ご 教授 いただく。 「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語彙力.com

ご 教授 いただく

「ご教示」の読み方と意味 「ご教示」は「ごきょうじ」と読みます。 社会人になってはじめて耳にする人も多い言葉ですが、まずはその意味から紹介します。 「ご教示」とは教え示すこと 「ご教示」とは、読んで字のごとく、「教え示す」という意味があります。 その内容は様々ですが、主に知識や方法を教えてほしい場合に使う表現です。 たとえば、操作方法や書類の書き方が分からない場合、知識のある人にアドバイスをもらう場合などに使うことができます。 目上の人に教えてもらう際に使う 「ご教示」の「ご」は、敬語を作る場合に使われる接頭辞です。 相手に敬意を払って教えてもらうという意味で使う「ご教示ください」という表現は、目上の人に教えてもらう際に使うことができます。 口頭では大げさに聞えてしまうことも 「ご教示ください」という表現は、いわゆる「書き言葉」です。 そのため、目上の人であっても、面と向かって口頭で使用することはあまりありません。 そのまま口にしてしまうと、仰々しく大げさに聞こえてしまいます。 そのため、メールなど文面で使用するのが一般的です。 口頭では、同様の意味である「教えていただけますか」「お知らせください」などといった表現を使用します。 「ご教示」を使った例文 「ご教示」という表現は、目上の人に対してメールで使うことが多い表現ですが、使用例を紹介します。 「ご教示ください」が一般的 「ご教示」という単語は、「ご教示ください」という表現が最も一般的です。 たとえば、「資料の必要部数についてご教示ください」や「ご存知の方がいらっしゃればぜひご教示ください」という風に使います。 ただし、「ください」は強い表現なので、強制的なニュアンスととられる懸念もあります。 目上の人に使うこともできますが、位が上の人に使う際には特に気をつけたい表現です。 「ご教示願います」もよく使う 「ご教示願います」という表現も、よく使う表現のひとつです。 「経費精算書類の記載方法について、ご教示願います」という風に使うことができます。 「ご教示ください」に比べると丁寧ではありますが、略式で社内向けの表現です。 そのため、社外の人に使うのであれば、「ご教示の程お願いいたします」という表現が望ましいでしょう。 「ご教示くださいますようお願いいたします」は丁寧な表現 より丁寧な表現を心がけるのであれば、「ご教示くださいますようお願いいたします」という言い回しがおすすめです。 たとえば、「ご都合のよい日程をいくつかご教示くださいますようお願いいたします」と言った使い方ができます。 「ご教示くださいますよう」という表現を使うことで、幾分柔らかい響きが加わるのもポイントです。 口頭では「教えていただけますでしょうか」 先にも少し触れましたが、「ご教示」という単語はいわゆる「書き言葉」ですので、会話表現には不向きです。 口頭で何か教えてほしいという場合には、「教えていただけますでしょうか」といった表現がベターです。 「教えていただいてもよろしいでしょうか」という表現も使えます。 住所や連絡先は「教えて」「お伺い」がベター 「ご教示」には知識や方法といった「教え」を伝達するというニュアンスがあります。 そのため、住所や連絡先に関しては、「ご教示」という言葉よりも「お教えいただけますでしょうか」や「お伺いできますでしょうか」といった表現がおすすめです。 適宜使い分けるようにしてください。 「ご教示」の類語は? 教え示すという意味の「ご教示」という単語は、「教える」という言葉以外にも似たような単語がいくつかあります。 「ご教授」は学問を長期的に教えること 「ご教示」と響きも似ていて間違われやすいのが「ご教授」です。 「大学教授」という言葉もあるように、「ご教授」は、主に学問・学術に対して使います。 ビジネスシーンでも、学問に関する話題の場合には使って問題ありませんが、一般的なビジネスシーンで使うことはない単語と言えるでしょう。 また、「ご教授」は、学問などを長期的に教えるというニュアンスを持っているのも特徴です。 響きが似ていることで混同しやすいですが、「ご教示」と「ご教授」は異なるので、誤字も含めて使用には注意しましょう。 「ご指導」は特定の目的がある場合に使う 「ご指導の程、お願いいたします」という表現は、ビジネスシーンでもよく目にします。 「ご指導」とは、特定の目的のためにわからないことや方法などを教えてもらう・教えを乞う、という意味です。 技術やノウハウなど、幅広い分野に使えるので、ビジネスでも重宝する表現です。 「ご指南」はビジネスには不向き 「ご指南ください」という表現も、「ご教示」と似た意味の言葉ですが、実はビジネスとは縁遠い表現です。 「ご指南」とは、武術や芸術を教える際に使う言葉です。 たとえば、「舞踊を指南する」という風に使います。 教える内容が限られるため、ビジネスシーンではまず使うことはないでしょう。 「ご教示」などほかのワードと混同しないようにしたい表現です。 まとめ 「教えてください」という意味の「ご教示ください」「ご教示の程お願いいたします」は、ビジネスシーンでよく使う表現です。 ただし、「ご教示」は書き言葉として主にメールなど文章で使用し、口頭表現としては「教えていただけますでしょうか」などを使います。 口頭でも「ご教示」を使ってしまうと、仰々しい・大げさとマイナスイメージにつながることもあるので注意が必要です。

