ライン ブロック 確認。 【最新2020年版】LINEでブロックされた?相手にバレずにブロックを確認する3つの方法

LINEブロックの確認方法!友達にされたらの最新版

ライン ブロック 確認

iPhoneの場合は? 残念ですが、iPhoneの場合はこのスタンププレゼントの方法を使う事が出来ません。 何故かと言うと、iPhoneのLINEには「プレゼント」のシステム自体がなくなっているからです。 どうやら以前はプレゼント出来たらしいのですが、現在は不可能になっています。 上の画像がiPhone版のLINEなんですが、こんな感じで「プレゼント」のボタンがありません。 Androidだとあるんですよね〜プレゼントボタンが・・。 という訳でiPhoneではこの方法を使えないので、以下の記事を参照されて下さい。 スタンプのプレゼント以外でもブロックの確認は出来ます。 これを逆手に取ってブロックの確認をする事が出来るのです。 「絶対」の方法ではありませんが、ほとんど絶対に近い確率でブロックの確認をする事が出来ます。 ざっと手順を説明すると、• ブロックしたい相手にスタンプのプレゼントをする(直前まででOK)• プレゼントをしようとしたときのメッセージからブロックを推測する という感じになります。 この方法では スタンプの購入直前までは進みますが、実際に購入する事はありません。 詳しい手順を以下で見て行きます。 右上の「・・・」を選択• 「スタンプショップ」を選択 上の手順でスタンプショップへ行きましょう。 ここでスタンプを選ぶコツは、「相手が持っていなそうなスタンプ」を選ぶ事。 でも深く考える必要はないです。 悩む様だったら適当でいいのでスタンプを選びましょう。 ブロックされておらず、相手がそのスタンプを持っていない場合• ブロックされておらず、相手がそのスタンプを持っている場合• ブロックされている場合 上の3つのバリエーションを見て行く必要があります。 以下でそれぞれ説明します。 この画面が表示されれば、相手が自分をブロックしていない事が確定します。 スタンプを選んで、プレゼントしようとする・・・・この行為を繰り返します。 ブロックされている場合、いつまで経ってもプレゼントに進む事は出来ません。 ブロックしていないけどスタンプを持っていた場合でも、10個もランダムでスタンプをプレゼントしようとすれば、ほぼ確実に1個は持っていないスタンプがあるはずです。 それでもプレゼントできないのであれば、ブロックされている事がほぼ確実かと思います。 ですが断定は出来ません。 スタンプを全部持っているスタンプマスターにはこの方法は通用しませんからね。 でもスタンプマスターがこの世に存在しているかは謎です。

次の

LINE(ライン)でブロックされたら?確認したい内容と対策

ライン ブロック 確認

たくさんの友人や家族と楽しくやり取りできるLINEですが、時々「もう交流したくない」と思う相手もいますよね。 繋がったものの気が合わない人や、ムダなトークを頻繁に送ってくる人など、やり取りするたびに心が消耗してしまう相手は、思い切ってブロックしてしまいましょう。 また、自分も誰かにブロックされているのでは……と、不安な気持ちを抱えている人もいると思います。 そこで、今回はLINEのブロックにまつわる情報をまとめてお伝えします。 これを読めばLINEの「ブロック」を攻略できます。 LINEでブロックされたらどうなる? LINEでブロックされた側は、相手にトークを送っても未読のまま、通話はできない、タイムラインは全体公開の投稿しか見えない、という状態になります。 こうした状況から、「もしかしてブロックされた? 」と感じるかもしれませんが、LINEで相手からブロックされているかどうかは自分では確定できない仕組みになっています。 ですが、相手からブロックされているかも、と推測する方法はあります。 自分から通話をかけると、相手が受話しない状況と同じように見えますが、相手にブロックされていると、実際は相手に通話はかかっていません ブロックされたか確認したい LINEでは自分が誰にブロックされているのか、はっきりとわかる方法はありません。 ただし、以下の条件がすべて当てはまるなら、ブロックされている確率はかなり高くなります。 トークを送っても既読にならない• 無料通話やビデオ通話が繋がらない 受話されない• 相手のタイムライン投稿が全体公開のものしか表示されない LINEでブロックされているかを確かめる方法の1つとして、スタンプをプレゼントする方法があります。 相手にブロックされている場合、スタンプはプレゼントできず、LINEで「~はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」、または「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されます。 LINEスタンプをプレゼントするには それでは、LINEスタンプをプレゼントして、ブロックされているか確認する方法を説明します。 iOS端末は、LINEアプリからスタンプをプレゼントできません。 WebブラウザでLINE STOREを表示し、画面左上の三本線をタップして「ログイン」を選び、LINEにログインします。 Android端末は、LINEアプリの「ウォレット」画面から、「スタンプショップ」を開きます。 続いてスタンプを選択し、「プレゼントする」をタップ。 LINEの友だち一覧が表示されるので、ブロックされているか確認したい相手を選びます。 「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示された場合、相手にブロックされている可能性があります。 相手が持ってなさそうなLINEスタンプを選び、「プレゼントする」をタップ• 「~はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」、または「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されたら、相手にブロックされている可能性があります 確認に使うスタンプは、相手が持ってなさそうなスタンプを選びましょう。 発売されたばかりのスタンプや、相手の名前と異なる名前入りスタンプなら、相手が持っている可能性は低くなります。 ブロックしても相手にバレない LINEでブロックしたい相手がいても、「ブロックしたことがバレると相手を怒らせてしまうのでは」と心配する人もいると思います。 できるだけ穏便に済ませたいですよね。 でも、心配することはありません。 LINEでブロックしても、相手には通知されません。 ブロックした側からは、相手からトークや通話が来ても通知されないようになります。 「友だち」画面からも相手の名前が消え、相手との繋がりが消えた状態になります。 ただし、相手とのトークルームは残るので、不快な場合は「トーク」画面でブロックした相手のトークルームを削除しましょう。 また、LINEで相手をブロックしても、自分のプロフィール画像、ホーム画像、ステータスメッセージ、タイムラインの公開投稿、BGMは相手に見られてしまいます。 それを避けたい場合は、LINEアカウントを作り直すしかありません。 ブロックした相手とのトークルームは残りますが、画面左下に「ブロック中」と表示されます。 ブロックしたあとに送られてきたLINEのトークを見ることはできません• LINEプロフィールのホーム画面や、タイムラインへの公開投稿はブロックした相手に見られてしまいます ブロックした相手が同じLINEグループに入っている場合、ブロックした相手が送信したメッセージは今まで通りグループトークに表示されます。 ブロックした人のメッセージを絶対に読みたくない人は、グループを退会しましょう。 同じグループに入っている場合は、ブロックした人のメッセージも表示されます LINEで相手をブロックする方法 LINEで友だちをブロックするには、LINEの「友だち」画面を開きます。 iPhoneの場合はブロックしたい相手を左にスライドして、「ブロック」をタップします。 Androidの場合はブロックしたい友だちを長押しすると、「ブロック」メニューが表示されるので、タップします。 iPhoneのLINE画面。 「友だち」画面でブロックしたい友だちを左にスライドします• 「ブロック」をタップします• LINEのトークルームからも相手をブロックできます。 トークルーム右上にあるメニューをタップし、「ブロック」を選んでください LINEブロックを解除する LINEで一度はブロックしたものの、そのあと相手と和解することもありますよね。 そんなとき、LINEのブロックは解除できます。 LINEの「友だち」画面にある歯車アイコンの「設定」を押し、そこで「友だち」メニューを開くと、「ブロックリスト」があります。 ブロックリストには、今までブロックした相手が保存されています。 LINEの「友だち」画面から「設定」を開き、「友だち」メニューから「ブロックリスト」をタップします ブロックリストをタップして、ブロックを解除したい友だちの「編集」ボタンを選択。 「削除」か「ブロック解除」という選択肢が出てくるので、「ブロック解除」を押せばブロックを解除できます。 ブロック解除するアカウントの「編集」をタップし、「ブロック解除」をタップします• 相手とのトークルームが残っていれば、トークルームからブロック解除もできます。 トークルーム右上のメニューを開き、「ブロック解除」を選択します 「削除」を選ぶと二度とブロック解除できなくなり、あらためてQRコードやLINE IDによる検索など、LINEで「友だち追加」の作業が必要となります。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

