篠原涼子 市村正親。 篠原涼子の結婚相手の旦那(市村正親)について!馴れ初めや年の差、子供は?

篠原涼子 旦那市村正親とは略奪婚!?2人の間には子供はいるの?

篠原涼子 市村正親

篠原涼子さんは1973年生まれの為、 2019年には 46歳になります! 名前:篠原 涼子(しのはら りょうこ) 本名:市村 涼子(旧姓:篠原) 生年月日:1973年8月13日 出生地:群馬県桐生市 身長:162㎝ 血液型:B型 職業:女優、歌手 ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台、CM 活動期間:1989年- 事務所:ジャパン・ミュージック・エンターテーメント 篠原涼子さんは2歳の時に母親を交通事故で亡くす、という波乱からの人生だったようです。 末っ子で育ち、父親と兄、姉と共にいつも自分より上の人に囲まれて育ったため、 かなり年上の 市村正親さんを旦那さんに選んだ事も、何となく育った環境を見ると分かる気がしますね。 1973年 3兄弟の末っ子として誕生、6歳上の兄、3歳上の姉、父親と共に育った。 母親は2歳の時に交通事故で他界。 現事務所のオーディションに合格し事務所に所属、同年ドラマにゲスト出演 1990年(17歳)アイドルグループ・ 東京パフォーマンスドールとしてアイドル歌手デビュー。 1991年(18歳)バラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演 1994年(21歳) 小室哲哉プロデュースによりシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」を発売しダブルミリオンを記録する大ヒット、 日本レコード大賞で優秀賞受賞、東京パフォーマンスドールを卒業。 1995年8月を最後に 小室哲哉プロデュースからは離れる。 以降女優業にシフト。 1996年(23歳) ドラマ『ナニワ金融道2』で 石坂理江子監督・ 山口雅俊プロデューサーから「すごく良かったよ」と褒められたことで芝居に手応えを感じられ、自信が持てるようになり、 女優の道を志そうと決意した。 2001年(28歳) 舞台『ハムレット』でオフィーリア役を演じ、舞台初出演、現夫の 市村正親と出会う。 2005年(32歳)主演ドラマ『溺れる人』で 第31回放送文化基金賞演技賞を受賞。 同年、 市村正親と結婚 以降、テレビドラマ、映画、舞台を中心に女優として演技を深める。 実は 篠原涼子さんの現在の夫である 市村正親さんは初婚ではなく、元妻がいました。 篠原涼子さんが 市村正親さんと最初に 『ハムレット』の舞台を通して出会った際にも、 市村正親さんと元妻・ 八重沢真美さんの結婚生活は続いていました。 篠原涼子さんの現在の夫・ 市村正親さんは埼玉件出身で 1949年1月28日生まれ 2019年には70歳となりました! 市村正親さんは埼玉県立川越商業高校卒業後、 舞台芸術学院へ進み、水戸黄門のご老役を務めた 西原晃の付き人を3年されていたそうです。 市村正親さんは1973年(24歳)に劇団四季のオーディションに合格し、1974年(25歳)に正式に 劇団四季に入団します。 役者デビューを果たしてから今年で 45年間、活躍を続けています。 市村正親さんと前妻の 八重沢真美さんとの出会いは1989年(40歳)『M. バタフライ』の共演がきっかけのようです。 両者共モテモテの俳優だったようですが、結婚後は 八重沢真美さんは舞台の仕事を控え、 市村正親さんを家庭で支えるようにしていたと言われています。 八重沢真美さんは劇団四季の舞台女優になる前は、元々は3歳からバレエに精通しており、 バレリーナとして生きていくことを考えていたそうです。 しかし、怪我の為にその夢を断念し、1982年 劇団四季に入団し、舞台女優として人気を得ました。 1984年に 市村正親さん(35歳)と前妻の 八重沢真美さん(22歳)は結婚します。 