次の

敬語表記について質問です。 「ご + いただく」は2重敬語でお…

ご 教授 いただく

「教えてください」の丁寧な表現のように使われている「ご教授願います」という言葉ですが、目上の人への文書やメールに使うのはよくありません。 「ご教授」は尊敬を表す接頭語の「ご」を「教え伝えること」を意味する「教授」につけた丁寧な言い回しですが、「願います」が敬語ではないためです。 ここでは「ご教授願います」をより丁寧に伝える2種類の表現「尊敬語の言い換え」と「謙譲語の言い換え」について解説します。 「ご教授願います」を尊敬語で言い換えてみると 尊敬語は、相手の動作や状態、関係する事物を上位にあるものとして表現する語法で、「いらっしゃる」や「くださる」などの動詞、「お手紙」の「お」のような接頭語などがあります。 「ご教授願います」を尊敬語に言い替えた例には「ご教授ください」「ご教授をお願いします」などがあります。 「ご教授願います」を謙譲語で言い換えてみると 「謙譲語」とは、相手に対して敬意を表すために、自分または自分の側に立つものや動作などをへりくだる表現で、「申し上げる」「いただく」などがあります。 「ご教授願います」を謙譲の表現に言い換えた例として「ご教授をお願い申し上げます」「ご教授いただければ幸いです」をあげておきましょう。 「ご教授願います」の目上の人への使い方 「ご教授願います」は、そのままメールに書くと、きつい印象を与えるので、メールや文書での頼みごとに向いたやわらかいニュアンスの表現に言い換えてみましょう。 ここでは、「ご教授願えますでしょうか」と「ご教授のほどよろしくお願いいたします」の2つの言い回しについてみていきましょう。 特に目上の人にあてたメールや文書では、直接的な表現よりも、やわらかい曖昧な表現の方が好感を与えます。 「ご教授願えますでしょうか」のニュアンス 「ご教授願います」は、「教えろ」という命令形に近いニュアンスの言葉で、メールや文書に書くと相手の不興を買うこともあります。 相手の意向を尊重していることを強調するために「ご教授願えますでしょうか」を使いましょう。 「ご教授願えますでしょうか」の「でしょうか」は婉曲な表現で、「明日うかがってもよろしいしょうか」 「お客様は何人でしょうか」 というように、不確定なことについて先方の意向をうかがう時に使います。 「ご教授のほどお願いいたします」のニュアンス 「ご教授のほどお願い申し上げます」は「学問や技芸的なことを教えてくださるよう、お願いします」という意味ですが、「ご教授のほど」の「ほど」は、「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」の2つの意味が考えられる曖昧な言い回しです。 「ご検討のほどお願い申し上げます」や「ご了承のほどお願い申し上げます」というように、断定を避けて「お願いする」ニュアンスを強調できる表現です。 「ご教授願います」の類語 「ご教授願います」には、4つの似た表現の類語があり、言い換えに使うこともできます。 「ご教示願います」「ご指示願います」「ご指南願います」「ご指導ご鞭撻願います」という言葉について、その意味と使い分けを勉強しましょう。 「ご教示願います」の意味と例文 「ご教示」は「知識や方法などを教え示すこと」です。 「ご教示願います」は「知識や方法などを教えてください」という意味になり、メールや文書に頻繁に使われます。 「長期間に渡って教えてもらうこと」を表す「ご教授」と比べると、「ご教示」は、単純で教えてほしい事柄が明確な場合に使います。 使用例として「書類の書き方をご教示願えますか」「先生のご教示を仰ぎました」「懇切丁寧なご教示を賜りました」などがあります。 「ご指示願います」の意味と例文 「ご指示願います」の「指示」は、「それを指さし示すこと」「指図すること」などの意味があります。 「指示」は「ご指示を仰ぐ」という使い方をされることが多く、「上司などに何らかの指導を受ける」「指示を求めることをお願いすること」を表わします。 例文として「作業工程について注意点をご指示願います」「申請書の提出期限のご指示をお願いいたします」「次のスケジュールについてご指示いただけますか」などがあります。 「ご指南願います」の意味と例文 「ご指南願います」の「ご指南」という言葉は、古代中国の方角を知るための道具「指南車」からきています。 指南車が常に南をさして人を導いたことから、「指南」は、「手引き」「案内」という意味になり、技芸を指導・教授する人を「指南役」と呼ぶようになりました。 「剣道を指南する」「将棋のご指南願います」「茶道の作法をご指南ください」など、技芸を教え伝える場合に使われます。 「ご指導ご鞭撻願います」の意味と例文.

