年金 払えない フリーター。 国民年金が払えない。差押えの回避と免除・猶予の申請方法|滞納SOS

フリーターが加入する年金と支払い義務を解説!払う必要ある?

年金 払えない フリーター

2018年10月27日 photo : どうもふっしーです。 国民年金の保険料って高いし、機構も含め将来はどうなるか分からないし、 できれば払いたくないものですよね。 年金と検索すれば、サジェストに 「未納」「滞納」が出てくるあたり、多くの方がそう思っていることかと思います。 しかし、「 年金を払うのが国民の義務」だとか、 「払って当たり前」という風潮はなんとなくあるので、 滞納することが後ろめたいことだと思うひとも少なからずいますね。 そのため、年金を滞納している人は、年金についてなんとなく話しにくい雰囲気があります。 …前置きが長くなりました。 年金を10年以上も滞納するとどうなるか?というと、僕自身の話ではないのですが、 実際に全て無視し続けている人は身近にいます。 その人は未納を続けてどうなったか?催告状が来たり、差し押さえ予告が来たりしたのか?と疑問に思うところです。 少しだけ、本人から直接話しを聞いてみました。 現在は無職で遊び呆けている、通称 「無敵の人」です。 結論から言って、「差し押さえ」はない。 一応、年金を放って置くにあたって、 年金機構から何らかの封書は届くようです。 これは、少しでも滞納したら誰にでも届くものなので当然でしょう。 僕にもよく届きますね。 しかし、その方は「年金制度」を深く理解していなかった、はたまた将来を深く考えていなかったのか。 封書を開封すらしていないようでした。 少し驚いたが、流石に10年もの年月を無視していたなら、特別催告状は愚か、最終催告状まで届いていたのでは…?(最後には差し押さえ予告が届いて持っていかれるようだが…) だが本人は、これまでに 差し押さえにあった経験は一度たりともないという。 世帯年収はあっても、本人所得が低ければ差し押さえは無い? 差し押さえに遭わなかった本人は、今までにずっと実家で暮らしつつ、アルバイトとニートを転々とした生活を過ごしている。 本人所得は多くとも最大で200万、もしくはそれ以下 になるでしょう。 同世帯である、実家の両親は正社員として働いており、共働き世帯であるため 世帯年収は300~400万は間違いなく超えているはず。 そこから更に本人年収も合わせてしまえば、500~600万は行ってしまう。 だいぶアバウトな計算だが、低く見積もってもこれくらいでしょう。 僕含め、事細かに両親の年収を把握してる人ってあまり居ないよな…。 因みに 差し押さえ対象者となるのは、2017年度からは本人所得が300万以上、7ヶ月の滞納期間となっている。 そしてこれは 噂程度のものだが、本人所 得だけではなく 世帯年収でも影響すると言われている。 しかし、仮にこの噂が本当ならば、当の本人は条件としては対象者となってしまうのだが、実際に差し押さえにあっていないということから ほんの 噂程度のものでしょう。 そもそも「差し押さえ」って本当にあるのか調べてみた。 photo : 市民税などは、年収額と請求額に勝手に比例してくれるので、ある意味公平な制度と言えます。 しかし年金基金の場合、20歳になってしまった暁には勝手に加入させられ、 稼ぎがあろうがなかろうが、免除申請をじぶんで提出しないかぎり、加入者全員同額の保険料が請求されてしまう。 これらは義務教育でも習うことは無いので、年金に加入したことすら気付かない人も中にはいるのでは…。 そんな不条理な制度に、 お金を勝手に持っていかれることなどありえるのだろうかと。 可能な限りで調べてみました。 結論から言って、 差し押さえはありました。 僕本人が差し押さえられたわけではないため、証言はできないのですが、 ゼニエモンというサイト様がこれについての記事を載せています。 差し押さえられた方の具体的な年収などは記事中では明かされていませんが、実際に届いた封筒などをしっかり掲載しており、信憑性はありそうです。 他にも、Q&Aサイトで差押調書が届いたという質問を、画像つきで発信しているところもありました。 外部リンク — この方も、年収やどのくらいの放置期間があったのかは明かしていません。 しかし自ら差押調書膳本の画像を撮影して掲載しているあたりから、本当にあった出来事なのだと伺えます。 以上のことから、国民年金でも差し押さえは実際にありえることだと思っていいでしょう。 しかし、 所得が300万以下で強制徴収されたという事例はありません(発見できなかった)し、世帯年収に依存するのかどうかまでもハッキリとはわかりません。 僕の身近な人をソースとするならば、 本人所得が低ければ、10年以上完全無視でも差し押さえは今のところありません。 逆に言えば、 現在で所得 300万以上の稼ぎがあれば、差し押さえの可能性は十分にあるということですね。 おわりに• 本人所得が300万以下であれば無視しても強制徴収は無し• 所得が差し押さえ条件に合致していれば、差し押さえはされる といった感じです。 元より強制徴収の条件は400万以上だったのが、年々として条件は変わっていってます。 現状では普通に考えて、条件が緩くなるということはあまり考えられないでしょう。 余談ですが、話を聞いた身近な人物とは今後も付き合いはあると思うので、年金機構から何らかの封筒が届いたら見せてもらう予定です。 最終催告状とか実物を見たこと無いので、もしも見られたら面白い。 それでは!!.

