ぼく と ハイキュー。 漫画『ハイキュー!!』キャラクターと名言をまとめてみた【ネタバレ注意】

「ぼくらはマンガで強くなった」反響の大きかった「ハイキュー!!」回が今夜(1月27日)再放送

ぼく と ハイキュー

このページの目次 OPEN• スポンサーリンク 1.木兎が持つ意外な性格とは? ハイキューはイケメン男子が勢ぞろいしているので、週刊少年ジャンプで連載している作品にしては多くの女性ファンを抱える作品です。 それだけ魅力的な人物が出てくる訳ですが、木兎はその中においても類まれな才能を持つ人物として描かれています。 梟谷学園3年で主将とエースを兼ね揃える実力者で、スパイカーとして全国にその名が知られている存在。 スポンサーリンク 彼の性格は、「 テンションが高い」というもので、明るく敵味方関係なく士気を高めてしまうほどです。 明るくてテンションの高い性格が、木兎の代名詞になっていますが、実は隠れた性格を持っていることをご存知ですか? 木兎は、気分の上がり下がりがとても激しく、それは繊細な技術が求められるスパイクにも影響するなど、試合を左右してしまいます。 スパイクが決まらなくなると拗ねてしまい、極端なしょぼくれモードに突入するなど、厄介な性格をしているのです。 現実世界にいたら「ウザい」と感じるかもしれませんが、そこは木兎が持つ魅力が相まって、「個性豊か」として片づけられています。 2.木兎が「末っ子エース」と呼ばれる理由 ハイキューの木兎は、主将とエースを兼務しているので、とても頼れる存在であると感じますよね? 他の高校の主将やエースを見ると、どの人物もチームを引っ張るほどの能力を持っているからです。 しかしながら、木兎に限っては「 末っ子エース」として、読者から愛されています。 他校の主将やエースとは、真逆の反応をされている訳ですが、どうしてだか疑問に感じる所です。 スポンサーリンク 実はここ、すぐ拗ねてしまう彼の個性として見られている性格が関係しているんですね。 調子が良いときはスパイクをバンバン決めるのですが、落ち込んでしまうと思うような動きができず、それが引き金になってさらに拗ねてしまう…。 彼の調子が戻らなければ、試合に勝つのは難しくなるため、試合中に拗ねられることは試合結果にも影響を及ぼすのです。 そのため、チームメイトは何とか彼がテンションの高い状態を維持するために、一丸となって支えている状況が、梟谷高校の現状と言えます。 本来なら主将でエースなら、「長男」としてチームを引っ張らなければいけませんが、木兎はチームがエースを引っ張っているので、「 末っ子」というイメージがぴったり。 木兎が末っ子エースとして表現されているのは、もっともなのです。 3.木兎が黒尾とアヤシイ関係と噂されるのは何故? ハイキューの木兎は、とても明るくてお茶目な部分がありますが、実力はピカイチで練習や試合は常に全力です。 そんな木兎には、ファンから「黒尾とアヤシイ関係っぽい」などと噂されていることをご存知ですか? どうしてこんな噂が出ているのかというと、何かと一緒に行動しているからです。 たとえば、合同合宿をしている黒尾と、一緒に自主練習をしていたり、さらには月島を一緒にからかっていたりします。 2人でくだらない悪ノリをするなど、他校の生徒同士とは思えない親密ぶりを読者にアピールしているため、「 アヤシイ関係」なんて噂されているんですね。 現実的に考えてみると、確かに他校の生徒とそこまで一緒にいる時間は多くないため、同校生徒に比べると仲良くなりにくいものです。 しかし木兎と黒尾は、いつも一緒にいる親友のように、素晴らしい一致が2人の間に見られています。 ここまで仲良くなっているのは、同じ主将として通じるものがあったり、同じ東京に所属している高校なので、練習する機会も多いのでしょう。 接点があるため、アヤシイ関係と指摘されるぐらい仲良くなっていると予想されています。 4.木兎がより魅力的になる名言特集! ハイキューの木兎は、テンションがかなり高いキャラクターなので、コート上やその他でもよくお喋りをしています。 ふざけているだけな場合もありますが、チームの士気を上げるのに欠かせない名言が飛び出すなど、中々あなどれない人物。 ファンの間でも、どんな発言が飛び出すのか予測不能なので、彼の 言動は常にチェックされているのです。 以下から、ファンが心を打たれた木兎の名言を、厳選して紹介していきますね。 その瞬間があるか、ないかだ• ヘイヘイヘーイ!• お前がバレーにはまる瞬間だ• 今日はもう俺に上げんな 木兎の波がある性格が、よくわかりますね。 5.木兎がもっと好きになる!ファン厳選画像を紹介! ハイキューの木兎は、テンションの高い言動を取ることが多く、読者の心を魅了するためファンを多く抱えています。 そんなファンが厳選する画像が、「 共感できる!」と話題になっているのです。 次からファンが厳選した、木兎のことがもっと好きになる画像を紹介します。 主将でエースなのに、どこか可愛らしさがあるので、好きになる人が急増するのも頷けますね。 まとめ ここでは、 木兎が持つ性格や名言などについて紹介していきました。 木兎は主将でエースなので、チームを引っ張る存在のように感じますが、実際はチームが木兎を引っ張っているので「末っ子エース」なんて呼ばれています。 テンションが高く、仲間にちょっかいを出すなど高校生らしいお茶目な一面がありますが、バレーの素質は素晴らしいものがあるのです。 このギャップが数々の名言を生み出し、読者を魅了して止まないんですね。

次の

【ハイキュー!!4期】木兎光太郎がかっこいい!名言&エピソードまとめ【ハイキュー!!】

ぼく と ハイキュー

ジャンル 、() 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 12号 - 発表期間 2012年2月20日 - 巻数 既刊43巻(2020年5月現在) ヴォイスコミック 原作 古舘春一 放送局 公式サイト 番組 発表期間 - 話数 全4話 アニメ:ハイキュー!! (第1期) ハイキュー!! セカンドシーズン(第2期) ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(第3期) ハイキュー!! TO THE TOP(第4期) 原作 古舘春一 監督 (第3期まで) 佐藤雅子(第4期) シリーズ構成 キャラクターデザイン 音楽 、橘麻美 アニメーション制作 製作 「ハイキュー!! 」製作委員会・ (第1期) 「ハイキュー!! セカンドシーズン」 製作委員会(第2期) 「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢 学園高校」製作委員会(第3期) 「ハイキュー!! 陸 VS 空 原作 古舘春一 監督 佐藤雅子 キャラクターデザイン 岸田隆宏 音楽 林ゆうき、橘麻美 アニメーション制作 Production I. G 発売日 2020年 話数 全2話 ゲーム:ハイキュー!! 繋げ!頂の景色!! ゲームジャンル 対応機種 発売元 メディア 3DSカード プレイ人数 1人 発売日 2014年 レイティング : A ゲーム:ハイキュー!! Cross team match! ゲームジャンル 対応機種 ニンテンドー3DS 発売元 メディア 3DSカード プレイ人数 1人 発売日 レイティング : A(通常版) : B(限定版) - プロジェクト ・・ ポータル ・・ 『 ハイキュー!! 』は、によるを題材にしたの作品。 『』()2011 WINTER、『』(集英社)20・21合併号にそれぞれ読切版が掲載された後 、『週刊少年ジャンプ』にて12号より連載中。 制作背景 中学、高校時代には部のミドルブロッカーだった古館は 、連載前からバレーボールを題材にした作品を描くという目標を持っていた。 しかし、バレーボール漫画は実力がついてから連載するべきだという編集のアドバイスに従い、別のジャンルである『四ッ谷先輩。 』で連載を始める。 『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。 』の連載終了後、バレーボール漫画の連載獲得を目指し、『』2011 WINTERに増刊読切版を掲載する。 『』20・21合併号には本誌読切版が掲載される。 その後、連載版の作成に取りかかるが、最初に作成された1話のプロットはかなり密度が濃く、実際の連載版の第1話 - 第7話に相当する部分が詰め込まれていた。 そこで1話ずつ整理し現在の形に落ち着いたという。 最初の読切掲載から約1年にも及ぶ推敲を経て、『週刊少年ジャンプ』2012年12号より本作品の連載をスタートした。 作風 タイトルの由来は、を意味する熟語「排球」からである。 連載開始時のキャッチコピーは「 劇的青春」とされている。 本作品のおもな舞台はとなっており、やなど宮城の地名・建物が登場する。 なお烏野高校とその周辺は、作者の地元・の風景をモデルにして描かれている。 高校などは基本的に架空(おもに動物)の名称が使われているが、実在校をモデルにした高校も登場する。 作中にて開催される各大会については、、・(春高バレー)・(インターハイ)など実在の大会が描かれている。 古舘は「超凄いが、スパイカーに完璧にを合わせる話」として『ハイキュー!! 』をスタートさせた。 描写には誇張があるものの、基本的に現実の試合で使われているプレーをもとに描いている。 主人公コンビの速攻だけは古舘が考えた技で、実際にはあり得ない非現実的な描写がなされている。 ルールやプレイの説明はバレーに興味がない人にも読みやすいように、物語に組み込むようにしている。 ローテーションはカタルシスや緊張感を持たせるために利用されているほか、プレイに関する重要な言葉はそのプレイが印象に残るような言葉が選ばれている。 メディア展開 連載当初から化・化など様々メディアミックスが行われている。 テレビアニメは第4期まで制作されており 、アニメ版からは・・などが派生した。 には「 ハイキュー!! 頂プロジェクト2015」として 、アニメ第1期総集編の劇場上映 や舞台化などが行われている。 アニメ第1期における海外進出は、では2014年に、2015年は、、、で放映され、2016年にも進出し、同年のでは人気が高い日本アニメの1つに数えられている。 2016年から2017年にかけてヨーロッパにも進出し、スペイン語とイタリア語の吹き替え版も存在している。 また「8(ハ)1(イ)9(キュー)」の語呂合わせから、2015年10月のアニメ第2期の放送と第1期総集編上映記念に「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会の名義でを「 ハイキュー!! の日」としてに申請し、正式に記念日として登録されている。 その後もさまざまなバレーボール大会とのコラボレーションが続けられている。 反響 読切版が掲載された『』(集英社)2011 Winterには『』()なども掲載されており、「プレミア物」になっているという。 連載を開始した以降、本作の影響で中学・高校におけるバレーボール部の部員が男子を中心に増加傾向にあるとされている。 2012年11月には、『』・『』などと並び、「ニューパワージェネレーションキャンペーン」の対象に選ばれた。 2018年時点では、『』『』に続き、『』と並ぶ『週刊少年ジャンプ』の人気作であるとされた。 古舘の出身地・と似た風景が作中で数多く登場しており、「」に訪れるファンが多い。 また地元の青年部も独自に調査した場所を紹介していた。 は、2016年から「軽高祭」開催日は軽米線の臨時便を運行しており、高速車で運用される便は「カルマイトッキュー!819号」の愛称が付けられているほか 、2017年に二戸営業所に配属された(2代目)1台のナンバーは希望ナンバーにより「819」の番号を取得している。 は『』を制作するにあたり、本作の影響を受けたことを明かしている。 他誌出身のは『』を連載中、絵柄を「ジャンプナイズ(ジャンプ化)」させるために本作を参考にしたという。 2014年10月に発売された単行本13巻(初週売上34. 7万部)と小説版4巻(同7. 0万部)は、それぞれの週間ランキングのコミック部門とBOOK(総合)部門で首位を獲得し、ランキング主要2部門を制した。 2015年5月には単行本16巻(週間38. 5万部)と小説版5巻(週間6. 9万部)で再びオリコンのコミック部門とBOOK(総合)部門で首位を獲得、両部門同時首位獲得数における単独トップに躍り出た。 アニメが放送された2014年には、漫画単行本市場を伸長させた3作品の一つとして挙げられた。 5月の時点で、累計発行部数は3800万部を突破している。 低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なるとバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた。 中学3年の夏、やっとのことでを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向率いる雪ヶ丘中は「 コート上の王様」と呼ばれるセッター・ 影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。 影山に中学校での3年間を否定された日向は、影山へのを果たすべく憧れの烏野高校排球部に入部。 晴れて迎えた部活動初日、体育館に入った日向の目の前には影山の姿があった。 序章(1巻) バレーボール競技1回戦、雪ヶ丘中学対北川第一中学の試合で対峙した日向と影山。 惨敗した日向は影山へのを誓う。 3対3(1 - 2巻) 高校生となった日向と影山は、偶然にも同じ烏野高校へ進むが初日から・ 澤村大地の指示を聞かずいがみ合う。 その様子に腹を立てた澤村は「互いをメイトと自覚するまでは練習に参加させない」と言い放ち2人をから追放。 他の新入部員と3対3の試合をして勝てば入部を認めるという条件を出された2人は、先輩である 田中龍之介や 菅原孝支の協力を得ながら、入部を目指し共に練習を重ね、 月島蛍、 山口忠との試合にも勝利。 無事正式入部に漕ぎ着けた。 VS大王様(2巻) 日向と影山が無事入部を果たした直後、日向にとって最初の練習試合が舞い込んできた。 