グルテン フリー ダイエット と は。 グルテンフリーダイエットの効果、食べていいもの完全解説!

グルテンフリーダイエットは効果なし!本当は痩せない4つの理由

グルテン フリー ダイエット と は

みなさんは「セリアック病」をご存知でしょうか。 セリアック病患者が「グルテン」を摂取すると、本来、風邪のウイルスなどを退治するはずの自己免疫系が「グルテン」に異常反応を示し、小腸の組織を攻撃していまいます。 すると小腸は炎症を起こし、腹痛や下痢、倦怠感などさまざまな症状をきたします。 症状が悪化すると消化・吸収不良となり栄養をうまく体内で回せなくなります。 グルテンフリーはセリアック病患者の食事として生まれました。 小麦アレルギーとセリアック病 セリアック病は遺伝的な要因が大きいとされ、米国での患者数が多く、米国人口の約1%すなわち100人に1人がこの疾患を有しているという文献もあります。 日本ではあまり馴染みのない病名ですが、日本人にも関係しているのは小麦アレルギー。 小麦アレルギーはグルテンに加えて、そのほかのタンパク質や多糖類も原因物質となります。 疾患 原因として考えられるタンパク質 セリアック病 グルテン(グリアジン、グルテニン) 小麦アレルギー グルテン(グリアジン、グルテニン)、アルブミン、グロブリンなど グルテンフリー食品は、小麦のグルテンだけを取り除いたものではなく、小麦そのものを使用していないものが大半です (一部例外もありますので食品表示をご確認ください)。 グルテンに過剰反応してしまうセリアック病の人も、グルテンのみならず小麦が含む様々な物質がアレルゲンとなる小麦アレルギーの人も、小麦を安心して避けることができるのが「グルテンフリー食品」といえます。 減量法となりえるか ダイエット、日本語の罠? 「ダイエット(diet)」は日本語に訳すと食事法。 しかし 日本で「ダイエット」というと減量を差す言葉としての認識が強いため、やせることを目的としていると誤解している人も多いようです。 減量法と思わずとも、健康法の一つとして効果があると認識している人も多いですが、健康な人が実践して何らかの効果があるという 科学的根拠はまだ見つかっていません。 体調が良くなり体重が減ったケースは、「セリアック病」やグルテン不耐症による体調不良が改善した影響ではないかと考えられます。 小麦のグルテンなどのタンパク質は、パン、麺類、ケーキ・クッキー・和菓子などのほか、唐揚・天ぷら・とんかつなどフライ食品の衣、カレーのルウやホワイトソース、ミートソースなど、小麦粉を使った食品は多種多様です。 グルテンフリーで痩せたつもりが、実はただクッキーやお菓子を控えたから…、小麦を避けたら食べられるものが極端に減った…という可能性も。 グルテンフリーのデメリット 日本人に多く見られる乳糖不耐症。 牛乳を飲むと腹痛になる人、いらっしゃいますね。 同様に、グルテンを摂取すると消化器系に影響がでる人も一定数いるようです。 そのような方にはグルテンフリーが有効ですが、安易にグルテンフリーを行うと小麦食品をばっさり排除することになるため、栄養バランスの偏りを招きやすく、健康上のリスクもあります。 自己判断で長期間継続して行うことは避け、必ず医師の指導のもと行う必要があります。 また、健康な人が実態を知らずにグルテンフリーを取り入れるとビタミンBや食物繊維が不足し、かえって太る原因となったり、別の健康被害をもたらす可能性もあります。 まとめ  1)グルテンフリーは小麦アレルギーやグルテン不耐症の人が小麦を避けるために取り入れる食事  2)減量や健康に対する科学的知見はない  3)小麦は多くの食品に含まれており、を持つ  4)安易に抜くことはかえって体調不良の原因となりうる グルテンフリーを正しく理解したうえで、自分に必要かどうかを判断する必要があります。

