いつでも何度でも歌詞。 「いつも何度でも」歌詞の意味を教えます。【千と千尋の神隠し】

千と千尋の神隠し「いつも何度でも」歌詞の意味と秘密。木村弓と覚和歌子の現在

いつでも何度でも歌詞

木村弓さんは高校時代からアメリカに音楽留学し、ピアノや声楽を学んでいました。 しかし 体調不良で歌うことを断念してしまいます。 そんなときに 竪琴の一種である「ライアー」に出会い、また歌を始めることにしました。 そして木村さんは 「風の谷のナウシカ」を見て、宮崎駿監督に共感を覚えます。 「この人の映画に私の声が合うかもしれない」と直感で思ったそうです。 でも木村さんの体調は不安定な状態でした。 結局迷ったまま数年が経ってしまいます。 どこかでいつもジブリ映画を意識していた木村さん。 ある日「もののけ姫」を映画館で観て涙が溢れてしまい、思いを 宮崎監督に手紙で伝えました。 そのときにはご自身の歌を吹き込んだCDも同封されたそうです。 CDを聞いた宮崎監督から連絡があり、企画途中の「煙突描きのリン」という作品の話を聞かせてくれました。 イメージが膨らんだ木村さんは、 まだ依頼されていないのに曲を作って宮崎監督に送ったそうです。 その曲が「いつも何度でも」です。 結局「煙突描きのリン」は形になりませんでしたが、少し後に木村さんに連絡が来ます。 宮崎監督は「前に聞かせてもらった曲を次の映画のEDしたい」というものだったのです。 「作り手と観客」だった2人が木村さんの勇気で繋がりが生まれ、こんなにもいいが生まれたんですね。 「いつも心踊る 夢を見たい」 この部分が、木村さんがこの歌で一番伝えたかった部分です。 面白いことなんか何もない毎日。 何でこんなに退屈なんだろうと少女は思っています。 身の回りには勝手な大人。 上手くいかないことや悲しいことばかり。 だけどいつか 自分を変えてくれる「誰か」が現れるんじゃないか……。 そんな夢を見ています。 人は間違うことがあります。 正しくないと分かっていても、つい 弱い自分を許してしまう。 そんなときに空を見上げると、ただどこまでも青くて。 自分がいろいろ難しく考えすぎていたことに気づくのです。 引き返せないところまで来てしまったと思うかもしれませんが、思ったそこからやり直せばいい。 きみの両手は大切なものを掴むためにある。 歌がそう励ましてくれています。 生きることも死ぬことも当たり前じゃない.

