アズノール軟膏通販。 軟膏の医薬品で、「アズノール」や「ニゾラール」というものは、市販では手...

アズノール軟膏は市販で買える?市販で購入したい方におすすめの通販はここ!

アズノール軟膏通販

アズノール軟膏(一般名:アズレン)は、1958年から発売されている皮膚潰瘍治療薬です。 安全性に非常に優れる外用剤で皮膚への刺激も少ないため、主に軽症の皮膚疾患を中心に広く処方されています。 眼以外の身体のどこにでも塗る事ができますし、肌が敏感な赤ちゃんにも安心して用いる事が出来ます。 幅広く使われているお薬ですので、 「薬局やドラッグストアで同じようなものを購入できないのか」 「市販薬に同じようなものはないのか」 と患者さんから相談される事もあります。 ではアズノール、あるいはアズノールと似た成分を持つ外用剤は市販薬として購入できるのでしょうか。 ここではアズノールは市販薬として売っているのかをお答えしたいと思います。 1.アズノールの市販薬はあるのか アズノールは市販薬として販売されているのでしょうか。 結論から言ってしまうと、アズノール軟膏と同じものは市販されておらず、薬局やドラッグストアで購入する事は出来ません。 そのため、もしアズノール軟膏が必要な場合は、病院を受診して診察医に「この患者さんの治療にはアズノール塗布が必要である」と判断してもらわないと入手する事は出来ません。 アズノールは「アズレン」という植物由来の成分から作られています。 より具体的に言うと、カミツレ(カモミール)というヨーロッパ原産のキク科の植物に含まれるアズレンをもとに作られた「グアイアズレン(ジメチルイソプロピルアズレン)」が原料となっています。 この「グアイアズレン」が配合されている市販の軟膏・クリームはあります。 しかし含有されているグアイアズレンの濃度もはっきり分からず、またその他の成分も多く配合されているため、アズノールと同じ効果が得られるかというと疑問が残ります。 例えば市販のクリームでアズレン(グアイアズレン)を含んでいるものは次のようなものがあります。 グアイアズレンを含んではいますがその濃度は不明で、またその他の成分も多く含んでいますので、アズノール軟膏と同じ効果を期待するのは難しいかもしれません。 このように、アズノール軟膏と全く同じ成分からなる外用市販薬はないのが現状です。 しかし一方でアズノールと同じ成分を含む、• うがい液• 口内軟膏• 坐薬 は市販薬がありますので、このような用途でアズノールを用いたいのであればこれは市販のものを買う事が出来ます。 アズノール(アズレン)には、• 抗炎症作用(炎症を抑える作用)• 創傷保護作用(傷を保護する作用)• 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える作用) といった作用があります。 そのため、皮膚の潰瘍を治療するという用途以外にも、うがい液や口内軟膏として用いて口腔内の炎症を抑えたり、胃薬として用いて胃炎を抑えたりする作用も期待できるのです。 例えば、一例として次のような市販薬があります。 2.アズノール軟膏と似た作用を持つ市販薬はないの? ではアズノールと全く同じではなくても、アズノールに比較的近い作用を持つ外用剤は市販されていないのでしょうか。 