水樹 奈々 曲。 水樹奈々、歌手デビュー20周年イヤー突入記念で計“7”曲の映像を公開

水樹奈々、歌手デビュー20周年イヤー突入記念で計“7”曲の映像を公開

水樹 奈々 曲

録音、制作 [ ] 「TESTAMENT」のレコーディングはに行われた。 『』の主題歌は期を追うごとに曲の難易度が上がっており、汗だくになりながら行った。 リリース [ ] 前作「」と同日リリース。 プロモーション、マーケティング [ ] 本作と「Destiny's Prelude」の発売を記念してで7月18日に『水樹奈々 LIVE SELECTION 77min. SP』、7月19日に『水樹奈々ニューシングル「Destiny's Prelude」「TESTAMENT」2枚同時リリース記念 公開ニコ生』を行った。 アートワーク、パッケージ [ ] 6月16日にジャケット写真が公開された。 初回製造盤は特製カラーケース仕様。 批評 [ ] CDジャーナルは、クラシカルなエレガンスさをまとい、エッジの利いたギター、高速の拍打ちビートが鳴り響く勇ましい歌と評した。 ミュージック・ビデオ [ ] 7月7日にYouTubeの『水樹奈々 YouTube Official Channel』で配信された。 メディアでの使用 [ ] TESTAMENT 『』 ACROSS 向けアプリケーション『』テーマソング ファンタズム 「」 シングル収録内容 [ ] CDシングル タイトル 作詞 作曲 編曲 時間 1. 「TESTAMENT」 水樹奈々 4:01 2. 「ACROSS」 吉木絵里子、華原大輔 3:57 3. 「ファンタズム」 加賀山長志 加賀山長志 高橋浩一郎 3:38• 水樹奈々 公式サイト NANA PARTY. 2017年12月9日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2017年12月8日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年12月8日閲覧。 水樹奈々 公式サイト NANA PARTY. 2017年12月8日閲覧。 rockinon. com. 2017年12月8日閲覧。 CDJournal. 2017年12月8日閲覧。 rockinon. com. 2017年12月8日閲覧。 Billboard JAPAN. 2017年12月8日閲覧。 Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2017年12月8日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

水樹奈々のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや新曲も!

水樹 奈々 曲

人気曲紹介 それでは本題、数ある奈々様の楽曲を厳選してご紹介 Check this out!! それもそのはず。 オリコンデイリーチャート2位を獲得し、奈々さん自身の最高記録を更新するとともに、当時、声優で歴代最高位のオリコン週間シングルチャート初登場2位を獲得。 水樹奈々を一躍スターダムに押し上げた記念すべき楽曲である。 いまだにその人気は高く、2014年1月に2日間におよび開催された『NANA WINTER FESTA』の人気投票においても、堂々の2位に輝いている。 のちにこの曲は岩男潤子、遠藤正明、石田耀子などにカバーされた。 水樹奈々初、誕生日当日に発売されたシングルで、1stシングル以来の日本語タイトル。 2009年に第60回NHK紅白歌合戦に初出場した際に歌唱した。 テレビアニメ『WHITE ALBUM』オープニングテーマ。 『WHITE ALBUM』のイメージからバラードの方向に決めたという。 詞を書き上げたのは父親の亡くなった7日後でありレコーディングはその2日後である。 2012年1月23日付のオリコン週間シングルチャートで2位を記録。 初動売上は約5. 1万枚を記録。 水樹曰く、「コンサートで盛り上がれる格好いい曲」。 本作の製作は、水樹が『BLOOD-C』の小夜役に決定した後にアニメ製作側から頼まれたので、楽曲製作のスケジュールはギリギリであったとか。 ジャケットデザインのテーマは「二面性」であり、衣装は着物をワンピース風に加工した 「和」と 「洋」が混ざった物になったという。 2011年8月15日付オリコン週間シングルチャートでは第3位。 水樹は本曲の作詞は既存の自身が手掛けた作詞の中でもトップ3に入る難しさであったと語っている。 「 バジリスク~甲賀忍法帖~」のエンディングテーマ。 同シングルに収録されている「ヒメムラサキ」とこの曲がエンディングテーマとして、毎回の話の内容に合わせて使い分けられた。 個人的に、奈々さんの曲の中では落ち着いたテンポで、比較的歌いやすく、それでいて純粋にかっこいい曲だと思っています。 ちなみにDAMで歌うとアニメ映像が見られますよ! 「ロザリオと バンパイア CAPU2」オープニングテーマ、『スッキリ!! 』2008年9月度エンディングテーマ。 冒頭部分の掛け声は、作曲担当の上松が、ライブでみんなで叫びたい一心で提出したデモから採用されたものである。 その掛け声から、曲自体を指して「ちゅるぱや」と略される。 8月4日付オリコンデイリーシングルチャートでSMAPの「Moment」を上回り1位を獲得シングル通算3作目のデイリー1位となった。 8月13日付オリコン週間シングルチャートで2位を獲得。 推定売上枚数は75379枚に達し、初動売上の自己最多記録を更新した。 2010年1月25日付オリコン・週間シングルチャートで自身のみならず声優がシングル週間1位を獲得するのは史上初である。 作品が空での戦いを描いていることから、空をイメージする歌詞や、同作において水樹が演じている フェイト・テスタロッサ目線での歌詞も取り入れられている。 水樹奈々16枚目のシングル「 MASSIVE WONDERS」に収録。 『 魔法少女リリカルなのはStrikerS』第24話挿入歌。 オリコンの週間シングルチャートにおいて、自身初となるTOP10入りを果たした楽曲である。 また、本曲のPVの撮影は、千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目(幕張新都心・イオンタワー周辺)で行われた。 イベント『 NANA SUMMER FESTA 2007』のために取られたアンケートで1位を取ったほど人気がある。 10選というのは難しいもので、ここまでの人気アーティストになるとどの曲ももちろん人気ですから、最終的には全部の曲を紹介しなくてはなりません。 ですので今回はさまざまなランキングや個人の主観でこの10曲を選びました。 ここには入りませんでしたが個人的には 「Gimmick Game」や 「SUPER GENERATION」なんかもオススメですね。 とにかく言いたいのは、この10曲だけがいいのではなく、あくまでオススメというスタンスであるということをご理解ください\ -o- / ほかにもまだまだ言いたいことはありますが、奈々様最高!とそれだけで。 ひとまず今回はここまで See you next time!!