次の

千と千尋の神隠し主題歌【いつも何度でも】ロシアのチェルノブイリで被災したナターシャの歌で初めてこの歌詞の深い意味を知った

いつでも何度でも歌詞

(演奏は5分30秒付近から) 宮崎駿氏の映画の主題歌なので、日本ではよく知られた歌だが、この歌詞を完全に覚えて歌える人は少ないのではないだろうか。 それくらい普通の詩とは違っている。 【いつも何度でも】 呼んでいる 胸のどこか奥で いつも心踊る 夢を見たい 悲しみは 数えきれないけれど その向こうできっと あなたに会える 繰り返すあやまちの そのたびひとは ただ青い空の 青さを知る 果てしなく 道は続いて見えるけれど この両手は 光を抱ける さよならのときの 静かな胸 ゼロになるからだが 耳をすませる 生きている不思議 死んでいく不思議 花も風も街も みんなおなじ ラララララララララ・・・・・・・・・ 呼んでいる 胸のどこか奥で いつも何度でも 夢を描こう 悲しみの数を 言い尽くすより 同じくちびるで そっとうたおう 閉じていく思い出の そのなかにいつも 忘れたくない ささやきを聞く こなごなに砕かれた 鏡の上にも 新しい景色が 映される はじまりの朝の 静かな窓 ゼロになるからだ 充たされてゆけ 海の彼方には もう探さない 輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられたから ラララララララララ・・・・・・・・・ この歌詞の意味を私なりに解釈してみます。 まず最初の出だし。 呼んでいる 胸のどこか奥で これはもう「本当の自分」、魂の声です。 こんなフレーズをいきなり一行目に持ってきてるところがすごいです。 いつも心踊る 夢を見たい これはいつも私がいうところの「ハートの喜び」なんですよ。 そして思考は現実化します。 ですから、「胸のどこか奥で呼んでいる「ハートの喜び」に従って、いつも心躍る夢を見たい」 これを一行目、二行目に持ってきたところが本当にすごいと思うわけです。 私なんかこの大切さに気づいたのはホント最近のことですよ! この作詞家なに者?!と思うわけです 笑 悲しみは 数えきれないけれど その向こうできっと あなたに会える 人生いろいろありますね。 悲しみも。 そして、「その(悲しみの)向こうできっと あなたに会える」と言っています。 この「あなた」というの恋人とか身内とか大切な人とかそんなんじゃないですよ。 むしろ、そういう人たちとの数えきれないほどの悲しみ(離別)があったのです。 「その向こうできっと あなたに会える」とは、 これはもう神さましかいません。 ほんとうの自分と言ってもいい。 悲しみは数えきれないけど、その向こうできっと神さま(本当の自分)にあえる。 繰り返すあやまちの そのたびひとは ただ青い空の 青さを知る 人はあやまちを繰り返してきました。 しかし、今回の出来事は軽いものではありませんでした。 「ただ青い空の 青さを知る」 なにか呆然とするような出来事ですよ。 泣きわめくこともできない。 もう泣きつかれてしまったのかもしれません。 誰になぐさめられるような事でもない。 文句を言えるようことでもない。 ただそのあまりの出来事に、あきらめの境地で、 ただ青い空を見上げるしかなかった。 そして、今まで気づかなかった「空の青さを知った」 果てしなく 道は続いて見えるけれど この両手は 光を抱ける この先を思うとき、ただ「果てしなく 道は続いて見える」 永遠の魂である、私たちの巡礼に終りはありません。 大好きな東山魁夷の絵「道」を思い出しました。 しかし、数えきれない悲しみだけが旅ではありません。 「果てしなく 道は続いて見えるけれど この両手は 光を抱ける」 この両手に「光を抱ける」という確信を秘めて歩み続けます。 さよならのときの 静かな胸 ゼロになるからだが 耳をすませる この「さよなら」はやはり小さいことではありませんでした。 泣きわめくこともできない。 根こそぎにされて、呆然とするような「さよなら」です。 「ゼロになるからだ」 今まで自分を支えてくれてたものが根こそぎになってしまって、体の力が抜けてしまったのでしょうか。 もう何も考えることができない。 あるいは、ある種の瞑想状態のような静かな境地かもしれません。 ただ静かにたたずみ 耳をすませている。 生きている不思議 死んでいく不思議 花も風も街も みんなおなじ そうすると、生きている不思議 死んでいく不思議 生命の神秘が胸にせまってきました。 私は生きている。 そして、「花も風も街も みんなおなじ」 生命の一体感を感じています。 ある種の諦観のようなものも感じているのでしょう。 ラララララララララ・・・・・・・・・ ここで軽やかにラララ・・・と歌うところがまたいいですね。 呼んでいる 胸のどこか奥で いつも何度でも 夢を描こう 「いつも何度でも」これがこの歌のタイトルです。 ここに一番思いがこもっています。 「数えきれない悲しみ」があっても、その度に「いつも何度でも 夢を描こう」。 その夢は胸のどこか奥で呼んでいる「心弾む」ような夢です。 