リポ ポリ サッカライド。 免疫ビタミン「LPS(リポポリサッカライド)」がサプリメントに!その正体・効果・ネットの疑惑とは?

リポ多糖

リポ ポリ サッカライド

細菌を培養したとき濾液に検出される蛋白性毒素、即ち菌体外に分泌される毒素である外毒素exotoxinに対して、菌が死ぬまでは菌体にとどまることから定義された。 内毒素、エンドトキシン、リポ7多糖、リポポリサッカライドは同義語であり、このサイトではエンドトキシンあるいはLPSを 好んで用いる。 また、省略形としてET、Et、Edtなどが用いられる。 エンドトキシン(endotoxin)という名が文献上に現れるのは 1892年(明治25年)で、Pfeifferがコレラ菌(1883年にKochによって発見された)の耐熱性毒素について菌体に由来するものとして命名 した。 かの詩人で科学者の宮沢賢治が誕生する4年前のことである。 エンド トキシンは菌の最表層(外膜)にあり、リピドA部分が外膜内層のリン脂質層(おもにフォスファチジルエタノールアミン)と疎水結合して、脂質2重層(外 膜)を形成している。 外膜には 20種ほどの外膜蛋白質が存在し、そのうちいくつかは外膜を貫通している。 これらには外膜の透過孔を形成しているポーリン蛋白や、何種類かのファージ受容 体、鉄やビタミンなどの輸送蛋白、ペプチドグリカン結合リポ蛋白などがある。 図1 グラム陰性菌外膜の構造 また、外膜には腸内細菌科に共通の抗原(ECA)や、莢膜多糖が存在する。 これらはリン脂質をもち、エンドトキシンと同様に内側のリン脂質層と疎水結合し ている。 ECAは菌株によってはRコアの末端にO側鎖のかわりに結合している。 ECAもエンドトキシンと同様にマイトジェン活性や多クローン性B細胞活性 化作用をもっている。 外膜の内側には一層のペプチドグリカン層があり、菌の形を保つのに働いている。 エンドトキシンは細胞質膜(内膜)で合成され、内膜とペプチドグリカン層の間(ペリプラスム間隙)を通過して外膜に移動する。 リピドAはNアセチルグルコサミン(GlcN)のニ糖と水酸化脂肪酸と の複合体であり、エンドトキシンの生物活性を担っている。 淋菌などではO特異側鎖を持たず外部コアと内部コアとリピドAで構成され、特にLOS(リポオリ ゴサッカライド)と呼ばれている。 クラミディアのエンドトキシンは内部コアとリピドAで構成されている。 大腸菌などのLPSでもO側鎖多糖やさらにコア多糖を欠損する変異株があり、親株のコロニーの辺縁が滑らか(S型)なのに対して変異株のコロニーは粗面(R型)なので、それぞれのLPSはS型LPS、R型LPSと呼ばれる。 O特異側鎖の繰り返し単位の糖組成によって抗原性が決定されO(オー)抗原と呼ばれ、大腸菌ではO抗原の種類から百数十種類に分類される。 例えば157大腸菌O157は腸管出血性大腸菌の代表的なものである。 図2 LPS の構造 図3 LPSの電子顕微鏡写真 大腸菌K39から得たWestphal型エンドトキシン(後述)を陰性染色し電子顕微鏡で観察した。 ひも状のミセル構造が見れる。 両親媒性 のLPSは、二本の長いLPS分子が互いに疎水性部分で結合し外側は親水基と考えられている。 LPSは一般には水には溶解出来ず超音波処理などで縣濁させ る。 リポ多糖から酸でリピドAを分離した 化学的には純粋ではない標品について分析したことから酸に不安定なKDO、リン酸、エタノ-ルアミンなどの結合様式は推定する以外になかったのである。 1980年代に芝、楠本らのグループは彼らの卓越した有機合成化学の技術を駆使してサルモネラ型リピドAを合成した。 しかし、これらの殆どはエンドトキシンのもつ発熱活性、 致死活性、リムルス活性を示さないか、あってもきわめて弱かった。 