かく しごと 未来 編 ネタバレ。 「かくしごと」未来編と現実編はエンディングでつながるのか?予想や内容についても

【かくしごと】母は死んでいる?可久士は漫画家を辞める?最終回はこうなる!

かく しごと 未来 編 ネタバレ

「かくしごと」はマンガ単行本もアニメも• 姫ちゃん18歳編(ここでは未来編と呼びます)• 姫ちゃん小学4年生編 この2つのストーリーが同時に進んでいきます。 姫が小学4年の話は、ほどよいギャグ、キャラクターの魅力、そして未来編への伏線が絶妙にが織り交ぜられ、思わず「クスッ」とさせられる内容になっています。 一方の未来編は• 姫が18歳になるまでに姫や可久士に何があったのか?• 姫の母親はどうなったのか? など、謎や疑問を残す展開になっています。 ここでは単行本11巻までの内容をもとに 「かくしごと」未来編のあらすじを1巻から順にネタバレします! なおアニメの未来編も原作マンガの未来編と同じ流れで進んでいきます。 ここで気になるのは以下の2点。 「かくしごと」の単行本は何巻で終了するのか?• 「かくしごと」アニメ1期は単行本の何巻まで放送するのか? この疑問に対するヒントは単行本10巻にありました。 作者の久米田康治さんが おそらく12巻が最終巻になると思います。 アニメも漫画も久米田康治も全て2020年に終了です。 引用元:「かくしごと」10巻 と書いています。 「久米田康治が終了」というのはもちろんジョークで、「久米田先生の次回作に、ご期待ください」と続いています(笑。 「かくしごと」の最終巻になるであろう 12巻が6月または7月に発売され、その後アニメも2020年中にエンディングを迎えると思われます。 そのためここでは単行本11巻までの内容をもとに、未来編のあらすじを1巻から順に書いていきます。 なお12巻が発売されたら即購入し、情報を追記する予定です。 「パンドラの箱」とは、メジャーな観光地・鎌倉の七里ヶ浜駅の裏手の階段を100段登ったところにある 1軒の古びた家でした。 鍵を開け、家の中に入ると、姫は父親がマンガを描く仕事をしていたことを初めて知ります。 父親の「隠し事」とは「描く仕事」だったことを知りますが、姫は「何も隠すことないのに・・・」と思います。 家の中を見渡すと、 姫は家の間取りが中目黒のお家と全くいっしょであることに気が付きます。 このころこの近くで、かつて可久士の元アシスタント・墨田羅砂と元編集担当の十丸院五月が話をしていました。 羅砂は「ついに知っちゃたか」とつぶやきます。 羅砂は「自分は世界一読者に嫌われている」と可久士が思っていたと回想しますが、姫も父親は読者から嫌われていたから隠し事をしていた?と疑問に思います。 しかし「後藤先生がんばってください」「下ネタサイコー」などと書かれたファンレターを見つけると、姫は「(可久士は) 案外愛されていたんじゃん」と思います。 姫は父親の仕事を知ろうとしなかったのです。 なぜなら 知るのが怖かったから。 父親の仕事を知ることで、他の知らなくてもいいことまで知ってしまい、2人の幸せな生活が壊れてしまう気がしたからです。 そんなことを思いながら姫が家の押し入れを開けると、17才から20才までの4つの箱がありました。 それは中目黒の家にあった箱の続きでした。 このころ家の近くには、こっそり姫の後をつけてきた小学校時代の友達らが「姫ちゃん、大丈夫かな」と心配していました。 かくしごと、加賀愛いるんだけどwww — 四剣鬼 meruhendokoro 3巻:箱の続きは・・・ 箱の続き — ゐシ ih02190 中目黒の家の押し入れにあった箱は姫の母親が残してくれたものでした。 それぞれの箱には「9才」「10才」などの歳が書いてあり、姫がその年齢になったら必要になるであろうものが入っていました。 衣類、本、DVD、文具、雑貨・・・どれもありふれた品々ばかり。 中には時間が経過し、流行から遅れた衣類もありましたが、姫はその品々を見て、母親と過ごした時間を愛おしく感じていました。 しかし鎌倉の家にある続きの箱に姫は違和感を感じます。 