長崎 バス ジャック 事件。 長崎バスジャック事件

長崎バスジャック事件犯人がバスジャック史上唯一射殺された背景にあった世界規模のハイジャック事件とは!?

長崎 バス ジャック 事件

質問一覧• 生まれてなかったのもありますが全く知りませんでした。 交通渋滞で現場取材に行けないから断念したアレね。 「三菱銀行人質事件」は、いずれも警察官が犯人を射殺しました。 なぜ、その場で殺したのですか?犯罪にならなかったのですか?... 長崎バスジャック事件 の最終的結末は一体どんな内容だったのでしょうか?番組見ていた方で詳しく知ってる方いましたら教えて下さい。 お手数ですが回答よろしくお願いします。... バスジャック事件について長崎県警は強行突入を決断し立てこもっている犯人を射殺し人質を救出する 見事な作戦計画を立てましたが。 何故、このバスジャック事件はテレビに大規模に報道されていたはずなのに。 人権派の弁護士は... 『長崎バスジャック事件』の詳細を教えて頂けないでしょうか? 自力で探しても当時の記事や画像、動画等が見つかりませんでした。 よろしくお願いします。...

次の

長崎バスジャック事件の動機は?犯人のその後はどうなった?

長崎 バス ジャック 事件

西鉄バスジャック事件とは 西鉄バスジャック事件とは、2000年5月3日に発生した当時17歳の少年によるバスジャック事件。 2000年5月3日12時56分頃、佐賀第二合同庁舎発西鉄天神バスセンター行きの西日本鉄道の高速バス「わかくす号」は、定刻通りに佐賀第二合同庁舎を出発し、西鉄天神バスセンターには14時6分に到着する予定でした。 ところがその後の13時35分頃、九州自動車道の太宰府インターチェンジ付近で 刃渡り約40センチの牛刀を持った少年が運転手に牛刀を突きつけ乗客に対し 「天神には行くな、このバスを乗っ取ります。 」 「おまえたちの行き先は天神じゃない。 地獄だ。 」 と言いながらバスジャックした。 少年は西鉄天神バスセンターに行かずに九州自動車道をしばらく走行するように運転手を脅し、乗客に対し様々な指示を繰り返した後、最後にカーテンを閉めるように指示。 その後、山口県の山陽自動車道に達するまでに乗客3人を切りつけ、2人が負傷し女性1人が死亡。 日本のバスジャック事件において人質が死亡した初めての事件となった。 乗務していた運転手によると、ハザードランプの点灯やパッシングをするなど外部に異常事態を伝えようとした。 通報があったのは北九州市門司区の九州自動車道新門司インターチェンジとされている。 対向する車両の運転士が気づいていたか否かは公になっていない。 なお、このころ西鉄佐賀自動車営業所では西鉄天神バスセンターへ到着しない当該バスに対し所内から何度も無線で当該バスに応答を求めていたが、応答が無かった。 無線は北九州市門司区辺りまでが交信可能エリアだったため、山口県に入ってしまうと無線が途切れる可能性が高かった。 西鉄は15時30分頃に、本社内に対策本部を設置し約20人が情報収集に当たったがこの時点ではまだなにも分からず、さらに乗っ取られた高速バスのわかくす号は予約制ではないため、乗客の身元の確認に時間がかかった。 また、当日は博多どんたくの期間中で、バスセンターや高速バスの利用者も多かった。 バスは、九州自動車道から関門橋および中国自動車道に入った。 この頃には山口県警に事件は周知されており高速道路交通警察隊がバスを追尾していた。 警察が追尾を開始していた頃、山口県の小郡インターチェンジ付近で走行中のバスから高速道路に飛び降りて負傷している乗客を警察が発見し、乗客1名を救出。 この乗客の証言により警察はバスで負傷者が出ていることを把握することとなった。 バスは山口ジャンクションから山陽自動車道に入り、下松市の下松サービスエリア付近では警察車両に行く手を阻まれ減速したバスから身を乗り出した乗客1人が、警察に救出された。 この頃にはマスコミ各社も事件の報道を開始しており、この男性乗客が救出される瞬間はテレビでも中継された。 警察は山口県での解決を断念して封鎖を解除、バスを広島方向へ走らせた。 その直後、犯人の少年は逃げた乗客の「見せしめ」として、更なる凶行へ及んだ。 バスは広島県へ入り、広島市安佐南区の武田山トンネル付近で男性客全員を解放した後、東広島市の奥屋パーキングエリアに入り数時間停車した。 ここで警察の説得により犯人は差し入れを提供するという条件で負傷した人質3人を解放したが、うち1人はすでに失血死していた。 膠着状態が続いた後、バスは再び動き出して隣の小谷サービスエリアまで行き、ここでも長いこう着状態となった。 ここで広島県警は、食料や簡易トイレ、毛布などを乗客に差し入れた。 少年の家族も説得の為に現場に到着したが、少年はこれに応じることを拒否した。 バスが停車中の小谷サービスエリア近くでは、福岡県警と大阪府警の特殊部隊 SAT によって、 突入任務を帯びた機動隊員と機動捜査隊員に速成の訓練ならびに図上演習が施されていた。 事件発生から15時間半後の4日午前5時過ぎ、小谷サービスエリアで停車中に警察官による説得中に「手袋を路面に落とす」という 突入の合図を受けた15名の隊員の突入により少年は逮捕された。 だが、この突入で機動隊員1名が少年に左足を切り付けられ負傷した。 この事件の様子はテレビで生中継された。 西鉄バスジャック事件の犯人の名前や顔画像は? 犯人は17才の少年なので、少年法により、当然公表されていません。 