さか むけ 痛い。 ささくれの原因って? 痛いささくれの治し方|「マイナビウーマン」

爪横のささくれが痛い!原因を知って正しいケアを!

さか むけ 痛い

できると面倒なささくれ! ささくれができると気になってしょうがなくなりませんか? ささくれは服に引っかかりやすくて、引っかかると痛い! 冬場セーターになんか引っかかると、ささくれ部分がめくれてひどくなることもありますよね。 女性の場合は、ストッキングに引っかかると伝線しちゃうし、髪にも引っかかったりしやすいでしょうし、いろいろ面倒なささくれです。 ささくれになると取らないと気が済まないのはなぜでしょう。 でも、無理やり取ると痛いし、血が出ることもある。 私は絆創膏がないといられなくなります。 ところで、ささくれってなんでできるのでしょうか? ささくれができる原因 ささくれになる原因として考えられるのは、水仕事などでの手の乾燥や炎症を起こしているとき、食生活の乱れ、体調不良、血行不良、除光液が原因になることもあります。 主婦の場合は、水仕事をすることも多いでしょうし、こどもがいたら手を洗う回数も増えますよね。 仕方ないと思うのですが。。。 私は手洗いを異常なくらいします。 妻には「アライグマによりも手を洗ってる」といわれています。 私がこんなに手を洗うようになったのは、子どもが生まれてからです。 それまでは普通だった思うのですが、子どもが生まれてからはミューズをガンガン使うようになりました。 妻はミューズを使うと手が荒れるというので、家族で私だけがミューズを使っているのですが、週に1個くらいのペースで使っています。 自慢じゃないですが、日本一ミューズを愛用していると自負しています!!! だから私の手はいつも乾燥状態で、特に冬場は指先がカサカサになり、しょっちゅうささくれになってしまいます。 いつもなんとかしたいと思っているのですが。。。 ささくれになってしまった場合の対策 ささくれになると、なんとか早く取っちゃいたくなりますが、無理に引っぱったりすると血が出たりして悪化します。 傷口ができるとバイ菌が入って炎症を起こす原因になるので、爪切りなどを使って切るようにしてください。 私のように歯で噛みちぎるのもよくないです。 ささくれになってしまった場合の対策は、手の乾燥を抑えることです。 手が乾燥しているとささくれになりやすいので、保湿効果のあるハンドクリームをぬったり、爪の生え際にキューティクルオイルをぬるようにするといいです。 それでは、年中ささくれになっている私のような人は、ささくれにならないようにするにはどうすればいいのでしょうか? ささくれにならないための対策 ささくれは手が乾燥したときになりやすいので、普段からハンドクリームをこまめにぬり、保湿するのが効果的です。 とはいっても、ハンドクリームをぬると手がべたつきますよね。 だから、なるべく効果が持続するハンドクリームがあればいいと思っていました。 最近私が使いはじめたハンドクリームは「ロコベースリペアクリーム」というもので、少し硬めのクリームなのですが、これは防腐剤無添加を実現するために水分量を極力減らしているためなのだそうです。 はじめて使ったときは、肌になじみにくいのではと思ったのですが、寝る前にぬるだけでうるおいが続き、水にも強く、長時間保湿効果が続くため、ささくれにもなりにくくなってきました。 また、ささくれが出ているときは、栄養が足りていない場合もあるので、食生活にも気をつかうようにして、バランスのよい食事をとるようにすることもささくれ対策には必要です。 普段から栄養をしっかり取るようにし、食事のバランスには気をつけ、適度な運動や睡眠もしっかりとるように気をつけましょう。 最後に 私がこどものころ、ささくれができると「親不孝」といわれましたが、最近ではあまり聞かなくなりましたね。 また、ささくれのことを「さかむけ」と呼ぶ地域もあります。 「ささくれ」と「さかむけ」は同じ意味なのですが、 「ささくれ」は東の方で、「さかむけ」は西の方でいうようです。 どっちにしてもできればもうなりたくないので、普段から気をつけるようにしましょうね。

次の

さかむけの原因と治し方を徹底解説!腫れや膿の原因や予防法は?

