宮本浩次 兄。 宮本浩次の結婚相手の妻・彼女とは?母親と兄・高校も気になる

宮本浩次の母親や結婚相手は?大学&身長や自宅も調査!

宮本浩次 兄

宮本浩次は、赤羽の団地で24歳まで母と暮らしていたようです。 その後、同じ団地内で自立されたようですが、同じ敷地内で自立と言えるかどうか… 両親と歳の離れた兄からはとても可愛がられて育ったらしく、「僕は猫かわいがりだった」と語っています。 毋親に勧められてNHK少年少女合唱団に入団し、小学校3年生から5年生まで声楽指導を受けていました。 小学校5年生の半ばで、恥ずかしくて合唱団をやめちゃったようです。 小学校の高学年になって、歌を歌ってることがみんなに知れて恥ずかしくて、もうヤダ!って言って止めたらしいです。 その時にお母さまが、『あんたそんなこと言ってるけど、もっともっと大人になった時に、絶対にいいことがあると私は思う。 NHKの合唱団に行っててよかったって、絶対に思うと思う。 いつか私に感謝する時が来るわよ』っておふくろから言われたんですが、母親の予言が当たりましたね。 (ダヴィンチ・ニュース) 宮本浩次のことも、世の中の事も熟知した素敵なお母さまです。 お母様71歳の時、エレファントカシマシのライブ会場に行って「あんたの声うるさいから」と言って、耳栓をしてライブを楽しんでいたようです。 アルバム『扉』に親のことが出てきます。 フタ親に会いに行こう一年ぶりさ ・ ・ 玄関の前で奮い立って笑顔を作った 母は喜びと心配をないまぜた表情で見ていた ・ ・ 父はすごく嬉しそうに迎えてくれた そして笑いながら野球の話などしたものさ ・ ・ 二親ともすでに七十に近いんだ 結局その日は実家でメシ食って いろんなものをもらって外へ出た ・ ・ 既に亡くなられていますが、大切に育てられた思いが歌にこめられています。 スポンサーリンク 宮本浩次が電車に乗っている目撃情報が結構あります 宮本浩次はよく目撃されているようです。 宮本浩次というより、東京って普通に芸能人が街を歩いているのですね。 私、地方人としては、芸能人は異邦人的なイメージがあって、ロケ以外は普通には見れないと思っていました。 電車の中では、文庫本を読んでいる姿や、駅に着いて足早に改札に向かう姿が目撃されているようです。 電車で前に座って文庫本を読んでいる人を何気なくみたら宮本浩次だった、という目撃でしょうね。 下車後、追っかけて会話を交わし、構内でtwoショットの写真を取った人もいるようです。 嫌がらず、おごらず素敵な様子がつづられていました。 多分降りるときは、無造作に本をズボンのポケットに押し込んで、足早に過ぎ去っていくんだろうな、とそんな姿を想像しています。 宮本浩次の携帯必需品は文庫本です。 散歩や移動の際には岩波文庫・講談社学術文庫などの文庫本を携帯していることが多いようです。 古典的な名作文学を敬重し、鴎外や荷風といった一部の作家は楽曲の歌詞にも登場しています。 また歴史書等も愛好しているようです。 電車で文庫本を読んでいる人を見かけたら、ちょっと顔を覗いてみてもいいかもしれません。 心酔 すると夢中になる 芥川龍之介に憧れ、火鉢を収集していたことがあり、10個の火鉢に囲まれて読書をしたときには、一酸化中毒になったといいます。 また、烏龍茶ブームがあったときに、烏龍茶の急須に興味を持ち収集し始めます。 130年前の骨董急須を含め所有数は100個程あるらしいです。 使い込むほどに飴色に輝きを増す急須に、光沢を得るために烏龍茶を多飲します。 多い日は1日に100杯も烏龍茶を飲むことがあるとか。 髪を掻き揚げてぐしゃぐしゃにする癖は男っぽい仕草として高校生の頃から意識してしていたようです。 コロンボ刑事を思い出しますが、そのしぐさをアルバイトでも行い、3日で首になった事があるようです。 心酔し夢中になり徹底的に突き進みます。 まとめ 生放送番組中に激怒したりと、かなり個性的な面を持った宮本浩次ですが、 紅白歌合戦初出場を「本当に夢でした。 紅白歌合戦は日本の音楽の祭典の最高峰ですから、精一杯歌を歌って、白組の勝ちに貢献できればと思います」と素直に喜びを語っています。 8日に発売されたばかりのシングル「RESTART」のミュージックビデオでトレードマークの長髪に自らハサミを入れ、短髪になっていました。 ご両親に大切に大切に育てられたのでしょうね。 破天荒な面も、生い立ちから検証していくと、可愛がられ大切にされ持論を譲らない、一個人の性格です。 エレファントカシマシコンサートでも観客に向かって平気で怒りを向け、ピリピリしていたMCなしの20代のコンサートと変わり、一転して曲を解説し穏やかなな雰囲気と歌唱とバンドサウンドで終始しています。 50歳を過ぎて歌と共にどんな中年期を見せてくれるのかも楽しみです。 スポンサーリンク.