相手は影山の中学時代の先輩である 及川徹を擁し他にも多くの北川第一中出身の選手が所属する県ベスト4の強豪・青葉城西高校で、影山をセッターとしてフルで出すこという条件のもと練習試合を約束していた。 試合では主将であり正セッターの及川を欠く青葉城西に対し日向影山のコンビ攻撃を駆使しつつ善戦を繰り広げた。 リベロ・エース編(3巻) 青葉城西との練習試合後まもなく、部活禁止処分を受けていたリベロの 西谷夕が部に復帰する。 しかし、エースである 東峰旭は過去の試合のから未だ部活に戻れずにいた。 一方、の 武田一鉄は烏野全盛期の監督・ 烏養一繋の孫で烏野OBでもある 烏養繋心をに招聘。 繋心の高校時代のチームメイトを中心とした町内会チームとの練習試合を経て東峰も復帰を果たした。 合宿・音駒襲来(4巻) リベロとエースが復帰し、ようやく全員でのスタートを切る烏野。 因縁のとされている音駒高校()との練習試合を最終日に控えてを敢行した。 日向はロードワーク中に音駒のセッター・ 孤爪研磨に遭遇。 練習試合では、古豪音駒の鍛錬された「繋ぐ」バレーに烏野は苦戦を強いられ、日向影山の「変人速攻」さえも対応されてしまうなど多くの課題を突きつけられることとなった。 インターハイ予選(5 - 8巻) 音駒との練習試合を有意義に終えた烏野は、ついに県予選へと出陣する。 常波戦(5巻) 初戦の相手は、澤村の中学時代のチームメイト・ 池尻隼人のいる常波高校。 合宿、音駒戦を経て大きく力をつけた烏野は常波を終始圧倒、初戦を突破した。 日向にとっては人生初の公式戦勝利となった。 伊達工戦(5 - 6巻) 2回戦の相手は、3月の県民大会で東峰のを完全に封じた伊達工業高校。 「鉄壁」のブロックを誇る伊達工相手に苦戦しながらも勝利。 日向は「鉄壁」の一人である 青根高伸と互いにライバルと認め合った。 青城戦(6 - 8巻) 3回戦、烏野の前には及川率いる青葉城西が立ちはだかる。 度重なるピンチに見舞われながらもチーム一丸となって奮闘、フルセットにまで持ち込むもあと一歩及ばす敗北。 日向、影山の「変人速攻」も完全に封じられてしまった。 マネージャーの 清水潔子を含む3年生4人は悩んだ末に残留を決意、全員で春高出場を目指すこととなった。 東京遠征(9 - 11巻) 春高に向けた練習が続く中、音駒高校監督・ 猫又育史の計らいで梟谷学園(東京)、森然()、生川()、音駒との強豪4校で構成される「梟谷学園」の合同に参加できることになった烏野は、東京遠征を行うことに。 新マネージャー・ 谷地仁花も加わり士気が上がる烏野。 強豪との連戦で感化された日向は今まで目を瞑っていた「変人速攻」を目を瞑らずに行うことを宣言。 影山との衝突を経て新たな「変人速攻」を完成させた。 春高予選(11 - 23巻) 東京遠征で多くの刺激を受け、チームはさらに進化。 そしてついに、3年生は最後となる春高予選が始まる。 一次予選(12巻) 春高一次予選にて烏野は扇南高校、「2m」の 百沢雄大擁する角川学園と対戦。 東京遠征の成果を見せ、難なく予選通過を果たした。 代表決定戦(13 - 21巻) 烏野はインターハイ予選ベスト8と春高一次予選を勝ち抜いた8校の16校が一つの代表枠を争う代表決定戦に臨む。 同時に、型破りであるチームの強固な「土台」として澤村の安定感が光った試合でもあった。 和久谷南戦(13 - 14巻) 準々決勝、絶妙なコースの打ち分けによるブロックアウトを得意とするなど、かつての「小さな巨人」にプレーが似ている 中島猛を擁する和久谷南高校と対戦。 この試合で田中と澤村が衝突。 澤村が負傷離脱してしまうも、代わりに縁下がを引き継ぎ辛勝。 青城戦(15 - 17巻) 迎えた準決勝、インターハイ予選での雪辱を果たすため、烏野は青葉城西と因縁の対戦に臨む。 試合はインターハイ予選と同様フルセットまでもつれ込み、最後は「新・変人速攻」を決めて勝利、雪辱を果たした。 白鳥沢戦(17 - 21巻) 春高予選決勝戦にて、烏野は全日本チームにも選抜されている「絶対王者」 牛島若利を擁し県内最強を誇る白鳥沢学園高校に挑む。 王者白鳥沢に対し、烏野は攻守に渡って圧倒的な力の差を見せつけられるも月島の冷静かつ巧みなリードブロックを軸に辛うじて食らいつく。 フルセット(決勝のみ5セットマッチ)に及ぶ死闘を繰り広げた結果、白鳥沢からを上げた。 東京都代表決定戦(21 - 23巻) 11月中旬、音駒高校と梟谷学園高校は東京都代表をかけた戦いに臨んでいた。 音駒、梟谷学園、戸美学園、井闥山学院の4校による準決勝、決勝、3位決定戦が描かれる。 音駒対梟谷戦(21 - 22巻) 勝利すれば代表入りが決定する準決勝、音駒高校と梟谷学園が代表枠を争う。 粘り強く対応していく音駒であったが、攻撃の破壊力で勝る梟谷学園の前にストレート負けに終わる。 音駒対戸美戦(22 - 23巻) 梟谷学園に敗北した音駒高校は、最後の代表枠をかけて同じく井闥山学院との準決勝に破れた戸美学園との3位決定戦に挑む。 音駒と同じく粘り強さ、嫌らしさが持ち味である戸美学園との戦いは混戦の様相を呈す中、音駒の守備の要であるリベロ・ 夜久衛輔が負傷離脱してしまう。 しかし、チームワークに目覚めた 灰羽リエーフの活躍により攻撃の火力で上回った音駒が勝利を挙げ、春高本大会への切符を勝ち取った。 強化合宿(23 - 25巻) 11月中旬、春高出場を控えた烏野に、影山の全日本ユース強化合宿招集の報せが舞い込む。 また、宮城県内の有望な1年生を集めた「擬似ユース合宿」に月島が選抜された。 どちらからも声がかからず焦った日向は県の1年生選抜合宿に強行参加するも、参加は認められず。 ただ、「ボール拾い」としてならば参加することを許された日向は、ボール拾いを通してコート内の情報に基づく予測と「直感」を身につける。 一方、ユース合宿に参加した影山は高校No. 1セッターである 宮侑に言われた「プレーはおりこうさん」という言葉から中学時代のトラウマ(詳細は「影山飛雄」の項を参照のこと)と高校入学後に重要さを実感した「仲間との協調」との狭間で思い悩んでいた。 伊達工練習試合(25 - 26巻) 12月中旬、ユース合宿・1年生強化合宿・サーブ強化週間を経た烏野は、春高前の総決算として更にリードブロックのレベルを上げた伊達工との練習試合に臨む。 春高全国大会(26 - 42巻) 年が明けて1月5日、にてが開幕。 椿原戦(26 - 28巻) 迎えた神奈川県代表・椿原学園高校との初戦、烏野は慣れないコートの床と天井により空間認識を乱されつつも、対応した後は実力を発揮し危なげなく勝利をあげた。 稲荷崎戦(28 - 33巻) 大会2日目、宮侑を擁しインターハイ準優勝を誇る「最強の挑戦者」、兵庫県代表の稲荷崎高校と対戦。 烏野は試合序盤から侑やその双子の弟・ 治、高校トップ5のスパイカー・ 尾白アランなど全国トップクラスの選手らが繰り出す超高校級のプレーの数々に圧倒される。 しかし、セッターとしてのみならずバレーボールプレーヤーとしての能力を解放させた影山を始め、完璧なレシーブを体得した日向、その他田中、西谷など各メンバーが成長を見せたことで、最終セットまでもつれ込んだ試合は烏野が制した。 音駒対早流川戦(30巻) 烏野が稲荷崎と激戦を繰り広げる頃、音駒は猫又の元教え子が率いる石川県代表の早流川工業高校との2回戦を戦う。 音駒同様狡猾さと粘り強さを備えた早流川は音駒の「頭脳」である孤爪をフィジカル面から崩すことで音駒の攻略を目論んでいたが、それを上回る狡猾さと負けず嫌いさを持つ孤爪はその機転で作戦を逆手に取り、音駒が勝利。 音駒戦(33 - 37巻) 大会3日目、烏野はライバル・音駒との公式戦初対決に挑む。 ついに全国大会での「ゴミ捨て場の決戦」が実現したのであった。 鍛錬された守備に加え、自身らと同様に進化した音駒に今まで同様苦戦を強いられつつも、第2セットにて合宿・練習試合を通じて初めて音駒からセットを取ると、フルセットの末烏野が辛勝を果たした。 梟谷対狢坂戦(37 - 38巻) 烏野の勝利を見届けた 木兎光太郎率いる梟谷学園は、全国三大エースの1人・ 桐生八を擁する狢坂高校と対戦。 狢坂の策略に揺さぶられ本来の調子が出ず苦戦する梟谷セッター・ 赤葦京治であったが、木兎の激励もあって立ち直り勝利を果たした。 鴎台戦(38 - 42巻) 大会3日目の第2戦、ユース候補合宿参加者でもある「現・小さな巨人」 星海光来を擁す、全国トップクラスのブロックを誇る鴎台高校と対戦。 鴎台の隙のないブロックの前に第1セットを落とした烏野は、通常のローテーションから、ミドルブロッカーの日向と月島の位置を入れ替えた変則ローテで、鴎台のブロックに対して真っ向から日向をぶつける選択を取る。 第2セットを迎え一進一退の攻防の末に烏野は第2セットを取り、試合は最終第3セットを迎える。 登場人物 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年7月)• 特に明記の無い場合はテレビアニメ版を指す。 演者は特に明記がない場合は、舞台版を指す。 Vリーグ編はを参照。 本作の主人公。 小学5年生の時、偶然テレビで観た烏野高校のエース「小さな巨人」を目標にバレーボールを始める。 常人離れしたスピード、体のバネ、スタミナ、動体視力、闘争心を有する作中最小スパイカー。 セッター・影山の精密なトスと自らの身体能力を生かしたコンビプレーであるマイナステンポの速攻・「変人速攻」を最大の武器とする。 速攻以外にもフェイントや高いジャンプから繰り出すオープン攻撃など攻撃の多彩さも持ち合わせ、相手守備を見極めた上でのコースの打ち分けも行う他、守備ではレシーブの読みも的確になりつつある。 相棒である影山に対しては「影山ならトスを上げる」と無条件に信頼しており、自身が疲労困憊であろうと常に全力で飛ぶ。 どんな時でもセッターに全力のトスを要求するその姿は、セッターにとってはある意味で最大の敵であるとして評価されており、及川や宮侑といったトップクラスのセッターなどは「影山には同情する」「とんでもない相棒」としていると同時に「トスを上げたい相手」と評価している。 自分と影山に対して妥協を許さないところから、谷地は「(影山よりも)王様に見える」と評した。 雪ヶ丘中学校時代、2年生までバレー部員は自身1人だったが、入部したての1年生3人と他部からの3年生助っ人2人を加えて6人揃え、公式戦に初出場する。 影山のいる北川第一中学校に惨敗した1回戦が最初で最後の公式戦になった。 試合後、影山にリベンジを誓うものの入学した烏野高校で再会する。 性格は素直かつ一所懸命で、努力を惜しまない。 また、負けず嫌いが過ぎることもしばしばで同じく極度の負けず嫌いである影山を意識し常に何かを競い合っている。 入部初日には影山とのいがみ合いから「教頭のカツラ飛ばし事件」を起こし、彼とともに体育館を出入禁止になる。 月島曰く「猪突猛進」。 当初はプレッシャーに弱い様が描かれており、初の練習試合では睡眠不足と極度の緊張からバスの中で隣席の田中の股間へ吐いてしまったり 、公式戦でも試合前に度々トイレに駆け込んでいる。 しかし、経験を重ねるにつれそのような場面は見受けられなくなり、「緊張よりわくわくが勝るようになった」と称されるように現在では試合前に緊張する様はほとんど描かれない。 試合終盤で見せる高い集中力と凄みは誰もが認めており、その飽くなき闘争心や向上心を感じさせる純粋な言動は周囲をぞっとさせるほどの威圧感を発揮することもある。 一方で、その純真さからくる言動は空気が読めない影山を主とした他人のフォローとなったり、チームの士気向上や鼓舞となることも多い。 コミュニケーション能力は極めて高く、空回りすることもしばしばだが、様々なタイプの相手とすぐさま打解けることができる。 また、誰彼構わず自分が凄いと思ったことはストレートに称讃するなど屈託がなく、黒尾(音駒主将)曰く「天然煽て上手」である。 高校入学時点では指導者どころか練習相手にも困る環境だったため、バレーに関して素人同然であり基本的な技術すら会得できておらず、様々な面において稚拙さが目立っており、入学後もしばらくは前述のような身体能力によって技術的・身体的不利を補っていた。 最大の武器である「変人速攻」はその典型例であり、入部条件として提示された3対3の試合にて、ろくにプレーできない日向に対して影山が提案した「日向の最大のジャンプに影山がトスを合わせる」という無茶なプレーが予想外に効果的に機能したことから端を発した。 この「サイン無し・合図無し」という「とんでもないコンビプレー」を初めて見た繫心が2人を「変人」と呼んだことことが名前の由来であり 、青葉城西の選手達は「神技速攻」、烏養一繋は「マイナステンポ(の速攻)」と呼んでいる他、「とんでも速攻」「超速攻」などの名称もある。 日向は当初、「変人速攻」に際して最大のジャンプを実現するために、影山が送るトスを信じて目を瞑ってプレーしていた。 この攻撃自体のトリッキーさは勿論のこと、相手ブロッカーを日向に集中させて味方スパイカーをフリーにする「最強の囮」として活路を見出され、烏野の攻撃のキーマンとして活躍するようになるも、その後インターハイ県で変人速攻をシャットアウトされて敗退し、現状の限界を思い知ることとなった。 夏休前の合同合宿では「目を瞑るのをやめる」と主張するなど影山と衝突して行き詰ったが、一繋からスパイクの基本理論と基礎技術(助走)の指導を受けたことや、様々な相手とのコンビプレーを経験したことにより空中での技術や対応力が徐々に向上。 影山の「打点で止まるトス」と相まって攻撃の主軸となり、コースの打ち分けやブロックアウト、真下に打ち込む速攻、シンクロオールに紛れる攻撃、マイナステンポの高速バックアタック(ウシロ・マイナス)など、多彩な攻撃を会得した。 春高予選後、全日本ユース代表合宿に選抜された影山へのライバル心から、呼ばれてもいない宮城県一年選抜合宿へ単独で乗り込んだ。 だがそこで白鳥沢の監督である鷲匠に「影山なしでは価値がない」と宣告され、選手としての厳しい現実を思い知らされる。 しかし自ら志願した球拾いによってコートに溢れる情報の重要性に漸く気づくことになり、「本能的勘」を、思考の伴った「直感」に昇華させるべく成長している。 それをきっかけにレシーブが少しずつ上達、春高稲荷崎戦では完璧なレシーブを決めてチームの勝利に貢献した。 また以前まで勢いに任せていたジャンプも、影山の助言により母指球に体重を乗せしっかり踏み切る「『ドン』のジャンプ」を体得、より高いジャンプを実現させブロックの上から打ち下ろすオープン攻撃を会得した。 