ジャンプ ネタ。 「こち亀」ジャンプで新作 今年の時事ネタ描く|静岡新聞アットエス

[B!] 「こち亀」ジャンプで新作 今年の時事ネタ描く | 共同通信

ジャンプ ネタ

少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 32号• ジャンプGIGA 2020 SPRING• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ 2020年 32号 イチオシ情報• 5周年記念!オンライン展覧会開催中!! そろそろ連載1周年記念!キミの考えるスパイを大募集!• アニメ2期2021年1月放送!• 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 漫画賞• ガリョキンPro用ネーム公開!9月30日 水 締切!! WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター• 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の

超・ジャンプまとめ速報【漫画のネタや感想の2chまとめサイト】

ジャンプ ネタ

カテゴリー• 216• 122• 1,347• 424• 116• 1,153• 394• 182• 247• 105• 125• 133• 102• 261• 102• 453• 170• 146•

次の

ジャンプ+連載作品

ジャンプ ネタ

バッテリー上がりを自力で解決 エアコンの使用などで電力を多用する夏だけでなく、冬もバッテリー上がりを起こしやすい季節です。 低温下では、バッテリー内の化学反応が鈍り、性能を100%発揮できなくなるためですね。 バッテリー上がりだからといって、慌ててロードサービスに頼らなくても自力で解決できるケースがあります。 今回は、いわゆるバッテリージャンプのトリセツです! ジャンプには、バッテリーが上がってしまった車と同じ電圧の救援車が1台とブースターケーブルさえあればOK。 乗用車のほとんどは12Vですが、トラックや一部のSUVは24V仕様なのでご注意ください。 それと接続するバッテリーの容量によってケーブル径などが異なりますので、適正な仕様の製品を選んでくださいね。 赤プラプラ・黒マイマイとオマジナイを覚えよう では、ケーブルをつないでいきます。 赤い方をプラス、黒い方をマイナスにつなぎます。 接続する順番は、救援される側の車のプラス端子に赤いケーブル、次に救援車のプラス端子に赤いケーブル、続いて救援車のマイナス端子に黒いケーブル、最後に救援される側の車のマイナス端子に黒いケーブルをつなぎます。 さて、クリップをつなぐ際に特に気を付けてほしいのは、ボディなどにクリップを接触させないことです。 バッテリーに接続したクリップがボディに接触した刹那、ショートしてしまいます! 最後のマイナスクリップ接続時はどうしても火花が飛びますが、臆することはありません。 本来はバッテリーから出るガスに引火するのを防ぐため、エンジンフックなどのバッテリーから離れている部分にアース接続するのがセオリーです。 しかし、最近のエンジンルームは金属面の露出が少ないので、今回はバッテリーのマイナス端子に接続しています。 車の取扱説明書にアース接続できる場所が記載されていることもあるので確認しておくと良いでしょう。 エンジンが始動したら、しばらくドライブしてください ケーブルの接続ができたら救援車のエンジンをかけ、1分程度待ってから救援される車のエンジンをかけます。 大抵の場合はこれで再始動できます。 エンジンが掛かったら、今度はつないだときと逆の手順でケーブルを外していきます。 「救援された車のマイナス(黒いケーブル)、救援車のマイナス(黒いケーブル)、救援車のプラス(赤いケーブル)、救援された車のプラス(赤いケーブル)」になりますね。 ジャンプしてエンジンを始動した車はしばらくエンジンを止めず充電しましょう。 1時間くらい走らせるのが良いと思います。 電圧も一緒でケーブルも接続手順も問題ないのにエンジンがかからない、一度はかかるけどすぐにバッテリーが上がってしまう…という場合は、オルタネーターの故障やバッテリー自体がもうダメな場合があります。 そういう場合はオルタネーターやバッテリーの交換が必要です。 なお、ハイブリッド車、電気自動車などではバッテリージャンプできない車種もあります。 あらかじめ確認しておいてくださいね。

次の