馴れ初めは前年の『アンデルセン物語』での共演がきっかけだったそうです。 その時も 市村正親さんと前妻の 八重沢真美さんは 13歳の年齢差がありました。 市村正親さんは年下好きなんですね。 市村正親と元妻・八重沢真美の間に子供はいなかった。 市村正親さんと元妻・ 八重沢真美さんの間に子供はお一人も居なかったのだそうです。 その理由を、元妻の 八重沢真美さんはインタビューで語っています。 いつかは独身に戻る予感がしていて子供を作らなかった。 市村正親さんも 八重沢真美さんも舞台俳優ということで、公演に合わせて常に全国を飛び回る生活が続いていったこともあるのでしょうが、その上、 若い頃の 市村正親さんは大変なプレイボーイでモテモテだったようなのです。 八重沢真美さんは、結婚後も 市村正親さんの派手な女性関係にずっと妻として悩んでいたと言われており、 篠原涼子さんと 市村正親さんが知り合うずっと前から夫婦としての信頼関係は破綻していたとも言われています。 その為、 八重沢真美さんと 市村正親さんの間には子供もおらず、この事が離婚の後押しにもなったと言われています。 2003年5月に 八重沢真美さんと 市村正親さんは離婚しています。 19年間の結婚生活でした。 市村正親さんと前妻の 八重沢真美さんとの離婚と前後して、2001年、 篠原涼子さん(28歳)と 市村正親さん(52歳)は舞台 『ハムレット』において出会い、共演することとなります。 そして、二人は恋に落ち、はれて2005年に結婚することになるわけですが、 市村正親さんが前妻と2003年に離婚が成立してから 篠原涼子さんと再婚するまでの期間はなんと 篠原涼子さんの父親に結婚を反対されていたのだということです。 篠原涼子の父親が市村正親との結婚に猛反対!! 篠原涼子さんが父親へ 市村正親さんとの結婚の意向を話したところ、 篠原涼子さんの父親は二人の年齢差について、また、 市村正親さんに離婚歴があり、約20年も寄り添った前妻と離婚した経緯に対し、猛反対をしたといいます。 ちなみに年齢差24歳!! 妻に先立たれ、たった一人で 篠原涼子さん達兄弟を育て上げてきた父親にとって、 篠原涼子さんを大事にしてくれるかどうかも分からない老いかけた男が気に入らない!!というのはよく分かる気がします。 それに、 これだけの年齢差があるとなると、きっと 後に残されるのは若い 篠原涼子さんである可能性が高いこともおそらく父親は考えたのではないかと思います。 それがとてもつらい体験となることも…。 結局、このような条件を 篠原涼子さんの父親は提示し、結婚を許したと言われています。 結婚後、 早いうちに子供をつくること 2. 涼子と 添い遂げる事 2005年12月に 篠原涼子さん(32歳)と 市村正親さん(56歳)はこうして無事結婚します。 余談ですが、 篠原涼子さんと 市村正親さんの結婚に寄与したのが 『徹子の部屋』と 篠原涼子さんのお兄さんだったという話があります。 篠原涼子さんが 『徹子の部屋』に出演した際、このようなやり取りがあったようです。 篠原涼子さんの兄が、 『徹子の部屋』に出ている 市村正親さんを見て、 「こんなに面白い人が世の中にいるんだ」と思ったそうで、 篠原涼子さんのお兄さんは、その時のトークを聞いて一発で 市村正親さんのファンになったそうです。 それから、ちょうど 篠原涼子さんが 『ハムレット』という舞台をやることになり、 篠原涼子さんのお兄さんが 市村正親さんのファンであることもきっかけで、かなり仲良くなって、お付き合いが始まり、結婚へと至るのだそうです。 こんな話まであるわけですから、おそらく 篠原涼子さんと 市村正親さんの結婚を反対していた父親に対し、 篠原涼子さんのお兄さんが 市村正親さんの魅力を伝えて説得してくれたかもしれません。 結婚してしばらくは 篠原涼子さんと 市村正親さんは結婚式を挙げていなかったようなのですが、(おそらく 市村正親さんが再婚ということや略奪結婚の噂に配慮したこともあったのでは?) その後、 篠原涼子さんの父親が病に倒れ闘病中に、 市村正親さんの提案で親族を集めて食事会を開き、 花嫁姿を 篠原涼子さんの父親に見せてあげることができたそうです。 