勝手 知っ たる 他人 の 家。 KLX

ラッキースケベとまなみの泣き顔

勝手 知っ たる 他人 の 家

ナニヲヤッテルンダろうねえ、全く。 KLX、バクダンキットから300R純正のニードルセットに。 なんかねえ、今のフィーリングだと「TT-Rと変わらないじゃん」みたいな。 リア18inchに戻したら(前後KLX250Rの足周り)、重たく感じるし。 重量同じでパワー同じなら、個人的にはヤマハに軍配を上げます。 なんだかんだ浮気?しても、長年触り続けたヤマハ車の方が 「勝手知ったる他人の家」 例えばアクセルケーブルの取り回し HONDA車がケーブルラックを造って乗せて絶対に動かないようにしている。 (おかげで整備の時にめんどくさい) kawasaki車は「この辺ならどこでもいいや」ぐらいのアバウトさ。 (おかげでピンポイントでフィッティングしないと渋くなる時多々あり) YAMAHA車だとだいたいその中間。 ラック造ってまでやるつもりはないけど タイラップでフレームに沿わせるぐらい。 面白いのは、YAMAHAは自分で「やばい」と思ったところはそれなりになんか一手間入れている所。 だから、触ると「あ、ここはなにがしらかの理由でヤバイのね、ならこの辺はそっとしとくか」と、判断できる。 (イメージとして)それくらいの設計が私の人格にちょうどよいんです。 「何もかもユルく」、は無駄なトラブルを招くし、「どこまでもきっちり」は時間の無駄。 押さえるところだけきっちり押さえて、後はてきとーが時間コストとしては最適なんじゃないでしょーか。 ニードル。 上部クリップ合わせで。 左:純正250SR 中央:純正300R 右:バクダンキット 見りゃわかるけど、「クリップ段数が可変だから」の理由で300R=N1TC(ニードルの型番ね)をセットするなら、クリップ段数は注意してね。 排気量が250なら250R純正のN1SAを使った方がよいような気もするが、あれはキャブ口径が32(CVK32。 KLX250SR・300RはCVK34 でMJも 115あたりと、かなりアスペクト(便宜上、勝手な言い方。 言わんとする所を感じてくれるかしら?)が違う。 個人的にはCVK34でセットするなら、N1TC(+MJ 130前後)の方が 素性は良いような気がします。 ちなみに現車はMJ 132。 PJは 35。 MJはもう少し行けるかな〜。 (CVKはルーズなんで、合ってるのかどうか判りづらいです。 頭を切り換えないと).

次の

勝手知ったる4度めの平塚: しらべるが行く

勝手 知っ たる 他人 の 家

yoku sih! te iru , najimi no aru toiu imi desu. katte sih! taru wagaya kah! te sih! taru tomo no ie sitasii yuujin no ie de yoku asobi ni ih! te iru node , ie no koto wo yoku sih! te iru katte ha , syousai , sikumi , ruuru toitta imi ga ari masu. katte ga chigau to iu to , sikumi ya ruuru ga chigau toiu imi desu. tatoeba , kuruma ga migigawa tsuukou no kuni to hidarigawa tsuukou no kuni ga ari masu. kore wo , 「 nippon to gaikoku de ha sya no tsuukou no katte ga chigau 」 to ii masu. よく しっ て いる 、 なじみ の ある という いみ です。 かって しっ たる わがや かっ て しっ たる とも の いえ したしい ゆうじん の いえ で よく あそび に いっ て いる ので 、 いえ の こと を よく しっ て いる かって は 、 しょうさい 、 しくみ 、 るーる といった いみ が あり ます。 かって が ちがう と いう と 、 しくみ や るーる が ちがう という いみ です。 たとえば 、 くるま が みぎがわ つうこう の くに と ひだりがわ つうこう の くに が あり ます。 これ を 、 「 にっぽん と がいこく で は しゃ の つうこう の かって が ちがう 」 と いい ます。

次の

「勝手知ったる」とは?意味や使い方をご紹介

勝手 知っ たる 他人 の 家

ナニヲヤッテルンダろうねえ、全く。 KLX、バクダンキットから300R純正のニードルセットに。 なんかねえ、今のフィーリングだと「TT-Rと変わらないじゃん」みたいな。 リア18inchに戻したら(前後KLX250Rの足周り)、重たく感じるし。 重量同じでパワー同じなら、個人的にはヤマハに軍配を上げます。 なんだかんだ浮気?しても、長年触り続けたヤマハ車の方が 「勝手知ったる他人の家」 例えばアクセルケーブルの取り回し HONDA車がケーブルラックを造って乗せて絶対に動かないようにしている。 (おかげで整備の時にめんどくさい) kawasaki車は「この辺ならどこでもいいや」ぐらいのアバウトさ。 (おかげでピンポイントでフィッティングしないと渋くなる時多々あり) YAMAHA車だとだいたいその中間。 ラック造ってまでやるつもりはないけど タイラップでフレームに沿わせるぐらい。 面白いのは、YAMAHAは自分で「やばい」と思ったところはそれなりになんか一手間入れている所。 だから、触ると「あ、ここはなにがしらかの理由でヤバイのね、ならこの辺はそっとしとくか」と、判断できる。 (イメージとして)それくらいの設計が私の人格にちょうどよいんです。 「何もかもユルく」、は無駄なトラブルを招くし、「どこまでもきっちり」は時間の無駄。 押さえるところだけきっちり押さえて、後はてきとーが時間コストとしては最適なんじゃないでしょーか。 ニードル。 上部クリップ合わせで。 左:純正250SR 中央:純正300R 右:バクダンキット 見りゃわかるけど、「クリップ段数が可変だから」の理由で300R=N1TC(ニードルの型番ね)をセットするなら、クリップ段数は注意してね。 排気量が250なら250R純正のN1SAを使った方がよいような気もするが、あれはキャブ口径が32(CVK32。 KLX250SR・300RはCVK34 でMJも 115あたりと、かなりアスペクト(便宜上、勝手な言い方。 言わんとする所を感じてくれるかしら?)が違う。 個人的にはCVK34でセットするなら、N1TC(+MJ 130前後)の方が 素性は良いような気がします。 ちなみに現車はMJ 132。 PJは 35。 MJはもう少し行けるかな〜。 (CVKはルーズなんで、合ってるのかどうか判りづらいです。 頭を切り換えないと).

次の