心中 お 察し し ます 英語。 「お察し」は目上の人や上司に使える?言葉の意味や言い換え表現を徹底検証!

胸中と心中の違いについて

心中 お 察し し ます 英語

「心中お察しします」の英語表記:相手のいい状況に共感する表現は「I know how wanderful you feel」となります。 直訳すると「どれだけすばらしいことか、お気持ちを察します」です。 文化が違い、言わなくても察することが美徳とされる私たちと、言わなければわからないという外国の文化においても「察する」という意味の言葉がたくさんありますので併せて紹介します。 「get the message」「read between the lines 」「spell out」などの英文が「察して欲しい」という意味の表現となります。 「get the message」は「メッセージを得る」という意味になり意訳すると「全て言わなくても理解する」=察するという意味です。 「read between the lines 」は直訳すると「行間を読む」という意味になり、日本語でもお馴染みの「空気を読む」に近い意味の表現となります。 「察しろ・察して」ということになります。 「spell out」は「綴る」という意味になります。 「spell out」は慣用表現となり例文としては「Do I have to spell out for you?」となり、「詳細を説明しないとわかりませんか?」の意味になります。 「read between the lines 」「spell out」どちらとも「察しろ」という意味には違いませんが、日本でいうところの「察する」というニュアンスよりも「こんなこともわからないの?」や前提となる文脈を説明した上でも理解しない相手に苛立ちをぶつける表現の意味合いが強くなっています。 「心中お察しします」は落ち込んでいる相手や葬儀の際に「言葉にいしなくてもあなたの辛い気持ちはわかります」と表現するときに使う言葉となっています。 基本的に「心中お察しします」はお悔やみの言葉としてや、ビジネスでも深く落ち込んでいる相手に慰めの意味で使う言葉となっています。 敬語表現ですが、目上の人に使う時は相手との距離や本当に辛い気持ちが理解できるくらいの間柄でないと不快な思いをさせてしまうことがありますので使い方には注意しましょう。 類語表現の「心労」や「心痛」と言い換えて「ご心痛お察しします」と言い換えるといいかもしれません。 状況に応じて「心中お察しします」と類語表現を使い分けてスムースなコミュニケーションをはかるようにしましょう!.

次の

「心中お察しします」の意味は?類語と英語やビジネスの使い方も

心中 お 察し し ます 英語

「察するに余りある」の意味とは? 「察するに余りある」の類語や言い換え• 「察するに余りある」の使い方• 「察するに余りある」を使った例文と解釈• 「察するに余りある」の語源• 「察するに余りある」の英語• 「察するに余りある」の対義語• 「察するに余りある」の敬語での使い方 「察するに余りある」の意味とは? 「察するに余りある」という言葉の意味を調べてみると、まず 「察する」の意味を知ることがいいでしょう。 この言葉の意味は、 「表には出ない気持ちや物事に気付くこと」あるいは 「その場の雰囲気や相手の表情からその心境を推測すること」となります。 「気まずい雰囲気を察して、話題を変えた」 「彼女の気持ちを察してあげて、彼は、ゆっくりと会話ができるカフェに連れていった」 のような使い方をしますが、言わば 「空気を読む」ということになります。 次の 「余りある」は、 「どれだけやってもやり尽くせない」という意味を持っています。 このような意味から、 「察するに余りある」は、 「相手の気持ちや状態が読み取れなかったり、想像を超えてしまっている」というニュアンスになってきます。 「察するに余りある」の語源 「察するに余りある」という表現の始まりを調べてみると、正確な語源や明確な由来を見ることができないのですが、構成される語句から読み解くことができるかもしれません。 「察する」とは、 「思案する」1つの現れですが、相手の 「悲しみ」などは、計り知ることができないものです。 その状態を見て、相手がどのような心境にあるのかを 「思案」することになります。 言わば、 「心中を察する」ということになりなることから、 「察する」が使われるようになったのではないかと思われるのです。 このようなことから、 「察するに余りある」が生まれてきたのかとしれません。

次の

「心中お察しします」の意味と使い方は?類語や英語表現も解説!