顔画像はコチラ ネットでは犯人の名前は『 谷口誠一』といわれています。 父親・・・建設機械会社のサラリーマン 母親・・・役所の保健士 谷口誠一の母親は教育熱心だったようです。 小学校時代は、成績はよく優等生でした。 しかし小さい頃から言動に 落ち着きがなく注意散漫で、協調性に乏しく周囲に馴染めずにいたというので、もしかしたら 発達障害だったのかもしれません。 中学校時代は、2年生の頃までは、成績はよかったようです。 しかし、 イジメを受けており、 イジメの激しさが増すとともに、成績も下がってしました。 この頃から、谷口誠一の 家庭内暴力が始まります。 母親を 「貴様」と呼び、 「この家の跡取りは僕なんだ!」と言って両親に暴言を吐いたり、物を投げつけたりしていました。 中学でのイジメのストレスが、家族に向いたのでしょう。 中学3年生(1998年2月)の時に、校舎の外階段の 高さ5メートルほどの踊り場から地面に飛び降りる度胸試しをすることをクラスメイトに迫られる。 3人のクラスメイトは次々に着地成功。 順番が来ても中々飛び下りることのできない谷口誠一に 「意気地なし!」とクラスメイトは煽る。 なんとか飛び下りた谷口誠一だったが、着地に失敗し尻と腰を地面に叩きつけてしまう。 救急車で佐賀市内の整形外科病院に搬送され、第一頸椎を圧迫骨折していると診断され、骨折の位置が2ミリずれていたら、半身不随になっていたというほどの重症をおってしまいました。 高校受験は特別に病室で行い、県下で有数の進学校である 佐賀県立致遠館高校に合格。 中学校長と担任、同級生が病室を訪れ、谷口少年のためだけに卒業式が行われました。 致遠館高校に入学後、新入生オリエンテーションで、緊張して声を詰まらせて言葉にならず、同級生たちから笑われ、 わずか9日で不登校になり、引きこもりになってしまいました。 不登校になり、引きこもりがちな息子を心配する父親にハンドルを握らせ、京都、大阪、奈良、神戸、浜松、名古屋、京都へドライブする「お出かけ」を度々 強要したといいます。 1999年に谷口誠一は、高校を退学しました。 高校を退学し、引きこもっていた谷口誠一に、両親はパソコンを買い与えました。 ネット掲示板 『2ちゃんねる』にハマりました。 当初のハンドルネームは『キャットキラー』でしたが、 「馬鹿猫引っ込め!!」「豚野郎!!」などの攻撃的な書き込みで、他の掲示板住人とバトルを繰り広げた後に、2ちゃんねるでのハンドルネームを 「ネオむぎ茶」に変更しました。 2000年3月2日、谷口誠一の様子をおかしく思った両親は、父親が「お出かけ」に連れ出し、母親が谷口誠一の部屋を調べるという作戦を立てました。 すると、クローゼットからは、牛刀などの刃物類とスタンガン・催涙スプレーなどを発見。 さらに、3月4日には母親が机の引き出しから 遺書めいた犯行声明文を発見しました。 3月5日、精神医療センター『国立肥前療養所』と警察に息子の保護を要請しますが、精神鑑定医の診断や事件性の有無を理由に断られてしまいます。 そこで母親はラジオで話を聞き以前から相談しようと考えていた有名な精神科医の 町沢静夫さんに連絡し、肥前療養所と警察に協力を取り付けてもらい、即日入院の許可を得ることができました。 両親が入院するよう説得しようとすると、谷口誠一はいつものように癇癪を起こし、母親に蹴りを入れるなど暴れ出した。 外で待機していた警察官が入って来るとおとなしくなり、パトカーに乗せられて、谷口誠一は肥前療養所に連れて行かれ、医療保護入院させられる。 この時に谷口誠一は 「貴様ら、前から僕を精神科に入院させることを考えていたのか。 この恨みは絶対に忘れないからな。 覚えていろよ」と両親に言い残したと言います。 谷口誠一は病院でおとなしくしていたため、1泊2日の外泊許可が出て5月3日に帰宅しました。 そして、 『西鉄バスジャック事件』が起きたのです。 『2ちゃんねる』にハンドルネーム 『ネオむぎ茶』で 「佐賀県佐賀市17歳 ネオむぎ茶 ヒヒヒヒヒ」 と書き込むと、森林公園にサイクリングに行くと嘘をついて、途中で牛刀を買ってリュックに忍ばせ、佐賀駅バスセンターから12時56分発の「わかくす号」に乗車しました。 「バスジャック」でなく 母校の中学校を襲う計画をしていたようです。 校舎の1階から各教室で生徒たちを襲い、3階の教室に立て篭もり、マスコミの注目を浴びるなか飛び降り自殺するつもりでした。 しかし5月3日がゴールデンウィークで中学校が休みだったので、急遽計画を変更し、「西鉄バスジャック事件」を起こしました。 谷口誠一の動機はなんだったのでしょうか? 自身は供述で、 「目立ちたかった」 「事件を起こして親を苦しめたかった」 と語っています。 西鉄バスジャック事件の犯人のその後は? 西鉄バスジャック事件の犯人である谷口誠一は刑事責任能力の有無を確かめることになりました。 佐賀家裁は事件当時の責任能力は認めたものの、精神鑑定結果が 「解離性障害や行為障害の症状」を指摘したのを受け、解離した施設で日常的に精神科医の観察が必要と判断。 2000年9月、5年以上の医療少年院送致とする保護処分を下し、10月2日に谷口誠一を京都医療少年院に収監しました。 谷口誠一はその後、2006年1月、22才で京都医療少年院を仮退院3月まで保護観察処分となり、3月26日に保護期間が満了し、正式に退院しました。 今現在についての情報はわかりません。 しかし、これだけの世間を騒がせた事件を起したので、現在は 本名を変えているかもしれませんね。

