便秘 改善 マッサージ。 即効性アリ!便秘を治す簡単ツボマッサージ

便秘を改善するためのマッサージ!手軽にできる方法とは?

便秘 改善 マッサージ

【はじめに】 みなさん、普段から腹部マッサージのケアに取り組めていますか? 便秘というと下剤の選択を優先してしまいがちですが、下剤に頼らずに自然な排便を促すことは、患者さんにとっても気持ちのいいものです。 今回は、今までの腹部マッサージとは少し違った方法を紹介させていただきます。 ぜひ日々のケアに取り込んでみてください。 腹部マッサージとは? 便秘の方に対して、腹部をマッサージして腸を刺激することにより、排便を促すことです。 腹部マッサージの目的・適応 便秘の種類を確認しましょう。 上記のように便秘の種類を見分けて、腸の蠕動運動が低下しているときに、腹部マッサージを行うと効果的です。 腹部マッサージに必要な準備 ・既往歴の確認(腹部に異常がないかどうか) ・看護師の手を温めておく ・患者さんへの腹部マッサージの効果の説明を行っておく 腹部マッサージの手順 一般的に教科書などには「の」の字マッサージをしましょうと書かれていますが、ここでは大腸内視鏡専門の水上Dr. 考案のマッサージをご紹介します。 便が停滞しやすい場所 1.左腹部の下降結腸 2.下腹部のS字結腸 3.左上腹部の横行結腸と下行結腸のつなぎめ 方法 左腹部へのマッサージ 1.仰臥位にて左腹部に両手の4本指を当てる(ちょうど、下行結腸を挟む感じ) 2.両手の4本指を使い、腸を揺らすような感じで、左腹部を左右交互にトントンと押す (指先がおなかに少し沈む程度の力で) 3.上下に少しずつ移動しながら1分間揺らす 下腹部へのマッサージ 1.S状結腸のある下腹部を挟むように指を当て、両手の4本指でトントンと交互に押す 2.へそ周辺から骨盤までの下腹部を上下に少しずつ移動しながら1分押す 腹部マッサージの注意点・ポイントなど おすすめの時間帯は、起床直後と就寝前です。 看護師業務の中では難しい時間帯ですが、自分でマッサージができる方はセルフケアとして指導するもの大切です。 自分でできない方へは、3分ほどで終わるマッサージなので、清拭や検温のついでに行うのもいいですね。 おわりに 便秘解消として、下剤に頼る場合も多くあると思います。 しかし、それは看護でしょうか? 日本で多く使われている刺激性下剤は長期間使用すると腸がダメージをうけて真っ黒になり、ポリープやガンにかかりやすくなることが報告されています。 だからこそ、下剤に頼りすぎないで便秘を改善していくことが大切です。 また、患者さんとのスキンシップにもつながり、安心感を与えられる看護を提供できます。

