ザファブル。 ザ・ファブル

ザ・ファブル

ザファブル

どんな相手も6秒以内に殺す? 仕事をしすぎた彼に、ボスが与えたミッション。 それは、「一年間、誰も殺すな。 一般人に溶け込み普通に暮らせ。 休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す。 」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコと共に、生まれて初めて一般人としての生活を始める。 ついにはファブルが一般社会で出会い、世話になった女性・ミサキが人質に取られ、事態は思わぬ方向に!ファブルは、ヨウコの協力のもと、「誰も殺さず人質救出」という前代未聞の無謀なミッションに挑む! C 2019「ザ・ファブル」製作委員会 原作マンセーだと、原作からの改変は納得いかないだろうし、そこが面白さだったのにって話に必ずなるけどいい加減漫画原作の映画にそうした漫画準拠を求めるのは違う。 その方がいい作品もあるけど、ファブルはそうした手合いの作品ではなく、違った角度で見ないとダメだろう。 キャストを岡田准一にしたのは、今の日本で岡田准一以上に主演が出来てアクションが出来る俳優がいない事から考えてもそのキャスティングは期待値をあげこそすれ、それが作品を既存する要素にはなっていない。 まして、話をすべてやるわけではなく原作でもあまたの前半部分だけを映画化するのだから、いまの形に落ち着くのは当たり前だし、人相の悪い印刷屋の社長を佐藤二朗にやらせたり、佐藤浩市をああした配役で出すのも気が利いている。 元々が映像化すれば、このくらいのスケールの作品なんだから、細かい改変をついてつまらないとくさすのではなく、面白いと素直に受け取っておけば良い作品。 それなりに楽しめます。 漫画の大ファンです。 漫画を知らずに見ればそこそこ楽しめるアクション映画なんでしょう。 以下、ダメだった部分のネタバレです。 やり返されているし。 マンションをさっと2階分降りる漫画では迫力のシーンも登るシーンになっちゃってるし。 漫画の癒しキャラのクロちゃんが高橋と混同キャラになっていて兄さんラブな部分ないし。 兄さんすげーキャラはフードが引き継いでいるけどそれも微妙。 河合君の楽しみ方も微妙。 ヨウコはタバコ吸う下品な女じゃない!! 岬をやろうとしちゃう禿キャラは漫画のクロちゃんそっくりな容貌に改変で悪意があるし。 まあそれらを満たしたらいい映画になるのかといわれれば商業的に無理だったのでしょうね。 イケメンだらけの映画にしたかったのでしょう。 なのでフツーの星3つな点数です。 フツーに楽しめます。 岡田くんのファンなら楽しめます。 第2弾があれば期待してまた見ちゃうけど。 クロちゃんの「もう、兄さーーーん!」今度はアリで! 映画館に観に行けなかったため待ちに待ったblu-ray。 帰宅後すぐに見始めるもいわゆる日本映画によくあるお寒いドタバタアクションにガッカリ。 リアルさや緊迫感の微塵もない。 特に原作の面白さである強い敵を圧倒するところに一種のカタルシスを感じる部分が、敵のバカさ加減と、さらにそれに苦戦するという酷い原作改変に怒りすら覚える。 普通の映画としてみても微妙に原作をなぞろうとするからテンポも悪いし、原作を知っている立場からすると微妙な辻褄合わせが気持ち悪い。 原作が好きなだけに観る前から怪人山岡編の続編をと期待に胸を膨らませていたのだが大変残念である。 原作のファブルファンです。 実写化とか難しすぎるだろう・・・って思ったのですが、かなり再現度高いです。 原作を知らない人がアクション映画として観てもかなり優秀だと思います。 登場人物もかなり似た役者を選んでるなーと思いました。 主役の岡田准一がどうかなーと思っていましたが、観たら佐藤の世界観も大事にしてくれていて、 原作の絵に似た表情をしっかりと出来ているのを見て、相当練習したんだろうなぁ・・と感心してしまいました。 まだまだ原作は続いていますし、続編を期待してます。