花嫁姿を見せた3日後に 篠原涼子さんの父親は他界されたということなので、大事に育てた娘の花嫁姿を最後に見せることができて本当によかったですね。 3人目ってホント!? 年齢・名前は? 篠原涼子さんと 市村正親さんのご結婚から3年後の、 2008年5月にご夫妻の間に待望の 第一子の長男が誕生します。 その時の 市村正親さんの言葉がこちら。 君に会うために59年間待っていたんだよ。 市村正親さん 59歳の時ということで、自分の人生はわが子に出会うためにあった、と感動と喜びを表現していたそうです。 よほどの感動だったようですね。 そして、 篠原涼子さんと 市村正親さんご夫妻には長男誕生から4年後の、 2012年2月に 次男も誕生します。 その時はすでに 市村正親さんは還暦を超え、 63歳となっていました。 63歳のパパにお子さん!ということで話題になりましたね。 そこからさらに数年後、 篠原涼子さんがテレビ出演された際に、ボリュームの出る服装をされていたことから、 篠原涼子さんと 市村正親さんご夫妻に第三子か!?と注目が集まりましたが…。 こちらは単に 篠原涼子さんの服装の問題だったようです(笑)。 というわけで、 篠原涼子さん、 市村正親さんご夫妻にはお子さんは 2人で両方男児ということです。 2008年5月生まれの 長男は、2019年には 11歳(小学校5年生)、 2012年2月生まれの 次男は、2019年には 7歳(小学校2年生)になりますね。 市村正親さんも息子2人にメロメロ 還暦を過ぎている 市村正親にとって、2人の息子はまさに 目に入れても痛くない程可愛くて仕方がないそうで、 テレビ番組でも 「彼らの為なら労を惜しまず、何でもやっていける」と語っています。 ちなみに、 市村正親さんの携帯電話の待ち受けは 篠原涼子と 2人の息子の写真なのだそうです。 篠原涼子さんの父親と交わした 男と男の約束をきちんと果たした 市村正親さんなのでした。 篠原涼子さんの父親はお孫さんには会えなかったわけですが、 篠原涼子さんをしっかり守ってくれる男の子が2人も生まれたことを天国できっと喜んでいるでしょうね。 市村正親さんの母親は出産前の 篠原涼子さんをずっと励ましつつ、次男誕生の翌日に亡くなられたのだそうです。 篠原涼子さんにもとてもやさしい方だったようです。 2月23日、埼玉県川越市内の病院で脳梗塞ので他界したのは、 市村正親の母・ こうさん。 親御さんが特別な時に他界されることが続きましたね。 篠原涼子さんも 市村正親さんもトーク番組に出演することも多くなり、そこで話すのはあったかい家庭の話と可愛らしいお子さんたちの成長の話が多くなりました。 篠原涼子さん、 市村正親さんご夫妻のお話によると、 長男は 「優しくてしっかり者」 長男は 篠原涼子さんの仕事についてよく理解していて、 疲れをねぎらってくれたり、辛い時はお酒飲んでいいんだよ。 肩をぽんぽんとたたいてくれたりと、すごく優しいそうで、将来的に、プレイボーイになるんじゃないかと思うほどだそうです。 お兄さんのほうは、 篠原涼子さん自身、ものすごく手をかけていたそうで、お兄さんのほうから、もういいよ。 大丈夫だから。 一人でやるから。 といった感じの時期になってきているそうです。 お兄ちゃんの方は 「兄」としての生き方をこんな小さな時から歩んでいくんですね。 篠原涼子さんによると、長男の性格は自分の方に似ているというお話です。 次男は 「やんちゃで甘えん坊」 次男は、 やんちゃ坊主で、わが道を行くタイプで、自分の世界に没頭するようなお子さんだとか。 あとは、 篠原涼子さんの後をずっとついてきて、ちょっとでも離れると、「まぁーまぁー」って呼ぶんだそうです。 おっぱいさわっていいですか?とか、 ぼく、さみしかったんだー。 とか、甘えた声で言うのだそうです。 この子も違った感じでプレイボーイになりそうだと思うという話です。 