キリル 文字 筆記 体。 Russkopis

Does Kirillic Alphabets originate from Wrong Transmission?

キリル 文字 筆記 体

この記事の目次• まずは実際の筆記体のサンプル画像を掲載しておきます。 標準的な筆記体の書き方です。 以下はデザインの背景などに使う素材なので意味のない単語の羅列ですが英語の筆記体で書かれています。 以下の筆記体はまだ判別しやすい感じでしょうか。 もっと崩されると英語かどうかも判定するのが怪しくなります。 以下の崩した筆記体は個々の字と書かれている単語を見る限りたぶん英語だと思います。 見出し部分などワンポイントで使われるデザインは高級感を出すためにチラシ、パンフレットなどで多く見られますが、上のように文章で書かれると非常につらいです…。 筆記体論争が再燃 2017年にアメリカのイリノイ州で義務教育における筆記体を支持する動きがありました。 しかし、同時に「必要ない」といった意見もあがっています。 要点としては筆記体を教えるぐらいならば現代社会で役に立つタイピングなどに時間を割いたらいいのでは? という意見と、記憶を助けたりなど教育的な必要性の板挟みです。 この対立は今に始まったことではなく「筆記体は必要なのか?」といった論争が常に付きまとう状況です。 The US state of Illinois recently upheld mandatory education of cursive handwriting in public schools, reigniting the controversy over the classical style. アメリカのイリノイ州が最近になって、公立学校の義務教育における筆記体を支持した。 この古典様式を巡る論争を再燃しながらだ。 Those in favor of cursive cite its speed in handwriting lecture notes which is proven to help retention and understanding of new information. これらの筆記体支持の人々は、手書きで授業のノートを取ることのスピードを引き合いにだしている。 (手書きノートは)新しい情報に対しての記憶と理解を助けることは証明されている。 On the other hand, many feel that typing is a more efficient way of recording information and lesson time could be better spent on more practical skills. その一方で、多くの人々はタイピングのほうがより効率的な情報の記録方法であり、また授業時間をより実際に役立つ技術に使うのがより良いのではと感じている。 アメリカの筆記体事情 ネットで調べてみた程度ですが、アメリカでいえば全土の標準的なカリキュラムには筆記体を指導することがすでに含まれていません。 各州によって状況は異なりますが、教えなくてもいいけれど、教えてもかまわないといった裁量が教師に与えられています。 確実に学校で筆記体を教えることが減少している代わりに、キーボードの打ち方、タイピングを必須カリキュラムに盛り込むケースが増えています。 しかし、少し古いですが2007年のアメリカの小学校の教師に行った調査によると、筆記体の必要性は多くの教師が感じているといった結果が出ていました。 今回のニュースのように「筆記体」については減少しているものの、常に反対意見、論争が絶えない分野だといえます。 日本の状況 日本では過去に学校で筆記体が必須項目として教えられていた時代があり、おそらく1970年代生まれぐらいまでの人は確実に学校で習ったことになります。 それ以降については何度か指導要領の改訂が行われ「文字指導に当たっては生徒の学習負担に配慮し筆記体を指導することもできる」となっています。 これも教える先生の裁量や、先生自身の英語経験に大きく影響される要素だといえます。 指導計画の作成と内容の取扱い (1) 指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。 ア 各学校においては,生徒や地域の実態に応じて,学年ごとの目標を適切に定め,3学年間を通して英語の目標の実現を図るようにすること。 イ 2の(3)の言語材料については,学習段階に応じて平易なものから難しいものへと段階的に指導すること。 ウ 音声指導に当たっては,日本語との違いに留意しながら,発音練習などを通して2の(3)のアに示された言語材料を継続して指導すること。 また,音声指導の補助として,必要に応じて発音表記を用いて指導することもできること。 エ 文字指導に当たっては,生徒の学習負担に配慮し筆記体を指導することもできること。 オ 語,連語及び慣用表現については,運用度の高いものを用い,活用することを通して定着を図るようにすること。 カ 辞書の使い方に慣れ,活用できるようにすること。 キ 生徒の実態や教材の内容などに応じて,コンピュータや情報通信ネットワーク,教育機器などを有効活用したり,ネイティブ・スピーカーなどの協力を得たりなどすること。 また,ペアワーク,グループワークなどの学習形態を適宜工夫すること。 (文部科学省) ネイティブスピーカーでも読みにくい スティーブにも確認しましたが、カナダでも当時はちゃんと教えられたそうです。 今はどうなっているのかは不明ですが、アメリカと状況は変わらないと思います。 「読みにくくないの?」と質問してみたら、やっぱり「読みにくいよ」と言っていました。 ネイティブスピーカーであっても読みにくい字体だといえます。 現代で必要性があるとすればサイン、署名、手紙ぐらいだとの意見でした。 例えばお礼状などの場合にタイピングですると味気ないのは英語も日本語も同じで、そこは直筆の手書きのお礼状が喜ばれます。 そういったフォーマルな手紙にブロック体で「THANK YOU」と書いていると、小学生のありがとうカードみたいになるので、そこは筆記体が必要になるだろうと言っていました。 また日本の草書体などにもいえますが、昔の文献などが読めなくなるといった弊害も出てきます。 結論は出ませんが、自分の名前ぐらいは筆記体で書けるようになると便利です。 私はクレジットカードのサインをするときは(かっこつけて)筆記体で書いています。 セキュリティ的には海外で真似されにくい漢字がベターだといった意見もあります。 記事カテゴリー• 1,372• 131• 113•