さか むけ 痛い

ささくれの民間療法としては、オリーブオイルを患部に塗って、ラップで巻くかゴム手袋をして15分前後待って、石鹸は使わず、水で洗い落す方法があります。 1週間くらいすると大分違ってくると思います。 ゴム手袋を繰り返し使用すると、雑菌が繁殖しやすいので、裏返してよく洗って干すなどの注意が必要です。 使い捨てのゴム手袋を使う手もあります。 以上が対症療法ですが、ささくれには原因があります。 体質もあるでしょうし、栄養不足や水を使う仕事とか不摂生でもなることがあります。 避けられない原因の場合もありますが、考えられる原因を取り除いてみてはいかがでしょうか。 栄養としてはタンパク質、ビタミンA、B2、C、Eをきちっと摂っているかどうかチェックすることですね。 また不規則な生活で体を痛めつけてないですか?根本原因の除去が大切ですね。 今まで医師に診てもらったことがないなら、一度診てもらうことをお勧めします。 サカムケアは合わないと言えば、良い方法を考えてくれるでしょう。 どうぞお大事に。

次の

ささくれが化膿して痛い!原因と治し方をチェック!

さか むけ 痛い

さかむけって出来ると嫌ですよね? 何となく気になるので、引っ張って取ろうとしたら、血が出て痛くなりますし。 小学校の頃は、さかむけが出来ると 親不孝者だー! なんてからかわれたりもしましたが、小さい頃は本当にそうなのかな?と不安になることも。 また、さかむけが出来ると、反対方向に引っ張ると良いよ。 なんて、正しいかどうかわからない情報も飛びかったりしました。 でも、さかむけって、どうして出来るんでしょうね? 私の場合は、小さい頃に多かったのに、最近では全くと言ってよい程、できなくなりました。 では、さかむけが出来る原因って、何なんでしょうか? また、治し方も気になりますよね? 実は、さかむけを予防する食べ物もあるそうなんです。 ということで、さかむけの原因や治し方について、簡単にまとめてみました。 単に呼び方の違いで、 西日本では 「さかむけ」と呼び、 東日本では 「ささくれ」と呼ぶそうです。 では、さかむけって、何が原因で出来るものなんでしょう? 原因が分かれば、対処の方法もありますし、知っておいて損はないと思います。 何しろ、さかむけが出来ると、チクチク痛いですし、余り良い気持ちにはならないですから。 さかむけは、空気が乾燥しがちな冬に多いとされています。 とはいえ、冬以外でも、さかむけは出来ますよね? 実は、皮膚とは皮脂によって守られているので、通常ではこの皮脂が守ってくれているため、さかむけは出来にくいんです。 ということは、 さかむけの原因は、 油不足と言うことも出来るかと思います。 仕事に限らず、家事をする時に、洗い物などで洗剤を使うことが多いと思いますが、その洗剤が食器の油分と一緒に、皮膚の油分を無くしてしまうんですね。 そうなると、皮膚が乾燥しやすくなり、さかむけが出来てしまうんです。 他にもささくれが出来る原因として、 栄養不足も挙げられます。 皮膚はたんぱく質がメインとなって作られているので、無理なダイエットなどで、たんぱく質が足りなくなると、さかむけは出来やすいとされています。 ですので、さかむけが出来たということは、たんぱく質が足りてないよーとの体から発せられるサインでもあるんですね。 もちろん!親不孝であるとかは、関係ありません!笑 乾燥と栄養不足が、さかむけになる原因なんです。 他にもストレスで、さかむけになると言われていますが、これもまた原因の一つです。 ストレスがたまると、爪の周囲を引っ掻いたりする癖がある方は要注意! その癖が、さかむけを作っている可能性があります。 この場合は、無意識下で行っているので、自分では気づかないことも多いと言います。 ストレスで出来たさかむけを、更に無意識下でさかむけをいじってしまい、さらに酷いさかむけになることもあります。 ただ、さかむけの原因がストレスにある場合は、ストレスが解消されれば治ることもありますし、爪をかじったり、いじったりする癖が無い方は心配いりません。 さかむけの主原因は、あくまで乾燥と栄養不足にありますので、普段から気を付ければ、さかむけも怖くはないですね。 例えば、「ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル」というサプリが、個人的にはおすすめです。 