アメリカ リート 指数。 「J

リートETF、おすすめ銘柄を厳選紹介!徹底比較!利回りや分配金

アメリカ リート 指数

REIT(リート)とは REIT(読み方:リート)とは、不動産投資信託と呼ばれる、投資家から調達した資金で複数の不動産にし、賃貸収入や売買益を投資家に配分する仕組みのです。 REITは取引所にされていて、で売買することができます。 REITは投資家から集めたお金を不動産に投資する仕組みのですので、不動産へ投資するだけの資金が必要ですし、投資家からそれだけのお金を集めなければならないので「お金の量」がREITに大きく影響します。 ゆえに、のなどでの状態となればREITへの投資が増えて上昇しやすくなります。 また、の上昇もREITの上昇要因ですので、率の上昇も見ておきましょう。 物価はの相場に影響を受けやすいので、原油の動向も見ておいた方がいいです。 原油高・物価上昇でREITは上昇しやすくなります。 逆に言えば、中央銀行のやインフレ率の低下・原油の低下などはREITの下落要因となります。 物価の指標や原油価格の推移は、当サイトの各ページでチェックできますのでご活用ください。 また、REITはの影響を受けにくいのも特徴の一つです。 REITの上昇要因・下落要因や不動産と金利の関係は、以下のページでまとめていますので参照してください。 米国REIT指数(米国リート指数)とはーわかりやすく解説 米国REIT指数は、米国(アメリカ)のREIT市場全体の動きを表している指数で、米国の不動産市場・住宅市況を反映する指数として非常に注目度が高いです。 というのも、これまで不動産の上昇・下落局面で、米国REIT指数は先行して上昇・下落しやすかったからです。 米国REIT指数の長期的な推移を見ると、米国REIT指数の上昇・下落の循環(波)は株に比べて緩やかです。 そのため、循環の期間を明確に判断しにくいですが、上昇と下落は9-16年あたりで1循環しやすい傾向はあります。 この循環は、株の2,3倍程度はあります。 つまり、不動産の1循環の間に株は2-3循環しているということです。 米国REIT指数は株価に先行する? 米国REIT指数は上記の通り、不動産の上昇・下落に先行しやすい傾向がありますが、不動産がからに転じる時には、それに遅れて株価も下降トレンドに転じてきたことから、米国REIT指数は米国株のピークを計る・あるいはそれを占う指標としても使われることが多いです。 日本株は日本の経済どうこうよりも米国株に連動しやすいことから、日本の投資家からも米国REIT指数は大変注目されています。 また、米国REIT指数は「」という株と似た動き方をする傾向もあります。 つまり、緩やかな上昇局面があった後、下落局面は「短く」大きな暴落になりやすい傾向があります。 「短く」と言っても、下落期間は平均で2-4年です。 不動産の循環は緩やかですので、下落期間も2-4年はかかっています。 過去の傾向では、不動産と株の暴落の局面では、最終的な下落率は株より不動産の方が大きくなりやすく、不動産の下落率が大きければ株の下落率も大きくなりやすいです。 不動産(住宅価格)と景気・金融政策の関係 不動産の上昇は、株と同じでがあります。 不動産が上昇すれば財産が増えて消費が増え、がよくなりやすいので、景気を計る指標としても米国REIT指数は注目されています。 一方、不動産の上昇でインフレ懸念が起こりやすくなります。 米国の不動産を見る場合、住宅価格の動向もチェックしてください。 住宅価格の推移は「」で確認するのが一般的ですので、当サイトで掲載しています。 景気の山と谷、住宅価格の山と谷はほぼ似た動きをしやすいです。 これまで住宅価格が下がればが訪れて株価下落が起こっていますので、住宅価格のピークは見ておいた方がいいです。 過去の傾向では、住宅価格のピークの2-3年後に景気後退している傾向があります。 それらは概ね金融引き締めが伴っているので、中央銀行の動向もチェックしておきましょう。 不動産は循環の期間が長いため参考になるものが少なく、転換のキッカケとなるものは明確に判断しにくい面がありますが、が大きく影響していると考えることができます。 米国のREIT動向を示す代表的な指数で、当指数は定期的に開催される会合によって構成銘柄の選択、配当の取り扱い、ウェイトなどが管理・変更されます。 Industrial REITs(インダストリアルリート)とは、産業用不動産REITです。 Specialized REITs(スペシャライズドリート)とは、特化型不動産REITです。 セルタワーやデータセンターなどに特化したREITです。 セルタワーとは、移動体通信ネットワーク用の電波中継棟です。 Residential REITs(レジデンシャルリート)とは、レジデンス(賃貸住宅)に特化した不動産REITです。 Health Care REITs(ヘルスケアリート)とは、高齢者向け住宅、有料老人ホーム、病院などのヘルスケア施設に特化した不動産REITです。 Retail REITs(リテールリート)とは、モールやショッピングセンターなど商業施設に特化した不動産REITです。 Office REITs(オフィスリート)とは、オフィスに特化した不動産REITです。 日 米国REIT指数 前日比 8. 12 1,278. 97 8. 11 1,267. 20 -18. 84 8. 10 1,286. 53 8. 7 1,280. 63 8. 6 1,262. 02 8. 5 1,259. 86 -4. 30 8. 4 1,264. 72 8. 3 1,244. 44 -15. 38 7. 31 1,259. 44 7. 30 1,259. 38 -1. 41 7. 29 1,260. 68 7. 28 1,236. 08 7. 27 1,211. 70 7. 24 1,200. 33 -9. 17 7. 23 1,209. 50 -7. 34 7. 22 1,216. 33 7. 21 1,192. 52 7. 20 1,185. 99 -21. 37 7. 17 1,207. 73 7. 16 1,190. 63 -18. 59 7. 15 1,209. 46 7. 14 1,193. 02 7. 13 1,185. 74 -9. 26 7. 10 1,195. 