次の

ロシア語独習室: ロシア語のアルファベットの打ち方、書き方

キリル 文字 筆記 体

ロシア語は独学中です。 ロシア語の学習において文字を書く際に不便を感じていました。 ロシア語の筆記体をマスターする必要性を感じる中、なかなか良い教材がありませんでした。 この「ロシア語習字ノート」は、ただ単にキリル文字の筆記体が記されているだけでなく、他の文字とのつなげ方、単語になった時の綴りの結合の仕方も分かるようになっています。 まさに私が欲していた情報でした。 全40ページと、とても薄っぺらいノートですが筆記体はこれ一冊で完全マスターできる内容です。 自分で書き込んで練習するスペースはほとんどありません。 必要もないでしょう。 筆記体の書き方情報集です。 お手本を見ながら他のノートで練習する、コピーして使う、上に薄い紙をかぶせて使う等の必要があります。 40ページ程の薄い小冊子ですが、まじめに書かれています。 私は中学校で初めて英語を習ったときのように、コクヨの「英習罫」ノートを買ってきて、せっせと筆写しています。 キリル文字の筆記体はやさしくはありませんが、すこしずつできるようになりました。 ツルゲーネフやチェーホフのサインも何とか判読できます。 本書はナウカ出版から直接購入出来ます。 定価¥600(送料別) ナウカの電話はかかりづらいのですが、関係先の「露蘭堂」03-6915-2057 がちゃんと応接してくれて、本も無事届きました。 最初Amazonや楽天で購入できないかと調べてみましたが、どうも高すぎる・・・ナウカ出版のウェブサイトを見てみたら、通販に応じてくれるとのこと。 早速注文したところ、すぐに送ってくださいました(本体価格+送料は後払い)。 丁寧に対応してくださったので、お礼のメールを送ったところ、これまた丁寧な返信をいただきました。 ナウカ出版さん、ありがとう! 薄っぺらい、まさに「習字ノート」ですが、おかげでキリル文字の筆記体が書けるようになりました!(でも、他人の(特にネイティブの)筆記体は読めないだろうな・・・) 語学は、私は実際に何度も書かないと単語等覚えられないので、キリル文字が書けるようになって、以前より学習のスピードが上がりました。