「本当の自分」の夢です。 悲しみの数を 言い尽くすより 同じくちびるで そっとうたおう つい私たちは、何度も何度も悲しみを口にしてしまいます。 心の重荷をおろしたい。 でも、いつまでもそんなことばかりしていないで、「いつも何度でも「心弾む」夢を描こう」 つい心がマイナスに傾いてしまっても、いつも何度でも思い直して「心弾む」夢を描こう そして「同じくちびるで そっとうたおう」 閉じていく思い出の そのなかにいつも 忘れたくない ささやきを聞く 大きな悲しみがありました。 それはその時の自分ではどうしようもなかったことです。 その「閉じていく思い出の そのなかに」、 ただ目を背けて、忘れ去るだけでなく、 きちんと向き合い、 「忘れたくない ささやきを聞く」 大切なメッセージを受け取り、この出来事を決して無駄にしない。 こなごなに砕かれた 鏡の上にも 新しい景色が 映される 「こなごなに砕かれた 鏡」 今回の悲しみは心が張り裂けるような出来事でした。 しかし、その心にもまた「新しい景色が 映される」 はじまりの朝の 静かな窓 ゼロになるからだ 充たされてゆけ そんな根こそぎにされるような悲しみに、呆然として体の力が抜けて、 もう何も考えることはできないけれど、はじまりの朝はやってきた。 そんな朝の、静かな窓。 ある種の瞑想状態のような静かな心境 「ゼロになるからだ 充たされてゆけ」 何かの力を感じています。 海の彼方には もう探さない 輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられたから 今まで外に自分を支えてくれるものを探し続けてきたけれど、 「輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられたから」 いいなぁ~ すごい歌です。 これは今私が一番共感する歌ですね。 この「いつも何度でも」を作曲した木村弓さんは、脊椎を痛め、20数年間もほとんど遊ぶために外出もしないような生活を送っていたそうで、たまたま「もののけ姫」を見に行ったらひどく感動し、宮崎駿監督に自主製作のCDなどを添えて手紙を書いたそう。 宮崎監督のもとには多いときで一日に段ボール3箱分の手紙が来るそうで、手紙に目を通すことも、ましてそれに返事を書くことも天文学的な確率の低さなのだそうですが、「たまたま」その手紙を読んで「いま進行している企画の音楽をお願いするかもしれないが、期待しないで待っててください」と返事が来たという。 その後、その企画自体はボツになったが、2年半後、ジブリから「あの曲を宮崎監督が忘れられないので、『千と千尋の神隠し』で使わせて欲しい」と電話があったという。 作詞した覚 和歌子さんは、 「さよならのときの静かな胸 ゼロになるからだが耳をすませる 生きている不思議死んでいく不思議 花も風も街もみんなおなじ」 この4行を書いているとき、何故だか泣けて仕方なかったんです。 自分でも変だなと思いました。 自分で書いているのに、自分が書いていない感じ。 書き始めたらそれこそ12. 3分でできてしまったんですね。 ちょっと普通じゃない感じでした。 「大きなもの」とつながったからでしょうか。 「」(覚 和歌子)より なんかもう、神さまが作曲家の木村弓さんに「もののけ姫」を見に行かせ、感動させて、宮崎駿監督に手紙を書かせ、その手紙を宮崎監督に奇跡的に読ませて返事を書かせ、作詞家の覚和歌子さんにインスピレーションを与えて、ものの12,3分で作詞させてしまった。 そして、宮崎監督に忘れないようにさせて、その企画がボツになっても、次の『千と千尋の神隠し』で使われるように働きかけ、世に出るようにしむけた。 そして、チェルノブイリで被災したナターシャに歌わせた。 ロシア人の彼女が、この日本語の歌の単語をひとつひとつ解釈し、自分の胸に落とし込み、きちんと発音し、歌詞も楽譜も見ずに演奏しながら、ここまで深い意味を与えて歌い上げることができるまで、いったい何百回、何千回この歌を練習したのだろうかと思うわけです。 そして私の心に届いた。 関係者のみなさん、(目に見えない方々も含めて!) どうもありがとう。 その通りですね。 上の解説に書いていた「いつか」をとりました 笑 最後に、 「輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられたから」 とあります。 それはもちろん、ずっと自分のなかにあったから「いつもここに見つけられた」わけです。 それはもちろん、今もあるからですね。 しかしそれが「数えきれない悲しみ」によって時に見えなくなっている。 それを 「呼んでいる 胸のどこか奥で いつも何度でも「心弾む」夢を描こう 悲しみの数を 言い尽くすより 同じくちびるで そっとうたおう」 そうすることで、 「輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられる」と教えてくれています。 本当に素晴らしい歌です。

