日本の底力韓国。 /);`ω´)<国家総動員報 : 韓国「これが韓国の底力だ!(高純度」日本「いやいや…」特許も設備も容器も人材も無いのに完成させた模様というか不可能→

日本政治の底力 2019/08/26 北ミサイル、韓国は30分遅れて発表 →「我々が先に探知し、情報も正確で詳しい」

日本の底力韓国

タイトルは意味不明だが、どうやらトルコのほうが韓国より戦車を作る技術力が上になったことで、サウジアラビアに戦車を輸出するそうだ。 韓国がトルコに技術提供したらしいが、その技術はドイツのパクリだった。 しかし、トルコはパクリ技術をちゃんと自国で昇華して輸出できるようにした。 つまり、韓国の技術研究がトルコより進まなかったということを証明した。 だめじゃん。 技術提供した相手に負けるなよ・・・。 「兄よりできた弟?」トルコがサウジアラビアにアルタイ戦車輸出、韓国に動揺-K2戦車はテスト中断 「兄よりできた弟?」 韓国の次世代戦車「黒豹」(K2)の技術提供を受けて開発されたトルコの戦車「アルタイ」が最近、サウジアラビアと輸出契約を結び、国内の軍需産業界が動揺している。 アルタイが黒豹よりも先に開発を完了できたのは、戦車に必要な技術は韓国から輸入し、核心部品であるパワーパック(エンジン+変速機)は早期にドイツMTU社の新型モデルを採用したためだ。 一方、黒豹は、「パワーパックの国産化」という名分のため、戦力化が遅れてもパワーパックの国産化に力を入れてきた。 黒豹のシステム開発はすでに2009年に完了していたが、パワーパックの開発が4年以上遅れ、戦力化が実現していない。 黒豹に対する試験評価で、冷却ファンの速度制御、冷却試験の最大出力、加速性能などで性能欠格とされたが、防衛事業庁は3度にわたって開発期間を延長し、国産化への意志を貫いた。 戦力化が遅れると、黒豹の初期生産分100台に設置するパワーパックはドイツから輸入し、残りの100台は国産のパワーパックを使用するという妥協策が講じられた。 輸入のパワーパックを装着した黒豹の戦力化は2014年3月頃可能だが、国産パワーパックの開発が成功するかどうかは依然として五里霧中だ。 韓国軍は4月初め、国産のパワーパックを装着した黒豹の耐久性走行試験を行なったが、エンジンのシリンダーの破損で止まり、国産パワーパックの試験評価が中断された状態だ。 防衛事業庁関係者は、「現在、原因を分析している」とし、 「5月中に対策会議を開き、試験評価期間の延長などを協議する予定だ」と明らかにした。 donga. php3? 目標の2000部は超えた。 次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。 また新しく「Twitter」での読者登録(フォロー) もよろしくお願いする。 最近、フォロワー数も14600超えた。 だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。 人気記事• 128,161件のビュー• 76,200件のビュー• 64,000件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に 酔って候 より• に ちわわ より• に ももちゃん より• に ひふみ より• に しぐなる より 人気の記事〔1日〕• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 1,000件のビュー• 800件のビュー• 800件のビュー• 800件のビュー• 300件のビュー• 300件のビュー• 300件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

/);`ω´)<国家総動員報 : 韓国経済「11年周期で経済崩壊!」日本「黒点周期説は神秘!」韓国「外れたけどな」日本「黒点周期が延びて今年だけどな」→

日本の底力韓国

対韓の輸出規制強化に対応して、韓国が「脱日本」に力を入れ、日本企業がブーメランを迎えている。 20日日本経済新聞新聞(日経)によると、フッ化水素などの化学製品を生産する日本企業のステラケミファが最近発表した2019会計年度の実績を見ると、純利益が前年より18%減少した。 この会社は、業績悪化と関連し、「韓国への輸出管理の運用の修正などを背景に、半導体・液晶用フッ化水素輸出販売が減少した」と説明した。 これと関連し、輸出規制の強化以降、韓国企業が素材・部品などの日本の依存を減らしており、「日本製品を使い続けてきた韓国企業の調達戦略転換は、日本の材料メーカーの業績にも影を落としている」と日経は診断した。 LGディスプレーは、従来は日本企業ステラケミファが生産した超高純度フッ化水素を韓国企業ソルブレインが100倍に希釈したものを使用した、ソルブレインが独自の生産・加工した低純度フッ化水素を送るよう昨年11月に工程を変更したと日経は紹介した。 その結果、ステラケミファの主力商品である超高純度フッ化水素の昨年度の出荷量は、前年よりも約30%減少した。 やはりフッ化水素を製造するメーカーである森田化学工業の場合、今年1月初めに輸出を再開したが、韓国向けの販売量は、輸出規制の強化前と比較し30%程度減少した水準だ。 韓国需要者が製品供給先を変えたためと思われる。 森田化学工業の関係者は「一度奪われたものは、取り戻すのに時間がかかる」と述べた。 日経は、世界の主要な液晶パネルであり、半導体メーカーが日本製品を使うことは、高品質・低価格という利点に加えて、安定した供給が可能である点が影響を及ぼしたが、輸出規制を強化しながら、このような慣行が揺らいだと分析した。 サムスン電子の場合、半導体的安定生産を維持するために、いくつかの工程で、韓国内で調達が可能な低純度フッ化水素を使うことにしたと日経は説明した。 アンギヒョン韓国半導体産業協会常務は「仮に日本の輸出規制が2019年7月以前に戻っても、一度変わった材料は、日本製に戻らない」と述べた。 韓国と日本両国政府の対立に日系企業の現場が揺れ動いていると日経は評価した。 私は無限だと思うから日本に勝つのは余裕だと思います。 バイクはすべて日本製だろ? フォークリフトもそう。 本当に.. 国産メーカーは着実に技術力と耐久性を育てていかなければならず、そのように作られた製品が無駄にならないように、販売することができる販路も確実に開いてなければならない。 不気味な安倍一味たち。 daum.

