ワード ウルフ オンライン。 英語でワードウルフのお題50選!【お題の作り方も解説】

カードゲーム ワードウルフ

ワード ウルフ オンライン

ワードウルフとは ワードウルフはMomoko Satoさんが開発・提供しているワード人狼アプリです。 簡単に言うとワードウルフとは友達や家族など複数人でお題をもとにトークをして誰が違うお題で話しているのか見破るアプリです。 AppStoreには多くのワード人狼アプリがありますがその中でもユーザーの評価も高く非常に人気のあるアプリです。 スマートフォンゲームでは プレイヤー人数分のスマートフォンが必要などがよくありがちですが、このワード人狼アプリでは1台のスマートフォンで大人数遊ぶことができます。 ワードウルフの基本的なルール ワードウルフを初めてやるという方向けにご説明します! ここで紹介しているワードウルフでは3人から30人まで同時にプレイすることができます。 例えば3人でワードウルフを行う場合、市民とウルフ 狼 に分かれ市民は2人ウルフは1人になります。 どのような人数でプレイしても市民側が多数派でウルフ側が少数派でゲームが進行されます。 ゲームではお題というものが1人ずつ表示され、市民側2人は同じお題を見ますがウルフ側は違うお題が表示されます。 このお題について設定したトーク時間で3人で話し合います。 市民側とウルフ側のお題は異なりますが微妙に近いお題ですので少し話しただけでは誰が人狼か判断が難しいです。 例えば市民側が「運動音痴な異性」ウルフ側が「歌が下手な異性」というお題が表示された場合、設定で決めたトーク時間で話し合い誰が違うお題で話しているのかを見極めます。 このような流れでワードウルフは進行していきます。 少し複雑そうに見えますが実際にワードウルフをやってみるとルールを理解できると思いますので是非友達や家族などと一緒にやってみてくださいね! ワードウルフのやり方 AppStoreから「ワードウルフ決定版【新・人狼ゲーム】ワード人狼アプリ」をインストールしてください。 これ以外にもたくさんのワード人狼アプリがありますのでお間違えのないようにご注意ください! 1. ワードウルフを起動するとスタート画面が表示されます。 ワードウルフを開始するために「始める」をタップしてください。 プレイヤー設定画面が表示されますので人数とプレイヤー名を設定してください。 人数は右矢印をタップして増加、左矢印をタップして減らすことができます。 プレイヤー名は設定しなくても大丈夫ですので今回はこのままで設定します。 設定が終わりましたら「ゲーム設定へ」をタップしてください。 ゲーム設定画面が表示されます。 ここでは、市民とウルフの人数構成やお題のカテゴリ、トーク時間を設定することができます。 お題カテゴリーは「すべて」が標準の設定ですが「食べ物・飲み物」「学校生活」などのカテゴリも選択可能ですのでお好みに合わせて選んでみてください! トーク時間は3分が標準になっていますが足りなくなることも考えられますので4,5分などに設定することをオススメします。 設定が終わったら「設定OK!お題表示へ」をタップしてください。 「プレイヤー1さんがこの画面を見て下さい」と表示されます。 この画面が表示されたら1人目の人にスマートフォンを渡して「表示」ボタンをタップするように言って下さい。 表示をタップするとお題の表示のダイアログが表示されますのでOKをタップしてください。 お題が「のれん」と表示されましたので覚えたら「覚えた!」