次の

年金が払えないフリーターへ。免除制度と支払わなかった場合の末路

年金 払えない フリーター

年金が払えない!場合、年金免除があります。 ニート・引きこもりをしていると収入がありません。 ということは、年金の支払いなどは出来ないということになります。 というか、年金の支払いが必要ということに最近気付いたニートの人もいるかもしれません。 ニート、無職で収入が無いから、といっても国民年金の支払いは発生します。 2019年度の国民年金保険料は、 月額16,410円です。 年間にして196,920円もの年金を収める必要があります。 約20万円ですから、決して安い金額ではないです・・・。 年金が支払えない!と放置していると最後は 銀行口座などの財産が差押えられてしまいます。 親と同居しているニートであっても、条件を満たせば年金免除をすることが出来ますので、年金が支払えないという場合には年金免除申請を検討されることをおすすめします。 ニートが年金免除することによって未納の取り立てもなくなりますし、将来的に全額ではないですが年金支給を受けることできるでしょう。 もちろん出来れば、早くニートから社会復帰し、就職して社会保険や年金の支払いを目指したいところです。 ニート・無職も年金の支払いはある、年金どうしてる? ニートであっても、無職であっても、 年金を支払う義務があります。 年金の支払い、どうしてますか? 日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、すべて国民年金に加入しなければならないとされます。 今ニートで働いていないから、会社を退職して無職、いま収入が無いから、といったことは関係なく支払いが発生します。 年金の支払額は年々上昇を続けていて、2019年度の国民年金保険料は、 月額16,410円 です。 年間に支払う年金額は、196,920円となります。 結構、高い金額ですね。 年金未納が続くとどうなる? といってもお金が無い、年金の支払いをしないでいると、どうなるのでしょうか? 国民年金の支払いをしないと、どうなる? 「 どうせ将来、私たちの世代は年金がもらえないんでしょ?」 といった気持ちもあると思います。 そうしたこともあって、今ニートだし収入も無いし年金の支払いはしなくていいや、と放置している人もいるかもしれません。 しかし、年金未納でいるとどうなるでしょうか? 年金の支払いをせず放置、催告状が届き始め銀行口座差押えも 実際に見たことがあるニートの方もいるかもしれませんが、催告状がまず届きます。 催告状とは、 「あなたは国民年金が未納ですからいつまでに幾らを支払ってください」 という通知書です。 赤色の封筒になると、最終警告ですから銀行口座の差押えなどが近いと考えて良いでしょう。 銀行口座の凍結がされると、解除が大変です。 年金の支払いが難しい場合、早めに免除申請をした方が良いです。 そうすることで、催告状が届くことはなくなります。 ニートが年金免除を受けられる条件について 収入が無い、といった方のために 国民年金の免除制度があります。 ニートや無職で収入が無い人の場合、未納ではなく免除した方が良いといえます。 免除されれば毎月の年金保険料を払わなくてよくなりますし、受給資格期間に算入されます。 未納を続けるリスクとして、• 4分の3免除• 半額免除• 4分の1免除 といった免除もありますし、何より未納は避ける必要がありますから、相談した方が良いでしょう。 年金免除対象となる所得(収入)の目安については、こちらの自治体の表が見やすいので参考にされると良いでしょう。 「年金 免除 条件 名古屋」 といったことで調べてみてください。 お住まいの自治体の「保険料の免除制度」などのページが出るはずです。 国民年金課などの電話番号も載っていると思います。 収入と所得の違い 上記で出てきた、収入と所得は違います。 収入とは、アルバイトやパートなど働いて得た給与です。 所得とは、収入から必要経費を引いて残った金額です。 年金免除の注意点 年金免除をしたいと場合の注意点として、世帯で所得を見る必要がある、ということです。 ニートの人は親と同居している場合が多いと思います。 親と同居している場合には、親の収入が無いのに一人暮らしを続けるのは難しいですよね。 他の免除になる可能性はありますが、年金支払いが発生します。 その場合、ニート本人は収入が無いでしょうから親に支払いを肩代わりしてもらうことになります。 それ以前に、実際にはニートの子供は年金支払いについて知らず、ずっと親が年金の支払いをしているケースも多いようです。 そうしたこともまた、問題になっています。 ニートが年金免除するメリット・デメリット ニートが年金免除するメリット・デメリットについて見ていきましょう。 毎月の年金支払いが無くなるメリットばかりに目がいきがちですが、デメリットもしっかり理解しておくことが大切と思います。 ニートが年金免除するメリット ニートが国民年金保険料の支払いを免除してもらえた場合、次のようなメリットがあります。 免除の割合によって支払額がゼロになる(全額免除) 免除の割合によって年金支払いの金額が変わります。 全額免除になれば、毎月の支払いは0円、無くなりますから楽になりますね。 2019年度の国民年金保険料は16,410円です。 免除の割合による金額は、 全額免除 : 0円 3/4免除 : 4,100円 半額免除 : 8,210円 1/4免除 : 12,310円 となります。 少しでも免除になると、負担が軽減されますね。 