よく見ると 箱に書かれた字は父親の字でした。 【かくしごと】5話 十丸院さんが使えなすぎるww PDFで送れって言ってたのに笑。 4巻:日常こそが一番の・・・ あっ あっ あっ — スキピを・ダンディ 令和 ScipioOdin 姫が箱を開けると、そこにはとてもつまらないマンガが入っていました。 剣も魔法も出てこない、何のハプニングもおきない、ただ父・母・娘の3人が平凡な日々を暮らす内容でした。 でもその つまらない日常こそが一番の夢物語でした。 そのころ可久士の元アシスタント・志治仰が書店で働いていると、「消えた漫画家」という本を買うお客がいました。 表紙に「後藤可久士」の名があることを認めると、志治仰は店から出る客の背中に向けて「それ、うそですよ」とひとこと言います。 鎌倉の家の外で待っている姫の友だちのところに一子先生がやってきます。 5巻:なんで辞めちゃったんだろう・・・ エピソード3。 鎌倉の家をもとにして中目黒の家を建てたのか。 後藤可久士の妻との関係が隠されているのだろうか。 — あふろざむらい afrozamrai どうして鎌倉と中目黒の家が同じ作りなのか、姫は不思議に感じながら欄間を見上げると、そこには自分たち 家族3人をモチーフにした絵がありました。 この家は姫たち家族3人が暮らすはずの家でした。 羅砂と十丸院の会話から、可久士は鎌倉の家に住みたかったが、男で一人で連載マンガを描き、子育てもするのはムリだったので、鎌倉の家と同じ間取りの家を中目黒に建てたことがわかります。 姫は可久士が「描く仕事」を辞めた日のことを思い出していました。 嫌なこと、不安なことがあると可久士は縁側から家の入る癖がありましたが、その日も縁側から帰ってきました。 そして姫に心配させないため、「ヘッドハンティング(された)」「スキルアップ」などの言葉を並べ、いい条件の転職先が決まったと姫に言います。 でも姫には可久士が仕事をやめたことに気づいていました。 「なんで辞めちゃったんだろう?」「売れなくなったから?」 そうではありませんでした。 可久士は「 もう何を書いても笑ってもらえない」と思い、マンガを描けなくなったのです。 自分の悲惨なプレイベートを世間に知られることは、ギャグ漫画家が仕事を続けている上で大きな障害になる、と可久士は感じたようです。 6巻:だれか頻繁に出入りしている? 「かくしごと」第7話 漫画家の十戒とはw 姫ちゃん、幼少期の母親と瓜二つでかわいいねぇ。 現在パートが大きく動き出しそうな予感。 一通り家の中を掃除すると「何年も放置していたのにキレイすぎる。 だれか頻繁に出入りしている?」と姫は疑問に思います。 羅砂と十丸院は、可久士が幼い姫を育てていくにはマンガを書いて稼ぐしかなかった。 でもあんな状況で下ネタのマンガを描いていたんだから、不謹慎と思われても仕方がない、と回想します。 そのころ姫の同級生と一子先生の脇をかっこいい若者が登っていきます。 姫が家の鍵を送ってくれた人について想像していると、その若者が「はじめまして。 姉さん」とあいっさつ。 姫が「お父さんの隠し子?」と言うと、その若者は「違ーよ」と返します。 若者は姫に「可久士は 石川斎蔵と斎蔵の妾(めかけ)の間に産まれた子」であることを伝えます。 石川斎蔵は可久士を認知していませんでしたが。 それでも可久士と若者の母親は腹違いの兄妹の関係で、姫と若者は関係上はいとこのようです。 姫はその話を聞いて「 安心した」と一言。 なぜなら可久士は姫にやさしすぎたから。 羅砂は可久士が歌舞伎役者の子であることを知っていました。 ひとつ間違えば可久士はマンガ家ではなく、歌舞伎役者になっていたかもしれません。 一方、可久士の妻であり姫の母親である女性の父親は日本画の巨匠・ 戒潟魁吏。 姫は歌舞伎役者と画家という芸術家の血を引き継いでいるのです。 羅砂は、可久士が妻との結婚を 戒潟魁吏に反対されていたのは、相容れない芸術家同士の確執によるとばっちりなのかも、と感じていました。 そのころ千田奈留は、ある会社を訪れていました。 それが絵空事でしかない世界に、背の伸びた姫は生きている。 