ザ・弟!という感じですが(笑)、こんなに長男とは全くタイプが違う男の子が出てくるというのが面白いところですね。 次男は 「自分の世界に没頭する」というところから、もしかすると 市村正親さんの気質を多く引き継いだのかもしれませんね。 市村正親さんは、子供の前でも 篠原涼子さんに平気でスキンシップしてくる!と以前 篠原涼子さんがテレビに出た際に語っています。 長男の受験の際には 篠原涼子さんは 女優業を1年半休止するほど集中していたということで、かなりご家庭の運営に重心を向けた時期があったようですね。 篠原涼子さんの気持ちの上でも、芸能界で女優さんとして生きて行かなければならない状況の中、それだけ長期間の活動休止は大変な決意だったと思います。 しかし、青山は大学まで系列校で、エスカレーター式に進学が可能であり 、芸能人や有名人の子御用達の学校としても人気があるようです。 そうした理由から、 篠原涼子さんの息子さんたちは、 長男は青山学院初等部から、 次男は青山学院幼稚園から合格し、通っています。 篠原涼子さんの長男の1学年下には 井川遥さんの長男が在籍しており、 次男の同級生には女優の 長谷川京子さんの長女、その他にも 瀬戸朝香さんのお子さん、 渡辺満里奈さんのお子さん、 藤本美貴さんのお子さんをはじめ、有名人の子供が多数在籍していたようです。 なんか芸能人の学校ってかんじですねw 市村正親さんは2018年11月にインタビューで息子さんたちについてこんな話を語った事がありました。 息子の将来について 「カエルの子はカエル。 (芝居の世界に)来ると思ってる。 僕もその姿を見られたらと思うので、健康に気をつけて頑張りたい」と話した。 市村正親さんは息子さんたちに舞台俳優の道へ進んで欲しそうですね。 市村正親さんに 息子を舞台俳優にしたいということが目標にあるのであれば、前妻が舞台女優としてバレエを基礎に活躍されていた方でしたから、 息子さんたちに バレエをやらせた方がいいという考えはもしかすると 市村正親さんの中にはあるのかもしれませんね。 しかし、今のところ、 篠原涼子さんの息子さんたちが バレエを習っているという情報はありませんでした。 これまでのお子さんたちの性格のお話から言うと、長男の方は 市村正親さんの意思を継ぐかもしれませんが、 次男君はどうかな?という気がしますね(笑) 破天荒な血族 市村正親さん自身の生い立ちを見てみても、 市村正親さんの父親 「信之」さんは農家の長男であったにもかかわらず、家業は継がず新聞記者となり、その他にも様々な仕事を転々として 破天荒な方だったようです。 (寅さんみたいな人という話) 市村正親さん本人も、その血を引き継ぎ、最初の結婚の後もモテモテでやんちゃな男性で、還暦を超えてから 篠原涼子さんとの間でお子さんができる事も経験している稀有な男性です。 父の口癖は 「ハングリー精神を持て!」 だったということなので、その 「ハングリー精神」の血の気が濃そうな次男くんがどんな成長を遂げるのか?見ものですね。 どうやら 市村正親さんの初期の胃がんが発見されたのは妻である 篠原涼子さんが強く検査を勧めた事が幸いしたようなのです。 妻の助言がなければ、腹痛で終わっていたかもしれない。 知らないうちに病気も進行していたかも。 妻からは本当にいろんな宝物をいただきましたけれど、またもう一つ、命という宝をいただいた気がする。 命の恩人です。 と感謝の言葉を口にしました。 お互い泣きました。 手術受けてよかったと思ったし、いろんなものを信じてよかったと思ったし、女房、子供のためにこれからもしっかり生きられるとおもった。 神様がまだまだダメだよっていってくれたみたい、とも語っています。 篠原涼子さんと 市村正親さんご夫妻には、まだ小さな二人の子供がいますから、早く見つかってよかったですね。 ところがここから4年後の2018年、突如おしどり夫婦に不穏な噂が…。 どうやら、2018年春ごろから次第に 篠原涼子さんと 市村正親さんご夫妻がどうもうまくいっていないのではないか??