爪 類語。 「詰めが甘い」の意味と語源とは?例文や類語・ことわざも解説

「爪」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

爪 類語

語源は「北条氏直時分諺留(ほうじょううじなおじぶんことわざとめ)」という書物から 「能ある鷹は爪を隠す」の語源は、古いことわざ集の「北条氏直時分諺留(ほうじょううじなおじぶんことわざとめ)」という書物からきています。 この中で「鷹」という動物の性質について書かれています。 鷹が獲物を捕らえるために使用するのは「鋭い爪」「相手を見る鋭い目」「獲物にたどり着くまでのスピード」の3つです。 しかし、鷹が獲物を捕らえるために使う本当の武器は「爪」であり、爪は普段隠しています。 鷹は獲物を捕らえるその瞬間にだけ使用することから、普段は実力を見せない鳥と言われていました。 以上より、鷹が自身の本当の武器を隠しているというから、本当の実力者は新の実力を軽々しく見せつけないという意味になったのです。 2.「能ある鷹は爪を隠す」の使い方と例文 「能ある鷹は爪を隠す」にはビジネスシーンでもプライベートでも誉め言葉として使われます。 会社にはあまり目立たない人が「実は隠れた実力者かもしれない」という噂が立ったり、「本当はある分野においてすごい力を持っている」と言われることがありますよね。 そんな人に対し上司や先輩から「あいつは実力を普段見せない人だが、やるときはやる」と信頼されるときに使われるのです。 プライベートでも学力試験や試合の本番に強いはずなのに、普段はそれを見せない人が「あいつは能ある鷹は爪を隠すタイプ」と言われることがあります。 どちらのシーンでも「能ある鷹は爪を隠す」は誉め言葉として使われることが多いのです。 「能ある鷹は爪を隠す」はの例文のように使われます。 実力を出していないときは温和ですが、隠している実力を発揮している時は、いつも以上に集中した顔になります。 普段は発言をしない人も、真価を発揮しているときは的を得た正確なや提案をすることも「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人には見られるのです。 普段はぼーっとしているように見える人が、てきぱきと動いて問題を解決する、ズバッと本質を言い当てるなどというケースです。 以上のように、「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人は、真価を発揮しているときとしていないときとでは、言動にギャップがあります。 4.自ら「能ある鷹は爪を隠す」ときは注意! 「能ある鷹は爪を隠す」は誉め言葉として使われることが多いのですが、時にはマイナスな表現としてとらえられてしまいます。 注意点は以下の2つです。 仕事に対してやる気がないと判断されるときがある 「能ある鷹は爪を隠す」は上司によっては「やるときだけやるのは、普段の仕事に対してはやる気がないことだ」と判断されてしまうことがあります。 もちろん「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人は、普段手を抜いているわけではありませんが、人によっては怠けている、やる気がないと思われてしまうのです。 人に対して「能ある鷹は爪を隠す」という言葉を使うときは注意しましょう。 相手に不快な思いをさせ てしまうため、直接本人に伝えないように 「能ある鷹は爪を隠す」はたとえ誉め言葉として使ったとしても、相手を不快にさせてしまう言葉になる可能性があります。 自分にとっては「真の実力を大切な時に発揮できる人」という意味で使っていても、相手は「この人には普段は何もできない人だと思われている」とされてしまうことがあるのです。 