東京 キネマ 倶楽部 アクセス。 東京キネマ倶楽部の行き方!最前の柵やキャパ・2階席の見やすさは?

【東京】「Velvet Theater 2019」

東京 キネマ 倶楽部 アクセス

Sponsored Link 東京都台東区にある、 東京キネマ倶楽部。 これまでにもMix Speaker's,Inc. やSuG、MERRYといった人気V系バンドが出演してきたイベントホールです。 今回こちらでは東京キネマ倶楽部の 行き方をはじめ、最前に設置されている柵や段差・キャパシティ、2階席の見やすさなどの情報についてご紹介したいと思います。 東京キネマ倶楽部の行き方 <山手線利用の場合> 鶯谷駅南口を出て左側に進み、線路を越え、高架下をくぐると「華学園」が見えます。 その隣の建物が『東京キネマ倶楽部』です。 東京キネマ倶楽部は JR鶯谷駅から徒歩1分の場所にあります。 入り口を入り、エレベーターで6階まで向かいましょう。 元々グランドキャバレーだった場所を改装し、 大正ロマン溢れるオペラハウスのような内装になっているそう。 駅内の屋内通路から右手の横断歩道を渡り、入谷鬼子母神の前を通って言問通り沿いを歩き、『富士そば』を左に曲がります。 コンビニのサンクスを超えると、ダンスホール、パチンコ・スロットの看板のあるビルが見えてきます。 そこが『東京キネマ倶楽部』です。 東京メトロを利用する場合、2番出口より5分程かかります。 1階はスタンディングになっており、段差はありませんがステージが高めで後方からでも見えやすいイベントホールです。 上の画像は柵が外れている状態ですが…、 柵は 公演によって設置or外しているようです。 ちなみに、 ロッカーは開場後に使用できるものが約60個用意されているとのこと。 (500円硬貨のみ使用可) キャパシティに比べると設置数は少なめなので心配な方は鶯谷駅(構内に3箇所・合計60個設置)や宿泊するホテルへ荷物を預けておくことをおすすめします。 (3階席は照明などに使われているそうです。 最後までご覧頂き有難うございます。 Sponsored Link.

次の

元々はキャバレーだった「東京キネマ倶楽部」について

東京 キネマ 倶楽部 アクセス

大正ロマンのオペラハウスのようなこだわり空間 鶯谷駅にある東京キネマ倶楽部は、現在ではさまざまなイベントに活用されるホールですが、元々はキャバレーとして使われていました。 グランドキャバレーとして使われていた設備を活用し、鶯谷の東京キネマ倶楽部という新しい形で生まれ変わったのは2000年のことです。 こだわりのある雰囲気が特徴となっていて、大正ロマンのオペラハウスのようなレトロな印象を受けます。 現代のイベントホールでありながら、大正時代に逆戻りしたような感覚になることができるため、注目を集めているのです。 鶯谷の東京キネマ倶楽部は、フロントカウンターが豪華な作りになっていて、訪れた人々を魅了しています。 大正ロマンが感じられるにもかかわらず、全体的に贅沢さが溢れているギャップがあるのです。 40年以上にわたる歴史があるため、鶯谷の東京キネマ倶楽部には独特の風格が感じられます。 最初がグランドキャバレーという大人の社交場だったことも、その魅力を高めるポイントとなっているのです。 グランドキャバレーは、最初は大きな盛り上がりを見せていた社交場ですが、徐々に下火になっていきました。 その頃、鶯谷の東京キネマ倶楽部も当然下火となり、しばらくは開かれないままの状態になっていたのです。 こだわりの空間を活かし、新たなイベントを行う場として活用する動きが出て、レトロな雰囲気を残した東京キネマ倶楽部として生まれ変わりました。 このような経緯があったからこそ、単なるイベント会場ではない不思議な雰囲気を持つイベントホールが誕生したわけです。 細部にまでこだわり抜いていて、訪れる人々を外とは違った世界に誘います。 たとえば、毎年の年末には主要なライブが開催されています。 多くのお客さんが訪れて、盛大な盛り上がりを見せる重要なイベントです。 ライブを行うアーティストは主にロックバンドですが、アイドルグループがコンサートを開催することもあります。 さまざまなジャンルのアーティストが集まることからも、東京キネマ倶楽部の持つ独特の雰囲気が伝わってきます。 訪れるお客さんは、それぞれ音楽の好みが違っているわけですが、自分の好みとは違うジャンルのアーティストでも、東京キネマ倶楽部というレトロで不思議な雰囲気の会場だと楽しめるものです。 ライブ会場というと、ライブを行うためにさまざまな装飾が施され、特別な状態になっているイメージがあります。 しかし、東京キネマ倶楽部の場合はグランドキャバレーとして使われていた頃のレトロな雰囲気を壊さないようにしているのです。 カーテン・ソファなど、あらゆる部分に特別な雰囲気があります。 ライブを楽しみに訪れたお客さんも、普段よく行っているライブハウス・コンサート会場とは全く違った楽しみ方ができるので、人気が高まっています。 プロレス・格闘技団体も利用するイベントスペース 東京キネマ倶楽部では、一般的な音楽イベント以外のイベントも多く開催されています。 たとえば、プロレス団体や格闘技団体も頻繁に利用しているのです。 これは、元々グランドキャバレーだったこと、年末恒例のアーティストのライブがあること、という点からは想像しにくいことだといえます。 とりわけ注目に値するのは、初めて東京キネマ倶楽部を使用したプロレス団体は女子プロレスの団体だったことです。 2000年に初めて使用されて以降、さまざまな格闘技団体がイベントで利用するようになっています。 音楽のコンサート・ライブだけが行われる会場、パーティーだけのイベントホール、格闘技のリング、というように個々のイベントを楽しめる場所は豊富にあります。 しかし、あらゆるタイプのイベントが行われる場となると限られてくるものです。 東京キネマ倶楽部は、古くからのレトロな雰囲気を維持しつつ、新しさも取り入れているところが魅力となっています。 日頃は音楽のイベントにしか足を運んでいないという人も、鶯谷を訪れたときは東京キネマ倶楽部で格闘技のイベントを見てみるのも一興です。 何か新しい発見につながる可能性があります。 グランドキャバレーから出発した特別な雰囲気を持つ東京キネマ倶楽部だからこそ、さまざまな楽しみ方を満喫してみるのがよいです。 行われているイベントの種類が豊富にあることは、訪れるお客さんを満足させているだけではありません。 イベントに携わる側、クリエーターにとっても惹きつけられるものがあるのです。 鶯谷の東京キネマ倶楽部は、関わる全ての人を魅了する格別の場となっています。

次の

東京キネマ倶楽部

東京 キネマ 倶楽部 アクセス

概要 [ ] の設備を利用して2000年に、無声映画上映レストラン「東京キネマ倶楽部」としてオープン。 当時の弁士は飯田豊一、万朶るり子。 やが加わる。 大正時代のダンスホールを設定された施設はコンサート、パーティーなどのイベントスペースとして利用されており、特にコンサートが近年のメインとなっている。 2001年からは、毎年年末にによるライブ「Midnight Dejavu 東京キネマ倶楽部」が行われている。 からは、「鳳凰の間」に代わる常打ち会場を探していたが使用するようになり、以後各プロレス・格闘技団体も利用するようになった。 ステージフロアとなる5Fはスタンディングで600名程度、吹き抜けとなっている上階6Fは椅子席にて100名程度収容可能である。 交通 [ ]• ・下車。 脚注 [ ].

次の