次の

ロシア語独習室: ロシア語のアルファベットの打ち方、書き方

キリル 文字 筆記 体

前19—15世紀• 前15世紀• - 前14世紀• 前10世紀• 前6世紀• 前9世紀• 前6世紀 ()• 7世紀• 7世紀• 9世紀 他多数• 前3世紀• 前2世紀• 前2世紀• 4世紀• 7世紀• 11世紀• 18世紀• 前2世紀• 4世紀• 5世紀• 8世紀• 10世紀• 12世紀• 13世紀• 17世紀• 16世紀• 前9世紀• 前8世紀• 前7世紀• 2世紀• 4世紀• 4世紀• 300年• 4世紀• 405年• 862年• 10世紀• 前6世紀• 前9世紀• 前5—6世紀 前3世紀 1840年 1913年 歴史 グラゴル文字の発明 キリル文字という名称は、に布教を行ったの宣教師(キリル)と(メフォディ)の兄弟に由来する。 の王が862年に東ローマ帝国にキリスト教の伝道師派遣を要請した際に送られた彼らは、布教のためにスラヴ語を表記するための文字を作ったのである。 しかし彼らが実際に考案した文字は、現在と呼ばれる別な文字であった。 からごろに考案されたグラゴル文字はスラヴ語を表記するための初めての文字であり、スラヴ語圏において広く使用されるようになったが、彼らの布教はローマ教会の圧力によって失敗に終わり、のメトディオスの死後、弾圧されたら彼の弟子たちはへと移動し、ブルガリア皇帝のに庇護されてそこで布教活動を続けた。 キリル文字の誕生 グラゴル文字はスラヴ語の特徴をよくとらえたものであったが、いくつかの問題が存在した。 形が複雑すぎて使用しにくかったことと、当時ブルガリアではすでにを使う層が一定数おり、ブルガリア語をギリシア文字で表すことも行われていたことである。 そこでブルガリアに移った弟子たちはグラゴル文字を改良し、前後によりに近い形の新しい文字を開発した。 キリル文字の開発にあたっては、基本的にはギリシア文字を採用し、ギリシア文字では表現できないものはグラゴル文字からの借用や新文字によって表現した。 しかし彼らはキュリロスをしのび、新しい文字をキュリロスの文字と呼んだ。 これがキリル文字である。 この名称のため、後世にはキリルが作ったのがキリル文字と信じられるようになった。 上記のように弾圧を受けたこともあって文字成立期の資料がほとんど発見されていなかったため、前半まではグラゴル文字とキリル文字のどちらが古いかは謎となっていたが、19世紀中ごろに古い音韻を残したグラゴル文字資料がいくつか発見され、グラゴル文字の方が早く成立したことが明らかとなった。 キリル文字の使用が始まった時期は明確ではないが、の統治下( - )で使用が始まったと考えられている。 開発当初、キリル文字とグラゴル文字はブルガリア国内で併存しており、首都プレスラフを中心とする北東部ではキリル文字が、旧首都を中心とする西部においてはグラゴル文字が使用されていた。 伝播と変遷 成り立ちから言って教会での典礼用に開発されたキリル文字は、グラゴル文字と同様スラヴ語正教会圏に普及していき、徐々にグラゴル文字に取ってかわった。 シメオン時代にブルガリア統治下にあったにもキリル文字は伝播し、さらににはが正教会を受け入れたため、ロシア全体にキリル文字が伝播することとなった。 各国に伝わったキリル文字は、その後各地の実情に応じて修正が加えられていった。 ロシアにおいては初頭にが文字改革を行っていくつかの文字を廃止し、また字体がラテン文字に近づけられた。 さらに20世紀に入ると再び改革が行われることになり、に改正改革案が発表され、にはによって旧文字体系から4つの文字が除去された現行のロシア文字体系が施行された。 セルビアにおいても19世紀半ばにによってを旨とした改革が遂行され、不要な文字の除去とラテン文字のの導入などが行われ、が成立した。 にはブルガリアにおいても文字改革が実施された。 ヨーロッパにおける使用文字図。 緑がギリシア文字、青緑がギリシア文字とラテン文字、青がラテン文字、紫がラテン文字とキリル文字、赤がキリル文字、オレンジがグルジア文字、黄土色がアルメニア文字の使用地域である。 古くからキリル文字が使われ、現在も使われている言語は、との重なる範囲にほぼ一致する。 つまり、の・・、のうち・・ ・ である。 スラヴ語族でも、圏の・・・・はであり、に属するもラテン文字を使う場合が多い。 