会社でいくら周りが「あの人は能ある鷹は爪を隠すタイプの人だ」と言っていたとしても、本人はその言葉をどう受け取っているかはわかりませんよね。 そのため、本人に直接「あなたは能ある鷹は爪を隠すタイプですよね」などと伝えることは避けましょう。 相手によっては「能ある鷹は爪を隠す」が不快な言葉になってしまいます。 5.「能ある鷹は爪を隠す」の類語と反対語 「能ある鷹は爪を隠す」にはいくつか類語と反対語があります。 類語と反対語は以下です。 大智は愚の如し 読み: だいちはぐのごとし 意味:本当に知恵のある者は知識をひけらしたりしないため、一見すると愚かなように見えるということ 「大智は愚のごとし」の「大智」には「優れた知恵」という意味があり、ことわざでは「優れた知恵を持つものは一見愚かに見える」という意味合いになります。 しかし、愚かに見えるのは、知識をひけらかしていないからであるため、本当は実力があるのです。 「能ある鷹は爪を隠す」も「大智は愚の如し」も「本当の実力者は、大事な時に実力を発揮する」という点で似ていますよね。 そのため、「大智は愚の如し」は「能ある鷹は爪を隠す」の類語として扱われるのです。 「大智は愚のごとし」は以下の例文のように使われます。 食いつく犬は吠え付かぬ 読み: くいつくいぬはほえつかぬ 意味:人にかみつく犬は吠え立てたりしないで行動に出るが、吠える犬は臆病でめったにかみつかないことから、真の実力と自信のある者は虚勢を張ったり、騒いだりしないことのたとえ。 「食いつく犬」が真の実力を持つものとして、「吠える犬」は実力を持たないものとして分けられています。 この言葉では「吠える」という行為が「実力をみせつける」という意味になり、「吠えずに行動に出る犬」が「真の実力を発揮できる人」と似た表現になるのです。 「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人も普段は自分の実力を見せることはないため、「吠えない犬」と似ていますね。 以上のことから「能ある鷹は爪を隠す」は「食いつく犬は吠え付かぬ」の類語として扱われるのです。 「食いつく犬は吠え付かぬ」は以下の例文のように使われます。 能無し犬の高吠え 読み: のうなしいぬのたかほえ 意味:実力のない者ほど、口先ばかり達者なこと 「能無し犬の高吠え」の「能無し犬」は「実力のないもの」と表現されており、「高吠え」は「口先が達者である」ということを指しています。 つまり、 実力ないものは知識や自分の実力に対して口先だけが上手くなってしまい、その光景が無様であると言えるのです。 一方「能ある鷹は爪を隠す」は「実力のあるものは軽々しく自分の能力を見せつけない」という意味を持つため、「能無し犬の高吠え」とは反対の意味になります。 以上のことから「能無し犬の高吠え」は「能ある鷹は爪を隠す」とは反対語になります。 「能無し犬の高吠え」を使った例文は以下です。 例文:He is a type He who knows most speaks least. (彼は能ある鷹は爪を隠すタイプだ。 ) まとめ 「能ある鷹は爪を隠す」は「 本当の実力者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしない 」という意味です。 ビジネスシーンでもいざという時に真価を発揮する人に使われます。 また、この言葉は基本的に目上の人が部下に、同僚に使う言葉なので、使い方には注意が必要です。 さらに、直接本人に「君は能ある鷹は爪を隠すタイプの人だね」というのはやめたほうがいいです。 本人にとっては「普段はなにもできない(していない)人」という嫌味だと思われてしまう可能性があるからです。 うっかり本人に直接伝えたりしないように気を付けましょう。