心中 お 察し し ます 英語

「お察し」の使い方と例文 「お察し」は相手の気持ちを推測したり、自分の気持ちを推測してもらいたい場合に使います。 「お察し」は主に、苦悩・悲哀・疲労など微妙な状態を表すことが多いです。 「お気持ちお察しします」「胸中お察しします」「心労お察しします」などと用います。 「お察しください」と言った場合は「私の心中や事情を推測してください」という意味になります。 「わざわざ言わないけれど、わかってください」というニュアンスです。 説明するのも難しい状況や、言いづらいことだから詳しいことは聞かずにわかってほしいということを伝えたい時に用います。 一方で「お察しします」と言った場合は「相手の心中や事情を推測して理解する」という意味になります。 「あなたが思っていることはわかります」というニュアンスです。 相手が辛い状況に陥っているときや、説明するのも大変そうなときに用います。 例文 ・何卒私どもの諸事情もお察しいただきたくお願いいたします。 ・先日の件でご心配のこととお察しいたしますが、この機会に十分休養なさってください。 ・御社のご事情もお察しいたしますが、期日までの入金をよろしくお願い申し上げます。 ・今までの疲労が重なっての発病ではないかと、お察し申し上げます。 ・長年連れ添った旦那様とのお別れ、突然のことでお辛いこととお察し申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 「お察しします」は目上の人には失礼? 「お察しします」という言葉自体は、「あなたの心中や事情を推測して理解する」という意味合いなので、決して失礼な言葉ではありません。 しかし、 目上の人に対して使うには失礼に当たってしまう可能性があります。 目上の人に「お察しします」と言うと「私の気持ちが何でわかるんだ」と不快感を与えたり、偉そうに口出ししてきたと思われてしまうことがあります。 目上の人に対して「お察しします」を使うときは、上から目線にならないように配慮する必要があります。 また、「お察しします」はシチュエーションに合わせて使用することが大事です。 「お察しします」は相手から直接事情を聞いたときに使う表現です。 相手の状況を第三者から聞いただけで「心中お察しします」と言ってしまうと、相手からしたら「私の何を知っているんだ」と苛立ってしまいます。 また、親しい間柄の相手に「お察しします」を使うとかしこまりすぎてしまうので、「心労が絶えませんね」などと言い換えた方が良いでしょう。 「心中お察しします」とは 「心中お察しします」は、相手に悲しい出来事が起こったときに、 ・相手の気持ちを推し量って思いやること ・悲しい気持ちやつらい気持ちに共感を表すこと を意味します。 「心中お察しします」は簡単に言うと「あなたが心の中で思っていることは分かります」という意味です。 「心中お察します」は、 誰かに不幸があったときに気遣う言葉として使います。 身近な人が亡くしてしまった際の辛い気持ちをいたわるために、「心中お察しします」を使うことができます。 例えば、遺族が悲しみのあまり会話ができなくなった場合、言葉を待ってしまうと相手に負荷をかけてしまいます。 そんな時は何を言いたいか察していますという意味で「心中お察しします」と伝えます。 「心中お察しします」はお悔やみ言葉としてだけでなく、相手が困難に陥っている状況への理解を示す場合にも使うことができます。 落ち込んでいる人に対して何て声をかけたらいいか迷うことが多いです。 しかし戸惑うからと言ってそのままにしておくのも気が引けてしまいますよね。 そういった場合に「心中お察しします」を使います。 「心中お察しします」を使うことによって、相手が落ち込んでいることについての共感を示すことができ、励ましたり。 寄り添って上げることができます。 例文 ・ご家族の皆様のご心中お察し申し上げます。 ・まったく予期せぬ事故で、さぞかし驚きになったこと、心中お察しいたします。 ・この度は心中お察しします。 気落ちされずに、今はお身体を回復されることだけに専念してください。 「お察し」の類語 拝察 「拝察」は 「察すること」の謙譲語です。 「拝」は「拝む(おがむ)」ことを表す言葉なので、謙遜の気持ちを表すときによく使います。 「拝む」は感謝を示す行為のことなので、「拝察」は「ありがたく察する」という気持ちが込められます。 「拝察」は相手の心中や状態を察する場合、相手を思いやる場合に使い、「お察しします」よりもかしこまった表現になります。 「拝察」は主に、スピーチや式典の挨拶、お悔や状などに用いられることが多いです。 例文 ・皆様の悲しみはいかばかりかと拝察申し上げます。 お見受け 「見受ける」は 「見てとる」「見て判断する」を意味します。 「見受ける」は見る上で、事情や心中を判断するというニュアンスです。 例えば、相手が元気かどうかは、見た感じでだいたい判断することができますよね。 入院してしまった人が元気にしているか、お見舞いに行ったときに様子を見て判断することができます。 例文 ・ひどく疲れているようにお見受けしますが、大丈夫ですか。 ・今日は着物を着た人を多く見受ける。 賢察 「賢察」は 「相手の推察の尊敬語」です。 「ご賢察ください」と言った場合は「察してください」という意味なります。 自分の窮状などを理解してもらいたい場合、親しい相手には「お察しください」を使い、目上の相手などには「賢察」を使います。 「賢察」は日常会話ではほとんど使わなく、改まった場面で使うことが多いです。 主にビジネス文書や手紙などの挨拶文として用いられます。 また、「賢察」に似た言葉に「高配」があります。 「高配」は「他人への心配りや配慮」という意味です。 「ご高配」は「他人の配慮の尊敬語」になります。 「高配」は目上の人に配慮していただいた場合に使います。 例文 ・勝手なお願いではありますが、事情ご賢察の上、再度ご確認いただきたくお願い申し上げます。 ・事情をご賢察いただいた上で、ご意見を賜りたくお願いいたします。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、事情をご賢察の上、ご承諾いただけますようお願いいたします。 ネット用語の「あっ… 察し)」の意味とは ネット用語 「あ・・・(察し)」は、何かを察したときに使われる言い回しです。 「あ・・・(察し)」はゲイビデオのインタビューが元になっているそうです。 A「年齢を教えてくれるかな?」 B「24歳です」 A「24歳?もう働いてるの?」 B「学生です」 A「学生?あ・・・フーン(察し)」 「あ・・・(察し)」の使い方の例としては、 A「君の会社ってそんなに休み取れないの?」 B「まあね。 休んだら負けって言われる」 A「あ・・・(察し)」 ここでの「あ・・・(察し)」はブラック企業であることを察したため、用いています。

次の