しかしながら現状、身体の軽さとパワー不足は依然として日向の最大の課題であり、全国大会では多彩な攻撃もレシーブで拾われてしまうシーンが増えている。 全国大会・準々決勝では、第3セット途中で39. 1度の熱を出し、退場することになった。 高校卒業後は、自身の技術向上や自らが行えるプレーの幅を増やすのを目的にでの修行を希望し、白鳥沢高校監督・鷲匠からの紹介で、高校卒業後に1年間の準備期間を経てブラジルへ渡り、ブラジルで2年間の期間と言う条件でビーチバレーでの修行を行う。 高校の卒業時には影山のサーブをしっかりとレシーブ出来る迄になった。 ブラジルへ渡った当初はホームシックになっていたが偶然及川と再会し、食事をしながら互いの近況報告をしたのちに、及川と一緒にペアでビーチバレーをし本来のテンションを取り戻した。 ブラジルでビーチバレーの試合や大会などで活躍する中で2年後には、ブラジルでは「Japanese ninja」「ninja shoyo」(ニンジャ・ショーヨー)の異名で呼ばれる様になった。 ブラジルでの武者修行を終えて日本に帰国後、トライアウトを実地しているチームで一番強いV. Leagueの中でも強豪のMSBYブラックジャッカルに加入。 オールラウンダーの役割としてOP(オポジット)として試合に出場している。 ジャンプサーブも打てるまでになった。 勉強はかなり苦手で、谷地に勉強を教わるまで、60点満点の小テストで2桁の点数を採ったことが殆ど無かった。 谷地に勉強を教わるも、期末テストの英語で1行ズレで解答して赤点を採ってしまい、補習を受けることになり、夏休前の合同合宿に影山と二人で遅刻参加した。 本作のもう一人の主人公にして日向の相棒。 名将・烏養監督の復帰を耳にして烏野高校へ進学、日向と再会する。 中総体で戦って以来、彼の身体能力に一目置いていた。 圧倒的なボールコントロール力と観察眼で誰もが舌を巻くほどの精密かつ正確なトスを繰り出す天才セッターで、烏野高校男子バレー部の正セッター。 トス回しに関してズバ抜けたセンスを持ち周囲からは「天才」と評される一方で、自らを天才とは微塵も思っておらず、高い志でひたすらバレーボール道に突き進む。 繋心にも「才能に胡座をかかず、容赦なくストイック」と評価されている。 ゲームメイク能力に大変優れており、冷静な観察眼と判断力で相手ブロックを翻弄しつつ、決定的なシーンでツーアタックを決めるなど強心臓かつ筋金入りの負けず嫌い。 梟谷学園高校のセッター・赤葦京治はその観察眼について「視野が広いだけでなく、(自らのプレーが)相手からどう見えているかも把握している」と評している。 烏野では、日向との「変人速攻」を始めとするマイナステンポの攻撃を軸にセンター線の速攻を多用する強気のトス回しを行う。 そのフォームは、天童曰く「一糸乱れぬセットアップ」であり、どこにトスを上げるのか直前まで全く読めない。 正確なトスと視野の広さが日向の運動能力と合わさることで、いつでもどこからでも攻撃が可能という厄介な攻撃手段となっている。 作中屈指のビッグサーバーであり、「殺人サーブ」とも称される強烈なジャンプサーブを武器としている。 その他、セッターとしての能力以外にもスパイクやレシーブ、ブロックなど攻守に渡って非常に優秀なオールラウンダーである。 だが最も多くボールに触れ、チームの司令塔となるセッターというポジションに対して強い誇りを持っており、「セッター魂」のロゴTシャツを好んで着用している。 強者を前にした時や逆境に直面した時、好調時には「嵐の前の静けさ」とも表現されるような穏やかな表情をたたえ、その見かけの穏やかさとは裏腹に全てにおいて「キレキレな」パフォーマンスを見せる。 日向はこれを「穏や影山 おだやかげやま 」と呼んでおり、「穏やかな顔というだけで凶暴性は変わりないので注意が必要」としている。 性格は少々辛辣で、思ったことを空気を読まずにそのまま言うことが多々あるため誤解されやすい。 特に皮肉屋の月島とは犬猿の仲であり、試合中であれ、いがみ合うことが多い。 山口と会話する描写はあまりないが、サーブをミスしたときにも責めたりはせず、OVAで勉強を教えてもらったりするなど、彼の言うことには素直に従っている様である。 また一年生の中で唯一山口には怒鳴っていない。 ジャンプフローターサーブを成功させた時には山口を褒める先輩たちの後ろから声をかけたそうにしていたが、対音駒戦ではライバル心を燃やしている。 中学時代は強豪校の北川第一中でセッターを務めていたが、勝利へのあまりに強い拘りと向上心が仲間との溝を深めて孤立。 その結果、チームメイトからは「コート上の王様」と皮肉めいたあだ名を付けられてしまう。 中総体県予選決勝戦でも、ブロックを躱そうと焦るあまりスパイカーの意思を無視した速いトスを繰り返した結果、「トスしたところに誰もいない」というチームメイトからの拒絶を受けてしまう。 この時のトラウマは後々まで影山のプレースタイルに影響を与える。 烏野入学当初も独善的な性格を覗かせていたが、澤村の荒療治(体育館出禁)の末、日向とのコンビプレーを確立。 インターハイで菅原のプレーを目の当たりにし、チームメイトとコミュニケーションを取り協調する大切さを少しずつ学んでいく。 最初の「変人速攻」では、目を瞑ってスイングする日向の打点へピンポイントに合わせる精密なトスを繰り出していた。 このことに注目した青葉城西・及川からは「神技」と称され「神技速攻」と呼ばれるに至った。 インターハイ予選敗退後の合同合宿において、現状を打破するために目を開けて戦いたいと主張する日向に対して「新しいことをするより今の技を高めることが優先」と激しく衝突する。 だが、及川の忠告からスパイカーに合わせる最大限の努力をすることを決意、繋心考案の「打点で止まるトス」を特訓して完成させた。 これによって日向の空中での選択肢が増え、変人速攻は大きくを遂げていく。 春高予選の攻守に渡る活躍から全日本ユース代表候補として、ユース合宿メンバーに選抜。 合宿で出会った稲荷崎・宮侑に自身のセットアップ「おりこうさん」なプレーと指摘され、中学時代のトラウマと「仲間との協調」の狭間で思い悩むこととなる。 その後、チームメイトとの衝突を経て今までのプレーが他人と衝突することへの怖れからスパイカーの要求に応え、その癖に合わせるだけのものになっていたことを理解した。 これをきっかけにトラウマが完全に払拭。 司令塔にとってはスパイカーの状態と試合の状況を判断することが最も大切と学んだ。 本誌ではこのエピソードは「返還」というタイトルで描かれ、孤独の王様を脱する為に一度は王冠をかなぐり捨てた影山が、新たな「コート上の王様」として再び戴冠するという劇的なシーンが大変話題になった。 また、セッターが支配できるのはスパイカーにボールを供給する時点までであるとの気付きから、今まで以上に冷静かつ的確に「スパイカーにより多くの選択肢を与える」セットアップを披露。 かつてのライバル及川や高校No. 1セッターと言われる宮侑の目の前で、「静かなる王の誕生」として、影山の新たな覚醒が描かれている。 田中曰くそのセットアップは「励ましではなく脅迫(しんらい)」であるという。 高校卒業後はプロになり、日本代表にも選ばれる。 白鳥沢出身の牛島と同じくV. LeagueのDivision1のシュヴァイデンアドラーズに入っており、ブラジルから送られて来た、日向と及川のツーショット写真を見ると牛島と2人揃って困惑していた。 上記のようなコート全体を把握した判断力やバレーの知識の高さに反して勉強は苦手。 高校受験に際しては、県内トップのバレー強豪校かつ進学校である白鳥沢学園高校を一般受験するもあえなく不合格となった。 高校進学は、谷地に勉強を教わるも期末テストの現文で赤点を採ってしまい、補習を受けることになり、夏休前の合同合宿に日向と二人で遅刻参加した。 背番号は1。 派手なプレーこそないが経験に裏打ちされた高いレシーブ力とパワーこそないもののスパイク、サーブでは器用なプレーを見せ、その攻守の器用さからユーティリティプレーヤーとしてオポジット位置を務める。 及川(青城主将)や大平(白鳥沢)などの強豪校の選手達からのは高く、「(澤村がいなければ)烏野の守備はもっと穴だらけなのに」と評されるほど。 ただ高さがないことは気にしているらしく、身長が1mm縮んでいることに凹んでいた。 のとしてに優れており、中学時代から「勝とうとしなきゃ勝てない」と主将としての責任を果たそうとしていた。 先走りがちな影山・日向コンビのフォロー(西谷曰く「尻拭い」)や暴走しがちな田中・西谷コンビへの牽制、ネガティブな東峰への叱咤など仲間のメンタルを支えるチームの大黒柱を担っており指導者としては経験が浅い繋心や武田からは感心されている。 実直で基本的には温和な性格だが怒る際の怖さは後輩だけでなく同級生の菅原、東峰にも恐れられている。 部や部員のことを第一に考えているため信頼は厚く上記の大黒柱としての一面から大人びて見られるが、クラスメートと購買部のパンを争った弾みで非常ベルを鳴らしてしまい先生に怒られるなど年相応のやんちゃさも持つ。 大黒柱として相手の強烈なプレーやチームメート同士の諍いでも表面上は焦らない胆力はあるもののもしもの時は周囲にフォローを求めたり、その不安から悪い夢を見たりしている。 黒尾(音駒主将)とは互いにを「喰えない奴」としている。 及川からは「主将君」と呼ばれている。 また、女心に疎いがある。 目標は。 日向と同じくに出場した烏野高校バレー部員に憧れて同校に入学した。 物語以前の入部当初は指導者不在や目標が揃わないチームなど「堕ちた強豪」の面を目の当たりにし憧れと現実のギャップに悩んでいたが同じく新入部員だった菅原や東峰と共に自主練や練習のやり方を考え始め現状からの脱却を目指す。 短期だが復帰した一繋の指導や田中たち世代の入部で実力を上げていき今に至る。 そんな根っこがあるからこそ揺るがない強さがあると一繋からも評される。 インターハイ県予選以降も部活を続けることに担任が学業の低下を懸念し、自身も「強い1・2年生に早めに託すべきではないか」と迷っていたが、菅原(3年副主将)に本心を見抜かれ、春高を目指すことを決意した。 5年後には警察官になっており、宮城県警の生活安全部に在籍している。 学業成績は優秀(進学クラス)。 背番号は2。 選手の性格や特徴を掴むのが上手い篤実なセッター。 影山の入学以降、正セッターから控えに回ることとなったが、出場の機会は諦めてはいない。 影山のような圧倒的なトス回しはできないが、スパイカーに合わせたトスを丁寧に上げる。 チームメイトからの信頼を集める先輩として影山の成長に大きな影響を与えた。 突飛なは仕掛けないが、自らの欠点であるブロックの低さを逆手に取って月島と位置交換(スイッチ)をしたり、「練習と経験」に裏打ちされた的かつ冷静なプレーを見せる。 春高予選決勝戦では、疲れの見えた影山と一時的に交替し、西谷のトスからのシンクロ攻撃を天童に仕掛けて、苦手だった攻撃面の殻を破ることにも成功した。 愛称は「スガ」、温和で優しい性格。 いつも笑顔で人当たりは良いが、辛辣な言葉を言い放つ時も笑顔であるため余計に怖い一面がある。 及川は「爽やか君」と呼んでいた(プレーを目の当たりにした後に撤回している)。 試合になると興奮しやすくなるようで度々アップゾーンで奇声をあげており、春高予選決勝では主審に注意された他、春高本戦では観客から「大人しそうなのに」と言われている。 県民大会の伊達工戦では、東峰にトスを集めすぎて、彼一人にブロッカーと戦わせてしまいトラウマになっていた。 「天才セッター」影山の入部で、自身のトスでスパイカーがブロックに捕まる恐怖から逃れられると安堵していたが、その気持ちを戒め、何時試合に出てもいい準備をしている。 繋心が影山を正セッターにすることを躊躇していた際にも、「ひとつでも多く勝ちたいです…迷わず影山を選ぶべき」と進言した。 主にピンチサーバー、ワンポイントツーセッターとして出場。 春高予選の準決勝戦では、のの高さを見せた。 インターハイ県予選後、部活を考えていた澤村の本心を引き出し、3年生全員が春高を目指すことへ導いた。 烏野高校卒業後は小学校教師になっている。 学業成績は優秀(進学クラス)で、インターハイ県予選後、担任から「(部活を)引退して勉強に専念するよう」言われたが、「メリットがあるからバレーやってるんじゃないです」と信念を固持した。 東峰 旭(あずまね あさひ) 声 - 演 - 身長:184. 背番号は3。 エーススパイカー。 3枚ブロックを打ち破るパワーに加え、多少乱れたトスでもスパイクを打ちきる技術を持ち合わせる。 インターハイ県予選後、ジャンプサーブを習得した他、春高本選からはスパイクの際に空中でわずかに「溜め」を作ることでブロックが最高到達点から落ちるところを打ち破るという技に取り組んでいる。 中学時代には「西光台の東峰」と言われておりそこそこ有名だった。 性格は温厚で小心者。 傷つきやすく、人一倍責任を感じるガラスのハートの持ち主。 外見からを目指そうと長髪にして顎髭を生やした結果、他校の生徒から「」「5年の成人」などとあらぬ噂を立てられ、「烏野のアズマネ」ので恐れられている。 元々で後頭部でぴっちり結びにするだったが、インターハイ県予選後にを使ったに変えている。 春高直前からは髪を頭頂部で一結びにする髪型にしており(ヘアバンドは着用する時としない時がある)、対戦相手や観客からは「サムライ」と呼ばれている。 県民大会の伊達工戦で、スパイクを何度もシャットアウトされて挫折し、休部していた。 しかし、新たに入部した日向・影山の熱意や菅原・西谷からの信頼に背中を押され、1カ月のブランクを経て復帰した。 その後、練習と試合を重ねて「自分は独りで戦っているわけではない」ことに気付いた。 インターハイ県予選会場で青根に「ロックオン」されるも目を逸らさなかったが、それは極度に緊張していたからであった。 それでも、伊達工戦ではブロックを打ち破るスパイクを決めてを果たした。 の合同合宿で、日向のハートの強さを目の当たりにし、月島から「日向はエースという肩書に拘っています…また噛みつかれますよ」と言われたが、「それでも負けるつもりはないよ」とプレーでエースの自覚を見せつけた。 烏野高校卒業後は東京でアパレルデザイナーをしている。 烏野高校2年生のL()。 背番号は4。 愛称は「ノヤッさん」。 レシーブの技術に優れ、後方からチームを鼓舞する「烏野の守護神」。 抜群のと勘の良さを併せ持つ「天才リベロ」である。 