また、スラヴ語とは全く関係のないに属する、では自治州の に属する もキリル文字を使用している。 また、正教会であってもスラヴ語派でない場合、キリル文字はかつては使用されていた所も多いものの現代においては使われていない。 も正教会であるためキリル文字を使用していたが、以降民族主義の高まりによりラテン文字化運動が広がっていき、からにかけて、正式にラテン文字が採用されることとなった。 はギリシア文字、は、はである。 ソ連時代のキリル文字化の進展 時代には、ソ連内でこれまで文字を持たなかったなどの言語や、を使っていたなどの言語に、ラテン文字での正書法が制定された。 しかし1940年以後の言語政策の変化によりキリル文字での正書法が改めて制定され、既にラテン文字で正書法が制定された言語についてはがなされた。 ソ連あるいは帝政ロシアによる併合以前からアラビア文字以外の文字を用いていたの・・(いずれもラテン文字)、(アルメニア文字)、(グルジア文字)はキリル文字化されなかったが、から政治的に分離されたはラテン文字からキリル文字に改められた。 使用地域が現在も領である言語では、・・・・・・・・・・・・・などがキリル文字を使用している。 ソ連崩壊時に独立した国の言語では、・・などがある。 ソ連の強い影響下にあったでも、にがからキリル文字化された。 ソ連崩壊後のキリル文字使用言語の減少 のソビエト連邦崩壊後、キリル文字を使用していた諸国のうちいくつかは使用文字をラテン文字へと変更する傾向が顕著になった。 こうした移行の背景には、ソビエト連邦、およびその主流となってきた的なものへの嫌悪感があり、キリル文字から文字を変更することによって過去からの決別を行うことを目的としていた。 また、世界で最も使用される文字であるラテン文字を使用することで世界とより深く結びつくことも目的とされた。 ソ連時代にアラビア文字からラテン文字化され、更にキリル文字化された・・・では、独立後ラテン文字が再び採用され徐々に切り替わりつつあり 、他にいくつかの言語で、これに続こうとする動きがある。 モルドバにおいてもには再度表記をラテン文字に改めることが決定され、ふたたびラテン文字使用国となった。 上記のように、、は1990年代にラテン文字表記に移行した。 キリル文字使用国として残っているキルギスやタジキスタンにおいても、ラテン文字移行やアラビア文字回帰の議論は2000年代後半から盛んになってきている においてはソ連崩壊後もキリル文字の使用が続いてきたが、にラテン文字への切り替え構想が浮上。 4月、同国の大統領はの表記をラテン文字に改め、には学校教育においてラテン文字の使用を開始し 、には完全にカザフ語表記をラテン文字に移行することを表明した。 2017年時点で既に多くの企業・やにある看板、車の、などがラテン文字になっており、若者の間ではラテン文字を使うことが流行になっている。 移行完了までの総費用は約3億ドルと予想されている。 また2003年以降、紙幣と硬貨にはカザフ語とロシア語の併用が認められてきたが、2019年2月にはカザフ語のみの使用とし、記念貨幣には外国語の使用も認めるという大統領令が発布された。 ナザルバエフ大統領は「ロシア語とロシア文化を忘れることはない」と言明しているが、カザフスタン国内ではラテン文字化政策は世界に開かれた国づくりの一環とみなされている。 しかしながら、ウズベキスタンではラテン文字へ切り替えて20年以上たったものの、依然としてキリル文字も幅広く使用されており、特に中高齢層ではキリル文字が一般的なままである。 また、文字表記の移行には莫大な予算がかかるという欠点も露呈している。 さらに、民族問題の複雑さも絡んでおり、特にカザフスタンのようなロシア系住民の割合が高い国では問題となりかねない。 モンゴルにおいてはソビエト崩壊後のにモンゴル文字へと再び文字を切り替える動きが出たものの、モンゴル文字を自由に使いこなせる人間が少ないことや、モンゴル文字は横書きができないこと、文字を切り替えた後で言語変化が起きており、モンゴル文字ではキリル文字にくらべて新しい語彙への対応ができていないことなどからこの運動は失敗し、引き続きキリル文字を主に使用する状況が続いている。 