サラ 番 ボーナス ゲーム 数。 サラ番2は勝てない?【勝てない理由と勝ち方】

【サラ番】モードBだからツッパ!したらボーナス100ゲーム完走!超番長チャレンジ!

サラ 番 ボーナス ゲーム 数

出玉増加の主軸を担うのは差枚数管理型のAT機能「頂RUSH」。 その出玉性能は前作を進化継承。 大都技研の『 押忍! サラリーマン番長2』は設定不問の爆発力を秘めた上に、高設定を掴めれば高確率で大勝が見込める。 今まで設定推測要素に関しては初当り出現率程度しかなかったが、このほど、遂に強力なポイントが判明した。 最後まで読み進めて立ち回りに役立てよう。 まず、本機の通常時はマップ抽選、チャンス役、ハンコ10個到達、CZ「特命」などを契機として「番長ボーナス」に当選する。 メインは前作でもお馴染みのマップ抽選で、モードとゲーム数を参照して毎ゲーム、ボーナス抽選。 通常A・通常B・天国と3種類あるモードによって「高確B」へ移行するゲーム数が変化し、弱チャンス役を契機に移行する「高確A」と重なると、番長ボーナス期待度激高の「超高確」へ移行する。 本機は、このうち高確A移行率に設定差があり、その数値は偶数且つ高設定ほど優遇されている。 詳しい数値は弱チェリーが設定1:4. 3%、設定2:7. 4%、設定3:5. 5%、設定4:8. 2%、設定5:6. 3%、設定6:10. 9%で、弁当が設定1:17. 2%、設定2:24. 6%、設定3:19. 1%、設定4:27. 0%、設定5:20. 3%、設定6:33. 弱チャンス役から頻繁に「雫ステージ」への移行が確認できた場合は偶数設定及び設定6の可能性が高まる。 ちなみに、高確Aは5G保障。 以降は毎ゲーム10. 2分の1で転落抽選が行われる。 また、本機は弱チェリーからの番長ボーナス直撃当選率にも設定差が存在。 内部状態を問わずこちらも偶数且つ高設定ほど数値は高まり、とりわけ設定6は高確A・高確B滞在時のそれが頭一つ抜けている。 詳しい数値は高確A滞在時が設定1:8. 6%、設定2:11. 3%、設定3:10. 2%、設定4:14. 8%、設定5:10. 9%、設定6:16. 4%、高確B滞在時が設定1:2. 0%、設定2:3. 5%、設定3:2. 3%、設定4:4. 7%、設定5:3. 1%、設定6:7. これら状態での弱チェリーが幾度となく番長ボーナスに繋がった場合は設定6を確信してよさそうだ。 このように、設定6は弱チェリーがしっかりと仕事をするという点が大きな特徴のひとつ。 自身の台のみならず、周囲の台も挙動をチェックしておこう。 このほか、本機はモード移行率にも設定差があり、やはりこちらも偶数且つ高設定ほど通常B以上に振り分けられやすい。 設定6に関しては2回に1回の割合で通常B以上 通常B:31. 6%、天国:18. 4% が選ばれるので、ハマりにくい&早期ボーナスに当選しやすい傾向にある。 モード移行タイミングは設定変更時、AT非当選の番長ボーナス終了時、AT終了時の3パターン。 番長ボーナスorAT終了時は液晶シャッターで次回モードが示唆され、白黒ロゴは通常B以上の可能性アップ、カラーロゴは通常B以上確定&天国に期待できる。 なお、前作に搭載された爆裂トリガー「ブルーレジェンド」は本機でも健在で、このブルーレジェンドは通常モードとは別の特殊モード。 滞在中は番長ボーナスが全て青7になるほか、「頂XRUSH」当選率が高まるなどといった恩恵がある。

次の

【サラ番2】押忍!サラリーマン番長2

サラ 番 ボーナス ゲーム 数

サラ番2の基本を軽く紹介 千円(50枚)ベースが約50ゲーム。 ベースが高いので、気付いたら大負けってことにはなりにくい。 それほどお金を掛けずに設定の高低ぐらいは当たりが付けれるので、ダメそうなら大ケガする前に退散出来ます。 ゲームフローは前のサラ番と一緒。 別に難しいことはないので、打ってみればスンナリ理解出来るはず。 ただ、今回は頂ラッシュが差枚数管理になっています。 だからといって、こちらに不都合があるわけではありませんが、一応。 基本的な流れが先に分かってないとイヤ。 って人は以下の動画なんかを参考にしてはどうでしょう? 設定ごとの1日打った場合の期待値 正確に計算したわけじゃないので、あくまでも目安として考えてください。 7000ゲーム打った場合で計算しています。 下を打っても負けにくい、 5・6に関してはしっかりと日当を狙えるレベル。 とは言え、後で書きますが設定5は荒れる仕様なので、あくまでも理論上って考えた方が無難でしょうね。 ホールでの扱いを推察 恐らくは多くのホールで設定2・3あたりがメインで使われるでしょう。 2をメインで使う店は、高設定で4を一台使う。 3をメインなら、5を一台使うといった具合です。 これは最低でもサラ番2が6台はある場合を仮定しているので、それ以下の台数の場合は当然この限りではありません。 1を使わず、2を使うのは設定示唆演出によって稼働を維持するためです。 ただ、設定1でも甘いので、稼働があれば躊躇なく1をメインで使う可能性も十分に考えられます。 この辺りはホールによって千差万別なので、あくまでも一つの参考意見にしてください。 設定ごとの特徴 これは歴代、特に最近の番長シリーズと同じです。 偶数の方が緩やかな出玉推移。 奇数の方が激しい出玉推移になりやすい。 サラ番2も設定5が一番激しい出玉推移を描きます。 絶頂ラッシュ当選率や通常時の青番長ボーナス当選率などが優遇されているようです。 これは番長3と一緒ですよね。 サラ番2の天井と恩恵 サラ番2の天井は「 通常時を最大799ゲーム消化」で到達です。 有利区間移行後なので、データ表示機によっては多少ズレる可能性もあるでしょう。 恩恵としては「番長ボーナス」に当選のみ。 番長ボーナス自体の出玉は70~100枚程度なので、安定した結果を残したいならかなり天井に近いゲーム数で拾う必要があります。 個人的には積極的に狙うなら500ゲームから。 出来れば550ゲームあると嬉しい。 モードBの天井が561なので、ここでの天井到達も考えて500ゲームを私的ボーダーラインとしたいと思います。 ゾーン狙い サラ番2もゾーンがあり、前回のサラ番と同様、ゲーム数で高確への移行をします。 多くの場合は通常A、ゲーム数200、400のところで高確に移行することが多いですが、必ずしもモードAに滞在しているとは限りませんし、高確で当たるとも限りません。 190や、380のように、すぐに高確移行が期待出来る、千円でケリが付く場合は打ってみても良いでしょう。