リベロに対する情熱は人一倍強い。 インターハイ県予選後、手前からのジャンプトスを試みたがオーバーハンドが苦手と分かり、菅原に指導を受けている。 日向達が入部した頃は、休部した東峰と廊下で口論して教頭を巻き込み、1週間と部活禁止1ヵ月のを受けていた。 出身中学は千鳥山中で、当時は県のベストリベロ賞を受賞するほどのプレーヤーであったが、女子がかわいい・男子制服は黒の・から近いなどの理由で、強豪校へは見向きもせず烏野高校へ進学した。 ゲリラ豪雨と例えられるほど騒がしく、煽てられると調子に乗り、時々、日向の憧れの技、「ローリングサンダー(&アゲイン)」(普通の回転レシーブ)を披露する。 「」のを愛用しておりレパートリーも豊富である。 幼少期には現在からは想像もつかないほどの「ビビリ」であったが、祖父の「わからず終いはもったいない」という言葉からビビリの性格を克服していった。 春高予選決勝の前日に「白鳥沢にウシワカ(牛島若利)有りなら、烏野に俺有りっスから」とチームを鼓舞し、試合中に「唯一、奴(牛島)と対等なのは俺なんです」と覚悟を見せ、トータル後方のの役割を果たした。 第5セット、烏野のマッチポイントにつながるスーパーレシーブを連続で見せ、「太ももがはち切れようとも、空中戦は頼みます」とスパイカー達を鼓舞した。 レシーブの名手であるが、長い間リベロに徹していたことから唯一オーバーハンドでのボールタッチを苦手としており、オーバーハンドで行うのが通例であるジャンプフローターサーブのサーブレシーブが苦手。 それを見破られた春高本戦の稲荷崎戦では宮侑のサーブの標的にされるという屈辱を味わったが、持ち前の根性で克服した。 田中とは煩い2年コンビとして扱われ、共にマネージャーの潔子(3年)を崇拝している。 潔子から唯一平手打ちを食らったことで、田中と山本猛虎(音駒)から扱いされている。 田中と同様に勉強は苦手。 縁下(2年)に勉強を教わり、期末テストの赤点をギリギリで回避した。 背番号は5。 姉の冴子は同校卒業生。 「次期エース」として期待されるパワースパイカーだが、表情や口調とは裏腹にの広いプレーをし、ブロックアウトやコースの打ち分けも上手い。 常に部内のでチームメイトに適切なフォローをする他、自身が追い込まれた時でもハイテンションを保ち、チームの危機を救うスパイクを幾度となく決める不屈のメンタルの持ち主。 「できるまでやればできる」の精神の下、東京合宿で目の当たりにして以降体得を目指していた梟谷のエース・木兎光太郎の超インナークロススパイクを春高本戦にて完成させた。 春高本戦の実況やニュース番組では「裏エース」「切り込み隊長」と評されるなど評価が高い模様。 坊主刈りで口調は荒く、一見してのようだが、人情が厚く、上下関係を遵守している。 日向と影山を入部当初から気にかけ、春高予選前は月島を気にかけている。 また、赤点補習となった日向と影山のために、2人を合同合宿先(音駒高校:東京)まで送り届けてくれるよう姉(冴子)に頼んだ。 一方、女子に人気のある男子や味方に突っ掛かる対戦校選手、潔子に近寄ろうとする男子に対しては敵意を隠さない。 意図する、しないに関わらず対戦相手への威嚇をよく行い、澤村や菅原に窘められる。 高校入学当初までは金髪でありガラも悪かったが、3人の3年生(当時2年生)を「何か強えやつ」と認めた後に気合の入れ直しとして丸刈りにして現在に至る。 西谷とは煩い2年コンビとして扱われ、共にマネージャーの潔子を崇めている。 入部初日に潔子を目にした瞬間に一目惚れ、第一声が「結婚してください」と初対面でプロポーズし(結果は拒否)、以降話しかけてガン無視されても喜んでいる。 烏野高校卒業後はスポーツインストラクターになっており、潔子と結婚している。 西谷と同様に勉強は苦手。 縁下に勉強を教わり、期末テストの赤点をギリギリで回避した。 縁下 力(えんのした ちから) 声 - 演 - 身長:175. 背番号は6。 次期主将候補。 ・烏養一繋監督が一時的に復帰した時、練習の厳しさに耐えられずバレー部から遠ざかってしまった過去がある。 その事を現在でも悔み部活に対する姿勢の原動力となっているが、「次期主将」と言われることに対する引け目にも繋がっている。 及川曰く「そつのないプレーをする選手」。 観察眼に優れ、チームメイトに的確なを送る。 そのため信頼は厚い。 春高予選準々決勝の和久谷南戦では、負傷の澤村と交代してキャプテンを努めた。 大人しい性格で、スタメンで出場しても対戦相手の監督から1人だけ忘れられるほど影が薄い。 しかし、騒ぐ田中・西谷には毒舌を吐いて窘め、インターハイ県予選の青城戦では、調子を崩した影山が余儀なく交代させられた際、周りを観察して彼にアドバイスをするなど、しっかり者である。 頭も良く、同学年の問題児コンビ(田中・西谷)を抑え、1年生の曲者2人(影山・月島)に牽制できる貴重な人材と見なされている。 冴子曰く「どう見ても、2年の首領(ドン)」。 烏野高校卒業後は理学療法士になっている。 木下 久志(きのした ひさし) 声 - 身長:174. 背番号は7。 名将・烏養一繋監督が一時的に復帰した時、練習の厳しさに耐えられずバレー部から遠ざかってしまった過去がある(縁下・成田とともに戻った)。 物語開始から春高予選までの間、唯一試合出場のシーンが描かれなかった。 春高予選以降はジャンプフローターサーブの習得を目指しており、山口曰く「高確率で同じところに打っている」とのこと。 これ以降ピンチサーバーとして試合出場の機会を得ている他、オーバーハンドトスを苦手とする西谷の練習相手を務めるようになった。 春高本戦の稲荷崎高校戦では、第2セット終盤にピンチサーバーとして出場するも自身のジャンプフローターサーブをいとも簡単に処理された上に強烈なスパイクに反応できず、「俺は何もやってない」と理想と現実のギャップに打ちひしがれた。 しかし、西谷が宮侑のジャンプフローターサーブを完璧にレシーブした際には練習相手としてアドバイスを送っていたことから一番にガッツポーズを向けられた。 烏野高校卒業後は鉄道会社に就職している。 ドラマCD版では、寝ている田中の顔に油性ペンで落書き(本人が命名「龍えもん」)するなど、ユーモア溢れる一面もある。 成田 一仁(なりた かずひと) 声 - 身長:180. 背番号は8。 名将・烏養一繋監督が一時的に復帰した時、練習の厳しさに耐えられずバレー部から遠ざかってしまった過去がある(縁下・木下とともに戻った)。 トスが乱れても、セッターと呼吸が合わなくても、対処できる器用なミドルブロッカー。 現状日向や月島の控えであるが、菅原とのプレーのは抜群に良い。 春高予選決勝戦の第5セット、月島が治療中に交代出場する。 粘りのプレーで窮地をしのぎ、繋心から「この場面で普段通りを発揮するなんて、大したモンだぜ」と労われた。 烏野高校卒業は不動産会社に就職している。 月島 蛍(つきしま けい) 声 - 、(小学生時代) 演 - 身長:188. 唯一の部員。 烏野高校男子バレー部で1番の長身プレーヤー。 誰よりも冷静で状況の把握とに秀でる智略型ブロッカー。 春高予選の決勝戦以降、巧みな駆け引きとリードブロックで、トータルディフェンスのかつ前線の盾として活躍する。 白鳥沢高校・天童の「ブロックは読みと嗅覚」との言葉に対し「ブロックとはシステム」と自信を持って返した他、「止めてナンボのブロックなんて古い」と豪語するなど自らのプレーを個人技ではなくチーム全体の戦いの一部であるとする姿勢を貫いている。 稲荷崎高校・角名には「こんなに自己主張の薄いMBは初めて」、武田監督には「烏野の理性」、菅原からは「職人」などと評されている。 チーム内外で同ポジションの日向と比較され、表面上、身長・頭脳・技術で劣る日向には相手にしていない態度を取っているが、兄が敵わなかった「小さな巨人」の面影があり、抜群の身体能力を持つ彼を内心では畏怖している。 宮城県1年選抜強化合宿メンバー。 春高予選後の宮城一年選抜合宿では、「ブロックが見えている」という日向の能力を認め練習相手にしている。 性格はかなりの屋で、日向と影山の入部を賭けた3対3では、2人のトラウマを抉るような発言を繰り返す家でもある。 しかし、澤村は「いい性格の悪さをしている」と評している。 チームメイトになってからも、熱血タイプの日向・影山に皮肉めいた言動を取っていがみ合うことも多く、そのたびに達に窘められている。 一方で「真っ向コミュニケーション」を苦手とし、心の内に素直に真っすぐ踏み込まれるとペースを乱され、いつもの皮肉が出なくなる。 普段は幼馴染みの山口(1年)と行動を共にすることが多く「ツッキー」と呼ばれている。 口癖は「うるさい、山口」。 谷地曰く「特別元気に見えないのが基本」。 「小さな巨人」の先輩だった兄(明光)の境遇から、「たかが部活」と部活動およびに対して冷めたシニカルな姿勢をとっていた。 繋心曰く「合格点を取っても、100点を目指さない」プレースタイルで、インターハイ県予選から春高一次予選を経てもそれは変わらなかったが、夏休みの合同合宿にて、後ろ向きな姿勢を山口からかっこ悪いと一喝されてしまう。 しかし木兎や黒尾らの自主練習に付き合ううちに、「下手だから楽しくないのだ」という木兎の言葉に自らの未熟さを思い知った。 これが月島自身の成長のきっかけになった模様。 木兎や黒尾を始めこの自主練習に参加していた選手からも「ツッキー」と呼ばれている。 春高予選決勝戦、一方的な展開になった序盤はチームの中でただ一人諦め気味だったが、日向、影山や西谷の決して勝負を諦めることのない姿勢を目の当たりにして、ブロッカーとしての自らの役割を自覚して覚醒していく。 決勝戦の第2セットでは、セッターの白布(白鳥沢)にプレッシャーを与え続けることで、僅かなトスの乱れを誘発し牛島を見事にシャットアウトした。 第5セットで右手を負傷し治療のために一時交代するも、勝利後に「誰が何と言おうと、今日はお前がだ」と繋心に称されるほど、これまでにない粘り強いプレーをしてみせた。 しかし月島本人は、最後に牛島をシャットアウトする誘導作戦が通じなかったことや、たった一本しか牛島を止められなかったことで、その不甲斐なさを悔やんでいる。 春高本戦の稲荷崎高校戦では、宮兄弟の「双子速攻」をシャットアウトした他、角名倫太郎のターン打ちに対しクロス側のみを冷静かつ徹底的に塞ぎ続けることで、味方レシーバーに攻略の糸口を提供した。 学業成績は優秀(進学クラス)。 テスト前は日向と影山に勉強を教えている。 教える際に秒針のようなで舌打ちするらしく、日向曰く「俺達がバカ過ぎるからイラついている」。 高校卒業後は大学へ進学し、大学卒業後は仙台市博物館に就職予定であり、またV. League Division2の仙台フロッグスに所属している。 山口 忠(やまぐち ただし) 声 - 、(小学生時代) 演 - 身長:179. MBだが、試合ではピンチサーバーで起用される。 ジャンプフローターサーブの使い手。 月島とは幼馴染みで、彼を「ツッキー」と呼び、普段から一緒に行動している(同クラス)。 入学当初は、月島に追従する形で日向と影山に挑発的な態度をとることもあったが本人はいわゆる「いい子」であり、影山に勉強を教える描写もある。 月島の最大の理解者で、夏休みの合同合宿で叱咤激励し彼が変わるきっかけを作った。 自分以外の1年生が試合に出場し活躍している姿を見て発奮し、嶋田(烏野OB)を訪ねてジャンプフローターサーブを習う。 インターハイ県予選の青葉城西 通称 青城 戦でピンチサーバーとして初めて公式試合のに立つも、極度の緊張で失敗。 しかしその悔しさを忘れず練習に励んだ。 春高予選準々決勝の和久谷南戦では(2本目に)失敗を恐れ守りのサーブをしてしまい自己嫌悪に陥る。 試合後、繋心に「もう一度チャンス」を請い、準決勝の青城戦はサービスエース3本を含む連続5得点に絡む活躍をした。 この活躍に周囲は驚喜したが、月島は「この5ヵ月、(山口は)誰よりもサーブ練習をしてきた」と活躍が当然のように言い切った。 春高前のサーブ強化週間にはより速いサーブの習得を目指し、春高初戦の椿原学園戦でも幾度となくサービスエースを決め、繫心をして「こいつ短期間でどんだけ成長するんだ」と言わしめた。 高校卒業は月島と同じく大学へ進学し、大学卒業後は家電メーカーに就職予定である。 黒髪のロングヘアに眼鏡、季節を問わず一年中穿いている黒タイツが特徴。 他校の選手や周囲の人々も目を奪われるほどので、田中や西谷のみならず音駒の山本など虜となっている者は多く、そのような連中に対しては声をかけられてもガン無視を徹底している。 寡黙だが仕事は要領よくこなす有能なマネージャー。 バレー部を思う気持ちは熱く胸に秘められており、インターハイ県予選後に1年生の教室を回りマネージャーの再募集に奔走した。 表情の変化に乏しくやや口下手な面があるが、谷地の入部後は笑顔を見せるようになった。 日向・影山・月島がそれぞれの合宿から戻った日、日向と影山の喧嘩を見て「平和」に感じていた(いつもの烏野バレー部に戻ったことが嬉しい様子)。 中学生時代は部に所属しておりの選手であったが、決して優秀な選手ではなくよく転んでいたという。 高校進学後は陸上部に入らず澤村に勧誘されるままにバレー部にマネージャーとして入部するも、それは自分が選手として「最前線」で戦うことを恐れての判断であった。 入部後もバレー部の戦いを「どこか他人事」として見ていたが、次第にマネージャーとしての「最前線」での戦いに目覚め、新マネージャーの勧誘など次の世代に繫ぐために精力的に活動している。 高校卒業はスポーツショップ店員になっており、また田中と結婚し名前も田中潔子となっている。 谷地 仁花(やち ひとか) 声 - 演 - 身長:149. インターハイ予選後、学期途中に入部した新米マネージャー。 夏の合同合宿(東京・埼玉)のため、日向のスパイク写真を素材にした「募集」を作成して遠征費の確保に貢献した。 「春高出場決定ポスター」も作成している。 性格は素直だが、極度のビビリで心配性。 重度の妄想癖があり、潔子の側に長時間いたために「ファンに暗殺される」、日向に声を掛けられたときには名前が分からず(まだ自己紹介を受けていなかったので当然だが)、他人の名前を覚えられないことを悲観し「ゆくゆくは臓器売買しなければ」などと妄想する描写がある。 夏休みの合同合宿(埼玉)最終日のの時には、背の高い選手が群がっているのを見て「巨人の密林」と想像するなど奇怪な思考を持つ。 