次の

ザ・ファブル

ザファブル

解説 2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化。 超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。 もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。 そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく。 相棒ヨウコを木村文乃、ボスを佐藤浩市が演じるほか、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理ら豪華キャストが集結。 カンヌをはじめ数々の広告祭で受賞歴を持つCM界の巨匠・江口カンが監督を務め、「20世紀少年」「GANTZ」の渡辺雄介が脚本を手がける。 2019年製作/123分/G/日本 配給:松竹 スタッフ・キャスト ファイトコレオグラファーのアラン・フィグラルツは「ボーン・アイデンティティー」や「96時間」シリーズなど、リアリティー重視のスピーディーでタフな格闘アクションの振付で活躍してきた人。 「図書館戦争」などでアクションのセンスを見せてきた岡田准一も、フィグラルツの振付でさらに才能を伸ばした、そんな印象を受けるシーンの連続だ。 原作は未読だが、凄腕の殺し屋なのに日常生活に不慣れで世間知らず、というコミカルな設定が楽しい。 チンピラに敢えて殴らせる場面など、アキラの心の声(思考)を添えつつスローモーションで殴られゆがむ顔(当然CGで加工している)をとらえる映像が爆笑を誘う。 福士蒼汰も大きな体躯を駆使して、好敵手ぶりを発揮していた。 共演陣も豪華だが、顔見世程度で終わってしまう人が多く、ちょっともったいない気も。 安田顕のやくざ者の熱演には胸を打たれた。 ネタバレ! クリックして本文を読む Amazonプライム・ビデオでレンタルして鑑賞。 原作は未読です。 顔芸も炸裂し、新たな一面も見せてくれました。 これだけでもなかなか困難なミッションですが、それ以上に過酷な事態が彼に襲い掛かって来ました…。 ひょんなことから関わることになった女性を救出するため、多勢に無勢にもほどがある状況から誰も殺さず事を成し遂げねばならない。 ひとりでも殺したら、ボスに殺されてしまう…。 ちょっとエロい木村文乃。 安定のイカれ具合な柳楽優弥。 存在してるだけでもはや面白い佐藤二朗。 この3人がベスト演技でオススメ! ネタバレ! クリックして本文を読む おもしろいコメディアクション映画。 ほんとーに特に何も考えずに2時間観れました。 柳楽さんのクレイジーな男なのに、ヤスケンさんの前でだけは弟感がしっかり滲み出ていて。 最後に殺されてしまうシーンは悲しかったな、、、 ヤスケンさんはとにかく存在が。 怖いヤクザの兄貴で、真面目で、強面なのに、どこかにユーモアが出てしまってて。 すばらしいですね。 もっともっと、他の作品が見たくなりました。 イケメンってのはどんな役をやってもイケメンなんですよね、、、それが惜しい。 もっともっとイケメンを崩せるような役に積極的に挑んでほしい。 タッパがあるだけにスーツきててもセクシーでカッコ良すぎるんだもん、、、 とにかくエンターテイメントでした。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

ザ・ファブル : 作品情報

ザファブル

スポンサードリンク あらすじ ソファに座っていた海老原は立ち上がり、高橋が投げ入れた銃・ルガーを拾いに動く。 ユーカリはそれを察し、ダーツの矢を掴んで海老原に投げつける。 銃を構えた海老原の手にダーツの矢が刺さるが、海老原は動じずそのまま銃の中の弾を撃ち尽くす。 海老原が撃った弾丸は全て山岡に当たった。 山岡「ぷっふ~ ふ~」 山岡「な…なんで おまえが撃つんだ… ここはアキラだろ~・・・・」 山岡は倒れる。 倉庫の窓から中を伺う高橋「終わったんスか・・・・?」 海老原「とりあえずは・・・・やな・・・・」 ダーツの矢は海老原の手の反対側まで突き抜けていた。 倉庫を出た佐藤の目の前には、キャンピングカーが止まっていた。 感想 シナリオが崩れなかった男・・・・。 それぞれのファブルが思い描いたシナリオにはならず、先の先を読んでいた海老原が思い描いたシナリオどおり~。 シナリオも崩れた男・・・・。 うまくいかなかった山岡さんの寂しい背中・・・・。 肝心なクライマックスでうまくいかないな~。 どんな時でも崩れない男・・・・。 ズレたシナリオの終わりに・・・・。 帝愛グループのNo. 山岡が関わった親殺しの件、洋子はボスに噛み付くか。 もう山岡がどうのと言うよりも、件に組織がどれくらい関わったかをボスに問い詰めてもいいと思う。 ヤクザの世界は勿論、どこの世界でも親殺しは大罪だぞ。 時代劇なら打ち首獄門だろ。 今後ボスがアザミユーカリを処分する展開になったとして、山岡の親殺しの件に組織が関わってるかどうか、ボスがどれくらい把握してたのかどうかを詰問するくらいの権利は洋子にあるだろう。 トップとしてまず知らない訳がないし、洋子を引き取った本人が知っていない訳がない。 今回の砂川らによるマグロ組の親殺しで山岡が処分されジロウも後に続くだろう。 ユーカリが言ってたように、殺された親の敵討ちをする資格があるのは洋子唯一。 親を殺された海老原も良ーく分かると思う。 過去における山岡の行動をボスが知ってない訳がない。 もし知ってないなら、知ってないだけの理由がどんなものか。 洋子は詰問すべきでトップはそれに正直に答えるべき。 それがアザミユーカリの今後の処遇に影響するんではないだろうか。 ボスを問い詰めた上で洋子が二人の助命を求める展開になったりとか。 物語のテーマは父性愛と親殺しと過去の精算だ。 親殺しなんては期せずしてマグロとファブルに共通してきてるぞ。 男を操る術を持つ女、佐藤洋子。 ボスをも手玉に取って見せてくれ。 それが洋子の一番の見せ場になるはず。

次の