アサリ の 保存 方法。 生きてるアサリの保存方法

アサリの保存方法!冷凍や冷蔵で保存するコツは?

アサリ の 保存 方法

働いていたり子育てに追われていると、例え近所であっても、買い物に費やす時間と労力は大変なものですよね。 そんな手間を省くには大量に買って保存することですが、貝類って保存がきくの? という疑問があるはず。 あさりは冷凍できる? 実はあさりは冷凍保存が可能なのです。 ですから、しじみも同様に冷凍保存が可能です。 ところが、この冷凍保存はいきなり凍らせてしまうと大変! 必ずやっていただきたいのが、砂出しのひと手間なんです。 あさりの冷凍の仕方 あらかじめ砂抜きのあさりを購入するのもありです。 が、どちらにせよ、砂抜き後に貝を優しくこすりあわせ汚れを取ったら、ペーパータオルでよく水気を拭いて、ジップロックをしてください。 袋はなんでもよいですが、何度も小分けで使うにはジップロックが便利ですよね。 その際平らに冷凍するとあとあと使いやすくて、よいですよ。 冷凍あさりの調理方法 そして次に、いざ冷凍したあさりを使いたい時の方法をお教えします。 お味噌汁などの場合には沸騰してからではなく、水からあさりを投入してください。 これは料理好きさんならご存知かと思いますが、冷凍したあさりは水から入れるのが常です。 なぜなら、この方が貝のうまみ成分が汁に十分でるからなのです。 ただしあまり新鮮でないものはお湯からという方も中にはいらっしゃいます。 私は冷凍1か月でもその臭みを気にしたことはないのですが、気になる方はお湯から入れてみてくださいね。 ここでのポイントは、絶対にあさりを解凍しない! ということです。 あさりは一度解凍すると、臭みや劣化が勢いよく増します。 また、あさりは必ず、汁ものでも酒蒸しでも、冷凍のまま使ってください。 混ぜご飯などに使いたい場合には、一度味付けしてから加えたら臭みは抑えられると思います。 貝に至っては、他の野菜類とは異なり、夏でも梅雨でも気にせず保存できること良い点ですね。 私のおすすめレシピは、冷凍の貝をたっぷり使ったパスタ、ボンゴレビアンコです。 ボンゴレビアンコの作り方 関連ページ 母が市場に努めているため、魚をよく購入してきて、おすそ分けしてくれるのですが、その量が半端ないほど多いので毎回、食べるのにひと苦労です。 三人家族なのに、カワハギを6枚とか、ぶりの切り身を10切れとか、いっぺんに食べきれません。 そのため、魚を扱っていることもあって、母に保存方法を習いました。 一人暮らしをしているのですが閉店間際のスーパーにいき、安くなって割引されているお刺身をたくさんかってきてたべたりしています。 ですがお刺身は長持ちしないので安くなっていても、買いだめなどはできません。 そこで、お刺身の美味しく食べられる期間から、保存方法などを調べたのでお伝えしようとおもいます。 ある日、突然義母から生のさんまが送られてきました。 とてもありがたいのですが、その数、なんと30尾。 とても一度に食べきれるはずがありません。 もちろん冷凍すれば保存できることは知っていたのですが、できるだけおいしい状態で、しかも簡単に保存したいですよね。 そこでさんまをできるだけ新鮮なまま、かつ簡単に保存できる方法について調べてみました。 しじみとか味噌汁くらいにしか使い道わかんないし、余らすと保存がきかず臭くなりそう。。。 と思っていた矢先、母親に相談したらなんとしじみは冷凍保存ができるとのこと。 また、なんと冷凍の方がうまみがアップするとのこと!! 今回はそのしじみの冷凍保存の方法をご紹介するので、ぜひご参考頂ければと思います。 魚介類を長持ちさせるコツや常温・冷蔵・冷凍の場合の保存方法、保存期間の目安など、各魚介類の保存方法を詳しく解説してます。 私は以前マグロやというマグロ専門の居酒屋で働いていたので毎日のようにマグロを触り、マグロの種類に合わせた保存の仕方を学びました。 たくさん必要な時やあまり出ずに余ってしまうことが日によって起こってしまうのでマグロ保存には気を使い悩まされてました。 そんな元マグロやの店員の私ががマグロの種類と保存方法を教えます。