次の

長崎バスジャック事件犯人がバスジャック史上唯一射殺された背景にあった世界規模のハイジャック事件とは!?

長崎 バス ジャック 事件

ボロボロながらも見つかったバス 1977年10月15日、長崎県内で発生したバスジャック事件の当該車両が、このほど同県の山中で発見された。 バスの外観は当時の広告が張られたままで、車内は物置のような状態になっていた。 発見した長崎市内の30代男性は、こう語る。 「数か月前から知り合いの間でバスジャック事件の車両が放置されていることが話題になっていました。 自分は30代ですが、みんなは50~60代なので、当時のことをよく知っているんです。 そんな車両なら一度、見てみたいと思って出かけてみたところ、意外にも簡単に見つかりました。 犯人はこのバスに立てこもっているときに、警官に撃たれて亡くなったんですよね。 そんな車両がこうした形で残されていることに、びっくりしました」 長崎バスジャック事件とは、長崎県平戸発、長崎駅前行きの路線バスが走行中に「阿蘇連合赤軍」を名乗る覆面姿の2人組の男に乗っ取られたものだ。 犯人は改造銃や手製爆弾を持っていた。 赤軍派を名乗っていたが、政治思想はなく、身代金を狙った短絡的な犯行だった。 この事件は発生後18時間を経過した16日午前4時25分に警察官の一人が「撃つなら俺を撃て! 撃つなら撃ってみろ!!」と言いながらバスに近づいたところ、主犯格の男が手製爆発物を投げた。 この爆発物が爆発した瞬間に突入隊がバス内部に突入。 3人の警察官が7発を発砲したことにより、主犯の男が被弾して20分後に死亡。 もう1人は重傷を負った。 人質16人は全員無事に救出されている。 事情通は「この車両は鉄くずになる直前に現在の所有者が入手したそう。 お盆前後に九州の別の場所に移動される予定になっているようです。 どのような目的で移動されることになったのかは全く分かりません」と語る。 事件から40年以上の時が流れ、このような形で当該車両が残されていたことは驚きだ。

次の