とタップしてください。 「プレイヤー2さんがこの画面を見て下さい」と表示されたら先ほどと同じように2人目の方にiPhoneを渡して下さい。 お題が全て表示されたら「ゲーム開始!」という画面が表示されますのでタップしてください。 ゲームが開始されトーク画面に移行されますので、表示されたお題についてプレイヤー同士でトークを行います。 もしトーク時間が足りない場合は「1分増やす」をタップするとトーク時間を延長することができます。 もしトーク時間内で人狼を見つけることができたら「ストップ」をタップしてください。 赤いボタンの「終了」をタップしてください。 「ウルフは誰?」という画面になりますので、ウルフだと思うプレイヤーをタップして「決定」をタップしてください。 結果発表の画面が表示されます。 もしウルフを当てることができないと「ウルフ 少数派 の勝ち!」と表示されます。 結果の下には、それぞれ出されたお題を確認することができます。 オンラインでワードウルフをやるには ワードウルフは実際にその場にプレイヤーがいないとできないと思われがちですが実は離れている人とでもワードウルフを行うことができます。 この方法を行うにあたってLINEグループ通話やSkypeグループ通話などで4人以上のグループを作って通話を行う準備をして下さい。 4人でワードウルフを行うとして1人がホスト、3人がプレイヤーとします。 全員がワードウルフをAppStoreからインストールして通話を開始して下さい。 ホストが3人のプレイヤーの名前でゲームを開始し、お題が表示されたらLINEやSkypeなどで個人メッセージでスクリーンショットを送信して下さい。 あとは通話でトークを行い、トーク時間が終了したらホストが結果を発表します。 このような方法で遠くに離れた友人などと一緒にワードウルフを楽しむことができますので是非オンラインでやりたいと考えている方はこのようなやり方で人狼を見つけてください! 大逆転モードについて ワードウルフでは「大逆転モード」というモードを設定することができます。 大逆転モードを有効にすることで、市民側がウルフを当ててしまってもウルフが市民側のお題を見破ればウルフ側の勝ちになるというルールになります。 ワードウルフでゲーム設定まで画面を進めて下さい。 右上にある「詳細設定」をタップしてください。 詳細設定が表示されたら「大逆転モードをオンにする」をタップして有効にして下さい。 オンにしたらOKをタップして設定は完了です! 構成おまかせに設定して更に楽しくする 標準設定では市民とウルフの割合を自由に設定できますがこれをおまかせにすることで市民とウルフの割合がわからなくなります。 トークをしているときにウルフがどの程度いるのかがわからないためより一層ゲームを楽しく進行することができます! 1. ワードウルフでゲーム設定画面を開いて下さい。 人数構成の下に「構成おまかせ」というチェックマークがありますのでタップして有効にして下さい。 市民とウルフのところが?マークになっていたら構成おまかせは有効になっています! 最後に ワードウルフのルールや使い方について説明しましたがワードウルフをやってみたくなりましたか? ここで紹介したワードウルフは広告も少なくゲームの設定なども簡単に行うことができるおすすめのアプリです。 ワード人狼ゲームは旅行時の車の中など暇な時間で楽しむことができますので是非お友達や家族などと一緒に楽しんで下さい!.