次の

生きてるアサリの保存方法

アサリ の 保存 方法

スポンサーリンク 冷凍アサリの失敗しない解凍方法は? 冷凍アサリの解凍方法は、 「殻付き」、「むき身」、冷凍してある方法によって異なり、 それぞれに合った方法で解凍する必要があります。 汁物やダシ汁を活用する料理に使う場合は熱湯でボイル解凍し、 その他の料理の場合は、フライパンやレンジで解凍します。 殻付き冷凍アサリの解凍の最重要ポイントは、 冷凍庫から取り出したら、すぐに急速で熱を加えることです。 そうしないとうまく口が開きません。 したがって、 自然解凍や、ゆっくり加熱などは厳禁です。 殻付き冷凍アサリの解凍での失敗は、大抵このパターンです。 【汁物などダシ汁を活用する料理の解凍方法】 まずは鍋に湯を沸かしてグラグラと沸騰させます。 その中に冷凍庫から取り出したばかりの冷凍アサリを入れ、 アサリの口が開くまで強火で加熱し続ければOKです。 乾燥対策として水とともに氷漬けで冷凍した殻つきアサリも、 この方法で解凍し、口が開いたらそのまま調理してください。 一度にたくさん入れるとお湯の温度が一気に下がってしまい、 口が開かなくなってしまうので、入れ過ぎに注意してください。 また、一気に加熱することがきれいに口を開けるコツですから、 口が開くまで火を弱めず、最大火力で加熱し続けることが大切です。 【酒蒸し、パスタなどで使う時の解凍方法】 フライパンで蒸し焼きにする方法と、レンジを使う方法があります。 フライパンの場合は、まず日本酒を適量入れて沸騰させます。 そこに、冷凍庫から出してすぐの冷凍アサリを入れて蓋をします。 そのまま口を開くまで強火で加熱します。 レンジの場合は、深めの耐熱皿に凍ったアサリをのせてラップをかけ、 すぐに加熱をします。 w数の強弱切替があれば最強にしておきます。 そのまま口が開くまで加熱してください。 ポイントは、アサリの口が開いたらすぐに火やスイッチを止めること。 やり過ぎると身が固くなって美味しさが半減してしまいます。 そのため、フライパンの蓋はガラス製の中が見えるものを使用する、 レンジの場合は目の前でジッと中を見張っている、これがコツです。 ご自宅で冷凍したものについては、自然解凍でもOKですし、 お急ぎの場合には、フリーザーバックのまま流水で解凍したり、 レンジを使ってもOKです。 市販の冷凍食品の場合は、鮮度を保つため氷の膜で覆う加工が されているものが多いので、1%の塩水(水500mlに塩小さじ1) に浸けて解凍します。 よく水気を拭いて使用してください。 どちらもポイントは、 完全に解凍せずに半解凍で調理すること。 旨味が逃げてしまいますので、解凍のし過ぎは厳禁です。 スポンサーリンク 冷凍アサリの解凍で口が開かないのは食べられる? 冷凍アサリの解凍の失敗で一番多いのが、 口が開かなかった、または 半開きになってしまったなどの、 「口がきれいに開かなかった」パターンです。 そうなってしまったアサリは、食べられるのでしょうか? 【完全に閉まったままのもの】 まず、完全に口が閉まったままのものについては、 冷凍時の状況が分かっているかいないかで違ってきます。 もし元気に生きていた状態から自分の手で冷凍したものであれば、 素性が確かで安心できますし、1ヶ月は鮮度も保たれていますので、 開けて嫌な臭いがしない限りは、食べても問題ありません。 しかし、お裾分けで冷凍状態のものをもらった場合や、 市販の冷凍食品など、冷凍時の素性や鮮度が不明な場合には、 食べるのはやめておいた方が無難です。 万一、殻の中で痛んで腐ってしまっていた場合には、 口を開けると悪臭が漂いますし、もし腐敗汁がこぼれてしまうと、 他の貝もすべて食べられなくなる危険があるからです。 【半開き状態のもの】 次に半開き状態になってしまったものについてですが、 これは自然解凍や冷蔵庫解凍をしてしまった場合において、 よく発生する状態です。 こうなったアサリが食べられるかどうか判断する時には、 口の開き具合に注目せずに、まずは臭いを嗅いでみてください。 アサリは痛むとすぐに悪臭を放ちはじめます。 したがって、 悪臭を放っているものはすでに痛んでいますので、 絶対に食べてはいけません。 逆に言えば、解凍に失敗して口がきれいに開いていなくても、 悪臭さえしていなければ、食べても大丈夫ということです。 臭いをよく確認して判断してください。 ただし、食べられるとは言っても、当然ながら味は落ちます。 また、半開きのアサリは貝柱が上下とも強固にくっついてるため、 食べるのに相当な苦労を必要とします。 したがって、食べるのにイラつくことは必至ですので、 イライラしてまで食べるのはちょっと・・・という方については、 身は諦めて、ボイルしてダシだけ利用するといいですよ。 まとめ 冷凍アサリの解凍方法については、 「殻付き」、「むき身」のどちらで冷凍してあるかによって違い、 また使う料理によってもそれぞれ異なります。 特に殻付きについては、失敗すると口が開かなくなるので、 必ず冷凍庫から出したらすぐに、口を開けるまで一気に加熱する、 これが大切なポイントであり、最大のコツです。 解凍に失敗して口がきれいに開かなくても、 食べられるものものありますので、この記事をよく読んで 無駄なくアサリを味わってください。 アサリの冷凍方法については、この記事で紹介しています。