70 7. 9 1,189. 30 -9. 91 7. 8 1,199. 21 -1. 71 7. 7 1,200. 92 -29. 52 7. 6 1,230. 44 -4. 46 7. 2 1,234. 90 -5. 49 7. 1 1,240. 66 6. 30 1,209. 27 6. 29 1,198. 50 6. 26 1,175. 96 -22. 91 6. 25 1,198. 94 6. 24 1,181. 93 -30. 59 6. 23 1,212. 52 -6. 25 6. 22 1,218. 86 6. 19 1,216. 91 -33. 71 6. 18 1,250. 62 -11. 11 6. 17 1,261. 73 -21. 82 6. 16 1,283. 62 6. 15 1,254. 09 6. 12 1,239. 38 6. 11 1,193. 46 -80. 78 6. 10 1,274. 24 -40. 73 6. 9 1,314. 97 -27. 00 6. 8 1,341. 41 6. 5 1,305. 44 6. 4 1,252. 12 -6. 85 6. 3 1,258. 93 6. 2 1,213. 89 6. 1 1,203. 06 5. 29 1,174. 09 -16. 91 5. 28 1,191. 71 5. 27 1,190. 38 5. 26 1,170. 08 5. 22 1,122. 81 5. 21 1,115. 18 5. 20 1,113. 75 5. 19 1,103. 09 -11. 94 5. 18 1,115. 15 5. 15 1,046. 88 -4. 39 5. 14 1,051. 39 5. 13 1,045. 88 -27. 36 5. 12 1,073. 24 -56. 05 5. 11 1,129. 29 -22. 39 5. 8 1,151. 23 5. 7 1,124. 44 5. 6 1,105. 01 -21. 23 5. 5 1,126. 71 5. 4 1,122. 53 -7. 91 5. 1 1,130. 44 -41. 61 4. 30 1,172. 05 -18. 88 4. 29 1,190. 41 4. 28 1,161. 66 4. 27 1,143. 72 4. 24 1,102. 99 4. 23 1,095. 15 -10. 64 4. 22 1,105. 34 4. 21 1,093. 45 -17. 36 4. 20 1,110. 81 -47. 17 4. 17 1,157. 08 4. 16 1,118. 90 -20. 52 4. 15 1,139. 42 -54. 24 4. 14 1,193. 32 4. 13 1,159. 34 -53. 98 4. 9 1,213. 99 4. 8 1,142. 20 4. 7 1,076. 67 4. 6 1,060. 79 4. 3 979. 67 -17. 04 4. 2 996. 71 -8. 99 4. 1 1,005. 70 -77. 24 3. 31 1,082. 94 -20. 17 3. 30 1,103. 62 3. 27 1,091. 96 3. 26 1,082. 40 3. 25 1,018. 22 3. 24 965. 18 3. 23 885. 73 -39. 20 3. 20 924. 93 -37. 73 3. 19 962. 17 3. 18 947. 49 -112. 20 3. 17 1,059. 81 3. 16 1,005. 88 -233. 61 3. 13 1,239. 46 3. 12 1,142. 03 -132. 60 3. 11 1,274. 63 -90. 82 3. 10 1,365. 88 3. 9 1,312. 57 -111. 70 3. 6 1,424. 27 -23. 64 3. 5 1,447. 91 -34. 60 3. 4 1,482. 67 3. 3 1,427. 84 -5. 75 3. 2 1,433. 56 2. 28 1,380. 03 -34. 50 2. 27 1,414. 53 -81. 60 2. 26 1,496. 13 -15. 79 2. 25 1,511. 92 -45. 55 2. 24 1,557. 47 -21. 66 2. 21 1,579. 39 2. 20 1,572. 02 2. 19 1,550. 72 -23. 92 2. 18 1,574. 42 2. 14 1,574. 47 2. 13 1,555. 60 2. 12 1,545. 43 2. 11 1,539. 72 -0. 12 2. 10 1,539. 21 2. 7 1,522. 63 -1. 75 2. 6 1,524. 66 2. 5 1,517. 72 -0. 75 2. 4 1,518. 65 2. 3 1,502. 18 1. 31 1,498. 64 -17. 97 1. 30 1,516. 61 -0. 50 1. 29 1,517. 11 -2. 45 1. 28 1,519. 07 1. 27 1,514. 49 -8. 23 1. 24 1,522. 72 -4. 69 1. 23 1,527. 34 1. 22 1,515. 07 -11. 40 1. 21 1,526. 60 1. 17 1,511. 17 1. 16 1,510. 42 1. 15 1,495. 09 1. 14 1,482. 19 -5. 69 1. 13 1,487. 92 1. 10 1,471. 30 1. 9 1,461. 66 -2. 26 1. 8 1,463. 14 1. 7 1,458. 78 -16. 03 1. 6 1,474. 39 1. 3 1,472. 50 1. 2 1,456. 92 -24. 43 当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。 当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。 当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。

