いちご 飴 作り方 電子 レンジ。 【おうち時間の過ごし方】レンジで簡単!パリパリいちご飴を作ってみよう♡

【電子レンジで!いちご飴の作り方】子供でも簡単に作れるみかん飴といちごあめを作ってみた!パリッとおいしいフルーツ飴!

いちご 飴 作り方 電子 レンジ

〈このレシピで使う材料〉• 砂糖 180g• 水 50cc• このレシピで使う砂糖は1カップ。 ただ、砂糖の1カップって言われても、計量カップがない分かりません。 計量カップがない場合のために一応グラムを紹介。 上白糖は130g• グラニュー糖180g• ザラメ 200g 健康志向な人に人気のきび砂糖を使う場合は、上白糖と同じ130gです。 計量カップがない場合はぜひ参考にして下さいね。 こちらも鍋で作るレシピ。 ポイントは先ほどと同じです。 絶対にかき混ぜないようにしましょう。 煮詰める時間が早いと、水飴状になりベタベタに。 ほんのりきつね色なった瞬間がベストな状態です。

次の

いちご飴作り方は簡単!電子レンジなら失敗知らずで屋台のような味が楽しめる!

いちご 飴 作り方 電子 レンジ

砂糖 大さじ4 約44g• 耐熱性で深めの容器 電子レンジで加熱する時、 沸騰して、泡が出ます! 高さがあり、耐熱性で、 砂糖と水を混ぜやすいどんぶり鉢がおススメ! 写真では約8cmの高さのどんぶりばちを 使用してます。 砂糖大さじ1は、約11gでした。 2水を11㏄、はかる。 水はコップやピッチャーなどに一度計ってから、 砂糖と混ぜるようにします。 箸でも、ゴムベラでも、なんでもOK。 最初にしっかりと良く混ぜます。 600wと3分。 ラップはしません。 アワがフツフツと出てきますが、 色がまだ透明です。 茶色くなるまで過熱します。 シリコンカップを後ろ側から、少し押して、 型からはずします。 固まっていれば、すべて取り出します。 クッキングシートの上に置くと、 お皿にべっとりくっつきません。 出来るだけ、薄く作った方が、 食べやすいです。 2枚重ねたキッチンペーパーを、 水で濡らしてヒタヒタにします。 固まってしまった飴にぴったりと貼り付けます。 600Wで2分加熱します。 ふき取ります。

次の

いちご飴レシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

いちご 飴 作り方 電子 レンジ

いちご飴作り方をご紹介!SNSで人気のスイーツ 今、SNSでは、韓国の屋台風の 「いちご飴」が大流行中! いちご飴とは、簡単に言うと、昔ながらのりんご飴のりんごをイチゴで作ったもののことです。 また、その一方、自分で作るいちご飴も流行っていて、インスタグラムやYouTubeなどでは、作り方もたくさん紹介されています。 今回は、そんないちご飴の作り方を解説しています。 下記は、鍋で作る場合にあると便利な「料理用のデジタル温度計」ですので、あわせてチェックしてくださいね。 ・いちご飴のレシピ• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に刺す。 鍋に砂糖と水を入れ、中火にかける。 沸騰してきたら、弱火にする。 150~160度程度まで加熱し、薄い黄色になるまで煮詰める。 火からおろし、いちごにまんべんなく絡めていく。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 そのまま常温で冷やし固めれば、出来上がり! いちごは、3個~5個程度つなげて刺すと、屋台やお店のものみたいで、可愛く作れます。 あっという間に完成するので、とても楽しいですよ。 ・いちご飴のレシピ(電子レンジを使う場合)• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に指す。 マグカップに砂糖・水を入れて混ぜる。 電子レンジで加熱(500Wで約8分)し、薄い黄色になったら取り出す。 竹串に刺しておいたいちごをマグカップに入れて、飴を絡ませる。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 固めるまで常温で冷やせば、出来上がり! 電子レンジから出した後は、すぐに固まってきてしまうので、スピーディに作るのがポイントです。 深めのマグカップを使うと、飴を絡ませやすいですよ。 いちご飴の作り方:砂糖と水は4:1がポイント いちご飴をうまく作るポイントは、 砂糖4:水1という割合を、必ず守ることです。 この分量を間違えると、砂糖がしっかりと固まらずに失敗してしまいます。 全体の量があまり少ないと作りにくいので、 砂糖200g:水50㏄もしくは、砂糖400g:水100㏄がおすすめです。 いちごを1パック使う場合、砂糖200gで、十分な量ですよ。 ちなみに、計量カップがない場合は、大さじを使って測ってくださいね。 また、砂糖は上白糖ではなく、グラニュー糖が1番作りやすいです。 屋台のいちご飴のように色を付けたい場合は、鍋やレンジで加熱する際に、食紅を少々入れてください。 いちご飴の作り方で失敗する原因とは? 砂糖と水の割合以外にも、いちご飴を作る際に失敗する(固まらない)原因として考えられることは、いくつかあります。

次の