LINEブロックを友達にバレずに確認する方法!【最新版】

ライン ブロック 確認

そのような場合は、次の記事「4つの方法でiPhone版のLINEでブロックされているかを確認する」を参考にしてください。 そして、ここで、相手にブロックされた後、何が起きたのかを説明していきます。 トークが既読にならない• 既読はつかないがステータスメッセージやプロフィール画像が更新される• グループトークで既読になるが、相手だけのトークルームで未読• 全体公開の投稿が相手のホーム画面では見られるのに自分のタイムラインでは見られない AnyTransならカンタンにiOSでLINEアプリおよびデータをバックアップ・移行・管理できます。 さらに、アプリのバージョンアップ。 ダウングレード・インストール・アンインストールもできます。 4つの方法でiPhone版のLINEでブロックされるか確認する 方法 1:iPhone版のLINEで有料・無料スタンプ・着せかえ・絵文字をプレゼントする この方法はオ絶対相手にバレたくない方におススメします。 iPhoneでこっそり相手にブロックされるか確認したい場合、有料または無料のスタンプ・着せかえ・絵文字を複数プレゼントしたら、ほぼ確実にブロックされるか確認できます。 ステップ1:LINEで「その他」画面から「スタンプショップ」または「着せかえショップ」をタップします。 「グループ作成」をタップ ステップ2:そのトークルームでメッセージを送信して、協力者側のトークルームで参加人数を確認します。 方法 3:iPhone版のLINEで通話をしてブロックされているかを確認する 相手にブロックされていたら、いつまでたっても通話に応答しないです。 なので、LINEで通話をしていることで自分がブロックされていないかを確認しましょう! ステップ1: LINEで確認したい相手を選択 > 「呼び出す」を選択してタップする > 相手と通話を試してみてください。 ステップ2: 通話を応答するかということからブロックされているかをチェックします。 相手によって「電話をかけたくない」パータンもあるから、この方法も100%確認できないです。 方法 4:相手のLINEのタイムラインを見てブロックされているかを確認する LINEで友達になれば、相手のタイムラインをみることができますが、ブロックされると、見れなくなりましたから、これは自分がブロックされているかを確認する一番よい方法です。 もし相手のLINEのタイムラインを開くと、「まだ投稿がありません」と表示されるようになりましたら、ブロックをしている可能性が高いです。 また、もしいままでタイムラインに投稿してたのに、投稿されたものが消えて、背景画像とアイコンだけみれる場合、あなたはブロックされているのを表示します。 最後に 以上はiPhone版のLINEでブロックされるかを確認する4つの方法です。 如何でしょう?もし自分もブロックされているかをチェックしたいなら、ぜひこの記事を参考してください。 また、この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebook、はてなブックマークでシェアをお願いします。

次の