アズノールは主に、• 抗炎症作用(炎症を抑える作用)• 創傷保護作用(傷を保護する作用)• 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える作用) といった作用を持ちます。 そして臨床でアズノール軟膏が処方されるのは、特に1番目の炎症を抑える作用を期待したものになります。 更に2番目の創傷保護作用は、基剤がワセリンなど保湿力の高いものであればある程度補えます。 アズノールは安全性の高さも利点ですので、以上から考えると「安全性が高く、穏やかに炎症を抑えてくれる市販の外用剤」という視点でアズノール軟膏と似たようなものはないのか考えてみましょう。 実は、同じくキク科の植物であるキンセンカ(カレンドラ)にも、抗炎症作用がある事が知られています。 カミツレもキンセンカも、昔から民間療法として火傷や擦り傷といった皮膚トラブルの治療に使われていたそうです。 カミツレとキンセンカに含まれる抗炎症作用を持つ成分は、全く同じ作用機序で効くわけではありませんが、• 植物由来の成分であり安全性が高い• 穏やかな抗炎症作用を持つ という点では共通しています。 カミツレとキンセンカを含む市販の外用剤として、例えばこのようなものもあります。 アロベビークリームは保湿作用に優れる成分を多く含んでおり、バリアのように覆って皮膚を守る事で皮膚状態を整えます。 また配合されている「セイヨウニワトコ」のエキスは、穏やかながら炎症を抑える作用も多少有しているため、穏やかな抗炎症作用を持ち、保湿作用に優れ、かつ安全性が高い、という点ではアズノールとある程度共通しているでしょう。 3.皮膚トラブルは医師に相談しましょう 残念ながらアズノール軟膏と全く同じ主成分からなる市販薬はありません。 似たようなものとして前項でいくつか紹介しましたが、これらもアズノールと全く同じようなはたらきをするわけではありません。 全く同じような効き方ではない以上、そのクリームが本当に自分の皮膚状態にあっているのかは分かりませんし、更にアズノールと比べてかなり高価です。 一方で保険診療で処方してもらうアズノールは、専門家である皮膚科医が皮膚状態を見て処方するわけですから、高い精度で皮膚状態に適したものと言えますし、1本(20g)で50円程度ととても安価です。 実際はその1~3割負担ですので、1本5~15円程度で処方してもらう事が出来ます。 こう考えると診察料などを含めても、受診した方が金銭的にも優れている事が分かります。 市販薬ではなく処方薬のため、欲しいと言えば処方してもらえるものではなく、医師が治療に必要と判断しなければ処方してもらえませんが、本当にアズノールが必要な状態なのであれば、病院を受診して医師に処方してもらった方が安価ですし、何よりも正しい診断に基づいた正しい治療を行えます。 お忙しい方は、なかなか受診する時間が取れない事もあり、つい「市販薬で何とかならないかな」と考えてしまうと思います。 しかし皮膚のトラブルで悩んでいるのであれば自分の不正確な診断で市販薬を塗るのではなく、出来るだけ時間を作って皮膚科を受診するようにしましょう。 カテゴリー• 247•

