関空 マニラ。 フィリピン航空、マニラ~羽田/関空/セントレア線を6月22日から順次再開

関西国際空港発 マニラ(ニノイアキノ)行き 格安航空券ならスカイチケット

関空 マニラ

新型コロナウィルスの影響に伴い、フィリピン航空はフライト運休スケジュールの延長を発表しました。 これに伴い、航空券のキャンセル時の払い戻し規定が更新されました。 以下の情報をご参照ください。 *注記 7月運行時のフィリピン航空の使用機材はエアバス321型が主体です。 飛行機のキャパシティが小さく、既に満席の便が多く見受けられます。 往復共に故国へ帰りたい人々の需要が旺盛です。 現地マニラからの情報では、ニノイ・アキノマニラ国際空港の検疫体制(PCR検査体制)が脆弱であり、 就航便数を増やしたくても、これ以上増やせない現実がある様子です。 (航空会社は出来るだけ多くの便を飛ばしたいのですが、当局の許可が下りません) これは日本の空港検疫所のPCR検査体制も同様であり、急速な改善が望まれます。 *補足説明 徐々に飛行機の就航は再開されつつありますが、飛行機が飛ぶ事と観光目的でフィリピンへ旅行する事は全く別の話です。 フィリピン外務省は査証発給を一時停止しており、査証免除特権も一時的に停止しています。 (フィリピン国民の外国籍配偶者及び子は除く) 日本人を含む外国人のフィリピン入国は現状では不可能な状態です。 マニラ首都圏及びセブシティでは隔離措置(コミュニティ検疫)が継続中です。 フィリピン旅行の再開時期の見込みに関しては、下記の記事もご参照ください。 運休スケジュールに関しても、隔離措置や渡航制限に関しても目まぐるしく状況が変化しています。 航空券キャンセル時の取消規定もかなりの頻度で変更・訂正されていますので、 詳しい情報は航空券を購入された旅行会社もしくはフィリピン航空予約課へお問い合わせください。 <フィリピン航空予約課> 東京: 0570-783-483 もしくは 03-5157-4362 名古屋: 052-588-7131 大阪: 06-6444-2541 福岡: 092-415-3232.

次の

<関空発マニラ行き>ジェットスター航空 VS セブパシフィック航空

関空 マニラ

お手荷物 機内にお持ち込みいただけるお手荷物には、寸法などの制限があります。 要件を満たしていないお手荷物は、受託手荷物としてお預けいただく必要があり、料金課されます。 お手荷物が多めの場合は、「」などをご利用いただくと、無料でお手荷物を預けられるので安心です。 エコノミークラス「Starter Plus」では、受託手荷物として日本国内線は10kg、国際線は20kgまで無料でお手荷物をお預けいただけます。 また、計40kgまで、有料でお手荷物を追加いただけます。 エコノミークラス「Starter Max」、ビジネスクラス「Business」および「Business Max」では、受託手荷物として30kgまで無料でお手荷物をお預けいただけます。 また、計40kgまで、有料でお手荷物を追加いただけます。 その他にも、お食事、機内エンターテインメントなど、ビジネスクラスの充実したサービスをご利用になることができます。 Jetstar Airways Pty Ltd, ABN: 33 069 720 243. Jetstar Asia Airways Pte Ltd, BRN: 200403570D. Jetstar Regional Services Pte Ltd, BRN: 201229688K. Singaporean Travel Agent License No. 02495. Jetstar Japan Co. , Ltd. Jetstar Holidays K. Commissioner of Japan Tourism Agency Registered Travel Agency No. 1829. Jetstar Pacific Airlines, BRN: 0301103030.

次の

ジェットスター・アジア、関空~フィリピン・クラーク線初便に乗ってみた 3月27日就航。関空からフィリピン方面へ週10往復20便に

関空 マニラ

新型コロナウィルスの影響に伴い、フィリピン航空はフライト運休スケジュールの延長を発表しました。 これに伴い、航空券のキャンセル時の払い戻し規定が更新されました。 以下の情報をご参照ください。 *注記 7月運行時のフィリピン航空の使用機材はエアバス321型が主体です。 飛行機のキャパシティが小さく、既に満席の便が多く見受けられます。 往復共に故国へ帰りたい人々の需要が旺盛です。 現地マニラからの情報では、ニノイ・アキノマニラ国際空港の検疫体制(PCR検査体制)が脆弱であり、 就航便数を増やしたくても、これ以上増やせない現実がある様子です。 (航空会社は出来るだけ多くの便を飛ばしたいのですが、当局の許可が下りません) これは日本の空港検疫所のPCR検査体制も同様であり、急速な改善が望まれます。 *補足説明 徐々に飛行機の就航は再開されつつありますが、飛行機が飛ぶ事と観光目的でフィリピンへ旅行する事は全く別の話です。 フィリピン外務省は査証発給を一時停止しており、査証免除特権も一時的に停止しています。 (フィリピン国民の外国籍配偶者及び子は除く) 日本人を含む外国人のフィリピン入国は現状では不可能な状態です。 マニラ首都圏及びセブシティでは隔離措置(コミュニティ検疫)が継続中です。 フィリピン旅行の再開時期の見込みに関しては、下記の記事もご参照ください。 運休スケジュールに関しても、隔離措置や渡航制限に関しても目まぐるしく状況が変化しています。 航空券キャンセル時の取消規定もかなりの頻度で変更・訂正されていますので、 詳しい情報は航空券を購入された旅行会社もしくはフィリピン航空予約課へお問い合わせください。 <フィリピン航空予約課> 東京: 0570-783-483 もしくは 03-5157-4362 名古屋: 052-588-7131 大阪: 06-6444-2541 福岡: 092-415-3232.

次の