次の

Word Wolf

ワード ウルフ オンライン

ワードウルフアプリ どうも、羊の皮を被ったウサギなおにくちゃんです。 人狼ゲームは実際に話し合いながら遊ぶことができるパーティーゲームです。 市民チームと人狼チームに分かれて、会話をしながら誰が市民で誰が人狼なのかを探り合っていきます。 このゲームでは信用すべき相手が誰か、疑うべき相手が誰なのかがわからないので張り詰めた緊張感の中で推理や心理戦が楽しめます。 ルールは簡単で、参加者全員にある単語が与えられ、その単語に関するトークをしていくわけですが、その中に一人(複数に場合もあり)だけ違う単語を与えられた人(ワードウルフ)がいます。 その会話の中からワードウルフが誰なのかを当て合うゲームです。 人狼ゲームもルールは簡単といえば簡単ですが、ワードウルフはもっと簡単に遊ぶことができます。 初心者でもすぐにルールを理解できるくらいシンプルなので初めて遊ぶ人がいても安心です。 「人は多くいるけどやることがない」なんて時に遊ぶと気軽に楽しむことができますよ! そこで今回は 無料のおすすめ ワードウルフアプリをご紹介いたします。 場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。 スポンサーリンク ワードウルフ決定版 お題の多いワードウルフアプリです。 たくさんのお題の中から遊べます。 このアプリはワードウルフで遊ぶ時に便利なアプリです。 ワードウルフを遊ぶにあたってゲームマスター(GM というゲームの進行役が必要となりますが、このアプリではその GMを担ってくれます。 使い方は簡単で、まずは参加するプレイヤーの設定を行います。 プレイヤーの人数(3~30人参加可)や名前を設定しておくことでゲームが円滑に進んでいきます。 次に、ゲーム設定を行います。 市民とウルフの人数構成を決められたり、お題のカテゴリー設定、トーク時間の設定を行うことができます。 あとは表示された名前順にお題を確認していき、全員の確認が終わったらゲームスタートです。 時間は自動でカウントされていきますが、時間を減らしたり増やしたりすることもできます。 話す内容に詰まったりしたら「話題」ボタンを押してより盛り上げることもできますよ(「話題」機能はレビューで解放)! とても使いやすく話題も豊富なワードウルフサポートアプリです。 小難しいことも一切なく、ワードウルフ初心者が使ってもすぐに理解できるくらいわかりやすく作られています。 収録されているお題も500問以上でこれからもお題が増えていく予定だそうです。 気心の知れた仲間と遊んでも初対面の人たちと遊んでも楽しめますよ! お題が豊富で使いやすいワードウルフアプリを使いたい人にオススメです! ワードウルフ お題も作れるワードウルフアプリです。 自分でお題を作成することもできます。 このアプリはワードウルフで遊ぶ時に便利なアプリです。 ワードウルフを遊ぶにあたってゲームマスター(GM というゲームの進行役が必要となりますが、このアプリではそのGMを担ってくれます。 使い方は簡単で、まずはプレイヤーの人数(3~16人参加可)や名前の設定、市民とウルフの人数構成を決めます。 他にも お題の内容を「子ども向け」「一般向け」「大人向け」から選択することもできます。 すべての設定が終わればゲームスタートです。 各プレイヤーにお題を伝えたらトークを開始させます。 時間は自動的にカウントされていきますが、ユーザー自ら時間を増やしたり減らしたりすることも可能です。 あとは少数派の言葉を与えられた人が誰なのか探り合いましょう! こちらも使いやすいワードウルフサポートアプリです。 お題の内容を子ども向けや大人向けに設定できるので家族と一緒に楽しみたい時にも安心です。 さらに、お題は自分で作ることもできるので、被ったお題しか出てこなくなった時やより白熱しそうなお題で遊びたい時に便利な機能です。 子どもから大人まで安心して楽しむことができますよ! 自分たちで作ったお題で遊びたい人にオススメです! ワードウルフ — あるある人狼 オンライン対応のワードウルフアプリです。 オンラインで戦えます。 このアプリはオンラインに対応しているワードウルフアプリです。 このアプリでは 様々なプレイヤーと一緒にワードウルフでオンライン対戦をすることができます。 お題ジャンルは「生活」「自然」「学校」「恋愛」の4つで、下ネタの有無も選択可能です。 チャットで会話をしながら誰が人狼かを探りましょう! オンラインでワードウルフが楽しめるのが魅力的です。 周りに友達がいなくてもワードウルフで遊ぶことができ、チャットを使って楽しく遊べます。 また、友達対戦もできるので合コンや同窓会などで楽しむこともできますよ! ワードウルフをオンラインで対戦したい人にオススメです!.

次の

ワードウルフのお題集100問以上(難しいお題・盛り上がる系・恋愛系など)

