肺炎 胸焼け。 逆流性食道炎 合併症で“最大の敵”「誤嚥性肺炎」の恐怖|NEWSポストセブン

逆流性食道炎とは?(胸焼け、むかつき、胃の不快感・・・)

肺炎 胸焼け

のどの異変から重病が始まる 胸やけ、ゲップ、胃もたれ……症状だけ聞くとどうせ食べすぎだろうと思ってしまうが、油断してはいけない。 「逆流性食道炎」という病気の可能性が高いからだ。 逆流性食道炎は30年前に比べ罹患率は10倍になり、まだ診断を受けていない潜在層を含めると患者数は1500万人になると推定されている。 この病気を放置していると重大な疾病につながり、最悪の場合は命を落とすこともある。 国立国際医療研究センター国府台病院の上村直実名誉院長が警鐘を鳴らす。 「逆流性食道炎が続くと、食道の粘膜が、胃と同じような、酸に強い上皮に置き換えられる『バレット食道』という状態になってしまう。 西山耳鼻咽喉科医院理事長の西山耕一郎医師が解説する。 「逆流性食道炎の合併症として起こるのが誤嚥性肺炎です。 通常の誤嚥性肺炎は食べたものが気管に入ることで起きますが、高齢になると下部食道括約筋の力が衰え、胃に入った内容物が食道内を逆流して誤って気管に入ってしまうのです。 ものを飲み下す嚥下機能の低下は、早ければ40代から始まり、70代から増えます。 気管に異物が入ると、通常はむせて排出しようとしますが、高齢になるとその防御機能が鈍くなりむせなくなるのです」•

次の

胸焼けの症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

肺炎 胸焼け

あくびはどうして出るのか 「あくび(欠伸)」は、疲れているときなど、カラダやココロが休息を求めて出る生理現象です。 脳の働きが鈍くなって酸欠状態のようになると、反射的に「あくび」がでます。 大きく空気を吸い込むことで、新しい酸素を脳に送り、低下している脳の働きを活性化してくれます。 また、あくびで大きく口を開くと、あごの筋肉が刺激され、脳に刺激が与えられることも判ってきました。 このように、あくびは脳の働きが鈍くなったり、身体の休息が必要な時に起こる「防衛反応」なのです。 あくびのリラックス効果 新鮮な空気を深く吸い、酸素を補給した血液を脳に送り込み、脳を活発に活動させるあくび。 じつは副交感神経を優位にする働きもあります。 別名「リラックス神経」とも呼ばれる副交感神経は、脈を安定させたり血圧を下げたりして、身体を休息モードに導きます。 またあくびと一緒に涙が出て、眼の疲れを取ったり目ヤニや老廃物を流してくれます。 ひいては、ドライアイの予防にもつながるとも言われています。 危険の警告サイン?「生あくび」 勉強や仕事のさいに、周囲は集中しているのに独りあくびをして、ひんしゅくを買ってしまう場合があります。 眠気がないのに起こるあくびで、「生あくび」と呼ばれます。 緊張やストレス、睡眠障害などで身体や脳が相当に疲れている時に生じます。 また、脳梗塞、脳腫瘍、狭心症、更年期障害、低酸素血症といった病気の症状として生じる事があります。 さらに片頭痛や乗り物酔いの前兆として「生あくび」が出ることもあります。 普通のあくびは、交感神経が優位な、夢中になっている時や何かに一生懸命取り組んでいる時には出ないものです。 むしろ、副交感神経が優位な、疲れたり眠かったりするときに出ます。 これに対して、生あくびは緊張していたり具合が悪い時に出るあくびです。 いわば、病気などの危険が身体で起こっていることへの警告サインということができます。 生あくびと病気の関連 たとえば睡眠障害の場合、自分では眠っているつもりでも、無呼吸症候群が発症して身体が休めていなかったりすると、生あくびがでます。 この場合、昼間に連続して生あくびがでますから、もし思いあたるならば、専門の呼吸器科や内科を受診するようにしましょう。 一方、脳梗塞の場合は脳へ血液や酸素がいかなくて血管が詰まってしまっているので、生あくびといっしょに頭痛やめまい、吐き気などが起こることが特徴です。 とくに、1日に何回も出るようなら要注意です。 すぐに神経内科などに受診しましょう。 脳卒中科という診療科も最近では開設されているそうです。 つまり、あくびは良い?悪い? これまで見てきたように、あくびには身体にとって良い場合と悪い場合との両面があります。 普通のあくびは防衛反応としての生理現象として、疲れたり空気が悪くなっていることを気づかせてくれます。 あくびをすることで新鮮な空気を脳に送り込み、脳の働きを活性化したり副交感神経を優位にして身体を休息モードしてくれたり、ドライアイ予防までしてくれる良い場合があります。 一方の生あくびは、極端に疲れていたり、緊張やストレスにさらされていたり、睡眠障害や脳梗塞などのさまざまな病気のサインだったりと、身体に良くないことが起こっていることの警告サインのようなものです。 どちらにしても、あくびだからと軽く見ないで、良い場合でも悪い場合でも、もっとあくびの出すサインに耳やココロを傾けてみることが大切なのではないでしょうか。 執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ <執筆者プロフィール> 山本 恵一(やまもと・よしかず) メンタルヘルスライター。 立教大学大学院卒、元東京国際大学心理学教授。 保健・衛生コンサルタントや・育児コンサルタント、企業・医療機関向けヘルスケアサービスなどを提供する株式会社とらうべ副社長 <監修者プロフィール> 株式会社 とらうべ 医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供.

次の

KL

肺炎 胸焼け

肺炎の原因 肺炎の原因のほとんどが、 ウイルスや 細菌による感染です。 通常は風邪で済むはずのウイルスや細菌でも、身体の免疫力が低下している時に感染すると肺炎になってしまいます。 細菌性の原因菌としては、ブドウ球菌や肺炎球菌、インフルエンザ菌などがあげられ、ウイルス性の場合は、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、麻疹ウイルス、サイトメガロウイルスなどがあります。 実は肺炎は日本の死因の第4位にもなっている疾患であり、非常に注意しなければいけない病気の一つです。 特に、高齢者や乳幼児は体力的にも免疫力も低いため、肺炎にかからないための予防が必要です。 その他、カビ(真菌、マイコプラズマ)が原因になっていることもあります。 肺炎の治療 肺炎の治療は 薬物療法が基本です。 抗菌薬を中心として原因となっている菌自体を取り除いていきます。 これらのお薬は、 症状が改善したあとでも、菌自体が全て消滅するまで飲み続けなければいけません。 症状が改善したからと言って自己都合で服薬を止めてはいけません。 その他は、症状を和らげる目的で、解熱剤や去痰薬、気管支拡張薬などが用いられます。 以前は、入院をして注射による治療が多かったですが、現在は効果のある経口薬が広がり、自宅療養も多く行われるようになってきました。 その場合は、ベッドに横になって 安静にしておくことと、 水分補給に気を付け、 睡眠をしっかりとるなど、体力と抵抗力を回復させるように心がけましょう。

次の