次の

アサリ/あさり/浅蜊

アサリ の 保存 方法

スポンサーリンク 冷凍アサリの失敗しない解凍方法は? 冷凍アサリの解凍方法は、 「殻付き」、「むき身」、冷凍してある方法によって異なり、 それぞれに合った方法で解凍する必要があります。 汁物やダシ汁を活用する料理に使う場合は熱湯でボイル解凍し、 その他の料理の場合は、フライパンやレンジで解凍します。 殻付き冷凍アサリの解凍の最重要ポイントは、 冷凍庫から取り出したら、すぐに急速で熱を加えることです。 そうしないとうまく口が開きません。 したがって、 自然解凍や、ゆっくり加熱などは厳禁です。 殻付き冷凍アサリの解凍での失敗は、大抵このパターンです。 【汁物などダシ汁を活用する料理の解凍方法】 まずは鍋に湯を沸かしてグラグラと沸騰させます。 その中に冷凍庫から取り出したばかりの冷凍アサリを入れ、 アサリの口が開くまで強火で加熱し続ければOKです。 乾燥対策として水とともに氷漬けで冷凍した殻つきアサリも、 この方法で解凍し、口が開いたらそのまま調理してください。 一度にたくさん入れるとお湯の温度が一気に下がってしまい、 口が開かなくなってしまうので、入れ過ぎに注意してください。 また、一気に加熱することがきれいに口を開けるコツですから、 口が開くまで火を弱めず、最大火力で加熱し続けることが大切です。 【酒蒸し、パスタなどで使う時の解凍方法】 フライパンで蒸し焼きにする方法と、レンジを使う方法があります。 フライパンの場合は、まず日本酒を適量入れて沸騰させます。 そこに、冷凍庫から出してすぐの冷凍アサリを入れて蓋をします。 そのまま口を開くまで強火で加熱します。 レンジの場合は、深めの耐熱皿に凍ったアサリをのせてラップをかけ、 すぐに加熱をします。 w数の強弱切替があれば最強にしておきます。 そのまま口が開くまで加熱してください。 ポイントは、アサリの口が開いたらすぐに火やスイッチを止めること。 やり過ぎると身が固くなって美味しさが半減してしまいます。 そのため、フライパンの蓋はガラス製の中が見えるものを使用する、 レンジの場合は目の前でジッと中を見張っている、これがコツです。 ご自宅で冷凍したものについては、自然解凍でもOKですし、 お急ぎの場合には、フリーザーバックのまま流水で解凍したり、 レンジを使ってもOKです。 市販の冷凍食品の場合は、鮮度を保つため氷の膜で覆う加工が されているものが多いので、1%の塩水(水500mlに塩小さじ1) に浸けて解凍します。 よく水気を拭いて使用してください。 どちらもポイントは、 完全に解凍せずに半解凍で調理すること。 旨味が逃げてしまいますので、解凍のし過ぎは厳禁です。 スポンサーリンク 冷凍アサリの解凍で口が開かないのは食べられる? 冷凍アサリの解凍の失敗で一番多いのが、 口が開かなかった、または 半開きになってしまったなどの、 「口がきれいに開かなかった」パターンです。 そうなってしまったアサリは、食べられるのでしょうか? 【完全に閉まったままのもの】 まず、完全に口が閉まったままのものについては、 冷凍時の状況が分かっているかいないかで違ってきます。 もし元気に生きていた状態から自分の手で冷凍したものであれば、 素性が確かで安心できますし、1ヶ月は鮮度も保たれていますので、 開けて嫌な臭いがしない限りは、食べても問題ありません。 しかし、お裾分けで冷凍状態のものをもらった場合や、 市販の冷凍食品など、冷凍時の素性や鮮度が不明な場合には、 食べるのはやめておいた方が無難です。 万一、殻の中で痛んで腐ってしまっていた場合には、 口を開けると悪臭が漂いますし、もし腐敗汁がこぼれてしまうと、 他の貝もすべて食べられなくなる危険があるからです。 【半開き状態のもの】 次に半開き状態になってしまったものについてですが、 これは自然解凍や冷蔵庫解凍をしてしまった場合において、 よく発生する状態です。 こうなったアサリが食べられるかどうか判断する時には、 口の開き具合に注目せずに、まずは臭いを嗅いでみてください。 アサリは痛むとすぐに悪臭を放ちはじめます。 したがって、 悪臭を放っているものはすでに痛んでいますので、 絶対に食べてはいけません。 逆に言えば、解凍に失敗して口がきれいに開いていなくても、 悪臭さえしていなければ、食べても大丈夫ということです。 臭いをよく確認して判断してください。 ただし、食べられるとは言っても、当然ながら味は落ちます。 また、半開きのアサリは貝柱が上下とも強固にくっついてるため、 食べるのに相当な苦労を必要とします。 したがって、食べるのにイラつくことは必至ですので、 イライラしてまで食べるのはちょっと・・・という方については、 身は諦めて、ボイルしてダシだけ利用するといいですよ。 まとめ 冷凍アサリの解凍方法については、 「殻付き」、「むき身」のどちらで冷凍してあるかによって違い、 また使う料理によってもそれぞれ異なります。 特に殻付きについては、失敗すると口が開かなくなるので、 必ず冷凍庫から出したらすぐに、口を開けるまで一気に加熱する、 これが大切なポイントであり、最大のコツです。 解凍に失敗して口がきれいに開かなくても、 食べられるものものありますので、この記事をよく読んで 無駄なくアサリを味わってください。 アサリの冷凍方法については、この記事で紹介しています。

次の