次の

「小麦粉を2週間やめる」グルテンフリー・ダイエットの正しいやり方。

グルテン フリー ダイエット と は

「グルテンフリーも糖質制限もパンがNGって聞いたけど、結局同じじゃないの?」という人のために、何が違うのかわかりやすく説明しておきますね。 どちらもパンがNGというところは同じですが、食べてはいけない理由が違います。 グルテンフリー 糖質制限 パン グルテン(小麦、大麦、ライ麦)が使われいるから 糖質が多い小麦が使われているから グルテンフリーでは 「グルテンを含む小麦などが使われているからパンはダメ」 ということになっていますが、糖質制限では 「小麦は糖質が多いからパンはダメ」 ということになっているんです。 では、これを踏まえてもっと詳しくグルテンフリーと糖質制限について見ていきますね。 パンやピザ生地が膨らんだり、もちもちした食感になったり、麺がシコシコした歯ごたえになるのはグルテンのおかげです。 グルテンフリーは、グルテンを含む食品、つまり小麦、大麦、ライ麦が使われている食品を避けて食べる食事法です。 グルテンフリー=パンを食べない食事法と勘違いされることがありますが、パン以外にもグルテンを含む食品はあります。 グルテンフリーに期待できる効果には次のようなことがあります。 痩せる• お腹の調子がよくなる• ぜん息、じんましん、アトピー性皮膚炎がよくなる• 糖尿病、動脈硬化など生活習慣病の改善• 関節炎、リウマチ、痛風が改善• 肌がきれいになる• 老化のスピードがゆっくりになる 小麦は砂糖よりも血糖値(血液中の糖の濃度)を上げやすく、小麦が体に合わない人には腸に大ダメージを与えるということで「グルテンフリーをすれば健康になれる」とブームになったんです。 ただしグルテンフリーはもともとグルテンが体に合わない人(主にアメリカ人)向けの食事法として考案されたものなので、グルテンでそれほどダメージを受けていない日本人には劇的な効果は期待できないとも言われています。 グルテンフリーのNG食品 グルテンフリーはグルテン(小麦、大麦、ライ麦)を含むものを避ける食事法でしたね。 グルテンフリーでは糖質の有無は問題にしませんでしたが、糖質制限では糖質を含むものは全てNG 食品です。 糖質制限が流行った一番の理由として、カロリー制限が必要ないということがあります。 カロリー制限ダイエットでは1日に摂取していいカロリーが決められていますが、糖質制限は糖質の少ない食品を選べばカロリーはあまり気にせず食べてOKです。 というより、糖質制限をしていると食べられる食品が減るので自然とカロリー摂取量が減ります。 糖質制限の方がグルテンフリーより食べられるものが限定されるので大変なのですが、 グルテンフリーに比べるとダイエット効果は高い と言われています。 では糖質制限に期待できる効果をまとめておきますね。 痩せる• 体が燃焼モードになる• インスリン(血糖値を下げるホルモン)の急激な変動を抑える• 血糖値を下げる• 食後に眠くならない• 寝起きがよくなる グルテンフリーは健康全般にゆるやかに効く食事法でしたが、糖質制限はそれよりもダイエットに効果的なメリットが多いです。 糖質制限はもともと糖尿病の人の食事療法として考案された食事法ですが、健康な人も糖質制限を行うことで糖質のとりすぎによる体の不調を改善できる可能性がありますよ! 糖質制限のNG食品 グルテンフリーではグルテン(小麦・大麦・ライ麦)を含まない食品なら食べられるので、日本人の主食であるお米もOKでした。 ところが、糖質制限も同時に行う場合はお米が食べられません。 