青く、あまりにも美しい鎌倉の夏が涙に揺れている。 会社からは取材を拒否されますが、千田奈留は一緒に働いていたという男性から声をかけられ、当時の様子を聞くことができました。 マンガ家を辞めた可久士は会社の倉庫で働いていた時、上から大量の少年雑誌が崩れ落ちてきて、押しつぶされてしまっていました。 どうやら会社で働く人間がマンガのネタバレをするために、雑誌を1冊抜いたことが原因で事故が起こったようです。 その当時、マンガ家を辞めた可久士の生活は苦しく、肉体労働を掛け持ちしていました。 実は 可久士の妻は海難事故で行方不明になっており、可久士は稼いだ金のほとんどを妻の捜索に使っていたのです。 これに対してネット上には「奥さん死んでるのに下ネタマンガ描いてるなんて引くわー」「もうこいつのマンガで笑えねー」など、可久士を中傷する書き込みがあふれます。 可久士は「もう自分が何を描いても笑ってもらえない」と思い、マンガ家をやめることにし、まもなく連載中のマンガは最終回を迎えます。 鎌倉の家の鍵は、可久士が歌舞伎役者の息子の母親から渡したものでした。 可久士は自分に何かあったら鎌倉の家を売り、姫の生活費にして欲しい、と歌舞伎役者の息子の母親に鎌倉の家のカギを託していたのです。 可久士は自分の仕事を恥じていたようですが、歌舞伎役者の息子の母親は「姫に可久士の仕事を知ってほしかったために家をキレイに掃除し、箱もキチンと保管していた」のかもしれません。 なお芸術家の才能を受け継いだ姫は、全国高校美術展で大臣状を受賞していました。 9巻:本当に知らなかったんだ 姫と歌舞伎役者の息子は家の中を回ります。 歌舞伎役者の息子は可久士が描いていた原稿を見ますが、姫は「仕事を隠していたんだから、あまり見るとお父さんがかわいそう」と言います。 でも本当に可久士は姫にマンガ家であることを隠せていたのか?と男性が疑問に思うと、姫は本当に知らなかったんだ、と答えます。 マンガ家は特殊な仕事でもあるし、周囲の人間から漏れるあるはずですが、どうして隠し通せることができたのでしょうか? そのころ羅砂に電話が入り、 事故で1年も昏睡状態だった可久士が目を覚ました、と伝えられます。 一子先生が言ういいニュースとは、可久士が目を覚ましたことでした。 なお 「有名漫画家G氏今も妻を待ち続ける」という記事を書いたのは千田奈留だったようで、奈留は「あんな記事を書かなけば」と後悔している様子でした。 10巻:姫はまだ10歳だ かくしごとってアニメにハマってしまった。 羅砂たちも病室に集まってきます。 姫が「おはよう」と声をかけますが、可久士は「誰?」と一言。 さらに「 オレが姫の事忘れるわけないだろ。 姫はまだ10歳だ。 この子は中学生だろ」と続けます。 実際は姫は高校生ですが、可久士は事故の影響で記憶障害になっており、ここ7年ほどの記憶が抜け落ちているようです。 可久士が姫が10歳のころを記憶している理由は、 その当時が仕事もプライベートも充実しており、楽しかったから、と羅砂は考えます。 そのころ姫のことが心配になった可久士は病室から脱走しようとして、病院スタッフに止められていました。 「そんな姿を見たら姫が心配する」と説得されると、可久士は「こんな姿は姫に見せたくない。 でもせめて連載マンガの続きを書かないと」と言います。 マンガの連載が終わったことさえも可久士の記憶から抜け落ちてしまっていました。 まだ連載継続中と思っている可久士とともに「タイツ」の続きを書き始めます。 今や人気マンガ家となった羅砂も自分の連載を休み、可久士を手伝います。 可久士が仕上げた原稿を十丸院が見ると、 ほぼ正確に7年前に描いた話をトレースしており、全く同じ内容に仕上がっていました。 この調子で二度目の原稿もトレースしていけば最終回には記憶が戻るかも、と期待が膨らみます。 ただ可久士は自分が入院している理由さえも理解していませんでした。 そんな父親の様子を見た姫は「あんなやる気に満ちた父の顔、初めて見た」と驚きの様子。 実は十丸院が最終回の単行本を可久士に見せていましたが、記憶を呼び起こす助けににはなりませんでした。 