次の

【赤ちゃんにアズノール軟膏 】顔に塗ってもよい優しい薬&使用するときの注意点

アズノール軟膏通販

アズノーズ軟膏とは? そもそもアズノール軟膏とはどのようなものでしょう。 アズノール軟膏・・植物であるキク科の植物カミツレの有効成分を、ワセリンとラノリンという羊由来の油を基材にして作られたもの カミツレはカモミールのことで、よくハーブとしても使われていますね。 ラノリンは羊の油分で、授乳でできてしまう、乳首の傷への塗り薬としても使われています。 鎮炎効果と殺菌効果に優れている自然由来の優しい薬です。 また アズノール軟膏は、抗生物質ではなくステロイド剤を使用していません。 ステロイド剤はできれば使いたくない!そんな親御さんも多いでしょう。 アズノールは非ステロイドですので安心です。 アトピーの塗り薬として、愛用している人もいます。 劇的な効果がすぐに出る・・というわけではありませんが、長く続けていける体に優しい薬になります。 赤ちゃんが• おむつかぶれ こんな肌のトラブルが起こったときに、病院に行くと、よくアズノール軟膏が処方されます。 大人でも、手荒れや湿疹で皮膚科に行くと、アズノールを処方されることがあります。 ワセリンも含まれているので、大変保湿効果が高いものです。 ただごくまれに、成分のカミツレやラノリンに過敏に反応が出てしまうことがあります。 念のため、パッチテストをおこなってから使用するとよいですね。 【パッチテストの方法】• 赤ちゃんの太ももや二の腕に軟膏を塗る 10円玉くらいの大きさ• 20分ほど待つ• 赤みがなければOK 以上は簡易的な方法になります。 顔に塗っても大丈夫! 特に合わないということがなければ、 赤ちゃんの顔に塗っても大丈夫です。 湿疹が気になる口回りに塗っても問題ありません。 ほかにも、目の周りや首などのデリケートな部位に塗ってもOKです。 大丈夫かしら?と思いますね。 直接お顔に塗ったものをなめるわけではないので、危険度はかなり低いです。 アズノール軟膏自体は体に安全なものを使っていますので・・。 ただ、なるべくならなめないでほしいところです汗。 ミトンをこまめに変えたり、少量を、回数を増やして塗ってあげるようにしましょう。 乾燥対策にもなります! またアズノール軟膏は、保湿効果が大変高いです。 ですので、 赤ちゃんのほっぺのかさかさや乾燥対策として塗布してもOK です。 肌荒れ対策で処方されたアズノールの、保湿効果の高さに惚れて、顔にも使っているという大人がいるくらいなのです。 市販で売っているの? アズノール軟膏は、残念ながら市販は販売されていません。 大人も保湿対策として使いたくなりますが、手軽には手に入らないのが現状です。 ただ、通販として扱っている薬局の販売サイトがネット上にいくつかあります。 チューブタイプの20gで400円ほどです。 とても安いですね。 >> >> 終わりに 「アズノール軟膏を赤ちゃんのお顔に塗っていいの?」 「赤ちゃんがなめるんですけど・・」 こんな疑問への回答でした。 体に優しい成分を使っていますので、口回りや顔に使っても大丈夫とされています。 まれにアレルギーを起こす人がいますので、ちょっとだけ気を付けてください。 湿疹や乾燥対策としても使えますので、1本あると何かと使えますね。

次の

【楽天市場】【第3類医薬品】【本日楽天ポイント5倍相当】【あす楽12時まで】内外薬品株式会社ダイアフラジンA軟膏200g(20g×10)かゆみ・しっしん・皮膚炎ビタミンA油配合非ステロイド製剤【ドラッグピュア楽天市場店】【RCP】:ドラッグピュア楽天市場店

アズノール軟膏通販

アズノールうがい液は市販で販売されていません。 そのため、薬局やドラッグストアで購入することはできませんし、楽天やAmazon(アマゾン)のような通販サイトでも購入することはできません。 どうしても購入したい場合は 1、市販の浅田飴 AZうがい薬(100ml)を購入する。 2、海外の個人輸入代行サイトからアズノールうがい液(10ml)を購入する アズノールうがい液の有効成分はアズレンスルホン酸ナトリウム4%です。 市販の浅田飴 AZうがい薬は100L中に0. 5gのアズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)が入っています。 アズノールうがい液には1mlに40mg、10mlには400mg(0. 4g)の 同じアズレンスルホン酸ナトリウムが入っています。 有効成分が入っている量は だいたい同じですね。 市販の浅田飴 AZうがい薬は量が多くて薄い、 アズノールうがい液は量が少なくて濃いですが、アズノールうがい液も市販の浅田飴 AZうがい薬もどちらも薄めて使うものなので、濃度はお好みの量に調整すればいいので、そんなに問題ではないかとおもいます。 そんなわけで、アズノールうがい液を市販で購入したい方は同じ有効成分の市販の浅田飴 AZうがい薬を購入したらいいかと思います。 市販の浅田飴 AZうがい薬は薬局、ドラッグストアで購入できます。 万が一、お店にない場合は、楽天やAmazon(アマゾン)などの通販サイトで購入することができます。 どうしてもアズノールうがい液を購入したい方はこちらの個人輸入代行サイト(ファミリーファーマシーグローバル)から購入することができます。 ファミリーファーマシーグローバルなら、アズノールうがい液のジェネリック品のアボダースうがい液4%も購入することができます。 こちらの方がジェネリック品で値段が安いのでおすすです。

次の