これが糖質制限の方がグルテンフリーよりもハードな理由です。 「ご飯もパンも麺もダメなら何を食べればいいの?」と困っちゃいますよね。 主食が食べられないなら、食べるものはおかず類に限定されます。 つまり グルテンフリーと糖質制限を組み合わせる時は、おかずメインで食べる ようにすればOKです。 グルテンフリー&糖質制限で食べられる食品 ではグルテンフリー&糖質制限ダイエット中に食べていい食品を見ていきますね。 基本的に 肉、魚、大豆製品、卵、乳製品、野菜 はOKというくくりで見ていってください。 大豆製品 :豆腐、納豆、おから• こんにゃく• 肉 :豚、鶏、牛、羊など• 魚 :マグロ、サバ、タラ、タコ、イカなど(はんぺんや魚肉ソーセージは糖質が多いのでNG)• 卵、チーズなどの乳製品• 野菜、海藻類 :レタス、ほうれん草、きゅうり、キャベツ、もやし、水菜など主に葉野菜(にんじんやレンコン、いも類は糖質が多いのでNG)• 調味料: 塩、こしょう• 良質な油脂 :エクストラバージンココナッツオイル、ココナッツバター、エクストラバージンオリーブオイルなど• 完全に同じにはできませんが、細かいカロリー計算は不要なので心理的な負担を減らすことができますよ。 2〜1. 6 くらいです。 野菜は 100〜120g が目安です。 つまり、体重60kgの人なら72g〜96gのたんぱく質と100〜120gの野菜を食べるようにするということですね。 野菜から食べる 食事をする時は、野菜から食べると野菜に含まれている食物繊維の力で血糖値が上がりにくくなり、脂肪がつきにくくなります。 最初にサラダや野菜スープを飲み、お腹が落ち着いたら肉や魚などのメインのおかずを食べるのがおすすめです。 良質な油をとる 「油はカロリーが高いから使わない」という人もいるかもしれませんが、それだと細胞の材料が不足してしまいます。 なので、ダイエット中はエクストラバージンココナッツオイルやエクストラバージンオリーブオイルなどの良質な油を1日大さじ3杯を目安にとるといいですよ。 糖質カットサプリもおすすめ 糖質制限がうまくいかないという人は、糖質カットサプリを使うという方法もありますよ。 デブ卒編集部がおすすめしているのが、肥満女性のダイエットをサポートする機能がある プロシア8 というサプリです。 糖質制限ですい臓を悪くしてしまうということはありませんが、すでに 急性または慢性すい炎 を患っている人は高脂質の糖質制限には不向きです。 また、 糖尿病治療中 の人も自己判断で糖質制限をやってはいけません。 腎臓が悪い人 糖質制限食では、糖質を摂らない代わりにたんぱく質の食事がメインになります。 腎臓の働きが悪いとたんぱく質をうまく代謝できない恐れがあります。 肝臓が悪い人 糖質制限食を始めると、ブドウ糖が不足しがちになります。 これをカバーするために、肝臓はアミノ酸からブドウ糖をつくります。 ところが、肝臓が弱っていると、うまくブドウ糖を産生できなくて栄養不足でふらふらになってしまう恐れがあります。 まとめ:グルテンフリーと糖質制限を組み合わせて健康的にダイエット 以上、グルテンフリーと糖質制限ダイエットの違い、組み合わせる最強の食事法を紹介しました!グルテンフリーと糖質制限の違いを再確認しておきましょう。 肉、魚、野菜、卵、大豆製品、などをうまく組み合わせて食べれば、両方のメリットが期待できます。 ただし、食べられるものが限定されるので完璧カットしようとして体と心を壊してしまわないように注意してくださいね。 グルテンフリーも糖質制限もどちらもゆる〜く実践するのがデブ卒おすすめのやり方です!.