という類の噂が飛び交うようになりました。 春ごろから「 篠原涼子のところは夫婦関係がうまくいっていないのではないか」という話が流れていた。 もっとも、ウワサの域を出る情報はなく、週刊誌も静観してきた。 篠原涼子が稽古などに時間をとられ、夫婦と子供2人の家族4人で食卓を囲むことが困難な状況になりつつあるという情報が伝わってきた。 たかが家族のだんらんごときでと思うことなかれ。 これは 市村正親にとって極めて由々しき事態といえる。 市村家に近い関係者が声を潜めて言う。 子供たちふたりの進学や育成のために、何年もの間芸能活動を自粛してきた 篠原涼子さんにとって、 13年ぶりの舞台復帰というのは特別な出来事に違いありません。 ちょっとそのあたりも考えてあげて欲しいなという気もしますが…。 けっこう大変だったと思うよw 篠原涼子さん市村正親さんご夫妻が教育方針をめぐって対立!? 市村正親さんは子育てに関して非常に厳格な方です。 常々、 篠原涼子さんには 『君が仕事をするのは決して止めやしない。 しかし、最優先するのはあくまで子育てであって、仕事が先に来ることは許せない!』 とクギを刺していたそうです。 それが突然の舞台復帰ですから、 市村正親さんは本当に驚いたと思います。 確かに次男のお受験が無事に終わったとはいえ、 篠原涼子さんの舞台復帰は早い印象もします」 篠原涼子さんと 市村正親さんの精神年齢の差が悪循環に!? かまってちゃんの 篠原涼子 に疲れてしまったらしい 市村正親さん 夫婦仲は 篠原涼子は 市村正親の前ではまるで少女のようになってしまうそう。 夕飯のおかずを何にするかのような、些細な事でもすぐ言い争いになってしまい、意見が違うと 篠原涼子の方が拗ねてしまうそうだ。 そんな 篠原涼子さんでしたが、 市村正親さんの許しを得て、夜な夜な飲み歩くようになったという話まで出ています。 市村正親さん自身も 「稽古部屋」と称する部屋を自宅近くに借りているとか…。 ちょっと私は妻の思考回路に共感してしまう方なので(笑)、こういう話をきくと、どうしても女性である 篠原涼子さんの気持ちに寄り添ってしまうのですが…。 篠原涼子さんは遊んで稼いだ方がいい気がします(爆)! ( 篠原涼子は)「飲んでいないとやってられないようですね。 ドラマで共演した 江口洋介、揚げ句は舞台で知り合った 後輩の男性俳優などと飲み歩いているんです この影響で 篠原涼子さんには不倫疑惑迄持ち上がっているのだそう。 しかし、考えてみると、仮に、仮にですよ、夫に先立たれた場合を考えると、 篠原涼子さんがそこから子供たち二人を大人になるまで支えていかなければならないわけで、やはり、 女優としての立場や仕事を貰える環境は死守しておくべきなのかな…と思います。 画像: そう考えると、 篠原涼子さん外に出て働いてたくましく生きていた方が 市村正親さんも気が楽だと思うのですが…。 あるテレビ関係者は「 市村正親と 篠原涼子は水面下で弁護士を立てて、子供の親権などの話し合いに入る準備を始めたようだ」と私に耳打ちしてきた。 家族みんなで一緒に過ごせる時間はきっと思っているより少ないはずなので、みんなでラブラブ暮らしてほしいですね。

次の

篠原涼子が旦那・市村正親との結婚生活について語ったことは? 子供の教育方針に「すごい!」の声

篠原涼子 市村正親

スポンサーリンク 篠原涼子さんは現在46歳なので、 32歳の頃に結婚したということになります。 篠原涼子と旦那・市村正親の年齢差 篠原涼子さんと市村正親さんの年齢差が話題になっています。 市村正親さんは1949年1月28日生まれで、現在70歳。 篠原涼子さん現在46歳なので、 二人の年齢差は24歳差ということになります。 確かになかなかの年の差ですよね。 だけど個人的には、愛に年の差は関係ないと思っている派です。 篠原涼子と旦那・市村正親の馴れ初めは共演 二人の出会いのきっかけは、 2001年の舞台『ハムレット』での共演だそうです。 