次の

日本政治の底力 2019/08/07 日本行きの韓国経由を規制する案が浮上している模様

日本の底力韓国

韓国競馬界に衝撃をもたらしたのは、やはり日本の競走馬だった。 9月11日にソウル競馬場で行われた第1回「コリアカップ」(韓国G1、ダート1800m)。 2着も日本馬のクリノスターオーだった。 3着には韓国のトリプルナインが入ったが、各ハロンラップなども入ったを見ると、2着馬と3着馬の差は10馬身もある。 韓国馬としては最上位となる4番人気に支持された三冠馬パワーブレイドも、4着という結果に終わった。 (参考記事:) 前評判だけでなく、レース当日も日本のクリソライトが1番人気、クリノスターオーが3番人気と支持されており、今回の結果は戦前から予想はついていた。 ある韓国の競馬ファンは、ブログにこう綴っている。 「コリアカップは惨敗だった。 字面だけ見ると、3着と4着に韓国馬が入っており、『コリアスプリント』と大きな差はない。 しかし、重要なのは内容だ。 3着に入線したトリプルナインは、優勝馬と16馬身差。 4着のパワーブレイドは20馬身差。 日本の出走馬も非常に強い競走馬というわけではなく、日本ではG3級だ。 しかし、大差で負けた。 これが韓国のレベルだ」 ちなみに、「コリアカップ」で2着となったクリノスターオーの父はアドマイヤボスなのだが、その弟アドマイヤドンは韓国で種牡馬となっているではないか。 まさに血統だけでなく、育成などにおける日韓の差も改めて感じさせる結果となったと言えるだろう。 (参考記事:) ただ各メディアを見ると、「韓国馬も健闘した」という論調が多い。 「海外の有名馬たちが出走したなかで、韓国の出走馬たちも予想より良い成績をあげた」(『中央日報』)、「2頭が順位賞金(5着以内)を手にするとは想像できない状況だった」(『スポーツワールド』) などだ。 実際に、トリプルナインとパワーブレイドを出走させ、戦前は「海外から参戦するほとんどがパート1国で活躍している競走馬たち。 心配しているのが実際のところ」と話していたキム・ヨングァン調教師も、「入賞を期待するのが難しい状況だっただけに、このように好成績を残せてうれしい」と語っている。 何よりも同日に行われた「コリアスプリント」(韓国G1、ダート1200m)は、韓国にとっては想像以上にうれしい結果となった。 1着こそ香港馬スーパージョッキー(2番人気)に譲ったものの、韓国馬マチョンボルト(12番人気)が2着に入ったのだ。 日本のグレープブランデー(5番人気)が3着だったことも、韓国ファンの自尊心をくすぐったかもしれない。 「優勝は香港に譲ったが、韓国馬が準優勝をして、国内外の関係者を驚かせた。 (中略)韓国馬事会をふくめた競馬関係者たちはもちろん、韓国国旗を振って応援していた競馬ファンの胸を熱くさせた」(『UPKOREA』) 馬連が315. 8倍という3万馬券となっていることからも、競馬ファンたちの驚き具合が伝わるかもしれない。 当日、ソウル競馬場には4万4000人ものファンが集まり、馬券の総売り上げも100億ウォン(約10億円)に迫る盛況だったという。 「日本競馬がロールモデル」と公言している韓国競馬界には、非常に良い刺激になったといえるのではないだろうか。 (参考記事:) 日本と距離が近い韓国競馬が盛り上がることは、日本競馬にとってもメリットがあるだろう。 日本に適当なレースがない場合は韓国に競走馬を遠征してもいいだろうし、日本で種牡馬になれない馬たちが韓国では種牡馬入りできるかもしれないからだ。 パート2国入りを果たし、国際競走も開催した韓国競馬。

次の