「印刷物じゃ記憶を呼び起こす手助けにならない」と思った姫は突然走り出します。 可久士は漫画を描くのが好きだったけど、辞めざるを得なかった。 だから お父さんは全部思い出して新しい話を書くべきだ、と姫は思ったのです。 「かくしごと」未来編11巻まででわかったこと 7話 未完の作品に名作などない…! oh 「犬くらい飼える普通の家庭だ! 」可久士の叫びが切なく 母を亡くした娘が寂しくないよう、ペットを迎える話はよく聞きます 4代目の鳴き声特殊だなぁ an! 後藤可久士は歌舞伎役者・石川斎蔵と妾(めかけ)の間に生まれた子• 可久士の妻(姫の母親)は日本画の大家・ 戒潟魁吏(いましがたかいり)と妾の間に生まれた子• 可久士の妻は姫が幼い頃に海難事故で行方不明になり、可久士は仕事で得た収入を妻の捜索に使っていた• 可久士は思い入れの強い鎌倉の家と全く同じ家を中目黒に建てた• ジャーナリストになった千田奈留が美談として雑誌に書いた記事がもとで可久士に対する批判が起こり、「自分が何を描いても笑ってもらえない」と感じた可久士はマンガ家をやめた• マンガ家を辞めた可久士は肉体労働を掛け持ちし、妻の捜索費用を捻出していたが、生活は困窮していた• 倉庫で頭上から落ちてきた本に押しつぶされ、可久士は1年ほど昏睡状態に• 可久士は目を覚ますが、記憶は姫が10才当時のまま 他にも戒潟魁吏は姫のことがかわいく、「だてなおと」名義で毎年ランドセルを送ったり、犬をプレゼントしていたことや、羅砂が人気のマンガ家になっていたこともわかっています。 単行本を1巻から読み進めていくと、未来編前半では姫が一人で鎌倉の家を訪れ父親の過去を知りますが、可久士は登場しません。 そのため可久士はすでに死んでいる?と思ってしまいますが、8巻以降で可久士は1年前の事故で入院していることがわかります。 つまり死んでいなかったんですね。 この流れを踏まえると12巻(おそらく最終巻)で可久士が死ぬことが考えにくいです(笑。 「かくしごと」12巻の結末考察!可久士の記憶は戻るのか? 前で解説したように、作者の久米田康治さんは単行本10巻で「おそらく12巻が最終巻になる」と書いています。 11巻までの流れを見ても12巻で完結する可能性が高いです。 ではどんな結末を迎えるのか、考察します。 姫は可久士の記憶を戻すため、かつて可久士が描いたマンガの原稿を鎌倉の家から持ってくるはずです。 その中には「 剣も魔法も出てこない、何のハプニングもおきない。 ただ父・母・娘の3人が平凡な日々を暮らす内容」が描かれたマンガが含まれているはずです。 そのつまらないマンガが鍵を握る、と私は考えています。 可久士の記憶が戻るかどうかはわかりません。 可久士の記憶が戻り、姫に隠していたことを打ち明け、マンガ家として新たな一歩を踏み出す。 さらに姫の母親が生きていた!というのがこれ以上ない、最高の結末かもしれません。 ただし可久士が戻らず、それでも前向きに生きていくという結末も考えられます。 いずれにしても単行本12巻で完結することが予想されます。 簡単にあらすじを解説すると• 後藤可久士は歌舞伎役者・石川斎蔵と妾(めかけ)の間に生まれた子• 可久士の妻(姫の母親)は日本画の大家・ 戒潟魁吏(いましがたかいり)と妾の間に生まれた子• 可久士の妻は姫が幼い頃に海難事故で行方不明になり、可久士は仕事で得た収入を妻の捜索に使っていた• 可久士は思い入れの強い鎌倉の家と全く同じ家を中目黒に建てた• ジャーナリストになった千田奈留が美談として雑誌に書いた記事がもとで可久士に対する批判が起こり、「自分が何を描いても笑ってもらえない」と感じた可久士はマンガ家をやめる• マンガ家を辞めた可久士は肉体労働を掛け持ちし、妻の捜索費用を捻出していたが、生活は困窮していた• 倉庫で頭上から落ちてきた本に押しつぶされ、可久士は1年ほど昏睡状態に• 可久士は目を覚ますが、記憶は姫が10才当時のまま 最終巻については• 12巻が最終巻になると考えられる• 家族に日常を描いたマンガが可久士の記憶を呼び起こす鍵になる?• 記憶が戻るかどうかはわからない 最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