次の

DJ Equity REIT インデックス(DJR)

アメリカ リート 指数

住宅バブルの最高値を遥かに超える現在のリート価格 アメリカのリートに投資する投資信託を例に話を進めましょう。 アメリカのリート価格の値動きを見ると、2009年に底打ちし、その後大幅に上昇しています。 前回高値は2006〜2007年頃です。 この頃の上昇は、住宅バブルの影響です。 そしてその後サブプライムローン問題が表面化し、リーマンショックにつながるわけです。 現時点のリート価格(分配金込み)は、住宅バブルの最高値を遥かに超えています。 下記の図表は米国リート(分配金込み)の価格推移のイメージと米国債の利回りです。 住宅バブルの2006年、2007年よりもかなり高くなっています。 [図表]リート価格(分配金込み)イメージと米国債(10年)利回り なぜアメリカのリート価格がこれほど上がったのでしょう。 その要因は大きく分けて2つあります。 一つは一般にQE1・2・3と呼ばれるアメリカのFRBが行った3回の金融緩和です。 市場に放出された資金の一部が不動産市場にも流入して価格を押し上げました。 もう一つはアメリカのリートを投資対象とした日本の投資信託から、大量の資金が流入したことです。 現在、アメリカのリート市場は100兆円強あります。 日本の投資信託でアメリカのリートに投資する商品は4兆円以上あります。 アメリカのリートを含めた世界リートを投資対象とした投資信託も数多くあります。 それらを合計すると軽く5兆円を超える規模になります。 100兆円強の市場に、日本から5%相当以上の資金が流入しているのです。 市場規模の5%に相当する資金が流入すると、価格を5%程度押し上げる圧力になるというイメージを持つかもしれませんが、それは違います。 身近な日本の株式市場を例に考えてみましょう。 東証第1部の時価総額は600兆円(2015年6月1日現在)を超えています。 600兆円の5%は30兆円です。 30兆円の資金が株式市場に流入すれば、5%どころか大変な上昇圧力になります。 2013年にアベノミクスの第一弾が発表されて、日経平均株価が56%も上昇しました。 海外の投資家の買いが相場をけん引したといわれていますが、買い越し額は約15兆円でした。 それでも56%も上昇したのです。 小泉自民党が郵政民営化法案に伴う選挙で圧勝した2005年に、日経平均は約40%上昇しました。 当時も海外の投資家は10兆円強の日本株を買い越しています。 アメリカのリート市場に日本から5%相当の資金が流入しているということは、相当なインパクトがあるはずです。 もちろん1年で買ったわけではありませんが、一般の個人投資家が購入する投資信託経由で、他国から時価総額の5%も資金が流入するのは異常だと思います。 重要なのは分配金ではなく「これからどうなるか」 先にあげた図表には、米国10年債利回りの推移があります。 アメリカの金融緩和策の影響で金利が低下していますが、リートの価格と米国債利回りは逆相関関係が強いものです。 金利が下がる過程でリート価格が上昇したという経緯があります。 2015年に入り、アメリカでは「利上げのタイミング」が盛んに議論され、ついに実施の局面に入りました。 リート価格は今年に入り下落していますが、金利の上昇にはさらに注意が必要です。 この図表を見て買うという判断ができる人、「まだ大丈夫」と思える人であれば買ってもいいと思います。 しかし、こんなに高くては買えないと思うのであれば、分配金が多く出るという理由で選ぶのは間違いだということになります。 毎月分配型投資信託はあくまでも投資対象を見て判断することが最も重要です。 分配金や過去の実績だけを見て判断せず、これからどうなるかで判断をしてください。