旧ユーゴスラビアとキリル文字 バルカン半島北西部に居住するに属するいくつかの民族は言語的にはほとんど差異がなく、と呼ばれるを形成していたが、地域によって使用する文字は異なっていた。 西部に居住するはカトリック教会に属しており、同じくカトリックに属するとの関係が深かったこともあってラテン文字を使用しているのに対し、東部のは正教会を奉じており、キリル文字を長く使用していた。 にこの地域に成立したは「7つの、6つの、5つの、4つの、3つの、2つの、1つの」という言葉に象徴されるようにかなり広範な地方自治を認めており、文字に関しても統一を行うことはなく二つの文字が並立する体制が続いていた。 この時期のユーゴスラビア国内においては、西のおよびにおいては主にラテン文字が、東のや、、においては主にキリル文字が使用されていた。 ただし、お互いの文字圏において別の文字が使用されることは珍しいことではなかった。 で成立したとセルビア語キリル・アルファベットが完全に1対1で対応しており(ただしキリル1文字をラテン2文字で表記する場合がある)、併用しやすかったこともこの傾向を促進していた。 こうした状況は、のユーゴスラビア崩壊によって変化した。 統一言語として扱われていたセルビア・クロアチア語は崩壊し、それぞれクロアチア語・ボスニア語・セルビア語として別個の言語として扱われるようになった。 これに伴い、内においてもクロアチア人はラテン文字を使用し、もキリル文字を使用することはあるもののラテン文字を主に使用するようになり、は逆にキリル文字を使用する頻度が高くなった。 キリル文字の例• 詳細については各言語を参照のこと。 (、) など キリル文字は各言語において文字やその数が異なっている。 ロシアのキリル文字は33文字、セルビアのキリル文字は30文字で構成されている。 またセルビア語およびマケドニア語においては、ラテン文字よりJの字が導入され使用されている。 キリル文字が発明された当初は45文字であったと推定されており 、その後各地で不要な文字が廃棄されて現在の文字数に落ち着いた。 またキリル文字をそのままとして使用するというもキリル文字成立当初から存在する。 字体 と同じようにとのがある。 以下にロシア語のキリル小文字の立体とイタリック体を示す。 特に形が異なる字を 強調(太字)で示す。 上段がロシア語、中段がセルビア語とマケドニア語、下段がブルガリア語。 また一部の文字では、言語によってイタリック体の字形が異なる。 同じくギリシア文字を元に作られたとは似た形の文字が多いが、形が似ていても音価が対応関係にない、あるいは音価が対応していても形が対応関係に無い場合も多いので注意を要する。 例えばラテン文字の [r] と似ているキリル文字として [ja] があるが、前者はギリシア文字の から、後者は合字の から派生した文字であり、発音も起源も全く関連が無い。 また、例えば [v] の音価に相当する文字は、ラテン文字ではギリシア文字の [u] から派生した だが、キリル文字では ( [b]、現代ギリシア語では [v])から派生した である。 コンピュータ Unicode 収録位置 では以下の位置に次の文字が収録されている。 旧ロシア帝国支配下の国々とバルカン半島諸国の言語で配列に大きな違いがある。 これはが導入された時期からの違いである。 「ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化」(世界のことばと文化シリーズ)p40-41 桑野隆・長與進編著 早稲田大学国際言語文化研究所 成文堂 2010年6月10日初版第1刷• 「キリール文字の誕生 スラヴ文化の礎を築いた人たち」p218 原求作 上智大学出版 2014年3月10日第1版第1刷• 「キリール文字の誕生 スラヴ文化の礎を築いた人たち」p248 原求作 上智大学出版 2014年3月10日第1版第1刷• 「ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化」(世界のことばと文化シリーズ)p45 桑野隆・長與進編著 早稲田大学国際言語文化研究所 成文堂 2010年6月10日初版第1刷• 「ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化」(世界のことばと文化シリーズ)p41 