでの利用)で利用できるサービスを一覧にしています。 みずほダイレクトには、他にモバイルバンキング(フィーチャーフォン)とテレホンバンキングもありますが、以下のすべてに対応しているわけではありません。 また、海外送金と国債については、テレホンバンキングでのみ対応しています。 残高照会/入出金明細照会• 会員制サービスの特典内容照会• 振込・振替• 定期預金・積立定期預金• 外貨預金• みずほグローバル口座• 外国送金(テレホンバンキングのみ対応)• 投資信託• 国債(テレホンバンキングのみ対応)• ローンサービス• 各種手続き• 決済サービス• モバイルSuica銀行口座チャージサービス• モバイルレジ• 宝くじ 普通預金の残高照会や振込、振替、定期預金など、一般的なサービスはすべて網羅しており、不便を感じることはないでしょう。 それに加え、みずほ銀行特有のサービスが幾つかありますので、説明します。 決済サービス 以下の決済をインターネットバンキングから手続きすることができます。 Yahoo! ウォレット口座振替 Yahoo! JAPANが提供する有料サービスの代金決済「Yahoo! ウォレット」の口座振替登録を行うことができます。 ただし、解約は取引銀行の窓口へ行かなければいけません。 ご注意ください。 Pay-easy(ペイジー)税金・料金払込みサービス 公共料金や税金などの支払いでコンビニや金融機関へ行かなくてもインターネットバンキングやATMなどで支払うことができる「Pay-easy」の手続きができます。 ネット振込決済サービス 加盟店のホームページから直接みずほダイレクトへアクセスし、振込先情報を入力することなく振込手続きを行うことができるサービスです。 平日15:00までは当日入金されますが、それ以外は翌営業日の入金になります。 また、他行宛の3万円未満で216円の手数料が必要になるなど、利用時間や手数料、限度額などはすべて通常のインターネットバンキングでの振込と変わりありません。 スーパーデビット マネックス証券とSBIカードでの決済を自動引き落としで支払うサービスです。 決済ごとに自動で、手数料無料で振替(資金移動)が行われます。 24時間いつでも即時処理が行われます。 モバイルSuica銀行口座チャージサービス モバイルSuicaへのチャージが24時間いつでも行えるサービスです。 スマートフォンでも対応可能ですので、チャージ金額が不足していたらその場でチャージできます。 ただし、以下の時間は利用できないようです。 ご注意ください。 毎日2:00から4:00• 毎週土曜日の22:00から翌日曜日の8:00• 毎週月曜日の0:00から6:00• 第1・第4土曜日の3:00から5:00 モバイルレジ 専用アプリを利用して、「Pay-easy」での支払いを簡単に行うサービスです。 AndroidもしくはiOSアプリで「モバイルレジ R 」のロゴマークがある支払請求書上のバーコードを撮影することで、面倒な取扱番号などの入力を行うことなく、インターネットバンキングから支払いができます。 宝くじ インターネットバンキングからジャンボ宝くじやロトなど全国自治宝くじやブロック宝くじを購入することができます。 (自治体くじは、登録住所の自治体のものを購入することになります) 当選確認は抽選日に自動で行われ、当選金は普通預金口座へ自動で入金されます。 (1万円未満の当選金については、3ヶ月ごとにまとめて、1万円以上であれば5営業日以内)300万円以上の当選については、当選通知が来るようになっています(郵送代が52円かかります)が、それ未満は入金をもって通知となっています。 便利な利用方法 みずほダイレクトを利用することで、どれくらい便利になるのでしょうか? 利点を整理しておきます。 24時間いつでもどこでも取引可能 みずほダイレクトを使うもっとも大きな利点は、24時間いつでも利用可能なことでしょう。 みずほ銀行は全国どこにでもあるとはいえ、いちいち店舗に行くことが必要ですし、特にみずほ銀行のような大手銀行では利用者の数も非常に多いため、窓口はいつでも混雑しています。 そもそも窓口が15:00までという制限(銀行法で定められている規定です)もありますので社会人の方の多くはなかなか行くことが難しいと思われます。 しかしインターネットバンキングであれば、いつでもどこでも手続き可能です。 特に、スマートフォンであれば、本当にどこでもいつでも利用することができますので、もっともオススメします。 もちろん、PCでも構いませんが、スマートフォンの専用アプリを使うことで面倒な操作や広告表示もなくサッと手続きを済ませることができるのも、大きな魅力です。 手数料が安い 窓口に比べて手数料が割安に設定されています。 つまり、みずほダイレクトを利用することで時間も手間もお金も節約できるのです。 例えば、他行宛3万円の振込の場合、窓口では864円かかりますが、みずほダイレクトであれば432円で手続き可能です。 各種手数料 みずほダイレクトを利用する際の手数料について、詳細をまとめておきます。 上述していませんが、住宅ローンの金利方式の変更や繰り上げ返済なども割安になっていますので、ぜひ利用していきましょう。 振込手数料 一般的な金額ではありますが、「みずほマイレージクラブ」に加入している場合は振込手数料が非常にお得になっています。 「Pay-easy」手数料 国や地方自治体への納税などではかかりません。 ただし、民間企業への支払いについてのみ、かかる場合があります。 他のオンラインバンクでも同様ですが、インターネットバンキングは犯罪者にとって格好の標的です。 これらの注意点をきちんと理解して対策し、安心して使えるようにしていきましょう。 ログインパスワード、第1暗証番号、第2暗証番号、合言葉の管理 みずほダイレクトを利用するために必要な「ログインパスワード」「第1暗証番号」「第2暗証番号」「合言葉」の管理は利用者の責任において行わなければいけません。 これらを忘れてしまった場合は所定の手続きを踏んで、郵送での対応などになるため、非常に手間がかかります。 (セキュリティ確保のためわざとそうしています)また、もし悪用されてしまったとしても、利用者にも一定の責任があることになります。 (管理者責任)通常の銀行の場合での通帳と印鑑などと同様に、これらの文字列や番号の管理は細心の注意をもって行いましょう。 なお、みずほダイレクトのご利用カード(お客様番号と第2暗証番号が記載されているカード)についても、同様です。 きちんと管理して、もし紛失していることが分かった場合は早急にみずほ銀行へ連絡しましょう。 (仮に不正利用されたとしても、みずほ銀行へ連絡していなければ補償の対象になりません) 利用環境 10年以上前などの古いものなければ、普通のPCで利用可能ですので、利用できるかどうかというところはあまり意識する必要はないでしょう。 ただし、セキュリティについてはきちんと意識しておかなければいけません。 古いPCの場合は最新のセキュリティに対応していない場合が多く、新しいウイルスやマルウェア、フィッシングサイトなどに対するセキュリティ対策ができません。 また、Windows XPなどの古いOSを使っている場合は根本的な脆弱性がある場合も多いため、セキュリティリスクが非常に高いことがあります。 みずほダイレクトを利用する場合は、できる限り最新のセキュリティ対策を行ったPCを使うようにしましょう。

次の