篠原涼子さんにとってハムレットは初舞台だったようなので、年上で大先輩である市村正親さんに、相談に乗ってもらったりしていたようです。 そのうちに二人の仲が深まっていったのでしょう。 しかし二人が出会った当時、市村正親さんは既婚者だったようで、篠原涼子さんと市村正親さんの結婚は、「略奪婚」と話題になっていました。 だけど市村正親さんは、当時の奥さんとは仲が冷めきって別居していたそうです。 さらに二人の間にお子さんはおらず、市村正親さんと元奥さんは2003年に離婚しました。 それから市村正親さんが、 篠原涼子さんと再婚するまでに2年の月日が経過しています。 その理由は24歳も年の差がある二人の結婚を、篠原涼子のお父さんが大反対していたからだそうです。 たしかにそれだけ年の差があったら、親としては心配になりますよね。 しかし、そんな篠原涼子さんのお父さんから『早く孫の顔を見せること』を条件に、二人の結婚の許可が下り、2005年に二人は入籍。 その時、篠原涼子さんのお父さんは闘病中で先が長くなかったそうなので、死ぬ前に孫の顔を見たかったのでしょう。 そうして二人の間には2008年にお子さんが無事誕生し、2010年に結婚式を挙げ、3日後に篠原涼子さんのお父さんは亡くなられたようです。 なんだかドラマのようなエピソードですよね。 篠原涼子の旦那・市村正親の元嫁は誰? スポンサーリンク 篠原涼子と旦那・市村正親の結婚式 篠原涼子さんと市村正親さんは、結婚してから5年後の2010年に、 親しい人や親族のみを招いた結婚式を挙げています。 結婚式の3日後に亡くなられた篠原涼子さんのお父さんは、一時退院の許可をもらって結婚式に参加したそうです。 二人の結婚式の場所は、篠原涼子さんの出身地である 群馬県で行われました。 その理由は、篠原涼子さんのお父さんの体調を気遣ってのことだったようです。 篠原涼子さんは子供の頃に、交通事故で母親を亡くしているそうで、お父さんが男手一つで子供を育てていたとのこと。 そして篠原涼子さんが歌手活動をしていた時も、お父さんは篠原涼子さんを献身的にサポートしていたようです。 篠原涼子さんが結婚式を挙げた時、お父さんは涙して喜ばれていたようで、最後に大切な娘の花嫁姿を見ることができ、幸せだったのではないでしょうか。 思わずもらい泣きしてしまいそうなエピソードですよね。 そんな篠原涼子さんと市村正親さんの夫婦仲についてですが、 『不仲』との噂が流れているようです。 というのも、2018年に発売された女性セブンでは、市村正親さんと息子さんが不在の日に、篠原涼子さんが深夜のバーでママ友に市村正親さんの愚痴をこぼしていたことが報じられました。 その時篠原涼子さんが言っていた市村正親さんへの愚痴とは…• 「私のしている仕事をわかってほしいの」• 「私のことをわかってほしいのよ~~!」 といった内容だったそうです。 そのことから、芸能関係者は篠原涼子さんと市村正親さんの夫婦仲が上手くいってない、と確信したそうですが、この報道に対し、ファンからは…• 「市村さんってもっと柔軟な人だと思う」• 「お互いに第一線で仕事してて、しかも仲も良さそうなのにこんな勝手なこと言う!? 「いい大人だし、自分の都合だけ押しつけるなんてしなさそう」 と、疑いの目が向けられていたとのことです。 所詮マスコミの書くことなので、真偽については怪しいところですよね。 篠原涼子の旦那・市村正親は癌? 市村正親さんは、 2014年に胃がんになったことがあるそうです。 2014年6月下旬、市村正親さんは急性胃炎で病院で診察を受け、急性胃炎で入院。 その後、精密検査を受けた結果、悪性の腫瘍が見つかり、早期の胃がんと診断されました。 そして約2週間の入院の間に手術を受け、市村正親さんのガンは全て取り除かれたようで、3ヵ月後には会見で胃がんを克服したことを発表されました。 その時に市村正親さんは、篠原涼子さんのおかげで胃がんを早期発見できたと語っていたそうです。 