次の

水樹奈々のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや新曲も!

水樹 奈々 曲

タイトルのとおりである。 「水樹奈々の好きな曲、2位以下がいっこうに決まらない」という話をしている。 「 知らんがな」という声が聞こえてきそうだ。 おっしゃるとおりだ。 では、なんでこんなテーマで筆を執ったのか。 簡単である。 水樹奈々オタクとしての現在地を確認できるから、だ。 ぼくたちオタクは、とかく移り気である。 飽きっぽく、目移りしやすく、浮気性である。 主語がデカい。 少なくとも僕は、そうである。 なので、好きな曲ですら頻繁に入れ替わる。 しかし、それゆえに、「 いま水樹奈々のなにがおもしろいかと感じているか」を、好きな曲のランキングはなにより雄弁に物語る。 それを通じて、自分のオタクとしての立ち位置を確認したい。 それが、このテキストが書かれた動機である。 前回の記事では、その前段階として、ぼくが水樹奈々オタクになった当時の、好きな曲ランキングを振り返った。 先ほどの比喩に即していえば、高校生のころ、どこに立っていたのか。 それを確認したのである。 いわば、 ぼくのスタートラインだ。 ということで、今回はそのつづきだ。 前回の記事とは逆になるが、第5位からだ。 では、いってみよう。 ・第5位「レイジーシンドローム」 2015年発売の32thシングル「Angel Blossom」のカップリング曲。 10年代後半の水樹奈々にとって、なくてはならないクリエイター・ヨシダタクミとのはじめてのタッグとなった。 ヨシダタクミは、3ピースロックバンド・phatmans after school(現・saji-サジ-)のフロントマン。 すでに水樹奈々に楽曲提供していたパンクバンド、藍坊主のベース・藤森真一の勧めにより、楽曲コンペに参加。 「レイジーシンドローム」は、水樹奈々自身も気に入っていたのか、後に10thオリジナルアルバム『SMASHING ANTHEMS』にも収録されている。 本楽曲はひと言でいえば、 ストレートなロックサウンドと 皮肉なリリックの組み合わせが特徴だ。 それはまた、水樹奈々初期のディスコグラフィを支えた音楽プロデューサー・矢吹俊郎の衣鉢を継ぐものであった。 そのあたりに関しては、別記事でくわしく触れたので、くり返さない。 ただひとつ補足しておけば、矢吹俊郎時代は、少女性の強いアイドル声優(ただし、歌はめちゃくちゃ上手い)が、妙に皮肉の効いた詞を歌うという、「 ギャップ」のおもしろさであった。 しかし、ヨシダタクミが楽曲提供を行ったときの水樹奈々はすでに、ドームクラスでのライブをつぎつぎと成功させる、「 声優アーティスト界の生ける伝説」そのものだった。 水樹奈々は自らの成功体験と強固な信念から、「 夢は叶う」というテーゼを極めてポジティブに、かつアッパーに歌ってきた。 そんな彼女に気怠ささえ感じさせる楽曲を歌わせる。 なるほど、それもそれで、ひとつの「 ギャップ」なのかもしれない。 そのおもしろさが、ぼくがヨシダタクミ楽曲に惹かれた理由である。 ・第4位「GET BACK」 2018年発売の38thシングル「NEVER SURRENDER」のカップリング曲。 劇場用アニメ『魔法少女リリカルなのは Detonation』の挿入歌。 水樹奈々の飛躍には、いつでも「魔法少女リリカルなのは」シリーズがともにあった。 彼女自身オープニング主題歌、劇中のクライマックスで流れる挿入歌、主人公・高町なのはの最初ライバル・後に親友となるフェイト・テスタロッサ(シリーズ後半では フェイト・T・ハラオウン)役などを担当。 そもそも、第1作『魔法少女リリカルなのは』が、「 主役声優の田村ゆかりと水樹奈々を売るためにつくられた」という指摘もあるくらいだ。 水樹奈々にとって、それくらい大切な作品といえるだろう。 