ワード ウルフ オンライン

新型コロナウイルスで自宅時間が増えるなか、ZOOMなどを使ってのオンライン飲み会も増えていますよね。 なんだかんだ私たちも、顔ぶれは変わるものの月イチでは飲んでいたので、やっぱり飲み会がやりたい! そこで3月からオンライン飲み会、何度かやってました。 特別、何かしなくても楽しかったのですが、BIRTH VERSE BERTHとして、遊んでみようということで、やってみたのが ワードウルフというゲームです。 オンラインでやれるのか? やってみた方法などを紹介します。 ワードウルフのルール いろんなところで、やられているワードウルフ。 まずは、そのルール説明から。 ワードウルフとは、 みんなで『あるお題』について話し合う中、『みんなとは異なるお題』を与えられた少数派の人(ワードウルフ)を探し出すゲームです。 多数派を「市民」、少数派を「ワードウルフ」と呼びます。 要は言葉(ワード)をつかった人狼ゲームですね。 ゲームは、以下の3つの流れで進みます。 1.お題の確認 参加者各自にお題を与えます。 参加者は自分に与えられた「お題」を確認します。 他の人にはバレないようにして下さい。 お題は、多数派用と少数派用の2種類あり、共通点のある言葉です。 例えば、「カレー」と「シチュー」、「唐辛子」と「ワサビ」などです。 2.トークタイム 全員で「お題」について自由に話し合います。 3分などの制限時間のなかで、「誰がワードウルフなのか」ということを推理しながら話します。 3.投票 みんなでいっせいに、「ワードウルフだと思う人」を指さします。 多数派の市民が、ワードウルフを見抜ければ市民の勝ち、逆に少数派のワードウルフがバレずに逃げきれればワードウルフの勝ちです。 専用のアプリなどがあるので、それをダウンロードして、お題を出すゲームマスター、タイムキーパーの役割を担ってもらうと便利だと思います。 ZOOM飲み会で、ワードウルフをやってみた さて、では実際にオンライン飲み会ではどうやるか? ブラウザ上で出来るサービスや、LINEでのやり方もあるようです。 ですが、「何の手間もかけずにやりたい!」。 そこで、 オンラインミーティングのチャット機能を使うことにしました。 私たちの場合は、ZOOMを使っていたので、ZOOMの画面の下側に「チャット」があります。 アプリなどを使う場合と違うのは、「1.お題の確認」「3.投票」です。 まず、一人がゲームマスターになります。 そして、ゲームマスターから、個別チャットで参加者一人ひとりにお題を出します。 お題はあらかじめ用意しておきます。 私たちが実際にやってみたお題の例は、以下です。 ・フライドチキン / フライドポテト ・貴族 / 武士 ・Tシャツ / ワイシャツ 個別チャットでどうなるものかと思いきや、まったく不都合はなかったですね。 「2.トークタイム」は、直接会ってやる場合とあまり変わりません。 「3.投票」で活躍するのもチャット機能です。 本来は指さしですが、画面が違うオンライン飲み会だと、これがまったく不可能。 なので、これも工夫する必要があります。 「各自が紙に書いてカメラに向けて見せる」「せーので言い合う」という方法もやってみました。 けれども、紙に書くとなれば、そもそもペンと紙を用意しなければならない。 言い合うとなると、オンライン特有の、クロストークが聞きづらい問題がある。 実際、聞き逃す声がいくつかありました。 そこで、これもチャットで代用。 今度は、各自が全員宛にワードウルフの名前を「せーの」で投稿。 答えが、ざっ! 出そろう感じが、けっこう盛り上がります。 やってみた感想 私たちは、4~5人でやってみました。 その場で即興でお題を考え、ゲームマスターを交代したりもしました。 今回の飲み会では、初めて会う人同士もいたので、まずはワードウルフ、そこから自己紹介といった流れで、スムーズに楽しく飲めました。 そもそも、初めて飲む人も、オンラインだと、名前がそれぞれ表示されているので呼びやすいですよね。 「名刺交換したけれど名前が覚えられない問題」がなくなります(笑) 課題は、やはりゲームマスターを一人置かなければならないこと。 参加できない人が出てしまうのは、ちょっと考えものかもしれません。 ですが、見てるだけでもおもしろいもの。 答えが分かっているからこその楽しみもありました。 もっとうまいやり方はきっとあると思いますし、この方法でも楽しめると思いますよ。 自宅時間、オンライン飲み会の楽しみの一つとして、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

次の