次の

【通常時のモード移行率判明!】押忍!サラリーマン番長2(サラ番2)

サラ 番 ボーナス ゲーム 数

まずは前兆の基本をおさらい! サラリーマン番長はボーナスやATに当選した場合、前兆状態(液晶演出がざわざわする)を経由して放出される。 この前兆状態が何ゲーム続くか?どこで対決演出に発展するか?を把握できれば、一足早くボーナス察知が可能になったり、熱くなれたりする。 番長を打つ以上は前兆を意識して打った方が、楽しくなることは間違いない! 32Gを超えれば本前兆 《ガセ前兆と本前兆》 本前兆のG数 (ボーナス時) ガセ前兆のG数 31or32or 34or 最大36G 31or 最大32G まずは基礎の基礎として、前兆には大きく2種類が存在することを把握して欲しい。 ボーナスやATが放出される「本前兆」と、一種の煽り演出として出現する「ガセ前兆」の2種類。 ガセ前兆からは当然だが、ボーナスやATが放出されることはない。 ここで注目して欲しいのが上表。 ガセ前兆と本前兆状態は何G続くかが予め決められており、上表の通りに振り分けられる。 特に重要なのが、最大G数。 ガセの場合は「最大でも32G」、本前兆の場合は「最大で36G」となっている。 つまり32Gを超えて前兆状態が続けばボーナス濃厚となる。 レア役解除の際はちょっと異なります。 上図のように研修は「12G~15G」に突入することがほとんどなので、 「16G目突入でややアツ、17G18G目で突入すると激アツ」となる。 もちろん12G~15Gで研修突入してもボーナスの可能性は多いにあるのでご安心を。 特に重要なのが 「研修後の対決発展ゲーム数」。 ほぼ「27G目or28G目」に発展するので、 「29G目発展でややアツ、30G目以降発展で激アツ」となる。 30Gまで対決発展しなければ、そのまま研修中で当たるパターンも多い。 《前兆G数カウントまとめ》 通常G数 アツイG数 対決発展G数 11G目or12G目 13G目or14G目 研修突入G数 12G目~15G目 16G目or17G目 研修後 対決発展G数 27G目or28 G目 29G目or30G目 また研修後対決演出の継続G数にも注目。 「食堂」は2G(タイトル告知を含めて3G)で終わることがほとんどなので、29G目に発展しても「29G+3G=32G」でがっかりというパターンが多いが、それ以外は基本3G継続なので、29G目に発展すれば「29G+4G=33G」となりガセ前兆を否定、ほぼボーナスとなる。 どうやって数えるの? 前兆G数を数えることでボーナス察知を早めること、熱く打てるようになることはご理解頂けたという前提で、ではどうやって数えれば良いか?について。 非常に簡単です。 前兆状態に滞在している時は 特定の演出(前兆示唆演出)が飛躍的に出現しやすくなります。 この 前兆示唆演出が出現したゲーム数を「1G目」としてカウントし、次ゲームから「2、3、4…」と数えていくだけです。 またはサラ番の液晶右下には 現在のゲーム数を表示する小窓があるので、前兆演出が出たゲーム数を覚えておき、対決発展ゲーム数や研修突入ゲーム数をから引けば、何ゲーム目で発展したかを把握できます。 暗算が得意な方は後者がおすすめです。 私は苦手ですので前者で(笑)。 個人的には前者のほうがドキドキしながらゲーム消化出来るので好きですね~。 ただし前兆開始ゲームで必ず前兆示唆演出が出現するわけではありません。 このあたりは「慣れ」も必要になるので、とにかくトライしてみてください! というわけでサラリーマン番長の前兆についてお話してみました。 やはりパチスロは楽しんでナンボということで、気になった方は是非とも実践してみてくださいね。 まぁでもここだけの話。 番長2と比べると数え甲斐が無いんですよね。。。 全ては「対決告知画面の期待度示唆」が悪いと思っています。 ここでデカ旗やステップUPが無いとほぼ無理状態になるのはよろしくないです。。。 チャンス演出が増えるということは、非チャンス状態も増えちゃうわけで。。。 あと研修中の仁王像点灯2個が弱すぎると思うわけで。。。 「でも」です! チャンスアップパターンが無くても前兆を数えていればニヤニヤ出来ることがあるので、それだけでおつりが来ますよ!.

次の