このようにWestphalらの推定した構造を再現してもエンドトキシンの活性が得られ なかったことからその推定構造に誤りがあるためではないかと考えられるようになった。 ほぼ同時に、RietschelらもサルモネラリピドAで同様のことを見いだした。 また、LehmanらもリピドA生合成中間体の 構造を明かにし、いずれも推定構造の誤りを指摘した。 そして多くの研究者の協力による構造活性相関の研究が行われた結果、これらの合成リピドAは天然のリピドAと同等のエンドトキシン活性をもつことが証明された。 エンドトキシンはきわめて多彩な生物活性をもつが、その殆ど全てはリピドAが担っている(例外的に補体の別経路の活性化は多糖部分が担っている)。 合成リ ピドA標品を用いた研究から、生物活性のリピドAの構造要求性が明確になった。 シュワルツマン反応発現には最も構造要求性が高く、脂肪酸の結合位置が重要 であり、アシロキシアシル脂肪酸とリン酸が必須である。 致死活性発現にはアシロキシアシル脂肪酸の存在は必ずしも必要としないが、B細胞活性化活性やイン ターフェロン誘導活性などでは比較的構造要求性が低い。 ヒトは進化の過程で弱毒のエンド トキシンを保有すようになったとも考えられ、興味深い。 図5 常在菌等のリピドAの構造 Porphyromonasと Bacteroidesの構造は小川知彦の総説(日本細菌学雑誌 61:391-404,2006)から引用した。 Porphyromonas gingivalisのLPSには、このテトラアシル型のほか、トリアシル型、ペンタアシル型などがある。 Helicobacter pyroliの構造は上述の天野憲一の総説から引用した。 TCA抽出法 原法はBoivin、Mesrobeanuらによって報告された。 この方法で抽出 されたエンドトキシンはBoivin型エンドトキシンまたはBoivin抗原と呼ばれる。 冷水中に浮遊させた細菌に等量の冷トリクロル酸TCA水溶液液を加えて3時間 振盪抽出する。 b.フェノール・水抽出法 Westphalらが考案したので、Westphal法と呼ばれ、この方法で得たものはWestphal型エンドトキシンという。 外膜成分であるタンパク質およびリン脂質とLPSの結合を解離し、できるだけ選択的にエンドトキシンを抽 出する目的にあった方法であるといわれている。 菌体はフェノール-水の加温処理によって破壊され、リポ多糖は核酸や多糖体などの水溶性成分とともに水層に 移行する。 冷フェノール・水抽出法と温フェノール・水抽出法があるが、後者が蛋白質量の少ないLPSが分離できるので常法になっている。 水層を透析、濃縮、凍結乾燥する。 この方法でもしかし、2価金属イオン、ポリアミン、蛋白質、多量の核酸等を含んでいるので、さらに超遠心等で精製する必要があ る。 市販のWestphal型エンドトキシンには精製されたものもある。 この他、変異型であるR型LPSの抽出法であるフェノール・クロロホルム・石油エーテル(PCP)抽出法がある(Galanosらが開発した)。 さらに超遠心精製する。 PCP法は一般にS型LPS、蛋白質、核酸、グルカンは溶かさないので純度の高いR型LPSを分離できる。 塊がなくなるまで根気よく行う。 やや不透明な状態に縣濁される。 エンドトキシンフリーのヒト血清アルブミン0. 参考図書 細菌内毒素、本間遜他編、講談社サイエンティフィク、1973 内毒素ーその構造と活性、本間遜他編、医歯薬出版、1983 エンドトキシン、新しい治療・診断・検査、中野昌康・小玉正智編、講談社サイエンティフィク、1995 エンドトキシンと病態、遠藤重厚、稲田捷也、へるす出版、1995 Copyright C Katsuya INADA 1997-2013, All rights reserved. このサイトを利用することにより発生する損害等については一切責任を負わない.

