不意打ち エースバーン。 【S7レート2100達成&最終119位】耐久振りカウンターリザードン構築

【ポケモン剣盾】エースバーン対策はどうしたらいい?対策すると次はあのポケモンがキツい?皆の対策や考察を紹介!【リベロ/夢特性】

不意打ち エースバーン

「カウンター楽しそーぎゃはははっ」て感じで適当に育成してみたらまじで強くてびっくりしました。 普通のCSを使っていたがエースバーンに殴り負けたり、しないと弱いことが辛かったのでしなくても強い型を考えた結果こうなりました。 普通にックスしてもそこそこの火力とぶっ壊れ技のキョダイゴクエンを打てるので使いやすかったです。 詳しい使い方等は動画で解説してるのでそちらをご覧いただければ幸いです。 なしの殴り合いではほとんどのに有利取れるので使いやすかったです。 跳び膝蹴りは極力隠すように立ち回ってました。 個人的にはエースバーンより強いと思ってます… ラムのみを持たせることによりやの前で安全にを積むことが出来てめちゃくちゃ強かったです。 警戒されていないのかを投げてくる人が多かったが馬鹿力でワンパンしてました。 で壁貼ってから出せばほぼ全てのに勝てます。 ・・フリドラ・うたかた・かみなり で壁貼りながら相手のを処理してorゴリランダーで積んでフィニッシュの動きがめちゃくちゃ強かったです。 Sが遅くてアッキ対面で勝ったことがなかったです… 前述のと組ませてフィニッシャーとして活躍してくれました。 エースバーンのアイヘでよく怯みます。 使いこなせなくて数回しか選出しませんでした。 多分眼鏡かスカーフで使ってたらもっと勝てたと思います。 ざっとですが軽く紹介してみました。

次の

ポケモン剣盾世界一記念!!エースバーン軸対面構築

不意打ち エースバーン

マサです。 S5お疲れ様でした。 今回は不正切断等の不正があるため、参考程度の順位ですが、最終順位としては最高だったので投稿させてもらいます。 ・最終306位 終了直前のスクショは307位ですが、終わったら306位でした 【個体紹介】 ・ドリュウズ 技構成 アイヘ 地震 つのドリル 岩石封じ 性格:陽気 特性:型破り 持ち物:こだわりスカーフ 努力値AS252 あまりH ミミッキュ・ロトム系統を牽制する枠。 本来ミミッキュはドラパやスカーフならダルマで負荷をかけられるのですが、今回の形は相手が出来ない技構成の為、選出抑制として入れてました。 実際、ミミッキュが出される事は少なかったので入れておいて良かったとは思います。 シャドボを打ちたい相手は現環境ミミッキュくらいなのと、ダイマ時にBダウンが相性悪いと思っているので切りました。 ドリュウズ・ガルドはダイバーンで処理 個人的にはドラパの技構成は龍・炎技がマストでほか二枠が草・電気・水・霊から選択だと思います。 選出率3位 ・ヒヒダルマ 技構成 起死回生 鬼火 氷柱落とし 炎のパンチ 性格:陽気 特性:ダルマモード 持ち物:気合いの襷 努力値ASぶっぱあまりH 前シーズン少し流行っていたタスキダルマを今シーズン採用しました。 初手に出てきたドリュウズやスカーフドラパ・サザンを返り討ちに出来るのが強かったです。 又、技が縛られていると思って起点にしてくるギャラに鬼火いれたり出来るのも良かったです。 ダルマ同士の対面はスカーフじゃなきゃ素引きされるので起死回生安定! 選出率2位 ・エースバーン 技構成 火炎ボール 飛び膝蹴り 不意打ち 蜻蛉帰り 性格:意地っ張り 特性:猛火 持ち物:拘り鉢巻 努力値H44 A252 S212 H: 珠ドラパの陽気アロー確定耐え 本来は28でも確定耐えだが、意地が多い為少しでも多く降ってます S:最速サザン抜き 使ってみたら想像の何倍も強かったポケモン。 鉢巻を巻く事で受けに出てきたポケモンを受けられなくしていた。 入れてみて分かったが悪巧みを詰める場面が他ロトムと比べて非常に多いと感じた。 最初は飾り枠だと思ってたが思いの外選出して必ず仕事をしてくれた。 ナットレイに強いのもgood! 選出率4位 ・アシレーヌ 技構成 泡沫のアリア ムーンフォース アクアジェット エナジーボール 性格:控えめ 特性:激流 持ち物:突撃チョッキ 努力値H236 C252 S20 S:同族とバンギ意識 特殊受け兼アタッカーの役割。 ピクシーに関してもアシレーヌのダイストリームを打って処理する場合が結構多かったです。 但し、今シーズン流行り過ぎた為対策 ナットレイの増加もそのひとつ? されてる構築も増えてる為、次シーズン以降は使用出来るか怪しいと思ってます。 2桁目指そうと思いましたが集中力が切れてプレミが後半多発していたので諦めました。 S6はキョダイポケの解禁が来ますが、恐らく環境的にはあまり変わらないと思うのでグレイシアを使うのは6月以降になりそうです… 個人的にダイオウドウが好きなのでS6で解禁されたら使用してみようと思います。 ここまで見ていただいてありがとうございました。 ツイッターもフォローよろしくお願いします。