次の

便秘とは|即効性のある便秘解消方法(ツボ・運動・マッサージ・食べ物)・便秘の原因|健康・美容チェック

便秘 改善 マッサージ

便秘とはどのような状態をいうのでしょうか。 便秘のことを良く知ることで下剤(薬)を使わないでいいかもしれません。 「便秘」という悩みを抱えていると毎日が憂鬱ですが、そんな悩みがなくなれば、ストレスなく楽しい毎日が過ごせて、いつまでも若々しく、みんなから憧れられる存在になります! 便秘の症状によって便秘の原因も違ってきます。 そもそも便秘とはどういう状態なのか、即効性のある便秘解消方法 ツボ・運動・マッサージ・食べ物 に対する正しい知識を持って便秘解消しましょう! 【目次】• 便秘とは 便秘の定義とは、 「自分で満足できる排便がない状態」となります。 便の状態(色・形)でどんな病気の恐れがあるかわかりますので、一度チェックしてみましょう。 毎日排便があるのに、残便感があり、すっきりしない。 便秘の反対にあるのが下痢と思われていますが、どちらも同じ便通異常で表裏一体の関係にあります。 便通異常の人の中には、同じ原因から便秘と下痢を繰り返している人もいます。 便秘が続き、腸内で宿便がたまると、たまった便が有害物質を出し、腸粘膜に色々な影響を与えてしまい、体の免疫機能が低下し、風邪を引きやすくなったり、疲れがとれにくくなったりします。 便秘を放っておくと、健康にどのような影響があるか? 体の不調 便秘で老廃物がたまると、血管の中に吸収されて、・・だるい・・肌荒れ・・などの不調を起こしやすくなる。 【関連記事】 ・ ・ 肥満 腸内環境が悪くなると、栄養の吸収ができなくなるので、脂肪(皮下脂肪や)がつきやすくなります。 吸収率が悪くなると、不必要に食べなくてはならなくなり、太ってしまいます。 によれば、やを引き起こす第三の要因として腸内フローラ(腸内細菌叢)が関係しているのではないかと考えられているそうです。 によれば、腸内細菌の中に肥満型腸内細菌とやせ型腸内細菌がいることが分かってきたそうです。 肥満型腸内細菌とヤセ型腸内細菌は両方とも誰もが持っており、同じものを食べていても、肥満型腸内細菌が多い場合は、栄養の吸収をどんどん促進させて肥満になってしまうのだそうです。 ヤセ型腸内細菌を多く持っている人は太りにくい体質ということになります。 口臭・体臭の悪化 便秘が続くと、腸内細菌から毒素が出て、や体臭が悪化します。 肝臓がん 近年の研究によれば、腸内細菌が作る毒素がへ流れ込み、のリスクを高くしていることがわかったそうです。 によれば、肥満によって腸内細菌が変化し、を引き起こしていることが考えられるそうです。 これは、の摂取により大豆に含まれるイソフラボンの代謝が好影響を受けた結果ではないかと考えられるそうです。 腸閉塞 便秘がひどくなると、腸が動かなくなってしまい、下から出せないため、嘔吐することがあるそうです。 更にひどい場合は、腸が腐ってしまい、手術をする必要もあるのだそうです。 便秘には、大きく分けると急性便秘と慢性便秘に分けられますので、それぞれを分けて便秘の原因を説明します。 結腸性便秘・弛緩性便秘 2. 直腸性便秘 3. 年齢や環境の変化による腸内細菌バランスの悪化• ストレス• 我慢のしすぎ• 猫背・スマホ巻き肩による浅い呼吸• 睡眠不足による自律神経の乱れ• 便意があったら、排便を我慢しない 便秘の解消方法として、まず大事なことは便意があるときに、排便をガマンしない。 無理なガマンをしてしまうことで、排便のタイミングを逃してしまいます。 そして、その結果、便の水分が抜けて硬くなるため、出にくくなってしまう、つまり便秘になってしまうのです。 便が出やすい姿勢は「前かがみの姿勢」 前かがみの姿勢になれば、直角に座った姿勢に比べて、直腸から肛門のラインがまっすぐになりやすく、おなかに力を入れやすいので、便を出しやすくなります。 ただ、食物繊維といっても、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があり、不溶性食物繊維だけを摂りすぎると、便秘になりやすくなるケースがあります。 不溶性食物繊維には、便のカサを増して、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促す働きがあるのですが、腸の機能が衰えている人がとりすぎると、腸が動かない(ぜんどう運動が起きない)ため、水分が腸に吸収されて便が固くなって、便秘になってしまうことがあるようです。 水溶性食物繊維には便をやわらかく、かつ滑りもよくする働きがあるので、水溶性・不溶性の食物繊維をバランスよく摂取するようにしましょう。 食事をしっかり摂ることが、便秘解消には大事です。 規則正しい生活でストレスを解消する ストレスによって交感神経が緊張状態になり、交感神経の働きが優位になると、血管が収縮し、血流が悪くなり、肩こり・高血圧・むくみ・便秘になりやすいそうです。 腸と自律神経は互いに影響し合っており、腸のはたらきが活発になると副交感神経が優位になるそうです。 そのため、リラックスした生活習慣や腸内環境の改善、ゆっくり呼吸をすることなどが副交感神経を優位にすることが重要になります。 便秘を解消したり、お腹の調子を整えるために、食生活と同じくらい大切なのが、毎日の生活習慣が基本です。 身体のリズムにあわせた生活習慣を守り、便秘を解消しましょう。 また、朝食後は、便意がなくてもトイレに行く習慣を作ることが、便秘の解消には大切です。 水分をしっかり摂取する 水分が不足すると、便が固くなってしまい、出すことができず、便秘になります。 水分をしっかりとって、便秘の解消をしましょう。 便秘解消運動(体操) 便秘の解消方法として、腹筋を鍛えることをアドバイスしているのは、腹筋が弱っているため、便を出すことが出来ない人もいるためです。 適度な運動をして、腹筋を鍛えましょう。 腸の回りの筋肉・腸腰筋を鍛えるとウンチが出やすくなります。 腸内細菌には、大きく分けると、身体に有益な働きをする善玉菌と、体に害を及ぼす悪玉菌があります。 これらの腸内細菌バランスは年齢や環境に応じて変化していきます。 腸内細菌の中で、今最も注目されているのがビフィズス菌です。 このビフィズス菌をさらに増やすことによって、便秘の解消(便通の改善)はもちろんのこと、食中毒の予防、免疫力の調整、の予防まで、たくさんの効果が期待できます。 逆に、ビフィズス菌が減り、悪玉菌が増えてくると、便秘など様々な病気のきっかけとなります。 つまり、便秘を解消するためには、ビフィズス菌をできるだけ増やしてやることが重要になります。 このためには、下の要素を持った食事をすることが大切です。 ・ヨーグルト(善玉菌であるビフィズス菌の増殖を助ける) ・はちみつ(ビフィズス菌の餌となるオリゴ糖) ・大根(水溶性食物繊維でビフィズス菌の育つ環境を作る) 【関連記事】 ・ 便秘解消の食事、ビフィズス菌を増やす食事、を予防する食事、免疫力を高める食事、すべて基本は同じです。 穀物、野菜を中心としたバランスの取れた食事、これは日本の伝統食です。 特に、玄米、緑黄色野菜、イモ類、豆類、海藻、果物、そして納豆、味噌、漬物(京の漬物・すぐき漬など)、ヨーグルトなどの発酵食品を上手に利用しましょう。 現在の私たちの食事は、肉類などのタンパク質や脂質の多いものになっています。 この食生活を変えることが、便秘解消の第一歩です。 夜に飲むのは、夜に腸が活発に動くためで、その時間に飲むのが効果的なのだそうです。 腸内フローラを美しく保つには、善玉菌のエサと善玉菌の助っ人の両方を摂る必要があります。 善玉菌の助っ人とは、悪玉菌を減らすなどの働きを手伝う細菌で、乳酸菌やビフィズス菌などですが、甘酒の麹菌もこの働きを持っています。 オリーブオイルに含まれるオレイン酸は小腸で吸収されにくく、2時間で大腸まで届くので、便の滑りをよくするため、便秘解消に効果的なのだそうです。