初のオリコンウィークリーチャートトップ10入りの「 innocent starter」(10thシングル)も、水樹奈々が現在の地位を占める決定的なきっかけになったアンセム「 ETERNAL BLAZE」(12thシングル)も、 いずれも「魔法少女リリカルなのは」シリーズの主題歌である。 ことほどさように、水樹奈々にとって、「なのは」は不可分な存在である。 そんなシリーズの現状最新作が、劇場版2部作『魔法少女リリカルなのは Reflection』、『魔法少女リリカルなのは Detonation』だ。 「GET BACK」はその2本目『魔法少女リリカルなのは Detonation』の挿入歌にあたる。 そして、作詞は矢吹俊郎。 近年は、ライブでのサウンドプロデュースにまわっていた矢吹にとって、ひさしぶりの水樹奈々楽曲への登板となった。 『魔法少女リリカルなのは Detonation』に対しては、個人的には厳しい評価を下している。 しかし、楽曲自体は名曲ぞろいの「なのは挿入歌」たちのなかでも、屈指のできになっている。 そもそも、「なのは挿入歌」は、劇場クライマックスの戦闘の最中、あるいはキャラクターたちが自分の意志で立ち上がり、そんな戦いに赴く瞬間に流れるのが定番だ。 挿入歌はつねに戦いとともにある。 つまり、少々思い切った表現を試みれば、「なのは挿入歌」は軍歌なのだ。 軍歌の構成要素は、主に戦い・誇り・友情・愛情・故郷・正義・鼓舞・扇動(アジテーション)・生命・死などである。 その意味で、「GET BACK」はド直球の軍歌である。 戦いに臨む戦士(少女)を強く鼓舞し、大切な人や場所を守るために武器をとることを訴える。 「魔法少女リリカルなのは」シリーズはそもそも、それぞれの正義と誇りゆえに、避けられぬ戦いの悲劇と、その果てに見出される未来を描いてきた作品である。 ゆえに、「GET BACK」はいくら雄々しく強い言葉を飾ろうとも、そこはかとない哀しみをたたえた楽曲になるのだ。 いい曲だと思います。 ・第3位「Astrogation」 ぼくのテキストにおいて、もっともスタンダードなスタイル。 それは、上のふたつの記事のように、 ひとつの楽曲を徹底的に掘り下げていく書き方である。 たまに訊かれる。 「 なんであんなに労力をかけて長々と記事を書いているの?」と。 もっともな疑問である。 ぶっちゃけ アホほど時間がかかるだけなので、なんの得もない。 では、なんでそんな徒労に日夜、励むのか。 なんのことはない。 水樹奈々の楽曲が、ひいては水樹奈々がもっと好きになるからである。 長々とテキストを書く。 そのために歌詞とにらめっこしながら、なんども曲を聴く。 そう、オタク長文を書くことは、「 その曲の新たな魅力を発掘する作業」なのだ。 1本の記事を織り上げたとき、ぼくは確実に書きあげるまえより、テーマにした曲のことを好きになる。 格段に。 だから、テキストを書くことはもしかすると、 ただの手段なのかもしれない。 水樹奈々をより好きになるための。 だから、その手段はもしかしたら、どんなものでもいいのだろう。 ぼくは音痴なので苦手だが、人によっては水樹奈々の曲を歌ってみたり、楽器で演奏してみることが、 手段にあたるのかもしれない。 フリコピなどもそうだ。 あるいは、そんな迂遠な手段は必要とせず、ただ水樹奈々の楽曲を聴く、ライブ映像を観るだけでじゅうぶん、という人もいるかもしれない。 ぼくにとっての手段はたまたま、「 文章を書くこと」だっただけである。 ただ、ひとつだけ欲張りな願いごとを開陳するならば。 ぼくのオタク長文を読んで、水樹奈々の魅力に気づいていくれる、あるいは再確認してくれる人がひとりでもいてくれれば、それでいい。 さあて、今夜も水樹奈々を聴くとするか! ………………え? まだなんかある? あ、好きな曲1位の発表がまだだって???? いやあ、そんなのさあ………………………。 「 Crystal Letter」に決まってるだろ!! (終わり).

次の