全額免除であっても、年金を納めたことにしてくれる 将来、年金(老齢基礎年金)を受け取るためには、年金を支払っている期間が重要になります。 過去には25年もの納付期間が必要でしたが、最近10年以上に変更されました。 (だから納付してね、という狙いがあるのですが・・・) 日本年金機構によりますと、 これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。 平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。 引用元: と掲載されています。 平成29年8月1日(2017年)からは資格期間が10年以上あれば年金受給資格が発生すると変更になっています。 ポイントは、• 免除期間も受給資格を満たす年数に含まれる• 免除期間中も障害年金・遺族年金の受給対象になる• 免除期間分を追納できる(10年間) ということになります。 減額された年金額の半分を国が負担してくれる 年金免除が減額された場合、• 全額免除• 4分の3免除• 半額免除• 4分の1免除 と減額の種類がありますが、減額された分の半分を国が税金から負担してくれるメリットもあります。 全額免除になった場合でも半分支払ったことにしてもらえるということです。 年金を満額支払っている人の半額を、将来的に年金として受給することができるということになります。 免除で得られるこうしたメリットも見逃せません。 年金免除により、銀行口座など差押えの恐れが無くなる お金が無いから、と国民年金保険料、納付をせずに放置していると日本年金機構から催告状が届き始めます。 赤色の封筒になると、最終警告です。 銀行口座の差押えなどの恐れがあります。 銀行口座が凍結されると、解除がとても面倒です。 年金の支払いが難しい場合には、免除申請を行うことをおすすめします。 まずはお住まいの自治体の年金課などに相談をしてみてください。 ニートが年金免除するデメリット ニート、無職で収入が無い人が年金免除になると、支払いがなくなってお金の負担が楽になります。 しかしメリットばかりでは無く、デメリットもあります。 デメリットについても確認しておきましょう。 そして、将来的に就職して収入が得られるようになったら、年金を納付、追納などして受給額を増やすことも考えてみても良いと思います。 年金免除すると、将来もらえる年金支給額が減る 年金免除されると、将来もらえる年金支給額が減額されます。 免除しているのに満額支払っている人と同じ年金が支給されるのは、やはりおかしいですからね。 年金の免除額に応じて支給される年金額が減ります。 全額免除 : 半分 3/4免除 : 5/8 半額免除 : 6/8 1/4免除 : 7/8 といったように支給される金額が減額されます。 とはいえ、全額免除でも半分もらうことは出来ます。 これはメリットといえるでしょう。 国民年金の平均受給額はいくら? ちなみに、国民年金の平均受給額は、 月額 55,000円 となります。 自営業の人は、国民年金のみという方が多くこの金額だと生活が厳しいですよね。 フリーターの方の場合も国民年金のみ、といった方が多いと思います。 将来の年金、生活の事を考えるとより手厚い厚生年金への加入が大切になります。 正社員として就職すれば、厚生年金にも加入しますので年金受給額はもっと高くなります。 厚生年金、国民年金を合わせた平均受給額は月15万円ほどです。 ただし、40年満額でということになりますからニート期間が長くなると、支給額は減ってきます。 ニート期間があって免除期間もあると、年金受給の額は減りますので注意が必要です。 早めに などを活用して、正社員就職を目指しましょう。 年金未納はデメリットのみ!年金が払えないニートは年金免除を相談してください 国民年金の未納はデメリットしかありません。 催告状が届き、それでも納付をしないで放置していると、最終的に銀行口座の差押えなどがあります。 銀行口座を差押えられた場合、凍結を解除するには条件が付きます。 無条件で凍結解除、とはいかないです。 多くは、未納の年金を全て納付しなくてはならない、といった条件です。 未納期間が長くなるほど、滞納額が増えていきますから支払いが難しくなります。 お金が無いから支払っていなかったのに、40万、50万など年金未納額を一括で支払うのはとても厳しいですよね。 しかし、払わないと凍結解除がなされません。 年金免除をすれば、そうしたリスクが無くなりますし、免除額の半分が支払ったことになります。 ニート、無職の方で収入が無い場合には、免除申請をお早めに考えた方が良いでしょう。 ニート・無職から就職したら、年金の支払いを 今はニート・無職だけれど、いずれか正社員として就職したい、という方は多いと思います。 正社員になれば、厚生年金に加入することになります。 またその際、収入に余裕があるようでしたら追納も検討してみてください。 10年遡って納付することが出来ます。 追納することで将来の年金支給額も増えますし、収めた分は社会保険料控除になりますので所得税・住民税が軽減されます。 就職して生活に余裕ができたら、追納も検討してみてはいかがでしょうか。 ニート年金免除のまとめ ニート・無職向け 年金免除のメリット・デメリットについてご紹介しました。 年金免除することでメリット・デメリットと両方あります。 できるだけ早く正社員として就職、社会保険に加入し、年金など支払える状況になることが大切といえるでしょう。 ニート、無職を脱出するために、 などを活用し、正社員就職を目指す方法をおすすめします。