サプリなら、錠剤を飲むだけで済みますし、手軽に栄養不足を補えますね。 ということで、さかむけの予防法としては、ストレスが原因でなる場合以外は、ハンドクリームやサプリで対処出来ます。 どちらも簡単に対処出来ますので、予防法として覚えておくと良いと思います。 さかむけの対策と治し方? さかむけを放っておくと、 皮膚が弱い人なら、化膿してしまうこともあり厄介ですよね? もしさかむけを見つけた場合、化膿してしまわないように、以下の手順を試してみて下さい。 爪切りなどを用意し、消毒液やアルコールなどで殺菌します。 さかむけの根元部分を、カットして取り除きます。 切り過ぎないように、注意して下さい。 根元だけでOKですので、引っ張らないように!• さかむけに傷口があったら、軟膏を塗っておきます。 もし軟膏がない場合は、ばんそうこうで充分です。 では、 化膿しないようにした上で、さかむけの治療法をご紹介しますと。 まず、 ハンドクリームの選び方には注意して下さい。 良く尿素入りのハンドクリームを使う方が多いですが、尿素入りのクリームというのは、皮膚の硬くなった部分を柔らかくするクリームです。 なので、皮膚の薄い指先では、塗ることで逆に症状が悪化することも。 では、何を使えば良いかと言いますと。 さかむけ専用の液体ばんそうこうなどを使うと、良いかも知れません。 さかむけがもし出来てしまった場合は、市販の薬などを試してみましょう。 ただ、さかむけが化膿している場合は、皮膚科に行った方が良いです。 というのも、さかむけの原因が感染症によるものなのかも知れないからです。 炎症や化膿を抑える薬なども処方してくれることが多いので、もしさかむけが重症化してしまったら、迷わず皮膚科に行って下さい。 プロに任せるのが、一番の近道です。 さかむけに良い食べ物は? さかむけは、主にたんぱく質不足でなることも多いですが、単純に栄養不足でなることもあります。 そんな時に効果的な食べ物 栄養 は、以下のビタミンを含んだ食べ物です。 ビタミンAが多い食べ物には、• レバー• ウナギ• 緑黄色野菜 などが挙げられます。 特にレバーや卵黄は、たんぱく質も含んでいるので、効果的と言えます。 緑黄色野菜も、皮膚の乾燥を防いでくれるので、人参やカボチャなどを普段から食べていると、さかむけは予防出来るかも知れません。 ビタミンB2が多い食べ物には、• 緑黄色野菜• りんご• レバー などがあります。 レバーはビタミンAも多く含んでいる食べ物なので、もし手っとり早く栄養を補いたいなら、 レバーはおすすめです。 お肌の調子を整えるためにも、ビタミンCも積極的に取るようにすると良いです。 ビタミンCが多い食べ物には、• オレンジなどの柑橘類• ピーマン• トマト• じゃがいも• キウィフルーツ などの果物があります。 皮膚の乾燥を防ぐためにも、ビタミンCも欠かさず、取るようにして下さい。 食べ物で取るのが一番良いですが、なかなかバランス良い食事を取るのは大変です。 なので、食べ物に気を使うと同時に、前述したようなサプリなどを使うのも一つの方法です。 ただ、健康のためには、やはりサプリに頼らずに、食事から栄養を取るのが一番だと思います。 まとめ さかむけが出来ると、チクチクした痛みや皮膚での違和感など、ついつい気になってしまいますよね? そんな時に、対応策を取るだけで、それ以上酷くなる前に、さかむけも治ってくれます。 気をつけたいのは、無理やりはがすことです。 無理やりはがしてしまうと、皮膚の弱い方などは、化膿してしまい、皮膚科で治さざるを得なくなります。 そうならないためにも、正しい対処方法を知っておきたいものですね。 栄養バランスの偏りも、さかむけの原因になります。 なので、さかむけを治そうと思ったら、体の内と外からのケアが大事になります。 ちなみに、さかむけが出来るものは「親不孝者」と言われていた由来は、「不摂生をする子供は親不孝」という迷信から生まれたそうです。 さかむけは、栄養不足が原因で出来る 食事が不摂生 ことが多かったため、こんな風に言われていたんですね。 でも、栄養不足になるのは、親にも原因があるような気もしますが…。 さかむけはきちんと対処すれば、すぐに治るものです。 正しい対処方法として、今回の記事が参考になりましたら幸いです。

次の