次の

「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

ご 教授 いただく

スポンサードリンク 「教えてください」という気持ちを丁寧に伝えるには どのような敬語を使えばいいのでしょうか。 調べて行きたいかと思います。 教えて欲しい内容によって変わる「教えてください」 「教えてください」という敬語には 「ご教授」という敬語が一般的に考えられます。 しかし実は 教えて欲しい内容によって 敬語を使い分けなくてはいけないことをご存じでしょうか。 単に情報を教えて欲しい 簡単な内容に関しては「ご教示」という言葉を使います。 その際に「ご教授」と使ってしまうことは 間違いになってしまいますので気をつけたいですね。 また、大半の場合はこの 「ご教示」を使うことが 正しい敬語と考えられています。 「教えてください」という表現に 「ご教示」という言葉があることを知らない方が大半かと思います。 「教えてください」が「ご教授」になるケース では「ご教授」という言葉については どういうシーンで使うのが一般的なのでしょうか。 この場合、 「ご教授」という言葉については 勉学や技術を教わったり 時間が長時間かかる内容を教えて欲しい時に使う敬語のようです。 スポンサードリンク 長い時間や、断続的に その内容を教えてくださいとお願いする際に 「ご教授ください」などという敬語になります。 よって、殆どのビジネスシーンで使う 「教えてください」という場合には 「ご教示」で通用するというのは 「ご教授」にそういう意味があるというところからも 言える話だということなのです。 「ご教示」が硬いと思う場合の敬語の使い方 今回「教えてください」という敬語はビジネスシーンでは 「ご教示」と表現することが正しいとわかったのですが 女性がこのような「ご教示」と表現するには 少し硬いなと感じる事もあるかもしれません。 一見これでいいのかと思われがちですが しっかりとした敬語であることは間違いはありません 安心してください。 しかし、目上の方や直近ではない方などに使ってしまうと 失礼に値してしまう場合もありますので 見極めが肝心ですね。 正しい「教えてください」の敬語を使い分けて しっかりとしたビジネスマナーを身につけたいものですね。

次の