次の

宮本浩次は独身?発達障害やアスペルガーの疑いも…。原因は母親か?

宮本浩次 兄

スポンサーリンク 宮本浩次の出身地 宮本浩次さんは、東京都北区赤羽の出身です。 北区立赤羽台中学校時代に、ディープ・パープル、レインボー、RCサクセションなどのコピーバンドを組み、翌年には、地区予選に出場し、のちにデビュー曲となる「デーデ」を作り披露し、エレファントカシマシがスタートしました。 宮本さんは赤羽出身ですが、特に赤羽に思い入れはないと語っています。 しかし、アルバムのジャケットが赤羽の商店街の写真だったり、1997年に大ヒットした「今宵の月のように」のプロモーションビデオに赤羽の新川土手が登場したり、赤羽台団地内でプロモーションビデをを撮影したりしています。 この赤羽台団地は、実は宮本さんの実家。 宮本さんは、24歳で実家を出て一人暮らしするのですが、暮らした場所は、なんと同じ団地の別棟。 理由としては「ご飯を食べに行けるから」とのことで、実際、24歳の時に大失恋をしてライブもほとんどできないほどブルーになっていた宮本さんは、1ヵ月の半分は実家でご飯を食べていたとか。 スポンサーリンク 宮本浩次の家族 宮本浩次の父親は雪印? 2002年に閉鎖してしまいましたが、雪印乳業の東京工場が東京都北区にあり、宮本さんの父は営業マンとして働いていました。 このことは、2008年に「宮本浩次100問突撃」というインタビューをされた際、ミュージシャン以外の仕事をするならの問いに「スーツを着て、サラリーマン」と答え、父が雪印の営業マンだったことを告白しています。 宮本さんは、デビュー当初は、父親に借りたジャケットをステージ衣装として着ています。 そんな父親は、音楽活動に反対していたようです。 宮本浩次の5歳年上の兄貴 宮本さんには、5歳年上の兄がいます。 年が離れていることもあり、小さい頃から可愛がられていて、「僕は猫かわいがりだった」と語るほど、ひたすら愛をそそがれていたようです。 宮本浩次の最愛の母親 小さい頃、家族で初詣に車で行く時には、宮本さんと一緒に、後ろの座席に座り歌っていたという母は、バンドをすると言った時にも賛成してくれた、宮本さんの唯一の理解者だったようです。 エレカシのライブを見にきた71歳だった母は、耳栓をしてきたとか。 理由は「あんたの声がうるさいから」。 スポンサーリンク ボーイ・ソプラノのスターだった小学生時代 【本店2F野球ジャケ新入荷】NHKテレビ『みんなのうた』より'76年に発売された宮本浩次のシングル『はじめての僕デス』。 エレファントカシマシのヴォーカリスト小4時代のソロデビューシングルであることは、もはやファンのあいだでは常識ですが、歌い方が既にエレカシ宮本になってることに驚くよね。 — サウンドパック本店 中古レコード・CD soundpak 宮本さんは、小学校3年生から5年生までNHK東京児童合唱団に入団して、声楽指導を受けていました。 ソロを任されるほど歌が上手くて、ボーイ・ソプラノのスター的存在でした。 NHK教育の「みんなのうた」で、小学生時代の宮本さんの歌声が流れていました。 あるテレビのトーク番組で、泉谷しげるさんにその話しをすると「だからか~」と泉谷さんが納得。 だから宮本さんの声は良いとのこと。 この合唱団を勧めてくれたのが母親でした。 歌が好きだった宮本さんを合唱団に入れちゃおう!と入団させたそうです。 小学5年生の時、歌うことが恥ずかしくて辞めてしまいましたが、母親には照れながらも感謝していたそうです。 カテゴリー•

次の

宮本浩次 (エレファントカシマシ)

