中国 コウモリ 料理。 【閲覧注意】広東人も顔負け!パラオ迫力満点の黒コウモリ料理

蛇肉?犬肉?中国でよく食べられる動物のお肉まとめ

中国 コウモリ 料理

中国国家衛生健康委員会は30日、新型コロナウイルスの感染による死者が170人に増えたと発表した。 新型感染源は食用として市場で売られていた野生動物とみられているが、いまだ特定には至っていない。 そんななか、感染源と疑われている野生動物の一種が、中国で食用にされている写真や動画が続々とネット上に投稿され、世界を震撼させている。 ツイッターに投稿された一片の動画の冒頭では、飲食店と思われる場所で、大きな器で供されたスープの中に、黒い大きな布状の塊が確認できる。 しかし、その後カメラが近づくと、その黒い塊はコウモリであることが分かる。 布のように見えたのはコウモリの翼だったのだ。 一方、TikTokに投稿された別の動画には、やはり飲食店と思われる場所で若い女性がコウモリを箸でつまみ、前足の部分に食らいつく様子が映し出されている。 どちらの動画からも広東語が聞こえてくることから、武漢のある湖北省ではなく、お隣の広東省で撮影されたものである可能性もある。 しかし、中国に根付くコウモリ食の文化を証明する動画と言えよう。 コウモリは、新型コロナウィルスの宿主である可能性が指摘されている野生動物のひとつとされてきた。 しかし、これまではコウモリを捕食したヘビを人が食べたことで感染拡大につながったという説が有力で、コウモリを人が食べて直接感染したという感染経路は想定外だった。 今回の感染拡大は、飛ぶものは飛行機以外、歩くものは人間以外なんでも食べるという中国の食習慣がアダになった可能性が高い。 这东西长得像不像死神躺在你碗里?之前看纪录片,蝙蝠生活在山洞里,就地排泄,山洞里积了厚厚一层粪便,粪便里生活着各种恶心的虫子…经历这次事件能让中国人彻底放弃吃野味吗? — 陈秋实(陳秋實) chenqiushi404 参考: 編集部.

次の

【閲覧注意】パラオで食べた「コウモリのスープ」が3段階でヤバかった / 肉は○○の味に近い

中国 コウモリ 料理

Sponsored Links 2.カンボジア:タランチュラのフライ タランチュラを食べる習慣は飢饉になったことから始まったそうです。 3.東アジア:ヘビ&サソリ酒 主にアジア全域で見かけるコブラやサソリを漬け込んだお酒。 日本ではマムシやハブ、スズメバチを漬け込みます。 4.ベトナム:コブラの心臓 生のコブラの心臓や血をそのまま飲みます。 アジアの国では他のヘビを使ったバージョンも存在します。 5.中国:ツバメの巣のスープ ツバメの唾液からできた巣をスープにしたもの。 高級食材としても有名です。 6.中国、韓国:子ネズミ酒 伝統的な滋養強壮剤とされており、生まれてたての子ネズミを生きたまま酒に漬け込みます。 7.サルディーニャ:蛆虫チーズ 生きた蛆虫が入っているチーズ。 蛆虫が死んでいる場合は有毒なチーズになっているとされています。 8.インドネシア:コピ・ルアク ジャコウネコの糞から採取されたコーヒー豆。 世界で最も高価なコーヒーとされており100gで1万円するものも。 9.日本:マグロの目 くり貫かれたマグロの目です。 グロテスクな見た目からは想像できない美味しさと言われています。 10.アメリカ:水牛の睾丸 ロッキーマウンテンオイスターと呼ばれていますが、カキとは別物です。 小麦粉をまぶしてフライなどにして食べます。 11.日本:ふぐ 訓練を受けた職人だけが調理することが許される有毒の魚。 ふぐが最後の晩餐になった人は数知れません。 12.ヨーロッパ以外の全世界:虫 世界各国で貴重なタンパク源とされています。 13.メキシコ:黒アリの卵 ナッツやバターのような味がするそうです。 14.動物の毛皮を使った丸焼き:モンゴル ヤギやモルモットの毛皮の中に肉と焼けた石をいれて調理する料理。 無駄がありませんね。 15.ヨーロッパ:羊の頭 「こっちみんな」と言いたくなる一品。 地中海や北欧では珍味とされています。 16.タイ、グアム、中国の一部地域:コウモリのスープ コウモリをそのままスープにしたもの。 17.東洋:牛のペニス 東洋では一般的に食べられているらしいです。 また欧米ではドッグフードになります。 18.中国:冬虫夏草 蛾の幼虫に寄生するキノコ。 漢方や薬膳として珍重されてきました。 19.アメリカ、ヨーロッパ、メキシコ、ハワイ、中国、太平洋諸国:人の胎盤 なんてものもありましたが、産後のうつ病や妊娠合併症を防ぐとされ世界各国でさまざまな料理、カクテルとして摂取されてきました。 20.モンゴル:馬乳酒 馬の乳を発酵させて作られた酒。 カルピスがこれをヒントに開発されたのは有名な話です。 世界各国にはさまざま料理があるものです。 文化の奥深さがよく分かりましたね。 アーカイブ• 109• 120• 124• 112• 124• 124• 120• 124• 120• 124• 124• 120• 124• 120• 124• 115• 124• 124• 120• 124• 119• 124• 124• 118• 164• 175• 183• 166• 187• 186• 180• 185• 176• 186• 186• 179• 186• 180• 184• 168• 186• 185• 180• 187• 181• 186• 185• 179• 261• 299• 288• 316• 366• 365• 341• 339• 351• 435• 474• 437• 428• 365• 367• 325• 312• 314• 295• 302• 310• 275• 253• 255• 240• カテゴリー• 免責事項.