というのも、市村正親さんは本当は急性胃炎のみの診断だったのですが、篠原涼子さんが『 すごい痛がっていて不安なので、いろいろと調べてもらえませんか?』と医者に言い、精密検査をすることになったことから、胃がんが早期発見されたとのこと。 そんな篠原涼子さんの行動に市村正親さんは 「その一言がなければ、ただの腹痛で終わっていたかもしれない。 知らないうちに(病気が)進行していたかもしれない」 と、感謝をしていたそうです。 これは篠原涼子さんの愛のパワーですね。 胃がんが無事治って良かったです。 篠原涼子と旦那・市村正親に離婚の噂 そんな二人に「離婚危機」の噂があったようですが、篠原涼子さんは 離婚の噂に関して全否定されています。 離婚の噂については一部の週刊誌で、篠原涼子さんが年下男性と会食をしていたり、深夜のバーで市村正親さんの愚痴を言っていたと報じられていたことが原因だそうです。 しかし篠原涼子さんいわく「 ない、ない! パパとも、なぜそんな話が出たんだろうねって(笑)」とのこと。 ファンからも疑問視されていた二人の不仲に関する報道ですが、マスコミの仕事っていつから『創作話しを書くこと』になったのでしょうか?(笑) 実際には、篠原涼子さんと市村正親さんは、とても仲良しだそうです。 篠原涼子と旦那・市村正親の子供 二人の間には、 現在二人の息子さんがいるそうです。 一人目のお子さんは2008年5月生まれで現在11歳、二人目のお子さんは2012年2月生まれで現在7歳とのこと。 まだまだ育ち盛りな年齢ですよね。 そんな息子さん達に市村正親さんはメロメロだそうで、『 彼らのためなら労を惜しまず、なんでもやっていける』とコメントしています。 スマホの待ち受けも篠原涼子さんと、息子さん2人の画像とのこと。 お年を召したてからの子供だからこそ、余計に可愛くて仕方ないのかもしれませんね。 篠原涼子と旦那・市村正親の現在 篠原涼子さんと市村正親さんの現在ですが、 二人は現在も仲良しだそうです。 去年には、名門校に通う息子さんの運動会に、 夫婦ペアルックで登場したとのこと。 お子さん達がまだまだ育ち盛りなので、パパとしても頑張られているのでしょう。 二人には、これからも変な噂を吹き飛ばすぐらいの仲良し夫婦でいてほしいものです。 以上、篠原涼子の旦那についてのまとめでした。

次の

篠原涼子と市村正親、離婚危機説の真相

篠原涼子 市村正親

篠原涼子 東出昌大と杏の別居・離婚騒動は、まったく収まる気配がない。 当然、批判の矛先は東出と不倫相手だった唐田えりかに向けられ、特に杏が妊娠中の不倫だったことから、日本中の女性たちからバッシングを浴びせられている。 連日、怒涛のように続く「東出バッシング」に対しては、ごく一部から「(東出は)帰宅恐怖症だった」「円形脱毛症になっていた」などとやんわりと擁護する報道も出たが、今度はそれも猛バッシングされるという始末。 コメントを求められる芸能人も、慎重な物言いに終始している。 そんな中、1月27日に俳優の市村正親が、都内で自身のエッセーの刊行記念トーク&サイン会を行った。 かつてはプレイボーイとして鳴らした市村は、報道陣から東出について聞かれると、「僕も30代の頃はやらかしてましたけど、(28日で)71歳ですよ。 男というのはしょうがない部分はありますが、平和にいきましょう」とにこやかに話した上で「(私は、不倫は)ないです」ときっぱりと否定した。 市村は2005年に女優の篠原涼子と二度目の結婚をして、現在は2人の息子がいる。 長男は都内の有名私立大学の付属小学校に合格したとされており、絵に描いたような「幸せな家庭」を築いている。 かつての東出・杏夫婦がそうだったように「おしどり夫婦」と言われる代表格だ。 前述のイベントでも、市村の誕生日に先立って、家族からサプライズパーティーをしてもらったことを明かした。 市村は「わが家の前に大きなリムジンが止まっていて、入ったらママ(篠原)がいたんです。 子どもたちは執事の格好をして『こちらでございます』って」と、夫婦円満であることをアピールした。

次の