次の

千と千尋の神隠し主題歌【いつも何度でも】ロシアのチェルノブイリで被災したナターシャの歌で初めてこの歌詞の深い意味を知った

いつでも何度でも歌詞

さんの歌う 『いつも何度でも』は、私の大好きな曲の1つです。 『いつも何度でも』歌詞の意味については、いろいろ解釈が異なるようですが、こちらのブログが秀逸でした。 この曲が生まれたプロセスなんかも、素敵ですね。 あのとき、勇気を出したから さんは高校時代からカに音楽留学し、ピアノや声楽を学んでいました。 しかし体調不良で歌うことを断念してしまいます。 そんなときに竪琴の一種である「ライアー」に出会い、また歌を始めることにしました。 そして木村さんは「」を見て、監督に共感を覚えます。 「この人の映画に私の声が合うかもしれない」と直感で思ったそうです。 でも木村さんの体調は不安定な状態でした。 結局迷ったまま数年が経ってしまいます。 どこかでいつも映画を意識していた木村さん。 ある日「」を映画館で観て涙が溢れてしまい、思いを宮崎監督に手紙で伝えました。 そのときにはご自身の歌を吹き込んだCDも同封されたそうです。 CDを聞いた宮崎監督から連絡があり、企画途中の「煙突描きのリン」という作品の話を聞かせてくれました。 イメージが膨らんだ木村さんは、まだ依頼されていないのに曲を作って宮崎監督に送ったそうです。 その曲が「いつも何度でも」です。 結局「煙突描きのリン」は形になりませんでしたが、少し後に木村さんに連絡が来ます。 宮崎監督は「前に聞かせてもらった曲を次の映画のEDしたい」というものだったのです。 「作り手と観客」だった2人が木村さんの勇気で繋がりが生まれ、こんなにもいい楽曲が生まれたんですね。 面白いことなんか何もない毎日。 何でこんなに退屈なんだろうと少女は思っています。 身の回りには勝手な大人。 上手くいかないことや悲しいことばかり。 だけどいつか自分を変えてくれる「誰か」が現れるんじゃないか……。 そんな夢を見ています。 人は間違うことがあります。 正しくないと分かっていても、つい弱い自分を許してしまう。 そんなときに空を見上げると、ただどこまでも青くて。 自分がいろいろ難しく考えすぎていたことに気づくのです。 引き返せないところまで来てしまったと思うかもしれませんが、思ったそこからやり直せばいい。 きみの両手は大切なものを掴むためにある。 歌がそう励ましてくれています。 に迷い込んだ少女が初めて身近に体験する「死ぬかもしれない」という感覚。 死んでしまったら心臓が再び動くことはありません。 そのことに呆然とし、空っぽになってしまった少女。 そこで初めて気づきます。 ただの風景だった草花も池の魚も、何もかもが「生きて」いるのだと。 自分がここにいるのも生きているから。 そしていつかは自分も「ゼロ」になる日が来る……。 それまでに自分が出来ることは何だろう。 少女の目の前が段々クリアになっていく様子が見えますね。 ちゃんと自分の中に『夢』を持っていることが大切なんだよ。 不安になることだってあるよね。 でも、不満を口にするくらいなら、落ち込んでいる友達のために歌ってあげよう。 きっと友達は喜んで、また一緒に笑えるようになるよ」 自分を呼び覚まそうとするこの声はどこから聞こえてくるんだろうと不思議に思う少女。 のたくさんの人と出会っていくうちに自分の中で眠っていた感情を取り戻していきます。 元の世界に戻るため、少女は両親が待っているトンネルに向かいます。 そのとき「決して振り返ってはいけないよ」と言われました。 少女も何となく感じています。 元の世界に戻ったら、のことを忘れてしまうかもしれない。 でも歩きながら、心に刻もうとするのです。 「忘れない。 たくさんのこと、出会った人たち、絶対に忘れたりしない」 でもその願いは叶わず、トンネルを抜けた少女の記憶からでの出来事は消えてしまいます。 朝が来るたび、人はリセットされる。 実際に体内時計が狂ってしまった人は朝に日光を浴びるとリセットされると言いますよね。 朝は、ダメかもしれないと思った自分をリセットするチャンスなのです。 一旦「ゼロ」にすれば空いた部分を「新しい何か」で充たすことが出来るようになります。 これまで少女は遠い場所にばかり目を向けていました。 場所が変われば新しい自分が始まるんじゃないか……。 自分が上手くいかないのを「環境」によるものと考えていたんですね。 でも少女は感じています。 これまでと自分が明らかに違っていることを。 変わった理由を覚えていなくても、自分の心の中に「何らかの芯」が備わったことを。 大切なことを見誤ったり、見ない振りをしてはいけない。 でももしも間違ってしまっても、やり直せばいい。 全てにおいて受け身で不満気だったの表情がすっかり明るくなっています。 技術として目に光が入れられているのですが、人の目は楽しいことに向かうときは瞳孔が開きます。 だからも、これから出会う新しいことや人に期待でワクワクして目が輝いているのですね。 冒頭のシーンで車の後部座席に背中を預けて面をしていた少女とはまるで別人です。 「」は10歳の少女・の冒険の物語です。 でもでは何日も経っていたのに、戻ってきたらまだ同じ日だったようです。 引越し途中だったの家族はまた車に乗り込み、新しい土地に車を走らせます。 新しい暮らしに学校、友達……。 忙しいはせっかくの経験を忘れてしまうでしょう。 でも大切なのはどれだけ明確に物事を記憶しているかではありません。 その経験から自分の心に根づいたものを見つけられるかどうかではないでしょうか。 nikimitama.

次の