次の

年金が払えないフリーターへ。免除制度と支払わなかった場合の末路

年金 払えない フリーター

学生の方は「学生納付特例制度」が利用できますので、こちらの記事を確認してみてください。 「免除はダメだった・・」という方は、この納付猶予制度の内容を確認してみてください! 「なんだぁ~結局払うのか・・・」と思う方もいると思いますが、この納付猶予制度にはいくつかのメリットがありますので、次の項目で確認していきましょう。 納付猶予制度のメリットとデメリット メリット• 納付猶予期間中も老齢基礎年金・障害基礎年金・遺族基礎年金の受給資格期間にカウントされる 老齢基礎年金を受け取るためには、国民年金保険料の納付済期間が最低でも10年以上必要です。 ) 納付猶予期間中であっても、この受給資格期間としてカウントされます。 ) また、事故や病気で障害が残ってしまったときの障害基礎年金や、万一事故や病気で亡くなったときに残された家族が受け取ることのできる遺族基礎年金の受給資格期間としてもカウントされるので、、面倒でも申請する価値がありますね。 申請しておけば、あとから年金を払うことができる 納付猶予制度を利用した場合は、年金を全額納付した人に比べ、将来受け取れる年金額が少なってしまいますが、生活に余裕が出てから年金を払えば、将来もらえる年金額に反映されることなっています。 この制度のことを後から年金を納める 「追納」といい、10年以内に支払えば全額納付した人と同じ受給条件となります。 スポンサーリンク 納付猶予制度の対象者と所得条件を確認 対象者 国民年金保険料の納付猶予制度は、 20歳~49歳までの人が対象です。 (これまで30歳未満の人が対象でしたが、平成28年7月から年齢が「50歳未満」に引き上げられています。 ) 所得条件 納付猶予制度を利用する場合も所得の審査があります。 申請者(本人)と配偶者(結婚相手)の所得が下の計算式で計算した額より低いことが条件となります。 (妻の所得は57万円以下で所得審査はクリア) ここでの所得とは「給与所得=収入金額-給与所得控除」「事業所得=収入金額-必要経費」です。 給与収入のみの場合は、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄に記載されている金額です。 納付猶予は、本人(申請者)と結婚相手(配偶者)の前年の所得で審査されます。 両親と同居している場合など、世帯主の所得は計算に入りません。 申請期間を確認 「納付猶予制度」の期間は、毎年7月~翌6月を1年度とカウントしていますので、納付猶予の申請期間は、毎年7月からとなります。 但し、平成26年4月からは、 申請時点から2年1ヶ月前までさかのぼって申請ができるようになりました。 例えば、令和2年4月に申請する場合は、下の図のように平成30年3月までさかのぼって申請することができます。 以降、1ヶ月経過するごとにさかのぼって申請できる期間が1ヶ月縮小していきますので、申請を忘れていたという方は早めに手続きをするようにしてください。 下の表では、申請年度ごとに 「申請期間」と 「審査対象になる前年所得」をまとめてみました。 令和2年7月に申請した場合 年度 申請が可能な期間 審査対象になる前年所得 平成29年度分 平成30年6月 平成28年(1月~12月)の所得 平成30年度分 平成30年7月から平成31年(令和元年)6月 平成29年(1月~12月)の所得 平成31年(令和元年)度分 令和元年7月から令和2年6月 平成30年(1月~12月)の所得 令和2年度分 令和2年7月から令和3年6月 平成31年1月~令和元年12月までの所得 スポンサーリンク 申請方法 納付猶予の申請手続きは住民登録している 市区町村の年金担当課や 最寄りの年金事務所で行うことができます。 年金手帳(または基礎年金番号のわかるもの)• 郵送で手続きする場合 <手続きに必要なもの>• 審査中の年金の支払いは督促状が届いても保留でokです。

次の