次の

便秘解消に即効で効く効果的なマッサージ方法!ポイントは○○○○です。

便秘 改善 マッサージ

お手軽で簡単!便秘にマッサージ お腹をぐるぐるマッサージ お腹の上に両手を重ねて置き、時計回りに円を描くようにさすってください。 強く押さず、なでるように10~20回くり返すこと。 腰ポカポカマッサージ 背中を伸ばして、腰の下から背中を両方の手のひらで上下にさすってください。 腰の血行が良くなると、便意が起きやすくなります。 下腹部をマッサージ 左下腹部を軽く指先で20回ほど押してください。 いわゆるS字結腸更と言われる場所です。 更に足の付け根くらいまで指先を下の方に向かって移動してください。 これを10回繰り返します。 大腸をマッサージ 右の腰骨の脇と左の肋骨の下を気持ち良い程度につかんで3分間揉みます。 この場所は、大腸の曲がっている箇所になります。 当然、腸が曲がっているのですから、便が溜まりやすいところになります。 そこをつまんで便の詰まりを和らげます。 これらのマッサージのポイントは 「温める事」。 腸は温めることで動きが良くなると言われていますので、 お風呂の中で行うと効果的です! スポンサーリンク 落下腸の便秘に効くマッサージ 便秘の原因のひとつに 「落下腸」なるものがあります。 落下腸とは、が通常の位置よりも下に落ちてしまっている状態のこと。 本来、腸管は「上行結腸」と「下行結腸」という2箇所が後腹膜というものに埋まって固定されているのが正しい状態なんです。 ですが、落下腸は腸がうまく固定されず、ぶら下がっている状態になっていること。 その結果、大腸は骨盤付近まで下がってしまい、折れ曲がってしまいます。 腸が折れ曲がった状態ですから、当然便の移動が困難となり、 スムーズな排便ができなくなる。 これが落下腸です。 では、落下腸に効果的なマッサージをご説明いたします。 仰向けになって両膝を立てる• 腰の下に座布団やクッションを入れて腰を浮かす(10cmほど)• 恥骨からおへその下にかけて、腸を押し上げるようにマッサージ 約1分間• おへその下から恥骨にかけての部分全体を、手の指で突くようにしながら押していく 約1分間 スポンサーリンク ねじれ腸の便秘に効くマッサージ 「ねじれ腸」って聞いたことがありませんが? 最近、分かった事実では、なんと便秘に苦しむ人の約80%の人がねじれ腸が原因と言われているんです。 ねじれ腸とは、言葉通り腸がねじ曲がり、その箇所で便が詰まり便秘が引き起こされるというもの。 厄介なのは、このねじれ腸は遺伝的なものが多く、ねじれ腸そのものを治すことは困難だということ。 ですが、正しいマッサージを行い腸に詰まった便を排出させることが出来れば便秘の解消につながります。 腸がねじれやすい箇所は、 「下行結腸」「横行結腸」「S字結腸」の3つです。 これらを効率よくマッサージすることで 便秘改善が期待できます。 横行結腸と下行結腸のマッサージ• 立った状態で両足を肩幅 もしくは少し広いぐらい に広げる• 両手を水平に広げ、上体を左右交互にひねる 下行結腸へのマッサージ• 仰向けになり、両膝を立てる• 腰の下に座布団やクッションなどを敷く• 左側の肋骨の下あたりから骨盤にかけて、両手で押していく 約1分間 S字結腸のマッサージ 下行結腸へのマッサージと同じ体制でS字結腸へのマッサージを行います。 おへその下から恥骨にかけて両手の指で押していきます。 (約1分間)• 反対に恥骨からおへその下にかけて、今度は腸を持ち上げるようにマッサージします。 (約1分間) 便秘解消のマッサージ 便秘解消、改善には食事や運動その他にもたくさんの方法があります。 マッサージはその中の一つであり、 他の方法と組み合わせて行うことが効果的です。 ゆっくりでいいです。 無理せずに、優しくお腹を刺激しマッサージしてください。

次の