「かくしごと」墨田羅砂がかわいい!魅力や水着画像についても

かく しごと 未来 編 ネタバレ

「かくしごと」ラストや結末はどうなるのか? 18歳と小学4年生の2つのストーリーを同時進行しているのがめっちゃ好き😆🎺 — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp マンガ「かくしごと」では冒頭と末端のカラーページが18才になった姫が登場しています。 なのでマンガ「かくしごと」は ・小学4年生の姫 ・18才の姫 の同時進行で物語が進んでいる作品になります。 小学4年生の姫は中目黒に住んでいますが、18才になった姫は七里ヶ浜にいます。 なぜかそこには中目黒と同じ間取りの家があります。 そこに後藤のアシスタントの墨田羅砂(すみたもすな)と十丸院五月(とまるいんさつき)が案内しています。 なぜかそこを案内しているのは後藤ではなくアシスタントです。 またアシスタントの墨田羅砂は意味しげな発言をしています。 墨田「ついに知っちゃったか」 十丸院「鍵渡したの?羅砂ちゃん?」 墨田「まさか、わたしにそんな権利あるわけないでしょう」 このやり取りからして ・姫は可久士が漫画家だということに気づくことになる ・アシスタントの墨田羅砂は可久士から頼まれて姫を七里ヶ浜につれてきた ・可久士は自ら連れていっていない ということがわかります。 中学生になった姫は可久士の職業に気づくことになる バレたとしても隠してきたことに意味はあるよね! — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp Sponsored Link 中学生の姫は七里ヶ浜の可久士の家を訪れています。 その家はなんと中目黒の家とまるで同じ間取りだったのです。 そして その家には大量の漫画がありました。 姫はその時、父は漫画家だったということを知ったのです。 zuJzOooivPJBuwp 可久士の娘の姫は可久士のアシスタントの墨田に連れられて七里ヶ浜の家を訪ねています。 普通なら、可久士がみずから連れて行くはずですが、 可久士の姿はありません。 これは可久士に頼まれていたのではないかと考えれます。 ここで疑問が浮かびます。 それは アシスタントに可久士が頼んだのはいつなのか? ということです。 墨田は可久士からいつ頼まれていたのか? 七里ヶ浜の家には年齢の書かれた箱がありました。 これは中目黒の家にもありました。 中目黒の家の箱は姫の母が、姫がその年になったら開けるように用意してくれていたものです。 それが七里ヶ浜にもありました。 しかし姫はそれが開ける前から、今までの箱と違うことを見抜いているようでした。 そして開けてみるとそこには漫画が入っていました。 なのでこれは可久士が作ったと考えれます。 出典:かくしごと(作者:久米田康治) しかも年齢は17歳~20歳までの箱です。 姫が七里ヶ浜の家を訪ねたのは18歳です。 つまり、 可久士は姫が17歳の時点で本来七里ヶ浜の家に行かせる手はずを組んでいた と考えれます。 なので可久士はアシスタントの墨田に少なくとも1年以上前に姫を七里ヶ浜の家につれていくように頼んでいたと考えられます。 ではそんなことをする必要があったのでしょうか? 可久士は自分の手で渡せなかった可能性があります。 可久士はすでに死亡しているのか? 死亡フラッグたってるよね・・・ — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp 可久士は墨田に少なくとも1年以上も前に姫を七里ヶ浜の家に連れていくように頼んでいたと考えられます。 なぜそんな前もって頼んでいたのでしょうか? おそらく病気ではなく、漫画が書けなくなったか、何かしらの事情があって失踪したからだと予測しています。 引用元:「かくしごと」10巻より 可久士は記憶喪失になってい ました。 可久士は何かしらの理由があって漫画家を引退したと考えられます。 