次の

「牙城を崩す」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

爪 類語

気になる項目をクリック• 1.「的を得る」は「的を射る」の誤用ではない! 「的を得る(まとをえる)」という慣用句は一般的に使われており、市民権を得ている表現だと言えます。 しかし、『本来、的は「射る」ものであり「得る」ものではない』という考えの元に、「的を得る」は誤用だという解釈がされていました。 ところが、「得る」には「入手する」という意味以外にも「理解する」「捉える(とらえる)」という意味を持っています。 、「物事の要点をしっかりと理解する」という意味を持つ「要領(ようりょう)を得る」という表現がありますね。 この表現に用いられる「得る」も「理解する」という意味合いで使われています。 近年では、 『「的を得る」は必ずしも「的を射る」の誤用とは言えない』という考え方が一般的になっているようです。 1-1.三省堂国語辞典の謝罪 元々「三省堂国語辞典」には、のような内容が記載されていました。 正鵠を得る 読み: せいこくをえる 意味:物事の要点をうまくつかむこと 「正鵠を得る」は「的を射る」と同様に使うことのできる慣用句です。 「正鵠」とは、中国語に由来を持ち、「的の中心」を意味します。 「正鵠を得る」は、その「的の中心」を「うまく捉える」、すなわち 「物事の要点をうまくつかむこと」という意味であり、「的を射る」の語源とも言われています。 「的を射る・得る」と同様に「正鵠を射る」という言葉も存在しますが、戦前までは「正鵠を得る」の方が一般的に使われていたようです。 しかし、戦後になると簡略化されたのか、次第に「正鵠」という言葉は影を潜め、「的を射る」という表現が市民権を得るようになったようです。 Wow! You have absolutely hit the nail on the head. (すごい!君は 的を得ているね。 He hit the nail on the head when he said that. (彼がそれを言ったとき、まさに 的を得ていた。 ) まとめ 「的を射る」は「物事の要点を的確に捉えている」「物事の本質を突いている」という意味で使われるです。 日本語の誤用として『「的を得る」は誤りであり、正しくは「的を射る」だ。 』という説が存在し、長い間議論が繰り広げられています。 しかし、「的を得る」は一般的に定着している言い回しであり、三省堂国語辞典の謝罪騒動以来、誤用ではないという認識が広まりつつあります。 そのため、「的を得る」を使っている人に対して『それは間違いで、正しくは「的を射る」だ!』と指摘することはおすすめできません。 しかしながら、 誤用だと世間に認識されていた事実を考慮に入れると、ビジネスシーンにおいては「的を射る」を使う方が無難だと言えるでしょう。