次の

グルテンフリーダイエットの科学的根拠まとめ

グルテン フリー ダイエット と は

スポンサーリンク こんにちは、グルテンフリー歴5年小麦アレルギーの です。 グルテンフリーってご存知ですか? 聞いたことあるけれど、実際はどんなものを食べればいいのか食べてはいけないのかわからないですよね。 今回は、その グルテンフリーについてです。 実はこのグルテンフリー、元々は グルテンアレルギーの人のための食事法でした。 でもグルテンフリーダイエットとして海外セレブやモデルが実践したら、美しく痩せたと話題になったり、アスリートが健康になって成果が上がったとして公表したことから、グルテンアレルギーのない健康な人たちにも広く知られるようになったんです。 日本でも少しずつ知られるようになった健康にもいいと言われるグルテンフリーはどんなものでしょうか。 もくじ• グルテンとは? グルテンフリーの グルテンとはなんでしょう。 グルテンは、小麦、大麦、ライ麦などの穀物に含まれる タンパク質のことです。 小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成される タンパク質の一種で、グルテニンとグリアジンの2つが水を吸収して作られます。 麺類やパンなどをこねることで、ふわっと感やもちもち感をだしています。 小麦粉をつかって作った食べ物、 パンや ケーキ、 パスタや日本食でいうと たこ焼きや お好み焼き、 うどんなどにグルテンが含まれます。 グルテンは、食物アレルギーの原因となるタンパク質ですが、日本では小麦の使用は食品表示義務がありますが、 グルテンの有無には法的表示義務がないのが現状です。 グルテンフリーとは? グルテンを摂取しない食事法のことです。 もしくはグルテンを含まない食品のことです。 日本ではまだまだメジャーとは言えないグルテンフリーですが、欧米ではグルテンフリーと書かれた食品やレストランのメニューも多いようです。 スポンサーリンク グルテンが原因のからだの不調 小麦、大麦などのグルテンを含むものを摂取することで、体に不調をきたすことがいくつかあります。 ・小麦アレルギー 小麦アレルギーは、グルテンではなく、 小麦に含まれるたんぱく質に反応してアレルギー症状が出るものです。 身体中に蕁麻疹がでて、ひどくなると アナフィラキシーショックという呼吸困難や、血圧の低下、意識障害などのショック症状を引き起こし、命を落とすこともあります。 小麦以外の大麦、ライ麦、オーツ麦も小麦とたんぱく質の構造が似ており、同じようにアレルギー症状を起こしてしまう人もいます。 セリアック病 セリアック病は グルテンに対し異常な免疫反応が生じて、自分自分の小腸粘膜を誤って攻撃してしまう 自己免疫疾患の一つです。 症状は腹痛と慢性の下痢です。 さらに、疾患が進行し重症化すると栄養状態が悪くなり、全身倦怠感や貧血が生じるケースもあります。 グルテン不耐性 過敏症 グルテン不耐性とは、グルテンを分解、消化するのが苦手な体質で、摂取すると 慢性的な不調が現れます。 グルテン不耐性またはグルテン過敏症といいます。 症状は、便秘や下痢などの消化器系のトラブル、疲労感や倦怠感、めまい、頭痛などをです。 小麦をやめて生まれ変わった、テニスプレーヤのジョコビッチ選手 世界的テニスプレイヤーの ジョコビッチ選手は小麦に対して 強い不耐性を持っていて、グルテンフリーを実践したことで、パフォーマンスを劇的に向上させることができたのです。 わたしが体調が悪くなる原因が小麦にあるのではないかと気づいたきっかけが、このジョコビッチ選手の書いた 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』を読んだことでした。 わたしはよく成城石井で購入します ネットでもグルテンフリーのものが買えますよ。 グルテンフリーダイエット ジョコビッチから火のついたグルテンフリーですが、海外のモデルやセレブが、 美容やダイエットのためにグルテンフリーを実践してきれいになったと話題になりました。 日本でもグルテンフリーダイエットといものが、 おしゃれなダイエット法のような紹介がされ、ちょっとしたブームになったようです。 グルテンフリーダイエットとは、あくまでもグルテンを摂取しないというものです。 糖質ダイエットや炭水化物ダイエットとは根本的に違います。 小麦を食べないことによって、ダイエット効果があるかどうかは医学的には証明されていませんが、パンやパスタ、ピザ、ハンバーガーなどを食べなくなることで、食べ物への意識が変わり必然的に痩せるのかもしれませんね。 小麦をお米にかえて、バランスよく食べるといいですね。 小麦アレルギーの私はグルテンフリーライフを楽しむ あれも食べられないこれも食べられないと思うと悲しくなってしまいますが、米粉やトウモロコシ粉、大豆粉など、 小麦粉にかわるものがいっぱいあります。 それまでは、なにも考えずになんでも食べることができるのが日常でした。 わたしの場合は、小麦アレルギーになってはじめて食べられないものができて、なんでも食べれることはありがたいことだったと感じています。 食べることのできるよろこびは、グルテンフリーを実践してみて知りました。 小麦には 依存性があると言われていますが、わたしも実際にパンが大好きで「もう一生パンを食べることはないんだ、耐えられるかな」って思いました。 でも、今はパンを食べたいと思うことはほとんどありません。 逆に、お好み焼きはあまり好きではなかったけれど、米粉で作るお好み焼きはお腹にずっしりとこなくて小麦粉で作ったものよりわたしは好きで、お好み焼きもよく食べるようになりました。 ダイエットのため、健康のため、病気のため、いろんな理由があると思いますが、 グルテンフリーをたのしんでできるといいですね。

次の