そのあと肉体労働をしていました。 しかし ある日工場で高く積まれていたマンガが倒れてきて事故にあいます。 そして病院に運ばれますが、意識は回復しませんでした。 しかしある時可久士は目覚めます。 ただ 姫を見てもそれが誰だか分からないという状態になっていました。 姫はその時もう高校生にです。 がしかし可久士は 「姫はまだ10才だ」 引用元:「かくしごと」10巻より と言い出しました。 昏睡状態は1年近くということが判明しているので 事故に会ったのは姫が高校生の時だと推測できます。 なので 可久士は最近の記憶は失って1番楽しかったころの記憶に戻ってしまったのでしょう。 「かくしごと」ラストのその後は? 可久士の記憶は戻るかどうかはわかりません。 しかしここからは ・記憶は戻らず、全てを誰かから聞き理解して生きていく ・記憶は戻り、隠していたことを白状して生きていく のどちらかになるでしょう。 この 「かくしごと」は漫画家が漫画家の苦労を作品(かくしごと)に込めた物語だと感じられます。 なので 作者はヒロインの姫にそういった漫画家としての可久士の苦労や葛藤をすべて受け止めて生きていく姿を書いていくのではないでしょうか。 まとめ ついに「かくしごと」スタートしたーーーーー! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH ・可久士の娘の姫は父が漫画家だったということに気づきます。 またそれを中目黒の家と同じ間取りをした七里ヶ浜の家で知ります。 ・姫は可久士が隠していた嘘などを見抜き、すべて受け止めて立派に生きていくと考えられます。

次の

【かくしごと】母は死んでいる?可久士は漫画家を辞める?最終回はこうなる!

かく しごと 未来 編 ネタバレ

動画配信サービスの初回無料お試し期間を利用する 動画配信サービスの無料期間はアニメ【かくしごと】だけではなく様々な作品を無料で全話観る事が出来ます。 昨今では違法動画サイトでアニメやドラマや映画を観る事は犯罪行為に当たります。 そこでアニメ【かくしごと】を配信している公式の動画配信サービスもたくさんありますので、筆者オススメの動画配信サービスをご紹介致します。 \ かくしごと配信中のサービス一覧 / 動画配信サービス 動画配信状況 無料期間・月額料金 配信あり 31日間無料 月額1990円(税抜) 配信あり 2週間無料 月額888円(税抜) 配信あり 2週間無料 月額1026円 税込 アニメ【かくしごと】の動画はどの動画配信サービスでも配信しています。 一人娘の小学4年生の姫。 可久士は、何においても、愛娘・姫が最優先。 親バカ・可久士が娘・姫に知られたくないこと。 それは…… 自分の仕事が『漫画家』であること。 どちらもあり得る展開ですが、全く違う展開です。 しかし共通する事があります。 それは ハッピーエンドでした。 は最終回か未来の真相が分かった時点でこうなってしまうんだろうな いや、これよりズタボロになる可能性が…もうop聴くだけで泣きそうになるよ最近 — Ryo太郎 Ryo23899563 舞台は7年後、姫ちゃんも既に高校生になっています。 後藤先生は、死んでいません。 ある事件によって記憶喪失になってしまっており、もう漫画家はやっていません。 後藤先生の経営するスタジオパルプは既に解散し、一番やる気の無かった墨田羅砂さんが一番の売れっ子となっています。 彼らに支えられ、姫ちゃんはすくすくと学生生活を楽しんでいます。 ラストでは、姫ちゃんは鎌倉の家で、最後の箱を開けます。 他の箱同様、ほとんどが使えないものばかりです。 ただ、その中に、漫画が入っていました。 漫画の中では、お母さんがまだ生きていて、家族揃って、海を見ながら3人で食事を楽しんでいる、という何も面白くない内容でした。 ただ、その漫画を読んでいて、姫ちゃんは、お父さんの優しさ、姫ちゃんに対する愛情を再認識して泣き出します。 そして漫画を読み進めるとあることに気付き、家を後にします。 