次の

「能ある鷹は爪を隠す」の意味と使い方!例文や英語表現も解説

爪 類語

「詰めが甘い」の意味とは? 意味は「最後の段階で台無しにすること」 「詰めが甘い(つめがあまい)」とは、「最後の段階で台無しにすること」を意味しています。 物事が成功しそうな様子であるのに、最後の段階に来て失敗することで台無しとしてしまう様子を表したネガティブな言葉です。 「詰めが甘い」における「詰め」の意味については、その語源とともに後ほどご紹介します。 「甘い」と言う言葉は、味を表すだけではなく、「厳しさにかけている様子」や「本来あるべき様子から衰えた様子」などの意味も持っています。 「詰めが甘い」の語源は将棋の「詰み」 「詰めが甘い」と言う言葉における「詰め」の意味は、将棋に由来しています。 将棋においては、最後の段階において、次にどのような手を指したとしても相手に駒が取られてしまう状況であることを「詰み」と言います。 「詰めが甘い」における「詰め」も、将棋の「詰み」と同様の「最後の段階」「物事の終局」を意味する言葉です。 「詰めが甘い人」とは「詰めが甘い行動をとる人」 「詰めが甘い人」とは、「詰めが甘い」行動をとる人のこと。 つまり、「最後の段階で台無しにしてしまうような行動をとる人」を意味して使う言葉です。 「詰めが甘い」は自分自身に対して使う場合もあれば、同じ職場の仲間や家族・友人に対して使う場合もあります。 「詰めが甘い」ことの改善方法や対策についても、後ほどご紹介します。 「詰めが甘い」の例文 「詰めが甘い」を使った例文• 彼女はいつも最後の詰めが甘くフォローをしないといけない羽目になるので、安心して仕事を任せることができない。 腹がたつ気持ちはわかるが、まだ新人なのだから、詰めが甘いことも多めに見てやって欲しい。 私の彼氏は明るく大らかな性格が魅力の反面、詰めが甘いのでいらいらさせられることも多い。 「詰めが甘い」の類語・ことわざ つけ込まれやすい場合は「脇が甘い」 「脇が甘い(わきがあまい)」という言葉は、「注意や警戒心が不足していてつけこまれやすい様子」を意味しています。 注意が欠けているという点においては、「詰めが甘い」と共通していると言えます。 しかし、「つけ込まれやすい」と「最後で台無しにする」では、意味が異なるため、言い換えとして使うことには適していません。 ことわざ「画龍点睛を欠く」は「肝心の部分が足りない」 「画龍点睛を欠く(がりょうてんせいをかく)」とは、「不十分」を意味することわざです。 描いた龍に最後に睛(ひとみ)を入れたら空に飛んで行ったと言う、中国語の故事成語を語源とした「画龍点睛」を元にした言葉となります。 「画龍点睛を欠く」とは、描かれた龍に中心となる睛(ひとみ)がないことを例えとして、「全体ができているにも関わらず、肝心の部分が十分ではないこと」を表しています。 なお「龍」を「竜」として、「画竜点睛」と書く場合もあります。 「九仞の功を一簣に虧く」は「詰めが甘い」と同じ意味 「九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)とは、「詰めが甘い」と同じ「最後の最後で台無しにしてしまう」ことの意味を持つことわざ。 中国語の経書である「書経(しょきょう)にあり、「高い山を築いてきたのに、最後に盛る土が足らず完成しない」とことを例えとしています。 「九仞」とは「非常に高さがあること」を意味しており、「長くしてきた努力が、最後の小さなミスにより台無しになる」ということを表した言葉となります。 「詰めが甘い」の対義語・逆の意味の言葉 意味として反対の言葉(対義語)は「やり遂げる」「慎重」 「詰めが甘い」とは「最後の最後で台無しにする」の意味を持つ言葉。 したがって、意味として反対の言葉(対義語)には、「やり遂げる」「貫徹する」「慎重」などが考えられます。 「やり遂げる」「貫徹する」 物事を最後まで取り組み終えることを意味しています。 具体的に成功したかどうかまでは含まれていませんが、ネガティブな意味合いとしては使わない言葉です。 「慎重」 「慎重」とは、「軽々しく判断や行動をしないこと」を意味する言葉です。 「詰めが甘い」は、最後の段階においては、慎重にならずに、油断したため、失敗したと言えます。 「詰めが甘い」の英語表・中国語表現 英語は「not follow through」中国語は「最后关头掉以轻心」「詰めが甘い」の英語表現は、「not follow through」を使うことができます。 「through」は「徹底する」の意味を持つ言葉で、「follow through」は「最後までやりきる」「とことん従う」などを意味する表現。 直訳で「最後の段階で失敗した」を意味する、「fail at the last moment」を使うことも可能です。 また「詰めが甘い」の中国語における表現は、「最后关头掉以轻心」となります。 詰めが甘いと言われた場合の改善方法・対策 仕事では楽観的な判断を避ける 「詰めが甘い」人の特徴のひとつは、「楽観的」であると言われています。 楽観的な性格には、失敗や不安にとらわれないポジティブな面もありますが、仕事においては結果を出すことが肝心。 「この問題は放っておいても大丈夫」「ここまでやれば大丈夫」と言った楽観的な考えは、失敗を招いてしまわないとも限りません。 仕事においては楽観的にならずに「もう一度だけ考えてみる」「他人にチェック・評価してもらう」などを意識することで、「詰めの甘さ」を改善していくことも可能です。 治らない場合は病気の診断を受けてみることも 「詰めが甘い」ことを改善しようと努力しているにも関わらず、なかなか治らない場合には、思い切って病院で診断を受けることもひとつの方法です。 「ADHD(多動性症候群)」は、「注意力が欠如していること」や「衝動的であること」などが、仕事や生活を困難にしている状態と定義されている症状。 「詰めが甘い人」の性格の特徴と似ているとの意見もあり、診断や適切な治療を受けることで改善できることも考えられます。 まとめ 「詰めが甘い」とは、「最後の最後で油断して失敗すること」を意味する言葉。 将棋の「詰め」が語源となります。 「詰めが甘い」の類語にはことわざの「画龍点睛を欠く」などがあり、意味として反対の言葉(対義語)には「やり遂げる」「慎重」などがあります。

次の