海釣り ルアー。 エギング入門

シーバスから青物まで爆釣できる!海釣りで必須なおすすめルアー12選!

海釣り ルアー

初心者にとって、ルアーってアクションとかいろいろあって覚えるの大変だろうし、難しいんじゃないかと考えてる人も実は多いです。 ルアー釣りといえば、ブラックバスという淡水で最もホットな対象魚がいます。 バス釣りでは、徐々に細かいアクションやキャスティングの繊細さなどが要求されるので、そのイメージをぬぐえないでいると思います。 海でも、もちろん、そういう細かいことを要求してくる釣りもあります。 ただ、基本的なことを覚えておけば、簡単に釣ることができるので、海釣りのルアーゲーム=難しいにはならないです。 海釣りルアーの魅力は、簡単にできるところや何よりおいしい魚が豊富です。 釣って楽しい、食べておいしいがやはり海釣りの魅力ですよね。 ルアーは、手も汚れないので、女性もうれしい釣りだと思います。 シーバスは、シーバスロッドで狙うことになります。 ロッドによって、適応ルアーが異なるので、どれだけの重さに耐えられるか、柔らかさはどんなものかでしっかり選びましょう。 (バイブレーションやメタルジグなどの重さにに耐えられないものも多いです。 )自分が何で狙うかを釣りに出かける頃のベイトやパターンなどの情報を得て、探しましょう。 リールは2500番以上がおすすめです。 ルアーも先ほど言った通り、ベイト、パターンに合わせます。 ポッパーなどのトップゲームが向いているときもあれば、バイブレーションやミノーで狙う方がいい時もあります。 ワインドが最もいいなんてこともありますから、分からない場合は、釣り具屋のスタッフなどに聞いてみるのがいいでしょう。 餌釣りでも、泳がせ仕掛けで釣れるターゲットですよね。 基本的にルアーではプラグが多いです。 ベイトに合わせたカラーのバイブレーション、ブレード、そしてメタルジグ、ワームというラインナップでしょうか。 プラグの代表格であるミノーでも釣れますが、あまり進んで使うことはないですね。 ロッドもできるだけ重さに耐えることができるロッドを使いたいところです。 (40グラムまで耐えれれば問題ないでしょう。 ) タックルとしては、シーバス狙いとあまり変わりません。 しいて言えば、ラインですね。 特にサゴシ、太刀魚は牙がすごいので、リーダーが切られてしまうこともあります。 万が一のため、ワイヤーのリーダーも持っていくのがいいでしょうね。

次の

北陸釣り紀行

海釣り ルアー

東京から帰省(移住)して早4年。 移住後はほぼ毎週海釣りルアーフィッシングをしていまして、経験から、私のような 帰省者のお役立ちとなる情報がお届けできればとおもっております。 私の場合、移住前は、シーズンごとに実家に帰省しており、都度都度、大変楽しみに釣りに行っていました。 しかし、いつも富山で釣りをしているわけではないので 現場感もわからず、帰省するたび前回の記憶が吹っ飛び、同じ場所で根がかりでルアーをロストするなど・・・よって釣果もまちまちという結果に。 そして、 苦い思い出とともに東京に帰省するという。 せっかく帰省していただいた方には同じ苦労をかけたくないので(笑)、是非とも参考にしていただければと思います。 初心者の方でも理解しやすいように、 シーズン毎に、釣れる魚、使用ルアー、ポイント(細かくは書きません)、一挙ご紹介します。 上州屋などの釣果情報では夢のような情報が飛び交いますが、 惑わされてはいけません。 あそこに載っている情報は「 事実」でありますが、「 現実」でありません(笑)。 「現実」とは、まぁ現実はそうもうまくいかんよね、の「現実」です。 しかし、否定しているわけではありませんww さぁ、いってみましょう! [目次]• ゴールデンウイーク この時期ですが、一番連れやすいのは、 間違いなく「チヌ」です! いわゆる「のっこみ」のシーズンですので簡単にチヌが釣れやすいです。 以下が「チヌ」の釣果傾向のグラフですが、3,4,5月に集中するので、チヌ狙いで間違いないでしょう。 私もこの時期チヌが連れやすいことは体感的に感じています。 参照: もちろんチヌ以外にも、沖から戻ってきたシーバス、ヒラメや年中つれれるなどがターゲットになります。 ということで、チヌだけ狙って釣れなかったら坊主だったら悲しいので、外道のシーバス、ヒラメも狙えるルアーががいいと思います。 ですのでおススめの釣行プランですが以下のようにすると効率がいいかと思います。 夏休み この時期は間違いなく「キジハタ」がターゲットです。 夕方から出陣です。 日中は暑すぎて釣りにならないのであきらめましょう。 早朝の暗いうちからスタートしてもいいのですが、日の入りの時間もすさまじく速いですし(4,5時ぐらい)、早起きするのものしんどいと思うので夕方からスタートしたほうが無難です。 ルアーは バグアンツをテキサスリグでちょいと投げて、ボトムをとってしばらくしてから、ロッドを立てて落とす。 しばらくたって上げて落とすを繰り返せば食ってきます。 パワーシャッドのスイミングでも食ってきますのでGWに調達したパワーシャッドを使いまわしでいけるでしょう。 カラーはパール系がおすすめです。 久々の釣果。 最近はバイトがあっても乗らず、乗ったかと思うとラインブレイク、とさっぱりな状況でやっとの釣果。 なんとそれが、オカッパリでは珍客と言える「ホウボウ」でした。 状況は、下げの昼の二時ぐらい。 潮が止まってるポイントが多かったので多少ながれがある、の下あたりで始めるとこにした。 ターゲットは青物かシーバス。 現地についてみると、すでに車が多数あって、「うわー遅かったか」と思いながらも竿を出し、で買った格安ジグのレッドヘッドをぶん投げる。 着底を確認後、2、3回シャクったら重さを感じる違和感。 なんとなく生命感は感じるけど、あんまり引かない。 んー多分元気のないヒラメかなーと予想しながら、ラインブレイク、バラシが、ないように丁寧に引く。 近づいて見るとなんと「ホウボウ」。 人生初のホウボウだったのでかなり驚いた。 しかもサイズは約40cm。 ちかくのおじさんたちが寄ってきて、コレはホウボウ、これはカナガシラと意見を言い合っている。 おにーちゃん、日頃の行いがいいからこんなん釣れたんやわ!とナイスなコメントをいただく。 さて、こんなんどう調理したらいいのやら。 でさばき方を見てなんとか、食らってみたいと思います。 いやぁー船ならホウボウ聞いたことあるけど、オカッパリでホウボウ!とホントに日頃の行いがいいのかもと思ったりw では。

次の

ルアー仕掛け

海釣り ルアー

シーバスタックル 対象魚は、 スズキ(シーバス)、 ヒラメ、 ワカシ・イナダ、 サバなどの小型青物。 ロッド シーバスロッドなど。 パワーはライト~ミディアムライトクラス。 長さは8~9ft程度。 メインラインが100~150m巻けるもの。 またはPE0. 8~1. 長さ1m程度。 ルアー ミノープラグ、バイブレーションプラグ、メタルジグなど。 ロッド メバルロッドなど。 ロッドパワーはウルトラライト~ライトクラス。 長さは6~7ft程度。 メインラインが100m巻けるもの。 ルアー ソフトルアーなど。

次の