次の

免疫力を高めるリポポリサッカライド(LPS)最強食材ランキング!!

リポ ポリ サッカライド

何かと病気がちで体の弱い人と健康な人。 この違いの一つには、人々が持つ 「免疫力」が 関係していると言います。 その免疫力を高めてくれる夢の様な物質が 最近になって分かったと言うのです。 その物質は 「リポポリサッカライド(LPS)」。 意識的に摂取する事により免疫力を高める効果があり、 病気になりにくい体になると言うのです。 ですが、リポポリサッカライド(LPS)は、 私たちの体内では作られる事が無く 食材から摂取するのが一般的と言われています。 リポポリサッカライド(LPS)は、 微生物の成分であり、 「免疫ビタミン」とも言われています。 そして、 私たちの体内では作る事の出来ない成分なのです。 以前は、リポポリサッカライド(LPS)は 「エンドトキシン」と呼ばれ、 悪者扱いされていた時期がありました。 エンドトキシンとは、グラム陰性菌の細胞壁の成分であり、 積極的には分泌されない毒素を指し、 別名「内毒素」とも呼ばれています。 ですが、最近の研究により 経口摂取や肌からの吸収する場合には 「問題ない」と言う事が分かったと言います。 問題がないどころか 免疫力を高める効果が期待でき 様々な症状に対して「良い結果がでる」事が分かったとか。 では、どんな効果が期待できるのか 見てみましょう! リポポリサッカライド(LPS)の効果効能 ・アトピー改善 ・肌トラブル改善 ・風邪予防 ・インフルエンザ予防 ・花粉症抑制 ・糖尿病 ・骨粗しょう症 ・がん予防 ・アルツハイマー ・高脂血症 等に効果があると言われています。 免疫力を高めるんだから、 これらの効果は分からなくないですね。 ですが、ここでちょっと考えたのが そもそも免疫力ってちゃんと知っているのかって事。 免疫とは、病原菌やウイルス等の外敵の侵入を防いだり、 体内に害をもたらす細胞を除去するという自己防衛機能であります。 例えば、がん細胞。 私たちの体の中では、 毎日、がん細胞が生まれていると言います。 ですが、そんなにしょっちゅう病気にならないのは、 免疫細胞が働き、がんをやっつけてくれているからなのです。 つまり、免疫機能が無くなれば すぐに病気にかかってしまうのです。 免疫力は、私たちの体のボディーガード的な存在であり、 健康に暮らしていくためには無くてはならない物なんですね。 そして圧巻はアトピー性皮膚炎改善に とても有効と思われるって事。 それは、番組での実験結果出の事。 約1カ月間 を使用したら アトピーが改善しきめ細やかな肌になったと言います。 では次に、そんな免疫力を高めてくれる リポポリサッカライド(LPS)を多く含んでいる 頼もしい食材達をご紹介いたします! スポンサーリンク リポポリサッカライド(LPS)含有食材ランキング!! 第1位・・・玄米 リポポリサッカライド(LPS)を 一番多く含む食材と言われている玄米は言わずと知れた健康食品。 ホワイトフードの玄米は 子供や妊婦さんにも優しい食品と言われてわれ、 最も優秀な等級である一等米の称号を与えられていると言います。 第2位・・・メカブ メカブには、リポポリサッカライド(LPS)以外にも、 ヨウ素やビタミンK、食物繊維(アルギン酸、フコイダン)や カルシウムが含まれており、 高血圧の予防にも効果的と言われています。 ですが、一人暮らしなんかしていると、 中々食べる機会が無いのではないかと思われるレンコン。 そんな方にはレンコンパウダーがお勧めです。 これまた最近の健康ブームで大人気の商品であり、 家で作る事も出来ますし、一度チャレンジしてみてはどうでしょう? 時間がない人にはコチラがお勧めです! 第4位・・・ヒラタケ ヒラタケは、昔はシメジと言われて販売されていました。 今はシメジと言えばブナシメジが一般的ですね。 ヒラタケにはビタミンB1やB2等々、 栄養素を豊富に含むヒラタケ科ヒラタケ属のキノコ。 そして、コレステロールを低下させる作用や 血液をサラサラにする作用が期待できると言われています。 海苔の佃煮ですと、手軽に食べれて 継続して摂取していくには最適かと思います。 例えばココナッツオイルとかチアシードとかは 栄養価が高くダイエットとしても有効と言われています。 今回ご紹介したリポポリサッカライド(LPS)も、 免疫力を高めてくれる素晴らしい物です。 ですが、継続して摂取していかなければ 効果も半減すると思うのです。 一時的に免疫力を高めても あまり意味は無いのでは?と考えます。 これからずっと健康でいる為には、 少しづつでもいいので リポポリサッカライド(LPS)を忘れないように 食事について考える事が大切なのではないでしょうか?.

次の

玄米を食べると免疫力が上がる理由|lps=リポポリサッカライドの効果

リポ ポリ サッカライド

LPS(リポポリサッカリド、リポポリサッカライド、リポ多糖、内毒素)はグラム陰性菌の外膜に存在している成分です。 様々な生物活性発現や細胞間コミュニケーションに大きな役割を果たしており、近年ではLPSを用いた自然免疫研究、生体防御機能の研究が盛んに行われています。 各種炎症反応の誘発実験などにご利用ください。 大腸菌LPSは腸管出血性大腸菌感染症診断の抗原としても用いられています。 カンピロバクタージェジュニは神経疾患であるギラン・バレー症候群の発症因子として考えられており、このLPSは上記症候群患者由来カンピロバクターから抽出しています。 リケッチアとプロテウス菌のLPSにあるO抗原に共通構造があることが明らかにされており、プロテウス菌三種から得られたLPSは、リケッチア感染症(発疹症、発疹チフス、ツツガ虫病)の診断法であるWeil-Felix反応の抗原としても用いられています。 緑膿菌は抗生物質に比較的抵抗性があり、院内感染や日和見感染の病原菌として問題となっています。 百日咳菌は呼吸器感染症の一種である百日咳の原因菌です。 百日咳菌のLPSは、大腸菌のLPSとは異なりO抗原を持ちません。 Desaki, Y. et al.. : Plant Cell Physiol. , 47 11 , 1530 2006. Ueda, Y. et al. : Anticancer Res. , 26, 4063 2006. Kamachi, F. et al. : J. Pharmacol. Exp. Ther. , 321 1 , 345 2007. Soliman, M. et al. : Asian J. Biochem. , 4 2 , 60 2009. Kono, K. et al. : Am. Physiol. Renal Physiol. , 296, F328 2009. Sritularak, B. et al. : J. Med. Plant. Res. , 4 5 , 387 2010. Kobayashi, H. et al. : Microbiol. Res. , 167, 48 2011. Sato, K. et al. : Glycative Stress Research, 1 1 , 1 2014. Miyashita, A. et al. : J. Biol. Chem. , 289, 14412 2014. Shi, M. et al. : Food Chem. , 155, 50 2014. Mori, R. et al. : Am. Pathol. , 184, 2465 2014. Nagasaki, T. et al. : Br. Cancer, 110, 469 2014. Shintani, M. et al. : Food Nutr. Sci. , 6, 1115 2015. Kishimoto, M. et al. : Biosci. Microbiota Food Health, 34, 11 2015.

次の