桑野隆・長與進編著 早稲田大学国際言語文化研究所 成文堂 2010年6月10日初版第1刷• 「キリール文字の誕生 スラヴ文化の礎を築いた人たち」p240-242 原求作 上智大学出版 2014年3月10日第1版第1刷• 「ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化」(世界のことばと文化シリーズ)p45 桑野隆・長與進編著 早稲田大学国際言語文化研究所 成文堂 2010年6月10日初版第1刷• 「キリール文字の誕生 スラヴ文化の礎を築いた人たち」p248-249 原求作 上智大学出版 2014年3月10日第1版第1刷• 「ビジュアル版 世界の文字の歴史文化図鑑 ヒエログリフからマルチメディアまで」p273 アンヌ=マリー・クリスタン編 柊風舎 2012年4月15日第1刷• 「ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化」(世界のことばと文化シリーズ)p48-50 桑野隆・長與進編著 早稲田大学国際言語文化研究所 成文堂 2010年6月10日初版第1刷• 「ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化」(世界のことばと文化シリーズ)p51-52 桑野隆・長與進編著 早稲田大学国際言語文化研究所 成文堂 2010年6月10日初版第1刷• 「ビジュアル版 世界の文字の歴史文化図鑑 ヒエログリフからマルチメディアまで」p278 アンヌ=マリー・クリスタン編 柊風舎 2012年4月15日第1刷• 「ビジュアル版 世界の文字の歴史文化図鑑 ヒエログリフからマルチメディアまで」p278 アンヌ=マリー・クリスタン編 柊風舎 2012年4月15日第1刷• 「バルカンを知るための66章 第2版」p272 柴宜弘編著 明石書店 2016年1月31日第2版第1刷• 「中央アジアを知るための60章」p104 宇山智彦編著 明石書店 2003年3月10日初版第1刷• 「図説 アジア文字入門」p105 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所編 河出書房新社 2005年4月30日初版発行• 「世界の文字を楽しむ小事典」p169 町田和彦編 大修館書店 2011年11月15日初版第1刷• 「世界の文字を楽しむ小事典」p170 町田和彦編 大修館書店 2011年11月15日初版第1刷• 「中央アジアを知るための60章」p104 宇山智彦編著 明石書店 2003年3月10日初版第1刷• 「バルカンを知るための66章 第2版」p272 柴宜弘編著 明石書店 2016年1月31日第2版第1刷• 【から】カザフスタン/ローマ字移行 ロシアに背「欧米追従」一部に批判『』2017年7月20日アジア・グローバル面• 「世界の文字を楽しむ小事典」p171 町田和彦編 大修館書店 2011年11月15日初版第1刷• 「ロシア文字やめローマ字へ=カザフ語、大統領が指示」時事通信 2017年4月14日 2017年6月21日閲覧• 「ローマ字化、是か非か=旧ソ連のカザフで論議」時事通信 2017年6月21日 2017年6月21日閲覧• 2019年2月24日. 2019年2月25日閲覧。 【から】カザフスタン/ローマ字移行 ロシアに背「欧米追従」一部に批判『』2017年7月20日アジア・グローバル面• 『図説 世界の文字とことば』 町田和彦編 25頁。 河出書房新社 2009年12月30日初版発行• 「ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化」(世界のことばと文化シリーズ)p236-237 桑野隆・長與進編著 早稲田大学国際言語文化研究所 成文堂 2010年6月10日初版第1刷• 「世界の文字を楽しむ小事典」p24 町田和彦編 大修館書店 2011年11月15日初版第1刷• 「ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化」(世界のことばと文化シリーズ)p45 桑野隆・長與進編著 早稲田大学国際言語文化研究所 成文堂 2010年6月10日初版第1刷.

次の