次の

第2話 エースバーン

不意打ち エースバーン

【はじめに】 はじめまして。 でマイペースに動画投稿しているびちゃです。 シーズン5まではランクマッチenjoy勢として楽しんでいましたが、今シーズンはを始めたこともあり結果を残したいとい思いのもと、頑張って取り組みました。 【構築経緯】• S7から解禁されたのゴリランダー とエースバーン が強力であり性能が高く感じたので、この2体をまずは構築に組み込むことにした。 色々な型を使った中でこの2体は対面性能が高く好感触だったグラスシードゴリランダー と襷エースバーン を組み込み対面寄りの構築にすることにした。 また、環境トップのエースバーン に強く、先制でックスを切って制圧できるを探していたところ、意地A252の珠 を受けるが少なく環境にも刺さっていたので、採用することにした。 と相性が良く、展開もでき怠ける持ちのHBオボン を採用、相手のックスに対するストッパーとして持ちのASアッキ を採用した。 ラストの枠は最終日まで色々試していた 残飯・弱保・残飯ジュラルドン・チョッキジュラルドン等 が、最終日は が辛い特殊ドラパや速いにも強めでックス補正のあるチョッキ を添え構築が完成した。 【コンセプト】• 初手ックス やチョッキ で数的有利をとり、残りの対面性能が高い2体で倒しきる。 耐久力はアッキの上位互換。 基本後発に残しておいていた。 技構成は先制技にもなるグラスライダー、剣の舞とは確定でラストの枠は10万馬力を採用した。 10万馬力は相手のエースバーンが火炎ボール・ダストシュート・などを撃ってきた場合に抜群がとれるし、炎タイプに対する打点として優秀。 また、パッチラゴンや、にも刺さった。 ゴリランダーミラーの際にアが欲しくなった場面もあったがそれ以上に10万馬力で拾った試合が多かったのでこの構成で良いと思う。 ダストシュート20回以上は打ってるのにな笑 技構成は先制技の不意打ちと最高打点の飛び膝蹴りは確定。 構築的に炎打点が欲しかったので火炎ボール。 残りはやカウンターも使用してみたが、HBに引かれることが多くで分からせるために最終日はダストシュートを採用した。 何体ものやを葬ることができたので採用して良かった。 技外しもせずなんなら5割位の確率で毒にしていた。 非常に通りが良く初手ックスやで起点を作り竜舞を積み制圧する試合が多かった。 サブウェポンは水タイプ ミトムやや に強くでれる草技を採用。 普通にックス切るだけで強い。 言うことはなし。 技構成は打点として、物理に対し受けをきかせるため回復技の怠ける、起点サポートのためのステロ欠伸。 は最終日前日に達人の帯を持たせアタッカー型として少し試してみたが、それよりのサポートをする方が強かったので最終日はHBかに戻しました。 前日にマッチした方が初手ックスよみで引いてきたりして、簡単に試合運びができた試合も何戦か。 対面性能の塊。 で相手のックスターンを枯らしたり、カバギャラで荒らした後にックスを通していったり安定の活躍でした。 ヒトムナットや系統、特殊ドラパの処理が難しかったので良いは居ないかと探していたところ、サックーさんの記事でチョッキを見つけ使用したところ好感触だったので最終日に使用した。 チョッキはックスとも相性が良く使い勝手が良かった。 そして、安定の怯みで拾った試合も多く体感8割くらい怯ませていたと思う。 ・ここの枠は受ける対策で残飯やジュラルドン、ックスエースとして弱点保険・チョッキジュラルドンなど色々変えていたのでもっとこの枠には適任のが居るかもしれない。 【基本選出】 1. 初手ックスで数的有利や場を荒らした後に、対面性能が高い残り2体で倒しきる。 基本はックス要因としてを選択し、ヒトムナットや特殊ドラパなどにはを選んでいく。 HBなどでエースバーンを見てくる選出にはeasy winが狙える。 の初手ックスで倒しきるのが難しそうな場合や普通にカバギャラが刺さっていそうな場合に選出した。 【おわりに】 ・今シーズンは最低でも2桁順位、目標をレート2100達成としましたが、僅かに届かず少し悔しい結果となってしまいました。 来シーズンから新しいが解禁され、新たな環境となるので真剣にそして楽しくをしていきたいと思います。 の活動も積極的に行いランクマッチ対戦動画や育成論の紹介などをやっていきたいと思うのでチャンネル登録をして頂けると嬉しいです! 最終日の動画ファイル全部消えてて悲しみ。。。 前日に撮った動画は後日UP予定です! シーズン8はサブROMも作成して2ROM体制で一桁順位を目標にしていきます。 ここまで読んで頂きありがとうございました。

次の