国立 函館 病院。 独立行政法人 国立病院機構 函館病院|函館医療情報

独立行政法人 国立病院機構 函館病院|函館医療情報

国立 函館 病院

ごあいさつ 国立病院機構函館病院 院長加藤 元嗣 平成28年4月1日付で院長に就任しましたので、ご挨拶を申し上げます。 私は昭和57年に北海道大学医学部を卒業後、第三内科(現在の消化器内科)に入局してから、前任の北海道大学病院光学医療診療部(内視鏡部)の部長・診療教授まで、主に消化器内科の診療に従事してきました。 大学では「ピロリ菌と消化器疾患との関連」と「消化器内視鏡による診断と治療」をテーマに研究を続けてきました。 当院は長らく消化器内科の常勤医が不在でしたが、4月からは私を含め常勤医4名体制となりました。 循環器内科、呼吸器内科に加え消化器内科が加わったことで、当院の内科診療はさらに充実した体制となりました。 最先端の内視鏡を用いて、高度の内視鏡診断や内視鏡治療を行い、国内トップレベルの消化器診療を提供していきたいと考えています。 また、ピロリ菌専門外来を通じて、除菌に失敗した方、ペニシリンアレルギーで除菌できない方、中高生などの若年者に対するピロリ菌診療を行い、胃癌撲滅に貢献していきます。 我々職員一同は、患者目線に立って親切丁寧に医療を提供することを目的としています。 そのために、教育研修、臨床研究などを通じて職員の意識を高めていき、働きやすい職場に変えていくことで、患者様のニーズに答えていきたいと思います。 これからは、大原正範特別院長(代理)と二人体制で、より一層地域医療に貢献できるよう職員一同努力していきたいと思っておりますので宜しくお願いします。

次の

国立病院機構函館病院7日から便秘外来開設 / 函館新聞電子版

国立 函館 病院

カテゴリ• 国立病院機構函館病院(川原町18、加藤元嗣院長)は7日から、便秘外来を新設する。 常勤の消化器科医師が着任し、専門的な外来診療に対応する。 同病院は1978年の開設。 現在25診療科を掲げ、便秘外来は消化器内科の専門外来として、既存の外来ブースで新設する。 常勤の専門医は4月に北大病院から着任した津田桃子医師が担当。 診察は、CTやエコー検査、大腸カメラなどの画像評価を加えながら、患者一人一人にあった内服の調整などをして専門的な治療を行う。 津田医師は「合わない下剤を多種類飲んで具合が悪くなっている人やコントロールできていない人がたくさんいると思うが、生活の質を上げられるよう協力できれば」と話している。 便秘症は中年齢層では圧倒的に女性が多く、自然な排便を促す上皮機能変容薬が32年ぶりに発売され、慢性的な便秘で悩む患者の選択肢が増えた。 津田医師は「大腸カメラは鎮静剤を使って安心して検査が受けられる。 恥ずかしがらずに若い女性の方にも気軽に相談にきてほしい」としている。 診療は毎週火曜日。 診察時間は午後1時~同5時15分(受付は午後1時~同3時半)。 予約なしでも受診できる。 問い合わせは同院(0138・51・6281)へ。 (木村京子).

次の

国立病院機構函館病院

国立 函館 病院

当院の紹介 当院はJR函館駅から約4kmで市電深堀町下車徒歩4分、函館バスは国立病院前下車徒歩1分、函館空港から約3km、乗用車で15分と、大変便利なところにあり、湯の川温泉のすぐ近くにあります。 基本的な診療は、がん等悪性腫瘍、呼吸器疾患、循環器疾患を中心として、患者さんを大切に安心し、信頼できる医療を心がけて、日々の診療にあたっております。 マルチCT、高性能MRI、乳房撮影装置などでがんの早期発見に努め、リニアック、微小線源による放射線治療を行っております。 リニアックは平成22年3月に更新され、これまで以上のレベルアップしたがん治療ができるようになります。 消化器がんは、食道がんが函館で最も多く、胃、大腸など幅広く手術を行い、内視鏡による低侵襲手術も多くおこなっております。 良性疾患では、他の施設では、ほとんど行っていない、胸やけ、誤嚥性肺炎などの症状をおこす、逆流性食道炎に対する内視鏡手術も数多く行い、良好な成績を収め、患者さんに満足いただいております。 気管支喘息、肺気腫、呼吸不全、肺腫瘍などの呼吸器疾患に対する専門的治療を行い、肺がん手術症例は、昨年は60例を越え、道南随一で、胸腔鏡下の低侵襲手術も半数以上となっております。 循環器疾患は、血管造影室を2室持ち、虚血性心疾患のカテーテル治療や手術治療、心不全などの治療に全力を尽くしています。 平成21年からは泌尿器科も再開していますし、麻酔科も2名となり緊急手術にも対応しやすくなっています。 また緩和医療チームもがん治療に活躍しています。 いろいろな症状を持って、お悩みの方は、患者さんの立場に立ってご相談に乗りますので、当院を受診してみてください。 駐車場あり• JR函館駅からの交通• 市電 2番か5番に乗車 所要時間20分 「深堀町」下車• 救急外来棟• ICU6床• 無菌室2室• 結核病床 陰圧)10床• ドック室1室• 手術室5室• 内視鏡部• SAS(睡眠時無呼吸症候群)専用室 [医療機器]• CR、MRI 1. 5テスラ• 核医学シンチ・スペクト• 超音波診断装置(心臓・下肢・甲状腺・乳腺など)• 血管内超音波診断装置• マンモグラフィー• 各種内視鏡ファイバー(気管支、胃、大腸、ERCP)• ホルター心電図• トレッドミル運動負荷心電図• 呼吸機能検査装置.

次の