宮本浩次 兄

この記事の所要時間: 約 8分 35秒 今回は、ロックバンド「エレファントカシマシ」の 宮本浩次(みやもと ひろじ)さんについて。 宮本さんが病気とかアスペルガー症候群とか言われているようなので、その原因とされる「キレやすい性格」と一緒に色々と調べてみました。 Sponsored Link エレファントカシマシ・宮本浩次の病気について 宮本さんの病気については、 「発達障害」とか 「アスペルガー症候群」とか色々言われています。 一応書いておくと、発達障害とは脳機能障害の一種で、発達障害の人はこんな特徴を持っています。 ・物事に集中できない ・他人とのコミュニケーションが難しい ・ミスや漏れなく社会生活を送るのが難しい 決して発達障害はマイナーなものではなく、100人の人がいたら数人レベルでいるそうです。 知的障害とは違います。 アスペルガー症候群ってのは発達障害の一種で、 ・周りの空気を読めない ・相手の気持を理解したり、自分の気持ちを伝えるのが苦手 ・自分のルールに異常にこだわる といった特徴があるようです。 って事は、過去の宮本さんのエピソードを辿ってみればアスペルガーとか発達障害に相当するものがあるって事になりそうですね!! 宮本浩次のこだわりエピソード 宮本さんの名前で検索すると、 「エレファントカシマシ 宮本 キレる」 というキーワードで検索されるぐらいにはキレやすい性格らしい彼ですが、実際には過去にどんな出来事があったのか。 簡単にエピソードを眺めてみましょう。 髪をグシャグシャにする まずはWikipediaで紹介されていたこちら。 宮本さんを知っている人の中では有名な 「髪をぐしゃぐしゃする」です。 髪を掻き揚げてぐしゃぐしゃにする癖は男っぽい仕草として高校生の頃から意識してする様になったと雑誌のインタビューで語っている。 大学生時、レコードショップのアルバイトでは 「お客さんが来る度に髪をぐしゃぐしゃする」という理由で3日で辞めさせられた。 男らしさをアピールする為とは言えたまにぐしゃぐしゃするのは良いと思うんですけど、人が来るたびにぐしゃぐしゃしてたらそれはもはや変人の域ではないでしょうか。 実際の宮本さんの「髪ぐしゃ」をご覧ください。 ちょっと調べるだけでも結構いっぱい出てきます。 急須コレクター 他にも宮本さんには様々な「強いこだわり」があり、100年以上前の骨董急須を100個以上集めています。 宮本さんは使い込む程に風合いを増す急須に惚れ込んでいるらしく、その「使い込む」為にウーロン茶をめっちゃ飲んでいます。 1日に100杯とか飲んだ事もあるようです。 どうかしてる。 しかも生活の優先順位を急須に持ってきたせいで、可能な限りその作業を効率化する為にキッチンのみで生活していた事もあったそうです。 こう聞くと完全にヤベェ人みたいに思えますが、写真を見るとなんかカッコ良く見える。 不思議です。 宮本さんは本場中国の急須を手に入れる為に中国語も1年間勉強してます。 レコード会社と契約が切れた時、NHKの「中国語講座」で勉強していたそうです。 しかし実際にそれである程度は喋れるようになったらしく、中国人との会話も成立していたようです。 ただ、中国語を使いたいが為に、英語できかれた事に中国語で答えて、その答えに英語で返答があるというチグハグっぷりだった事もあったようですが(笑) こんな風に急須への愛が異常に強い宮本さんですが、腹が立った時には急須を叩き割ったりもしています。 「腹が立ったりしたときに、急須を叩き割ったりしていたけど、どんなに頭にきても、絶対、浮世絵とか古地図には近寄らないようにしてて、でも、顧景舟と名前のついた急須はボンボン投げていて、それは、やっぱりそのとき自分が持っていた物は偽物だったから。 本物じゃなかったからだったんだな。 」 ところで、宮本さんが中国に興味を持つきっかけになったのも、中国講座だったそうです。 小学生ぐらいの時に夜に見ていたんだとか。 火鉢も収集する 宮本さんは何かと古い物も好きらしく(というか 文明の利器を否定していたらしく)、暖房器具を使わずに芥川龍之介にあこがれて火鉢を使うという生活を経験しています。 その結果、集めまくって10個の火鉢をつけていたところ一酸化炭素中毒で頭痛に苛まれ、風邪になって39度の高熱を出しています。 結局最終的には火鉢生活からサヨナラし、メンバーの計らいで石油ファンヒーターを設置しています。 超人としか言いようがありません。 ちなみに文明の利器を否定していた宮本さんはクーラーの存在も否定し、夏の暑さを凌ぐためにシャワーを浴びていたそうです。 