仮入部期間中、母親の厳しい言葉に迷い日向に相談し、自身を受け入れてくれる部員や潔子の真っすぐな言葉にも押され、街中の大通で母親に向かって「私マネージャーやるから」と大声で宣言した。 田中の姉の冴子の胸を見て愕然とするなど、胸の大きさにコンプレックスを抱いてる節がある。 春高予選の決勝戦の勝利直後に気絶した。 学業成績は優秀(進学クラス)で、日向と影山に勉強を教えて2人のを1教科のみに抑えた。 高校卒業後は大学へ進学し、大学卒業後は広告デザイン会社に就職予定である。 武田 一鉄(たけだ いってつ) 声 - 演 - 身長:166. 現代文の教師。 田中と西谷からは「たけちゃん」と呼ばれている。 就任して間もないばかりで、バレーボールのであるためも理解していなかった。 しかし、部員や繋心に教えてもらうたびにメモを取るなど、真面目で熱心な性格。 猫又監督(音駒)から「熱意には熱意が返ってくる、あんたが不格好でも頑張ってれば、生徒はちゃんとついてくる」と励まされた。 現代文教師であることからミーティングでの訓辞などでポエミーな言葉選びをすることが多く、そのたびに周囲に引かれていないか心配している。 また、土下座が得意らしい。 バレー部を強くするため、就任を頼みに繋心を何度も訪ねたり、人脈のない状況で強豪校の青葉城西高校と音駒高校との練習試合や、梟谷学園との合同合宿(東京・埼玉)への参加を取り付けるなど献身的に動いている。 その行動はバレー部を成長させた礎として「あんたは凄い事をやってくれた」と繋心に感謝された。 に強いらしく、夏の合同合宿では猫又監督とかなりの酒量を飲んでいる。 喫煙者で、普段は母方の実家である坂ノ下商店の店番をしている。 かつて、烏野高校バレー部を強豪校まで引き上げた・烏養監督の。 町内会チームを作るほどの「バレーボール好き」だが、コーチなど人に指導することはあまり好まなかった。 ただ、高校・時代は指導に長けており、対戦相手の分析も鋭かった。 その才能を聞いた武田監督から何度もコーチ就任を請われ、音駒高校と練習試合することを知って重い腰を上げた。 当初、GWの音駒との練習試合までという約束でコーチを引き受けたが、猫又監督の挑発に乗り、継続して務めている。 猫又監督曰く「(突っかかる理由は)顔付がじじぃ(一繋)に似ているから」。 自身の指導力量を超えている事に対しては、日向の指導を祖父の烏養(元監督)に依頼したり、月島へはブロックの基本理論を話して「俺はお手本になるほど上手くねぇ…身近で優れているのは音駒の黒尾あたり」と、適切なアドバイスを送るなど真摯なコーチング姿勢でいる。 プレーヤーとしてのはセッター。 高校時代、試合にスタメンで出場したのは後輩の正セッターが怪我をした時の1試合のみで、その経験もあって菅原をスタメンから外すことに躊躇していたが、彼の進言を聞き「お前らが勝ち進む為に、俺にできることは全部やろう」と決心。 自他チームの分析に優れているあまり、試合では消極的な指示を出すことも度々あった。 その消極的な指示も、春高予選の準々決勝戦までの選手達の成長振りと、澤村のリーダーシップにより払拭された。 白鳥沢学園の鷲匠監督からは「孫の代になっても(戦い方が)変わんねーな!」と評されている。 バレーは常に上を向くだ! 」とメンバーを叱咤激励をした。 春高大会までにサーブのレベルアップを図る方針を取り、影山、月島がそれぞれ参加する強化合宿の期間中を「サーブ強化週間」としていた。 烏養繋心の祖父。 「小さな巨人」を育て烏野高校を春高へ導いた名将で、「烏野の烏養」として広く名が知られている。 「凶暴なを飼っている」と評判の指導者だった。 猫又監督とは長年ので、烏野高校と音駒高校の試合は「(との)ゴミ捨て場の決戦」と言われている。 また、鷲匠監督とは正反対のチーム育成論者である。 一度は監督を引退するも後に復帰。 しかし、間もなく倒れてしまい入院することになった。 復帰時に指導を受けた現2・3年生を震えあがらせた(現2年生は一度逃げ出している)。 その後退院し、自宅の庭コートで近所の小中学生や、ママさん選手など幅広い層にバレーボールを教えている。 春高一次予選前、孫の繫心の依頼を受け、日向にスパイクの基本理論と基礎技術を指導して「変人速攻」の進化を手助けした。 日向の姿に、かつて育てた「小さな巨人」を重ねている様子。 彼を「チビ太郎」と呼ぶ。 春高一次予選の角川学園戦を観戦し、「マイナステンポ(変人速攻)は確かに単品ではスゴいが、使い方がもったいない」と批評している。 決勝戦も試合途中から観戦している。 春高予選後に再入院。 繫心は「」と武田に説明している。 女子バレー部員 道宮 結(みちみや ゆい) 声 - 身長:159. 澤村の中学からの同級生で、県予選まで烏野高校女子バレー部主将を務めた。 試合前などは弱気になってしまうが、澤村の言葉も支えとなり部員の前では常に頼れる主将として努力し続けた。 真緒(3年)と一緒に春高予選の決勝戦の応援に駆け付け、澤村へ「」を渡した。 彼に想いを寄せている様子。 相原 真緒(あいはら まお) 烏野高校3年生。 結と一緒に白鳥沢戦の応援に駆け付けた。 結が澤村へ御守を渡せたのを見て、「あんたにしては、よくやった」と褒めた。 佐々木 千鶴(ささき ちづる) 渡部 望(わたべ のぞみ) 菊池 萌(きくち もえ) 青木 真奈美(あおき まなみ) 須藤 凛子(すどう りんこ) 烏野高校女子バレー部新主将。 男子に負けじと「県予選ベスト8」を目標に掲げた。 アヤ 声 - (1期)、(3期) 男子バレー部OB 宇内 天満(うだい てんま) 年齢:21歳 烏野高校男子バレー部が数年前に行ったで、エーススパイカーとして活躍した「小さな巨人」。 現役当時の背番号は10。 繋心が祖父・一繋から聞いた話によると、当時の身長は170cmそこそこだったらしい。 入部当初は表立った活躍はなく、2年生から頭角を現して春高の舞台に立っている。 冴子によれば「自分がであることの絶対的と自信」を全身から立ち昇らせていたと言い、練習試合にて不調によりに下げられた際には、悔しさのあまりに自ら頭を打ち付けた。 冴子曰く、その時の目付きは「どんな強面の知り合いより怖かった」という。 「小さな巨人」の呼名は、の実況が付けた様子。 その試合での活躍が日向をバレーボールに導いた。 高校卒業後の現在は関東の大学に在学中。 大学からのスカウトなどもなかった上、「他にやりたいことがあったから」としてバレーボールを引退している。 滝ノ上 祐輔(たきのうえ ゆうすけ) 声 - 演 - 坂口慎之介 身長:185. ポジションはMB。 町内会チームのメンバー。 たまに、繋心の代わりにコーチを引き受ける。 試合ではプレーの解説役を担っている。 嶋田 誠(しまだ まこと) 声 - 演 - 身長:177. ポジションはWS。 町内会チームのメンバー。 変則のにて、ジャンプフローターサーブで連続サービスエースを決めた。 教えを請いに来た山口にジャンプフローターサーブの指導をしている。 春高予選準々決勝の和久谷南戦にて、満を持してピンチサーバーで出場した山口を見て「吐きそう」と漏らした。 試合では滝ノ上とともにプレーの解説役を担っている。 内沢 英紀(うちざわ ひでのり) 声 - 身長:176. ポジションはWS。 町内会チームのメンバー。 月島 明光(つきしま あきてる) 声 - 演 - 山川宗一郎 身長:185. ポジションはWS。 中学時代はでエーススパイカーだったが、烏野高校ではベンチ入りすら叶わなかった。 現在は、家を出てで暮らしており、高校時代の悔しさから就職してもバレーボールを続け、「バレーを気が済むまでやりたい」と考え、社会人チーム「加持ワイルド・ドッグス」に所属。 春高予選前に、蛍を所属チームの練習に参加させ、彼にスポーツグラス()をプレゼントした。 弟の蛍とは正反対の明るい性格。 自身の影響で蛍が偏屈な性格になったと思っており、学校や部活で山口以外の友達がいるのか心配していた。 春高予選の決勝戦を観戦 応援 し、蛍がチームに溶け込んでいる姿を目の当たりにして安心した。 蛍から「観戦 応援 に来るな」と言われていたため、変装して烏野応援席に着いたところ、冴子から と勘違いされて捕らわれた。 烏野のが決まり、近くにいたおじさんに誇らしげに蛍を自慢した。 黒川 広樹(くろかわ ひろき) 声 - 身長:183. 9kg 烏野高校男子バレー部前主将。 澤村の前の主将。 中学時代から「久中のクロカワ」と呼ばれるなど実力者であった。 練習をサボった縁下達(当時1年)が戻ってきた際に無条件に受け入れようとした澤村(当時2年)に対し、優しいだけでは駄目だという考えから「練習がしたいなら着替えて来い」と言った。 春高に出場した烏野の応援に東京まで駆けつけている。 田代 秀水(たしろ ひでみ) 声 - 身長:175. 8kg 烏野高校男子バレー部前々主将。 黒川の前の主将。 監督不在の中、チームを率先して引っ張っていたが、インターハイ県予選では早々に敗退した 2回戦。 引退の挨拶で「チャンスは準備された心に降り立つ… 全国優勝の チャンスが来たら掴めよ」と、当時1年生の澤村・菅原・東峰に言葉を残した。 黒川とともに春高に出場した烏野の応援に東京まで駆けつけており、成長した澤村たちの姿に涙を流していた。 その他関係者 田中 冴子(たなか さえこ) 声 - 演 - 身長:155. 田中龍之介の姉。 弟の龍之介と同様に面倒見が良い「姐御肌の女性」。 大学ではのチームに所属し、などで活躍している。 の補習のために夏休前の合同へ出発できなかった日向と影山を、龍之介の頼みで合宿先(梟谷学園高校)まで送り届けた。 烏野バレー部員からは「姐さん」と慕われており、彼らを始め多くの知り合いを下の名前で呼ぶなどフレンドリーな一面が強調されている。 「小さな巨人」の同級生だが、はっきりとした面識はない。 日向と影山を合宿先へ送る車中、「自分がであることの絶対的と自信、そういうのが全身から立ち上ってるんだ」と小さな巨人の印象を語っている。 当時のバレー部の試合を数度観戦している。 に対しては素人だが、滝ノ上、嶋田の解説によりチームの1人1人の役割と位置付けを理解している様子。 春高予選決勝の勝利直後に気絶した谷地を片手で支えた強者。 にも強く、日向と影山を合宿先へ送り届けた夜、猫又監督(音駒)や武田監督達と一緒に、かなりの酒量を飲んだことが描写されている。 春高本戦では2回戦の稲荷崎戦で和太鼓のチームを率いて上京、「烏野太鼓」の演奏で稲荷崎吹奏楽部に対抗し烏野メンバーを鼓舞した。 森 行成(もり ゆきなり) 声 - 身長:183. ポジションはMB。 町内会チームのメンバー。 教頭 声 - 本名・年齢不詳。 を被っている。 田中によると「何かと問題行動にしたがる教頭」でバレー部とは浅からぬ因縁がある(東峰と西谷の騒動)。 入部したばかりの日向と影山にカツラを飛ばされた。 他言無用を条件に不問にしたが、この事件は、日向と影山が体育館出禁になるキッカケとなった。 なお、カツラは全校生徒の暗黙の了解となっている(影山だけは気づいていなかった)。 アニメ版では、白鳥沢戦で自らカツラを外し振り回して応援するなど意外と熱い面もあるよう。 宮城県の高校 青葉城西高校 及川 徹(おいかわ とおる) 声 - 演 - 身長:184. 背番号は1。 誰彼構わずあだ名を付ける。 型セッター。 華麗なトスと強烈なジャンプサーブを武器としている。 の高さもさることながら、高い能力も併せ持ち、味方選手それぞれの性格やクセを掴んで試合に活かす司令塔である。 また、対戦相手チーム・選手への観察眼も鋭い。 烏野高校との練習試合では、怪我のため終盤からピンチサーバーとして出場し、抜群のパワーとを見せつけた。 影山の中学校の先輩であり、「ブロックとサーブを及川さんを見て覚えた」と影山が言うほど、彼にはプレー面で大いに影響を及ぼしている。 「チームの力を100%引き出せるセッター」として牛島(白鳥沢主将)からも一目置かれ、練習を偵察した影山に「一生勝てないかも」と思わせた。 県内と称されているが、「凡人」としての努力の結果であると自覚している。 そのため「」と呼ばれる選手(牛島や影山)を異常なほど忌み嫌っていた。 日向や菅原ら烏野のチームメイトが影山を「独裁者(孤独の王様)」から脱却させたことにいち早く気づき、影山が変人速攻のことで相談をしてきた時には辛辣なアドバイスを送ってもいる。 春高出場を決めた影山を見て「ムカつく」と吐きながらも、影山のプレーを誇らしく思っている様子。 普段の少々おちゃらけた性格とは裏腹に、試合では一言でチームの雰囲気を変える性を持つ。 甘いで女子からの人気が高く、女子に愛嬌を振りまいては岩泉から怒りを買っている。 影山曰く「引っ掻き回すのが好きで性格が悪い」らしい。 「王様」である影山が恐れる先輩ということから、日向からは「様」と呼ばれる。 座右の銘は「叩くなら折れるまで」。 中学最後の中総体で県のベストセッター賞を受賞している。 春高予選の準決勝敗退後、先に白鳥沢学園を選択しなかった理由について、牛島から「お前は道を間違えた…取るに足らないの為に…」と指摘され、「取るに足らないこのプライド、絶対に覚えておけよ」と言い返した。 高校卒業後はへ渡り、現地のプロリーグのCAサン・ファンに所属し、プレーをしている。 アルゼンチンのプロチームでプレーをしている理由は、自身が目標としている選手である、ホセ・ブランコについていく為である。 チームのブラジル遠征の際に偶然日向と再開し互いの近況報告などをし、日向とビーチバレーをした。 アニメではのテーマソングや、の応援歌を鼻唄で歌っていた。 背番号は4。 スパイカー。 とを持ち合わせ、勝負所で決めるの強さも持っている。 長年、及川とともにバレーボールをしてきたことから安定感のあるコンビプレーを見せ、影山から「の呼吸」と表現された。 の頃からの仲である及川からは「岩ちゃん」と呼ばれている。 及川にはよくからかわれるが、彼に辛辣な言葉を浴びせることもある。 中学時代に天才・牛島への敗北と天才・影山の登場(入学)によって焦った及川が独善的にプレーにのめり込むようになった際は、「6人で強い方が勝つ」と彼にチームプレーの大切さを説いた。 京谷を頭越しに怒れる唯一の人物。 春高予選の決勝戦、勝利を決めた烏野高校の最後の攻撃について、 咄嗟にテンポを変えた日向に 「最後に…よく反応できたな」と後輩の影山を讃えた。 背番号は2。 及川からは「松(まっ)つん」と呼ばれている。 