そしてラストシーンに一気に向かいますが、今までの流れからして、残酷な終わり方、またはその逆で、全て丸く収まる明らかなハッピーエンドは無いかな、と読んでいます。 基本的に「幸せ」といった感じで締めるとは思うのですが、視聴者の中で、色々な部分にほのかな幸せをかみしめることができるような、優しいラストにするのは間違いないと思います。 そういう意味で、後藤先生が明らかに記憶喪失から復活し、普通の7年前の生活に戻ることは無いのではないでしょうか。 後藤先生は、海辺の療養施設でいつものように漫画を書いています。 そこに姫ちゃんが現われます。 記憶を失って以来、いつもは、姫ちゃんを見ても無表情の後藤先生ですが、その日、後藤先生の様子に何か様子が違うことに姫ちゃんは気付きます。 後藤先生は姫ちゃんを見て、昔そのままに優しい瞳で姫ちゃん見つめる、そこで姫ちゃんはハッとして、終了、くらいのエンディングになりそうな感じがします。 色々とギャグの要素も入ったストーリーですがこの回ばかりはお笑いはないと思います。 それは、やはり父親が心配したとおり、仕事の内容がひめちゃんにばれてしまったことが原因でした。 父親の仕事に傷ついた思春期のひめちゃんは、父親を毛嫌いし、それ以来、父親と一切口を聞くことはありませんでした。 また、騙されてしまっていたことにも酷く許せないのでした。 そして、父親の仕事のことで悩んだ母親は、それが原因で亡くなったのではないかと疑うようになりました。 ある日、父親は姿を突如として消します。 『すまなかった。 もう僕の顔をみるのも嫌だろうし、ひめのまえから姿を消すね。 元気でね。 』 とだけ手紙が残されていました。 突然のことで驚いたひめちゃんは、動揺しました。 そして、許せない気持ちをもちつつ父親を探すことにしました。 父親が以前住んでいた場所を、まずは住民票で見つけ出しました。 そこへ訪れると、とてもボロボロだけと、懐かしい家がありました。 中に入ると、母からひめちゃんにあてた段ボールがありました。 そして、その段ボールの中に、手紙を見つけました。 父親がどんなにひめちゃんを愛していて、生まれたときにどんなに喜んくれたかが書かれていました。 また、母は父親の仕事を応援していたが、ひめちゃんのために仕事を隠すことに決めたこともかかれていました。 そして、小さい頃、とても父親が自分を愛していてくれていたことを思い出したのでした。 どんなときでも、ひめちゃんのことを第一に考え、父親が一人で子育てをしてくれたことを考えました。 また、手紙には母親が病気におかされていたことも書かれていました。 そして、大好きな父親と小さなひめちゃんを残して死の縁にいることが悲しくてたまらないとも書かれていました。 手紙の住所をみると、とある施設が書かれていました。 その施設を調べると、もう治らない病気の人が最後を向かえるに過ごす施設でした。 ひめちゃんは、そこへ向かいました。 すると、そこには、なんと父親の姿がありました。 驚いたひめちゃんでしたが、父親も同じくらい驚きました。 そして、ひめちゃんは、こう言いました。 『かくしごとでも、いつかはわかってしまう。 もう、かくしごとはやめて。 優しい隠し事は、もうしないと父親は約束するのでした。 筆者の6話までの感想 アニメ【かくしごと】。 1話から内容が気になる展開でした。 1話では?の状態からスタート。 2話から伏線?匂わせる?展開でした。 現代と過去…行ったり来たり。 だんだん構成の中に引きずり込まれるような…気づいたらもうその話の中。 6話では日本画家の大家である義理の父親が現れ、本来ならば頭が上がらないはずの立場なのに、どことなく強気なような感じもしました。 少しずつ謎が明かされていく謎解きストーリー。 筆者も最終回で一つ分かることがあります。 絶対泣く まとめ ここまでアニメ【かくしごと】の最終回ネタバレ展開予想をご紹介しました。 後藤可久士の記憶はどうなるのか。 本当にハッピーエンドで終わるのか? こんな素敵なアニメをU-NEXTの無料トライアル期間を利用すれば全話の動画をフルで観る事が出来ます。 全くお金がかからず動画を楽しめますので是非お試しくださいね。

次の