しかしやはりこれも「シャワーという文明の利器」を使うという矛盾に最終的には気付いています。 文明の利器を全く使わないとなると、川とか海で水浴びするしか無かったんじゃないでしょうか。 また、その矛盾に気付いた後に宮本さんは自動車を入手しているんですが、自動車免許を取得した後のエピソードも色々ひどいです。 免許取得後からは毎日のように首都高を何度も周回するなど5万円のハイウェイカードを月に5枚消費するペースで、当初の走行距離は一晩で220 — 230kmを超える程であったが、免許停止処分を受けてからは呪縛を解かれたかのように電車移動が多い生活に戻ったという。 物凄い勢いで自動車に乗りまくって免停を食らっている……。 宮本浩次はアスペルガー症候群なのか? こういった常人離れした宮本さんの過去のエピソードを眺めていると、アスペルガー症候群の人の特徴に確かに当てはまる部分があります。 例えば、 ・好きなことは延々とやり続けてしまう ・興味のある物事に関しては、一度手を付けると熱中しすぎて周りが目に入らないこともある ・自分の決めた予定や手順などを変えることを嫌い、頑なになる とか。 実際、発達障害は100人に数人ぐらいの割合でいるらしいので、これまでのエピソードを踏まえれば宮本さんがアスペルガー症候群である可能性は十分に考えられるでしょう。 文明の利器を否定して火鉢を大量に使ったり、急須の光沢を出す為にウーロン茶100杯とかは流石に。 ただ、「音楽をやっている」というだけで「強いこだわりを持っている!カッコイイ!」ってなるのは有利な点かもしれません。 結局は興味のある物事が1つでも「お金になりそうな事」にかすってしまえば、障害とかなんとか言われていようが非常に強力な武器になるわけですね。 と、適当な事を言ったところで、病気については終わります。 Sponsored Link エレファントカシマシ・宮本浩次はキレやすい性格? 有名なのはこちらのラジオ事件でしょう。 普通にキレてます。 が、聴いてみても分かる通り、これは番組のパーソナリティーの人(鈴木万由香さん)の話の切り出し方が悪いです。 「今回のアルバムはメインばっかりのフルコースでうわっ、食べにくい!といったような……」 みたいな感じで言っていて、もちろんその直後に「食べてみればこんなに美味しいもん無いやっていう……」って褒めてるんですが、宮本さんは最初の「食べにくい」のところに意識が集中しちゃってます。 この女性が宮本さんの過去のエピソードなどから性格を少しでも把握していれば全く違った事態になってたと思いますね。 鈴「食いましたもう。 気をつけろ、このドアホウ!」 多分ですが、鈴木さんがもうちょっと誠実にしっかり謝罪すれば宮本さん落ち着いてたと思います。 ですが、「食べにくい」という表現が宮本さんにとって非常に気に障る言葉だった事に気付かず、それに対するフォローも特に無かったので、宮本さんも暴言を吐きそうになって一旦「遠くに行ってしまった(怒りを自制していた)」んじゃないかと思います。 結局 「ケンカ売られてます?」って返答で台無しになってますが(笑) ただ、この出来事を部分的に切り取ってみれば 「突然宮本浩次が女性にキレた」とも取れるのが何とも言えません。 カメラマンに殴りかかった話 なんかキレて宮本さんがカメラマンを殴った事があるって話を見かけたので、ちょっとこちらも調べてみました。 一度目は、エレファントカシマシの撮影。 理由はたぶん地元だから。 確か『エレファントカシマシ5』が出る時だったから、1992年だと思う。 荒川の河川敷での撮影だった。 カメラマンは平間至。 撮りながら「ここで歌ってもらえます?」というむちゃな要求をする平間至。 困ってもじもじしている宮本。 黙って見ている編集長山崎。 どうしよう。 と思ったら、突如宮本がキレ、靴を脱いで手に持ち、平間至に殴りかかった。 それをかわしながら、でも靴底でパチパチはたかれながら、平間至はシャッターを切っていた。 そのあとは、何事もなかったかのように、また撮影が続いた。 後日、その殴りかかった瞬間の写真も、そのままジャパンに掲載された。 殴ったのではなく、平間至さんというカメラマンを靴底でぱちぱちしていたようです。 無茶振りにイラっとしたようです。 といったところで、「キレやすい性格」というのは全く否定できないものの、シアrべてみると宮本さんも理不尽に突然キレるような人じゃないように思えます。 結局のところ、「自分のこだわり」を無視されるとキレるって感じなんじゃないでしょうか。 以上!.

次の