春高予選の準決勝では日向の新しい速攻に対し、直接シャットアウトを狙うのではなくコースを絞るブロックで対応した。 春高2回戦・烏野対稲荷崎戦にて、宮治に対してコミットブロックで対応した日向がこのプレーを再現してみせた。 花巻 貴大(はなまき たかひろ) 声 - 櫻井トオル 演 - 身長:184. 背番号は3。 及川からは「マッキー」と呼ばれている。 渡 親治(わたり しんじ) 声 - 演 - 身長:171. 背番号は7。 及川からは「渡っち(わたっち)」と呼ばれている。 セッター経験のあるリベロで、アタックライン手前からのジャンプしてトスを上げるという離れ業をやってのける。 守備力では西谷 烏野 に敵わないと自覚している。 しかし、チームが勝つためにするべきことを咄嗟にできる選手である。 背番号は6。 烏野高校との練習試合で、故障中の及川に代わりスタメンとして出場していたセッター。 チャラい性格であるが、バレー部と先輩に対する思いは真剣である。 春高予選の準決勝戦、ミスを連発して交代させられた京谷の拗ねた態度を、辛辣な言葉で諌めた。 春高予選準決勝の烏野戦の試合前練習にて、仁花に声をかけようとボールを転がしたが、味方選手のレシーブミスのボールが仁花へ向かって飛び、それを潔子(烏野)が打ち払ったのを見て恐れをなした。 春高本戦で善戦する烏野に対し、人一倍大きい声援を送っている。 金田一 勇太郎(きんだいち ゆうたろう) 声 - 演 - 身長:189. 背番号は12。 影山の中学時代のチームメイト。 国見と同様に中総体県予選決勝戦で影山の横暴なプレーに反旗を翻した。 高い打点からスパイクする長身プレーヤー。 及川からを引き出され、スタメン選手になった。 烏野高校との練習試合で、影山・日向のプレーに翻弄され、影山の速いトスに対応できている日向を見て自信を失いかけた。 練習試合以降、日向の実力を認め影山には気を遣っている。 影山のプレースタイルの変化に気づき、ずっと中学時代の影山への仕打ちを気にしていたようだが、日向から「ゆずれなくてケンカすんのは普通だ」と言われ、少し心が救われた様子。 に似た髪型から、日向からは「らっきょヘッド」と呼ばれているが、本人に自覚は無い。 宮城県1年選抜強化合宿メンバー。 同合宿不参加の影山が「上のレベル 日本ユース代表合宿 」に行ったことに気づき、改めて悔しさを滲ませた。 押し掛けた日向を「参加させればいい」と心を剥き出しにした。 ボール拾いに徹しながらも並々ならぬ向上心を見せる日向の姿を見て以降、何かと日向を気にかけている。 高校卒業後、大学2年生の時に日向と及川が再会した写真が送られたときは驚いている。 国見 英(くにみ あきら) 声 - 演 - 身長:182. 背番号は13。 影山の中学時代のチームメイト。 金田一と同様に中総体県予選決勝戦で影山の横暴なプレーに反旗を翻した。 「よく・よく・常に冷静」が武器のクレバーなプレーヤー。 積極性に欠けるプレーが多く練習中もコーチから度々注意されているが、能力の高さは影山も認めるところだった。 結果的には最後まで動けるプレースタイルであり、単なる体力温存の緩慢プレーではない模様。 「常に全力」を求める影山には国見のプレースタイルは相容れないものであったが、及川にはそれを見抜かれ利用されている。 県までスタメン。 烏野戦では、後半から体力が減り動きが鈍くなったチームメイトをよそに活躍している。 マイペースな性格で、嫌いな言葉の第2位は「がむしゃら」であり、第1位は「かわいそう」である。 強豪校である青城でレギュラーをとったことから、高いセンスを持っていることが窺えるが、春高予選の烏野戦では影山に得意のフェイントを読まれて、その後は京谷と交代してベンチに控えた。 中学時代の影山への仕打ちを気にしている金田一に「気にするな、お前も精一杯やっただろう」と慰めている。 宮城県1年選抜強化合宿メンバー。 同合宿に押し掛けた日向からプレーを注視されてやり難い様子を見せていた。 京谷 賢太郎(きょうたに けんたろう) 声 - 身長:178. 背番号は16。 及川からは「狂犬ちゃん」と、不愉快なあだ名を付けられているが、日向から「異名か?…かっけぇ!!」と思われている。 決定力に欠ける青城高校の秘密兵器として春高烏野戦に登場。 強い背筋で体を反らして強打するパワースパイカー。 威力あるジャンプサーブも武器とする。 「攻撃は強打が決まんなきゃ、気持ちよくねぇ」が信条。 日向曰く「の快感を知らないとは、もったいない奴め!!」。 スパイカーとしての実力は高く、1年生から試合に出場していた。 しかし、アクの強い性格が災いして当時の3年生と衝突し、今年 2年生 の春高予選前までバレー部を離れ、大学やクラブチームで練習していた。 春高予選準決勝、烏野戦ではそのバネと強打で獅子奮迅の活躍を見せるが、他人(金田一)に上がったトスを奪ってスパイクを外したり、乱れたトスをそのまま強打してブロックにシャットアウトされたり、勝敗は二の次の的なプレーも目立った。 得点力はあるが失点も多い、いわば「諸刃の剣」である。 第2セット後半から第3セット前半にかけて、烏野の菅原と山口にサーブで狙われたり、田中の意図せぬ挑発や月島の機転などもあって調子を崩したため一時はベンチに下げられた。 同学年の矢巾から「先輩の晴舞台に泥塗ったら、絶対に許さねえからな」と諌められたことで、チームプレーの大切さを知ったようである。 温田 兼生(ゆだ かねお) 声 - 青葉城西高校3年生のWS。 陣以上にが高い。 春高予選の準決勝敗退後、号泣しながらでレギュラー陣を慰めた。 及川曰く「 温田を 見ると冷静になれる」。 沢内 求(さわうち もとむ) 声 - 青葉城西高校3年生のMB。 志戸と共にテンションが高すぎて暴走気味な温田を抑える役割を担う。 志戸 平介(しど へいすけ) 声 - 青葉城西高校3年生のWS。 太い眉毛が特徴。 気遣いができ、沢内と共に暴走する温田をよく止めている。 常に完成系チームを作る指導者と評価が高い。 基本的に選手達に試合運びを任せる方針と思われ、優秀な司令塔 及川 の存在もあり、積極的に指示を出すことはない。 対戦相手の選手の成長やプレーの変化 上達 に対し、警戒するとともに指導者ゆえか素直に賞賛する。 烏野高校との練習試合にて、溝口 C が変化した影山を見て惜しんだが、「烏野だったから、あの ビブス 5番 日向 が居たからこそ…」と諌めた。 練習や練習試合中に、低燃費スタイルの国見をよく叱責している。 烏野高校との練習試合にて、プレースタイルが変化した影山を見て、獲得しなかったことを惜しんだ。 常波高校 池尻 隼人(いけじり はやと) 声 - 演 - 身長:177. 背番号は4。 澤村とは中学校の同級生で、県で烏野高校に敗北。 澤村にを送り引退。 春高前の元旦、初詣帰りの澤村と偶然再会し再び鼓舞した。 駒木 輝(こまき ひかる) 声 - 身長:176cm 常波高校バレー部主将を務める3年生のWS。 背番号は1。 茶屋 和馬(ちゃや かずま) 声 - 身長:180cm 常波高校3年生のMB。 背番号は3。 玉川 弘樹(たまがわ ひろき) 声 - 身長:175cm 常波高校3年生のWS。 背番号は5。 芳賀 良治(はが よしはる) 声 - 身長:174cm 常波高校2年生のS。 背番号は9。 渋谷 陸斗(しぶや りくと) 声 - 相楽信頼 身長:182cm 常波高校2年生のMB。 背番号は10。 桜井 大河(さくらい たいが) 声 - 身長:164cm 常波高校3年生のL。 背番号は12。 伊達工業高校 青根 高伸(あおね たかのぶ) 声 - 演 - 身長:191. 県内屈指のミドルブロッカー。 二口とコンビの「鉄壁」の一角。 他校のエースを見ると「ロックオン」を意味する指差し癖があり、彼らの攻撃を封じてきた自信を持っている。 無口かつ無表情、眉毛がないので周囲から怖がられるが、本人は密かに気にしている。 一言しゃべるだけで周囲は驚いていたが、3年生が引退し自身が部内における最上級生となってからは普通に会話する場面も多々見受けられる。 県の烏野戦で日向をブロックする際に彼の背番号を叫んだり、敗戦した後に茂庭に向かって共に春高を目指そうということを示唆したりと、見た目とは違い心に熱いものを持ち合わせている。 インターハイ予選で対戦して以降、日向をと認めており、二口の日向に対する批評には表情を歪めた。 春高予選で敗退後「どんな強く高い相手でも止められるようになる」と悔しがる黄金川に対して「止める事が難しい相手が、大きく力が強いとは限らない」と暗に日向のことを指し示す発言をしている他、日向と会う度に丁寧なお辞儀を交わしている。 二口 堅治(ふたくち けんじ) 声 - 演 - 身長:184. 青根とコンビの『鉄壁』の一角を担う技巧プレーヤー。 インターハイ県予選後、3年生の引退にともない茂庭から主将を引き継いだ。 チームのためにゲーム中は活躍していたいという思いを秘めている。 普段は軽い態度や口調で少々難のある性格にて、軽薄な態度とは裏腹に、試合では積極的にチームメイトに声掛けをして、鼓舞する面もある。 黄金川の不器用な生真面目さに手を焼いており、以前の自身の態度を少し悔やんでいる。 しかし、生真面目よりマシと思っている。 小原 豊(おばら ゆたか) 声 - 祐仙勇 身長:186. 茂庭 要(もにわ かなめ) 声 - 演 - 身長:176. 伊達工業高校バレー部前主将の3年生のS。 背番号は2。 のと言われてきたが、『鉄壁』の呼名に負けないように努力してきた。 面倒見が良く、後輩 特に青根と二口 に振り回されるが、チームの雰囲気が悪くなる前に明るく声をかけ、チームメイトの気持ちが沈むことなく戦えるよう、気配りができる。 今後の黄金川に期待している。 インターハイ県予選後に引退。 2年生 二口達の実力を評価しており、彼らには3年生になっても春高まで挑戦するよう進言した。 鎌先 靖志(かまさき やすし) 声 - 演 - 身長:186. 伊達工業高校3年生のMB。 背番号は1。 キレのある速攻と『鉄壁』の名に恥じないブロックが持ち味。 男前な性格で烏野との試合に敗退した後も、青根や二口に先輩としての逞しさを見せた。 引退後も活動の傍ら、よく部活を見に来ている。 笹谷 武仁(ささや たけひと) 声 - 演 - 身長:174. 背番号は3。 インターハイ予選後に引退。 背番号は13。 素人同然の黄金川を「一人前のセッター」として導くよう、追分監督から指示を受けている。 黄金川 貫至(こがねがわ かんじ) 声 - 身長:191. 背番号は7。 春高一次予選から出場した大型セッター。 技術は未熟だが、青根に匹敵する長身を生かしたプレーをする。 鎌先から「動きがまだくさい」と言われ、二口曰く「真面目過ぎる性格で、常に全力のためが効かないこともしばしばある」。 春高予選準々決勝、青城戦で岩泉(青城)に正面からブロックを打ち抜かれて敗退。 県1年生選抜強化合宿メンバー。 同合宿参加の国見(青城)のプレースタイルに反発していたが、日向と交流を持ち、一緒に国見のプレーを注視するようになった。 また、青根が認めている日向に興味がある。 女川 太郎(おながわ たろう) 声 - 身長:175. 背番号は8。 チームメイトには「」と呼ばれている。 吹上 仁悟(ふきあげ じんご) 身長:186. 背番号は11。 滑津 舞(なめつ まい) 声 - 身長:160. 5kg 伊達工業高校バレー部マネージャーを務める2年生。 追分 拓朗(おいわけ たくろう) 声 - 年齢:46歳 伊達工業高校バレー部監督。 ブロッカー育成に長けている指導者。 新チームでは「黄金川中心のチーム」作りを考えている。 扇南高校 十和田 良樹(とわだ よしき) 声 - 身長:182. 背番号は1。 トイレで偶然出会った日向の勝利への貪欲さを鼻で笑ったが、彼のプレーを目の当たりにして「馬鹿は俺だ」と考えを改めた。 のような容姿をして口調も荒いが、秋宮(3年前主将)の思いや励ましの言葉、白鳥沢に惨敗した時の彼の背中を思い出し、今までの自分に後悔することのできる真っすぐな一面を持っている。 唐松 拓巳(からまつ たくみ) 声 - 身長:172cm 扇南高校2年生のWS。 背番号は2。 田沢 裕樹(たざわ ゆうき) 声 - 身長:178cm 扇南高校2年生のWS。 背番号は4。 森岳 歩(もりたけ あゆむ) 声 - 身長:185cm 扇南高校2年生のMB。 背番号は5。 小安 颯真(おやす そうま) 身長:186cm 扇南高校2年生のMB。 背番号は7。 夏瀬 伊吹(なつせ いぶき) 身長:174cm 扇南高校1年生のS。 背番号は11。 横手 駿(よこて しゅん) 身長:165cm 扇南高校2年生のL。 背番号は12。 秋宮 昇(あきみや のぼる) 声 - 身長:170. 扇南の中では唯一の3年生であり、インターハイ県予選で白鳥沢に大差をつけられ敗北して引退した。 試合中には元気づけたり励ましたりする後輩思いの優しい主将で、春高一次予選の烏野戦の会場に駆けつけ、十和田を始めとする後輩達を鼓舞した。 3本アンテナの髪型が特徴で、後輩から「アッキー君主将」と呼ばれている。 二宮 新太郎(にのみや しんたろう) 声 - 扇南高校バレー部監督。 角川学園高校 百沢 雄大(ひゃくざわ ゆうだい) 声 - 身長:201. 背番号は9。 県内NO. 1長身のエーススパイカーだが、バレーボールは高校から始めた初心者で、まだレシーブは苦手 出来ない。 身長が高い方が有利になるバレーボールを「単純」だと思っていたが、烏野高校との対戦にて、技を使って自身の上からスパイクを打ち抜く日向と、戦術を使った守備と多彩な攻撃を受けて考えを改める。 繫心(烏野C)曰く「来年・再来年が怖い選手」。 県1年生選抜強化合宿メンバーに選ばれるが、初心者のため練習に付いて行けずボール拾いの日向に「お前が選ばれれば良かった」と漏らしてしまい、自己嫌悪に陥る。 日向から説教されるが、彼から2対2のプレーのヒントをもらい、上手くいったことで少し自信を取り戻した。 古牧 譲(こまき ゆずる) 声 - 身長:173. 背番号は5。 弱小校の選手ゆえか、バレーボールに対する思考が狭い。 烏野高校の予想以上のレベルの高さに翻弄された。 浅虫 快人(あさむし かいと) 声 - 身長:178. 背番号は4。 南田から「ムッシ」と呼ばれている。 温川 良明(ぬるかわ よしあき) 声 - 身長:182cm 角川学園高校2年生のMB。 背番号は1。 