次の

人気の米国REITファンドに異変あり? [投資信託] All About

アメリカ リート 指数

約155のREIT銘柄から構成されています。 オフィスや商業施設、ホテル、マンション、物流施設、ヘルスケア施設など多種多様なREIT銘柄から構成されています。 以下、本指数の各種構成比、他指数との比較、また評価などを解説します。 各セクターバランスよく配分されています。 用途 構成比 店舗用 25. 上位銘柄は、各用途・セクターがバランス良く配分されています。 (構成比は、から抜粋) 銘柄 構成比 セクター サイモン・プロパティー・グルーフ゜ 8. また、セクター比率もバランスよく組まれているため、十分に分散効果が期待できる指数と言えます。 また、日本から米国不動産市場に投資する場合、本指数をベンチマークとする金融商品を購入・保有することで、米国の不動産へ分散投資を行うことができます。 以下、本指数をベンチマークとするインデックスファンドを紹介します。 およびから2つの低コストファンドが販売されています。 ファンド名 信託報酬 0. おすすめのファンドは、信託報酬の安い です。 コストは投資家へのマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。 そのため、ベンチマークが同じ場合、コストの安いファンドを選ぶ方が良いでしょう。 参考 SMT米国REITインデックス・オープンの詳細は、以下をご参照ください。 分散性を高めるために アメリカ不動産市場は、世界不動産市場の約6割を占める市場です。 そのため、海外不動産市場への投資は、本ETFをメインに、下表にあるようなオーストラリアやシンガポールのリート型ETFを使い分散性を高める手もあります。 銘柄 信託報酬 ベンチマーク 0. より分散効果を高めて海外不動産投資を行いたいという方は、これらがオススメです。 先進国REITなら:• 先進国&新興国REITなら: 参考 海外不動産市場を投資目的とするファンド・ETFは、以下をご参照ください。 コストを抑えたオススメ購入先 コストは投資家の確実なマイナスリターンとなります。 売買手数料が安い、または ポイント還元などでお得にファンドを保有できる証券会社を選び、コストをお抑え、投資パフォーマンスの向上を目指しましょう。 本記事で紹介したインデックスファンドは、以下の大手ネット証券会社で 手数料無料で購入可能ですが、 利便性が良く、が最も高いでの購入・保有がオススメです。 今なら 無料口座開設で最大10万円がもらえます。 (9月30日まで) 参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。 ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。 大手ネット証券• にもらえるポイントが業界最大。 売買手数料無料のフリーETFが特徴• 海外株式・ETFの売買手数料最安。 ファンド・国内外ETF全てが特定口座対応。 大手ネット証券• ファンド・国内外のETF全てが特定口座対応。 ニッセイ、たわら、三井住友などの超低コストファンドの保有で、国内唯一のポイント還元! ・ ・ ・ 楽天証券の無料口座開設はこちら。 111• 194• 12 ブログ集.

次の