次の

【閲覧注意】中国人が選ぶ最もキモい食べ物Top14

中国 コウモリ 料理

珍味探求の「終着点」 Q. なぜ、中国では野生動物を食べるのでしょうか。 青樹さん「『中国人は、4本足のものはテーブル以外何でも食べる』という言葉があるくらい、中国人の食に対するこだわりは世界で抜きんでています。 おいしい食材への飽くなき探求心を持っているのです。 その『終着点』が野生動物かもしれません。 清朝時代の宮廷料理で『満漢全席』という宴会様式があります。 数日間かけて、100種類を超える料理を食べたといわれています。 現在、当時と同じ満漢全席はありませんが、それに近い宮廷料理を出す店はいくつかあり、メニューの価格を決めるのは珍しい食材があるかどうかです。 調理法よりも、とにかく食材がいかに珍しいか、いかに珍味を集めるかで料理の格や値段が決まってくるのです。 珍味も山のもの、陸のもの、海のものとさまざまで、日本人の想像を超えた物もあります。 珍しいものを食べたいという終着点が野生動物です。 お金がないとできないぜいたく、お金持ちになって初めて食べられる食材なのです。 また、漢方薬は何千年も前からありますが、野生のものを使っている薬が多いです。 今回、感染源とされる市場の中でも、漢方薬の材料という観点で売られていたものがあるかもしれません。 漢方の考えでは『野生のものの方が、免疫力が高まるので薬に適している』とされるからです」 Q. どのような野生動物を、どんな料理にして食べるのでしょうか。 青樹さん「コウモリは東南アジアでも食用にされますが、中国では主にスープで食べるそうです。 ヘビは広東省では高級食材として珍重されます。 『ゾウの鼻の輪切り』という料理も聞いたことがあります。 ハクビシンも以前、話題になりましたね。 どんな野生動物も、基本的には熱を加えて食べますが、ヘビに関しては刺し身で食べる地域もあると聞いたことがあります」 Q. 野生動物を扱っている市場はどんなところなのでしょうか。 一般の人も多く利用するのですか。 青樹さん「市場自体は一般の人も多く利用します。 街にはスーパーマーケットもありますが、野菜や魚、肉を買うときは、ほとんどの人が市場に行きます。 鮮度が違うからです。 私自身も中国で生活していたとき、時間さえあればスーパーより市場に行きました。 野菜や果物は市場の方が安く、断然おいしかったです。 市場は、農村の人がその日に取れたものを売っています。 流通経路を通ってスーパーに並んだ食材と比べ、とても新鮮なのです。 お肉の場合、スーパーでは加工されたものですが、市場ではその場で処理されたものを購入できます。 1970年代くらいまで、鶏肉といえばまず生きているニワトリを市場で買って、それを自分でさばいて料理するのは当たり前でした。 1980年代後半まで、中国では冷蔵庫のない家庭も多かったのですが、これは中国人が冷たい食べ物、飲み物が嫌いということに加え、市場で新鮮な食材を買って、その日に料理するので、冷蔵庫がなくてもよかったからです。 都会で仕事をしている子どものところへ親が田舎から行く場合、生きたニワトリを手土産に持っていくのも文化の一つでした。 そんな市場の中に、野生動物を扱う店もあるということです」 Q. 野生動物は、どんな味なのでしょうか。 青樹さん「SARS(重症急性呼吸器症候群)はコウモリを食べたハクビシンが感染源と言われていますが、当時『なぜハクビシンを食べるのか』というインタビューに、ある中国人がこう答えていました。 『なぜ食べるか? おいしいからに決まってるからだろ!』 私自身は、ハクビシンもコウモリも食べたことはありませんが、食はそれぞれの国の文化なので、私はいただきません(笑)と言うしかないです。 現在、中国人に大人気の『おすし』ですが、長い間、『魚を生で食べるのは気持ち悪い』と言われていました。 動物ではありませんが、アリの炒め物は昔、口にしたことはあります。 文化大革命時代の料理を再現するレストランで、当時の農村で食べられていた貧しい料理の一つとして出てきたのですが、口の中がちくちくして、おいしくなかったです」 Q. 今回のような問題があっても、野生動物を食べる習慣は続くのでしょうか。 青樹さん「SARSの後も、感染源とされたコウモリやハクビシンの流通は続いています。 取り扱い方など、SARSのときの負の記憶が生かされていません。 今後、規制が強化されるかもしれませんが、野生動物を食べる習慣がなくなることはないと思います。 中国人の中には熱烈なファンがいますし、漢方薬の材料にもなっているので、完全になくすのは難しいと思われるからです」 オトナンサー編集部.

次の