馬門 英治(まかど えいじ) 身長:180cm 角川学園高校2年生のMB。 背番号は3。 稲垣 功(いながき いさお) 声 - 身長:176cm 角川学園高校2年生のWS。 背番号は7。 南田 大志(みなみだ たいし) 声 - 身長:161. 背番号は12。 百沢のワンマンチームの陰口を聞き、「知ったこっちゃねーわ・・・どうだウチの百沢すげえだろう!!ってドヤ顔してりゃいいんだよ!」と言い切った。 榊原 五郎(さかきばら ごろう) 声 - 角川学園高校バレー部監督。 烏野高校を若鳥、角川学園をと表現して選手を励ました。 条善寺高校 照島 遊児(てるしま ゆうじ) 声 - 身長:177. 背番号は1。 エーススパイカー。 身体能力が高く、自由な発想を持つ「アソビの条善寺」の中核を担っている選手。 対戦相手である烏野高校の「同時多発位置差(シンクロ)攻撃」を、カッコいいという理由で見様見真似・ぶっつけでおこなう。 「試合=アソビ」の思考であるが、強者に挑む競技者らしい思考も持ち合わせ、熱くなりすぎるが故に暴走してしまう悪癖もあり、三咲 3年 に窘められる。 春高予選の烏野戦での敗因を、チームに対戦相手の澤村のような「土台となる選手」がいなかったことと冷静に分析している。 春高一次予選後、潔子にナンパを仕掛けた。 母畑 和馬(ぼばた かずま) 声 - 身長:185. 背番号は2。 二岐 丈春(ふたまた たけはる) 声 - 身長:178. 背番号は3。 東山 勝道(ひがしやま かつみち) 声 - 身長:175. 背番号は4。 沼尻 凛太郎(ぬまじり りんたろう) 声 - 身長:176. 背番号は7。 飯坂 信義(いいざか のぶよし) 声 - 身長:186. 背番号は9。 土湯 新(つちゆ あらた) 声 - 身長:168. 背番号は11。 三咲 華(みさき はな) 声 - 身長:163. マネージャーの後釜が見つかっていないという理由で、3年生部員の中ではただ一人バレー部に残っていた。 普段は控えめな性格で、後輩達の自由奔放振りには手を焼いていた。 しかし、春高予選の烏野戦で空回り気味だった後輩達に活を入れるだけのしっかりした部分も持ち合わせており、後輩にはそれなりに慕われていたようである。 インターハイ県予選後に入部。 奥岳 誠治(おくだけ せいじ) 声 - 条善寺高校バレー部前主将の3年生。 後輩達の実力は認めているが、窮地に陥った(楽しくなくなった)時のことを不安に思い、三咲に伝えた。 穴原 孝昭(あなばら たかあき) 声 - 条善寺高校バレー部監督。 県1年生選抜強化合宿コーチ。 「」がスローガンだった同校バレー部をから作り変えるべく、2対2での練習方法を取り入れ選手に自由な発想でプレーすることを覚えさせたことで、インターハイ県予選ベスト4へ導いた。 日向を高く評価しており、県1年生選抜強化合宿に推薦した(鷲匠監督により却下された)。 試合での選手の自由な発想を重視することから、日向には「基礎はこうという概念が無い」ことを評価している。 県1年生選抜強化合宿に取り入れた2対2の練習は、鷲匠監督から評価された。 日向の口で深々と頭を下げて謝る姿に「烏野の武田先生って・・・怖いんだろうか・・・」と思い、畏怖した。 白鳥沢のコーチである斉藤とは学生時代から交流があった模様。 和久谷南高校 中島 猛(なかしま たける) 声 - 身長:173. 背番号は1。 エーススパイカー。 技巧スパイカーでスパイク時に腕を振る角度を変えてブロックアウトを狙う。 繫心曰く「県内では、かつての小さな巨人にプレーが最も似ている選手」である。 身長の低さに悩んでいた時期、春高での「小さな巨人」のプレーを観て勇気づけられた。 「小さな巨人」と同じ背番号10番の日向を意識している。 4人兄弟の次男。 「自由人」と本人が形容するほど自由奔放な家族の中で育った苦労人で、個性豊かなメンバーそろう和久谷南バレー部をも「」と評し、しっかりとまとめあげている。 作者である古館の別作品『』にも登場している。 川渡 瞬己(かわたび しゅんき) 声 - 身長:174. 背番号は2。 あだ名は「タビ」。 中島に「かわいい女の子がいる」と言われてやる気を出すなど、お調子者である。 白布(白鳥沢)とは、中学時代のチームメイト。 特徴的な髪型から観戦者から「ヘッド」と言われていた。 白石 優希(しろいし ゆうき) 声 - 身長:177. 背番号は4。 花山 一雅(はなやま かずまさ) 声 - 身長:176. 背番号は5。 東峰と同じくヒゲ面である。 影山のセットアップフォームと強気なトスに感心していた。 鳴子 哲平(なるこ てっぺい) 声 - 身長:184. 背番号は8。 秋保 和光(あきう かずてる) 声 - 身長:172. 背番号は10。 松島 剛(まつしま つよし) 声 - 身長:186. 背番号は11。 春高予選の烏野戦では日向のマークに付いた。 サーブミスで烏野にマッチポイントを与えてしまった。 鬼首 正臣(おにこうべ まさおみ) 声 - 和久谷南高校バレー部監督。 春高予選準々決勝にの烏野戦にて、中島に「今この場の小さな巨人が誰なのか知らしめて来い」と鼓舞した。 白鳥沢学園高校 牛島 若利(うしじま わかとし) 声 - 演 - 有田賢史 身長:189. 背番号は1。 通称「」及川はウシワカちゃんと呼んでいる。 全国トップ3のエーススパイカー。 日本ユース代表。 左利きであることが最大の特徴で、県内トッププレーヤーとして圧倒的な強さを誇り「絶対王者」との異名をとり、世間からは「」、「」と呼ばれているが、チームメイトたちは牛島を「超バレー馬鹿」と称している。 性格は生真面目だが、な一面もあるため、自身の裏表の無い率直な発言が嫌味のように捉えられてしまい、相手を不快に思わせることも多々ある。 特に及川からは「天才」の代表格として忌み嫌われているが、牛島自身は彼を「チームの最大値を引き出すセッター」として高く評価している。 春高予選の初日には青葉城西の及川と岩泉に「お前達には高校最後の大会か、健闘を祈る」と言い、彼らから「イヤミじゃないのが余計腹立つ」と思われた。 また、試合前に「自分こそがエースの名に相応しいと証明する」と宣言した五色(1年)に対して本心から「頑張れ」と激励した。 春高予選の決勝戦の終盤、全てにおいて稚拙と見下していた日向に「異質なモノ」を感じ、プレーヤーとしての本能が敵意を剥き出しにした。 県1年生選抜強化合宿の練習試合に参加した際には、同合宿に押し掛けボール拾いとしての雑務をこなしながらコートを真剣に見つめる日向を「気持ち悪い」と認めている様な発言をした。 父親(在住)は同校同部OBの元プロバレーボール選手で、在籍時に全国優勝を果たしている。 高校卒業後はプロになり、影山と同じシュヴァイデンアドラーズに所属しており、影山から見せられた日向と及川のツーショット写真に影山同様困惑していた。 大平 獅音(おおひら れおん) 声 - 演 - 身長:182. 背番号は4。 牛島には劣るもののブロックの上からスパイクを打ち込むパワースパイカー。 かつ高いレシーブ力もある高レベルのプレーヤーである。 澤村を高評価している。 見た目から内心で日向に「」とあだ名をつけられる。 自身も容姿と名前のギャップを申し訳ないと思っている。 天童 覚(てんどう さとり) 声 - 演 - 身長:187. 背番号は5。 県内屈指のミドルブロッカー。 「読みと嗅覚」のゲス(guess)ブロックを得意とし、「ゲス」という異名を持つ「天才ブロッカー」。 自身と正反対のプレーヤーである月島を「(日向に対して)の方(のミドルブロッカー)」と見下すも有能なブロッカーとして認めている。 烏野高校の最後の攻撃時、日向がテンポを変えたことに気づき「敗北」を予感した描写がある。 幼少期は、その自由なプレースタイルを認められていなかった模様で「」とあだ名をつけられていた。 白鳥沢へは「俺が気持ちいいバレーがやりたい」と言って入学を希望した。 日向の身体能力と体力と影山の高いスキルと勝利への執着心を認め、2人を「妖怪」呼ばわりしている。 ちなみに、牛島のことも「妖怪ぽい」と思っている。 春高予選敗退直後に「さらば俺の楽園」と言うなどバレーボールは高校で終えるつもりでいる。 五色 工(ごしき つとむ) 声 - 演 - 身長:181. 背番号は8。 「次期エース」と期待されているウイングスパイカー。 1年生で唯一のスタメン入りしているだけあり、パワーだけでなくテクニックも持ち合わせている。 影山が「キレキレストレート野郎」と言うほどストレート打ちが上手い。 プライドの高いお調子者で、牛島をライバルと見なし事あるごとに張り合う様子を見せるが、本心では敵わない相手だと尊敬している。 白布からは「余計なと面倒な性格」と思われている。 県1年生選抜強化合宿メンバー。 同合宿に押し掛けた日向を「ボコボコにしてやろう」と息巻いていたが、日向から「キレキレのストレートを見せてくれ」と素直に賞賛され、久々にチヤホヤに喜んだ(金田一曰く「こいつチョロいな」)。 白布 賢二郎(しらぶ けんじろう) 声 - 演 - 身長:174. 背番号は10。 目標は「誰よりも目立たないセッターになること」であるが、決して自己主張がないという訳ではなく、鷲匠監督曰く「うちのエースを見よ」という強烈な自己主張を含むセットアップをする。 そのため、スパイカーが先輩であっても不遜な態度で接することもあり、春高予選の決勝戦の終盤、疲労を隠せない牛島に対して「どんな時でもトスを上げろというのは、牛島さんが使い物になる内はということですよね?」と率直に訊ねている。 ただ、同ポジションの先輩・瀬見に対しては常に不遜な態度の様子。 レギュラーの中で唯一スポーツ推薦枠でない選手である。 中学時代は強気のトス回しに定評のある攻撃的セッターで、元々は及川のような華のあるセッターや速攻などのコンビネーション攻撃にも憧れていたが、そのような優れたチームワークや数人がかりのコンビネーションなども全て力一つで捩じ伏せてしまう高さとパワーを誇る牛島を見て心境が一変、一緒にプレーをしたい思いから白鳥沢学園への進学を志し、猛勉強の末に合格を果たした(同校は県内屈指の進学校)。 川西 太一(かわにし たいち) 声 - 演 - 身長:188. 背番号は12。 県内屈指のミドルブロッカー。 瞬時の状況判断と対応に秀でたプレーヤー。 普段はリードブロックでトスを見てから跳ぶが、対戦相手によっては天童が得意とするゲスブロックを使ったり、日向に対してはコミットブロックで対応と、天童から「ブロック」と言われている。 山形 隼人(やまがた はやと) 声 - 演 - 身長:174. 背番号は14。 瀬見 英太(せみ えいた) 声 - 演 - 瀬良祐介 身長:179. 背番号は3。 攻撃型セッター。 技術自体は白布より上であるが「自身の力でブロックを振り切りたい」と自身の力を誇示したいという、白鳥沢のセッターに不要な自己主張、欲求が強いため控えに甘んじている。 本人もそれを自覚しており、ただ一つ自由に出来るものとして強烈なジャンプサーブを武器とする。 湯野浜(ゆのはま) 背番号は7。 ジャンプフローターサーブを武器とする。 添川 仁(そえかわ じん) 白鳥沢学園高校バレー部副主将を務める3年生。 アニメ版では背番号は2となっている。 寒河江 勇将(さがえ ゆうしょう) 声 - 身長:177. 1kg 白鳥沢学園高校1年生のWS。 県1年生選抜強化合宿にサポート係として参加した。 赤倉 櫂(あかくら かい) 声 - 身長:171. 5kg 白鳥沢学園高校1年生のL。 県1年生選抜強化合宿のサポート係。 物怖じせず牛島に話しかける日向を感心している。 高校生の生活は3年も満たずやることが限られているため、高さとパワーという好素材を中心に「個の力」を鍛えて勝つという「シンプル・イズ・ベスト」の持論者。 持論と正反対に存在する日向と烏野高校を否定している。 自身も現役時代、日向のように小柄な選手であり体格に恵まれた選手たちに引け目を感じていたという経験があった。 それ故に高さとパワーを中心としたチーム作りをするようになり、1年生選抜強化合宿でも選んだメンバーの全てが(乱入した日向を除いて)身長190cm前後であったことからもその方針が徹底されていることがわかる。 また、個々の性格に対する洞察力もあるようで、影山が白鳥沢のセレクションを受けたときも能力の高さは認めながら「セッターとしての拘りを感じたので、白鳥沢に居ないほうが幸せ」と判断して落とした。 烏野元監督の烏養一繋とは正反対のチーム育成論者で孫の繫心もその戦い方を継承していると認識している。 しかし「点をもぎ獲る」という目的は共通であることから、烏野との戦いは常に「の戦い」であるとしている。 しかし、春高予選決勝にて烏野に敗北して以降、考え方に変化がある様子で「俺達(小さい者)に体格(高さ)の代わりに与えられたものこそ、その餓えなんだよ」と日向の姿勢を評価している描写がある。 斉藤 明(さいとう あきら) 声 - 白鳥沢学園高校バレー部コーチ。 春高予選の決勝戦、日向を「まるで小さな」と言いかけた時、鷲匠監督に遮られたようになる。 県1年生選抜強化合宿ではにアタり、最終日の練習を休んでいる。 白水館高校 黒石 純二(くろいし じゅんじ) 声 - 身長:173. 0cm 白水館高校1年生のL。 県1年生選抜強化合宿メンバー。 レシーブ時に選手のようなを踏んでおり、日向のレシーブ技術向上に大きく影響を与えた。 新山女子高校 天内 叶歌 (あまない かのか) 声 - 身長:182. 新山女子の次期エースとして期待されており、雑誌にも取り上げられる有望選手。 田中の幼馴染。 高身長をコンプレックスにしていたが、小学3年の時に田中の誘いでバレーを始める。 それがきっかけとなり自分に自信が持てるようになったと語っており、その感謝もあって田中に想いを寄せている。 東京都の高校 音駒高校 黒尾 鉄朗(くろお てつろう) 声 - 演 - 身長:187. 背番号は1。 のような髪型が特徴。 都内屈指のミドルブロッカー。 巧みなジャンプサーブやスパイクに加え鍛えられたレシーブも評価が高い。 徹底したリードブロックの使い手であり、身近なリードブロックのとして繫心から名前が挙がるなどその技術にも定評がある。 チームメイトを律することができる責任感を持ち、信頼も厚い。 後輩の灰羽や烏野の月島に助言をするなど、面倒見が良く気さくで世話好きな一面もある。 夏休みの合同合宿では梟谷学園の木兎や赤葦らと第三体育館で自主練習しており、無理やり練習に参加させた月島や灰羽には「リードブロックは我慢と粘りのブロックであると同時に、最後に咲(わら)うブロックだ」と説き、彼らのブロック観に大きな影響を与えた。 (のため)いつまで現場に居られるか分からない猫又監督のために、いち早く「ゴミ捨て場の決戦」を実現したいと思っており、その気持ちを澤村らに伝えている。 の孤爪から「クロ」と呼ばれ、その影響からかその他の後輩にも「クロさん」と呼ばれている。 澤村とは互いに「喰えない奴」との印象を持っている。 夜久とは中学生の時から顔見知りであり、1年生の頃は事あるごとに張り合っていた。 現在でこそ気さくでチャラい雰囲気を纏っているが、幼少期はかなりの人見知りであった。 孤爪とは引越しを機に知り合い、両親の留守中に共にゲームやバレーをするなどして徐々に距離を縮めていった。 孤爪にバレーを教え半ば強引にバレーの世界へ引き込んだが、それに対しては多少引け目を感じており、孤爪が自身のバレー観について「クロに気を遣ってない訳ではない」と語った際にはショックを受けていた。 そのため、春高の烏野戦後、日向に感化された孤爪から「バレーを教えてくれてありがとう」と言われた際には感動を見せた。 孤爪 研磨(こづめ けんま) 声 - 演 - 身長:169. 背番号は5。 山本に長い黒髪は目立つと言われて金髪にした。 しかし染め直すのが面倒なので地毛の黒が出て来ており、プリン頭になっている。 鋭い観察眼で対戦相手の動きを予測し的確な対処をするクレバーなプレーヤー。 黒尾をして「音駒の背骨で脳で心臓」と言わしめる智略型セッターで、影山も一目置いている。 特段バレーが好きということもなく、むしろ「疲れる」と公言しており、幼馴染の黒尾がやっているから続けているという変わり者。 黒尾に気を遣っている面も認めつつ単にそれだけで続けているという訳でもなく、続ける絶対的理由もなければ止める理由も特になくたまたま「続いている」だけ、と語っている。 マイペースな性格で他人と関わるのが苦手のゲームっ子。 人見知りで遊び相手は黒尾ぐらいしかいなかったというくらい内向的だったが、日向とはすぐに打ち解けて話すようになる。 先輩・後輩関係のような「体育会系のノリ」が苦手であり、年下の日向に自身を「研磨」と呼ぶことを許している他、自校の後輩である灰羽らには「研磨さん」と呼ばせている。 見かけのマイペースさ・無気力さとは裏腹に、根性を信条とする山本が慄くほどの負けず嫌いでもある。 春高2回戦・早流川工戦では自分を潰そうとする早流川工の作戦に対し、「ただのガマン比べはつまらない」とその作戦を逆手に取ってあえて自らを追い込むような作戦を提案し、チームを勝利に導いた(試合終了後にはその提案をしたことを後悔している)。 基本的に感情を表に出すタイプではないが、苦手なタイプの人間やプレースタイルの選手を前にした時は露骨に嫌がり、新しいゲームの開封前やゲームでの難敵攻略に似た場面に直面した場合はワクワク顔になったり不気味な笑みを浮かべることもある。 春高予選前の合同練習後には「負けたら、即ゲームオーバーの試合(公式戦)がしたい」と日向に伝えた。 烏野との最初の練習試合後、日向に感想を迫られ「別に、普通」と返したところ、「いつか『別に普通』以外のことを言わせる」と宣言される。 その後、春高での烏野戦最終盤、自ら練った対日向の作戦を次々に破ってきた日向との攻防を経て、遂に「たーのしー」と呟き日向を喜ばせた。 また、試合後には黒尾に対し「バレーを教えてくれてありがとう」と言い黒尾を感動させた。 高校卒業は大学に進学しながら、株式トレーダーやプロゲーマーやユーチューバーとして活動しており、また株式会社Bouncing Ballの代表取締役でもあり、日向のブラジル修行のスポンサーになっていた。 日向に援助した理由は「お金があるし、つまんなくなったら辞める」と日向に言った。 またゲーマーとしては「KODZUKEN(コヅケン)」の名前で活躍しており、日向のブラジルでのルームメイトのペドロが日向との別れの時に「KODZUKEN」のサインを送るよう求めるなど、有名になっている。 海 信行(かい のぶゆき) 声 - 演 - 身長:176. 背番号は2。 ブロックフォローやレシーブが上手い。 穏やかな性格で、部員たちを常に温かく見守っている。 1年生の間は張り合う黒尾と夜久の仲介役を担っていた。 夜久 衛輔(やく もりすけ) 声 - 演 - 身長:165. 背番号は3。 都内屈指のリベロ。 音駒の「守備の司令塔」である。 全体的にレシーブ力の高い音駒の中でリベロに君臨するほどの実力であることから、対戦相手のスパイカーが避けたがるという描写が多く、西谷も一目置いている。 春高予選の開催地代表戦(3位決定戦)の第1セット終盤、で右足をして負傷交代を余儀なくされ、「この1年... 怪我も病気も一切やってないんだ、何で今なんだ...

次の

ハイキュー!!

ぼく と ハイキュー

木兎光太郎のプロフィール!身長は?誕生日は? 前に落ちる球を拾いにレシーバーが数人飛び込んで来るだろ? 今まで自分と同じかもっと上にあった目線が球にギリギリ届かずこっちを見上げる瞬間が、最高なんだよ 木兎光太郎【ハイキュー!!】より — アニメ・漫画名言集~元気がもらえる!心が震える名セリフたち~ genkiyuukimeige 学校 梟谷学園高校3年1組 誕生日 9月20日 身長 185. 3cm 体重 78. 3kg ジャンプ最高到達点 339cm 好物 焼肉 木兎光太郎は、 梟谷学園高校の3年生です。 バレー部のキャプテンを務めますが、生川高校のマネージャー宮ノ下いわく「 木兎光太郎は梟谷の末っ子」。 キャプテン・エースとしてチームを引っ張るのではなく、チームに引っ張られているキャプテンなんです。 とはいえそんなことは、梟谷の監督・コーチ・チームメイトもすでに理解済み。 木兎光太郎のもろさが、他のメンバーの強さを引き出すことで、梟谷は全国大会の常連校に名を連ねる強豪校へと育てました。 名前のモデルは「ミミズク」 木兎光太郎の「木兎(ぼくと)」という苗字、実はミミズクが由来なんです。 ミミズクを漢字で表記すると、「木兎」になるんですよ。 ちなみに木兎光太郎が所属する梟谷学園高校のメンバーは、全員の名前にフクロウ・ミミズクが関係しています。 木兎光太郎 ミミズク 赤葦京治 アカアシモリフクロウ 木葉秋紀 コノハズク 鷲尾辰生 ワシミミズク 猿杙大和 サルクイワシミミズク 尾長渉 オナガフクロウ 穴掘秀一 アナホリフクロウ 雀田かおり スズメフクロウ 白福雪絵 シロフクロウ 木兎光太郎に関しては、 「人懐っこくて好奇心旺盛」という性格や見た目まで、ミミズクと似ているような…?なんだか木兎光太郎が可愛く見えちゃいますよね。 木兎光太郎エピソード1. 梟谷のポイントゲッターであり、全国トップ5に数えられる実力者です。 ハイテンションで天然、悪く言えばおバカなキャラである木兎光太郎は、一見パワープレイヤーに見られがち。 しかしフェイントやブロックアウト、リバウンド、さらにコースの打ち分けなど、 バレーでは非常に知的なテクニックをたくさん持っているんです。 烏野高校・音駒高校・梟谷学園高校による合同合宿の際に、 木兎光太郎が見せた超インナーのクロススパイクには、烏野高校のメンバーも驚いていました。 木兎光太郎エピソード2. またすぐに誰とでも仲良くなれる人懐っこさ、木兎光太郎の魅力。 彼の持つそのフレンドリーな性格が、 「梟谷の末っ子」と呼ばれる大きな理由でしょう。 烏野・音駒との合同合宿では、月島や日向のことを気に入って仲良くしており、その中で月島には「バレーにハマるきっかけ」を与え、日向には必殺技(フェイント)を伝授。 バレーの実力者として、 烏野メンバーに大きな影響を与えたキャラクターでもあります。 そんなときは大抵、木兎光太郎のお世話係を務めるチームメイト「赤葦京治」がうまいこと持ち上げて、単純な木兎光太郎はそれでまた調子を取り戻します。 しょぼくれモードが発動したときは、 まさに木兎光太郎が「チームに引っ張られている」様子がよくわかるワンシーンです。 天然な性格がプレイの弱点になっている 「しょぼくれモード」だけでなく、木兎光太郎は天然な性格によって、ときどきプレーに支障をきたすことがあります。 例えば春高予選、対音駒高校戦のときのこと。 この試合で木兎光太郎は、ストレートのスパイクをガンガン決めるのですが、ストレートを打ちすぎたことによって、クロススパイクの打ち方を忘れてしまうのです…。 しかも赤葦いわく、この程度はまだまだ軽い方で、 ほかにも37個以上の弱点が木兎光太郎にはある模様。 それでも音駒との試合は、ストレート打ちでの大量得点で勝利。 弱点があっても得点をもぎ取るところは、やはり全国トップ5のエーススパイカーですね。 しかし、彼が全国トップ3のエースストライカーになれないところは、この天然がゆえの弱点の多さが起因しているようです。 木兎光太郎エピソード3. ゚ noyalove615 今でこそ「全国トップ5のエーススパイカー」で、仲間からの信頼も厚い木兎光太郎ですが、 過去には苦い経験もしています。 木兎光太郎はバレーに対する姿勢が貪欲で、尋常ではない量の練習をします。 中学時代はその「バレーに対する熱量」にチームメイトがついていけず、めんどくさい練習をしたくないチームメイトと、全力で練習に取り組む木兎光太郎との間に、溝が生まれてしまったんです。 これって中学時代の影山飛雄に似ていますよね。 影山も「バレーに対する熱量」が強い選手の1人。 勝ちにこだわるあまりに無茶なプレーを連発し、「コートの王様」と呼ばれて仲間が離れていってしまいました。 中学時代の仲間には理解されませんでしたが、 2人ともバレーが大好きなことには変わりありません。 これは木兎光太郎が、過去に所属していたクラブチームのコーチによる言葉です。 「スパイクが決まったら楽しいからコースの打ち分けを練習する」 「試合でバテなかったらずっと楽しいから体力づくりをする」 「守備が強ければ負けない(楽しい)からレシーブの練習をする」 練習を適当にこなしていれば「楽」ですが、木兎光太郎はそれ以上にバレーを「楽しい」と感じたかったんですね。 なので彼は バレーを全力で楽しむために、必死で練習に取り組むのです。 これが原因で、楽をしたかった中学時代のチームメイトとは隔たりができてしまいました。 しかし諦めず練習を続けたことによって、木兎光太郎は全国トップ5の実力者になり、コーチの教え通り「バレーを楽しむ」ことができるようになりました。 合わせて読みたいオススメ記事 木兎光太郎エピソード4. そしてこの赤葦が、木兎光太郎にゾッコンなのです。 こちらでは 赤葦が木兎光太郎にゾッコンな理由がわかる、2つのエピソードをご紹介します。 赤葦京治のゾッコンエピソード1. 試合中は常に木兎のことを考えている バレーの試合中、赤葦が考えていることは、「いかに木兎光太郎が気持ちよくスパイクが打てるか」そればかり。 赤葦は木兎光太郎の、 「弱点」「感情の起伏」「彼の行動パターン」をすべて熟知しています。 なのでセッターとして、木兎光太郎に打ちやすいトスを上げることはもちろん、木兎光太郎の心身のコンディションを常に考え、最適な選択を取っているんです。 赤葦京治のゾッコンエピソード2. 冷たい態度を取っているが木兎に憧れている クールな性格であまり感情を表に出さず、天然な木兎光太郎には冷静なツッコミを入れているイメージが強い赤葦京治。 そんな赤葦ですが、梟谷で初めて木兎光太郎のプレーを見た瞬間、「スターだ…!」と心を動かされ、そのときから ずっと彼に憧れを抱いているんです。 ちなみに赤葦が初めて木兎光太郎のプレーを見たのは、中学時代。 進学先の候補として、梟谷へ見学に行ったときのことです。 そこで上記の通り、 木兎光太郎のプレーに魅了されたことが、なんと赤葦が梟谷への進学を決めた理由でした。 クールな性格が邪魔をして本音は言えないのかもしれませんが、赤葦は木兎光太郎のことが大好きなんです。 赤葦京治をもっと知りたい方はこの記事をチェック! 木兎光太郎エピソード5. 名言(セリフ)がかっこいい! 天然でバカっぽい木兎光太郎ですが、ふいに真面目な顔で、とてもかっこいい名言をいうことがあり、そのセリフは作中でも大きな意味を持つ言葉となっています。 バレーに対する情熱がない月島に対し 「下手だから楽しくないんだ」と一蹴。 これがきっかけで月島は、バレーに対する熱意が意識が変わり、月島が成長するきっかけとなりました。 「ただのエースになるよ」 これは梟谷が、春高バレーの準々決勝「貉坂高校」と対戦したときに、木兎光太郎が放ったセリフです。 貉坂高校は、「全国高校3大エース」の桐生八が率いる強豪校。 宣言通りに木兎光太郎は大暴れして、連続得点。 「遅れんじゃねぇぞ」とチームを引っ張り、落ちていたチームのテンションを見事、盛り返したのです。 木兎光太郎エピソード6. アニメ版の声優は木村良平 A post shared by mammonsservant on Dec 16, 2019 at 9:41pm PST アニメ版「ハイキュー!! 」で木兎光太郎の声を務めるのは、声優の 「木村良平」さんです。 木村良平さんは「黒子のバスケ」の黄瀬涼太や、「君と僕。 」の浅羽祐希、「刀剣乱舞」の和泉守兼定などを演じる人気声優。 イケメンキャラを多く演じているため、同じくイケメンである「木兎光太郎」役にも抜擢されたのかもしれませんね。 ハイステで木兎光太郎を演じたのは「吉本恒生」「東拓海」 ハイステ(舞台版ハイキュー!! )で木兎光太郎を演じたのは、 「吉本恒生」さん。 310 on Aug 29, 2019 at 1:04am PDT 公演中に右足を骨折してしまい、惜しくも降板となってしまった吉本恒生さんに代わり、木兎光太郎を演じたのが「東拓海」さん。 同じくハイステにて、 木葉秋紀も演じていました。 木兎光太郎は末っ子エース!しょぼくれるけど本物の実力者 今回は「ハイキュー!! 」に登場する梟谷学園高校のエーススパイカー「木兎光太郎」について、彼のプロフィールや過去、赤葦との関係性などについてご紹介しました。 しょぼくれモードが弱点ですが、それでも全国トップ5の実力者。 「ただのエース」として成長を見せる彼は、今後さらに成長していくでしょう。 2020年1月から始まるアニメでも、木兎光太郎は登場します。 彼の活躍がアニメで見れるのが、今からとても楽しみですね! あなたへのオススメ記事.

次の