福岡ツアー。 福岡 ツアー:航空券+ホテルは楽パック【楽天トラベル】

Fukuoka Vacations

福岡ツアー

福岡旅行は何泊何日がおすすめですか? 福岡旅行は、1泊2日でに宿泊し、学問の神様「太宰府天満宮」や柳川下り、マリンワールド海の中道、複合商業施設キャナルシティなどを巡り、夜は中洲の屋台で食事や飲み歩きをするコースが定番です。 また、北九州のレトロな港町『門司港』、福岡市中心部から車で約30分の糸島、猫島として知られる相島なども人気があり、2泊3日で周遊する福岡旅行もおすすめです。 福岡旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか? 福岡は例年、桜が見ごろを迎える3月下旬~4月上旬頃が人気があります。 また春の福岡は、桜だけでなく藤の花も有名で、桜が散った後の4月中旬から5月中旬までは、藤の花がベストシーズンを迎えます。 福岡旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか? 冬休み(クリスマス、年末年始)を除いた12月・1月は、旅行代金がお値打ち価格になることもある、穴場の時期です。 冬場の寒い時期ではありますが、博多や天神は地下街もあるので、十分満喫できるでしょう。 福岡旅行の費用はどのぐらいかかりますか? 東京発の場合、羽田空港から往復飛行機を利用した1泊2日のパッケージツアー(ホテル1泊朝食付き)で約35,000円~40,000円が相場ですが、12月・1月は、相場より約2,000~3,000円ほどお得に行ける場合もあります。 またパッケージツアーには、レンタカー付きのプランや、フリーきっぷなどを追加できるプランもあり、個別に手配するよりもお得な場合もあります。 福岡旅行はどのような服装で行けばいいですか? 福岡では夏本番の7月、8月は半袖で過ごせます。 6月と9月は昼間は半袖で過ごせますが、朝晩は羽織るものがあった方が良いでしょう。 また、12月~3月はコートが必要になります。 福岡旅行の持ち物で必要なものはありますか? 福岡の夏場は日差しが強く、サングラスや日傘、日焼け止めが欠かせません。 また、観光スポットや屋台巡りなど、よく歩く場合が多いので、履きなれた歩きやすい靴が良いでしょう。 福岡で外せないグルメはありますか? 福岡は「食の宝庫」と言っても過言ではありません。 もつ鍋に水炊き、店舗でも屋台でも味わえるとんこつラーメン、ごぼう天やさつま揚げが入った柔らかめのうどん、ご飯のお供にぴったりの明太子や高菜など、1泊2日では食べきれないほど、福岡グルメは充実しています。 また太宰府天満宮名物「梅ヶ枝餅」や「博多通りもん」は、定番のお土産としても人気があります。 福岡への交通手段・所要時間を教えてください 福岡には福岡空港と北九州空港の2つの空港があり、博多や糸島は福岡空港、門司港や小倉は北九州空港を利用すると便利です。 福岡空港・北九州空港へは、羽田空港から約2時間、中部国際空港(セントレア)から約1時間30分、伊丹空港から約1時間15分で到着します。 現地(福岡)での交通手段について教えてください 福岡市内の移動は、JRや西鉄、地下鉄や路線バスが基本となります。 福岡市内から門司港へ行く場合は、博多駅から在来線で約1時間40分、新幹線と在来線で約45分でアクセスでき、門司港では歩いて観光を楽しむことができます。 また、糸島へ行く場合はレンタカーが便利です。

次の

2020年 福岡市で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

福岡ツアー

やーっ! FBSジゃーナル編集部です。 なんとついに13回目になりました、「福岡すっぴんツアー」のロケが先日行われ、今回も編集部が密着して参りました。 今田耕司さんをパンクブーブーの黒瀬純さんがアテンドし福岡をめぐるこの番組には、毎回ゲストが登場します。 今回のゲストはFUJIWARAの藤本敏史さん! 「福岡すっぴんツアー! 」は 「みなさんが福岡に来たときに、飾らず気取らず、心まですっぴんになって楽しめちゃうスポットを紹介しつつ、裏コンセプトとしては、今田さんの嫁探しを行っている」 という、今回で13回目となる立派な長寿番組なんです! 番組恒例! 番組は必ず神社からスタートするのが慣例となっていまして、今回お邪魔したのは「警固神社」さん。 今回のテーマについて語り、ロケ成功を祈ってお参り、そしておみくじをひきます。 今回も、前乗りで元気いっぱいの今田さん! 「むくんどるやないかい! 」と今田さんに突っ込まれる藤本さん。 天神は久々だそうです。 ようこそ! すっかりナビゲーターが板についてきました、黒瀬さん。 まずは今回の番組のテーマ「福岡すっぴんツアー! ますます進化する街! 天神スペシャル! 」が発表されました。 ついに始まった「天神ビッグバン」でさらに進化するこの街 天神。 老舗の名店から、こんなとこ知ってる? 実は、3年前のすっぴんツアー! 第6弾のスタートも警固神社でした。 今田さん、覚えてます?? このとき、あの伝説のおみくじ、「結婚は3年待て」を引き、この番組で今田さんのお嫁さんを探すという裏テーマが決まったのでした。 さて、今回の今田さんのおみくじはどんな結果だったのでしょうか? 皆さんはどこまでご存じ? 進化する街 天神のスポット お参りを終えた一行は、腹ごしらえに「海山邸天神店」へ。 玄界灘の食材をふんだんに使用した、ワンランク上の大人の隠れ家として人気です。 高級料亭「吉兆」出身の社長がお届けする、最高級の九州産の食材を使用した本格日本料理を天神で味わうことができます。 博多を代表する高級魚「フグ」や「アラ」など、今が旬の海鮮グルメに舌鼓! もちろん頂きましたよ「うま今田! 」 次のロケスポットに向かう道中、カフェでくつろぐ いびつなカップルを発見! こちらもほぼ準レギュラー? ハロー植田さんと「九州イチかわいい女子高生」として、ネット配信の恋愛番組で大ブレイク中の立木綾乃さんの登場です。 おふたりも加わり、やってきたのは、こちらも恒例、運動コーナー。 今回は「スカッシュコート福岡天神Blueprint」。 イギリス発祥のインドアラケットスポーツ「スカッシュ」を、インストラクターさんに指導してもらいながら体験しました。 燃えに燃えたスカッシュ対決で、お腹を空かせて次のスポットへ。 創業40年の老舗、天神っ子が大好きな「ビーフバター焼き」で有名な「グルメ風月」。 天神ビッグバンに伴いまもなく天神コアが閉店のため、お店も閉店となるので気になる方は急いでくださいね。 ちなみにこちらの「ビーフバター焼き」の味付けは、企業秘密どころか企業内でも秘密だそうで、伝統を守る数人の料理人しかそのレシピを知らないそうで、なんと社長でさえ教えてもらえないとか! うーん、それが唯一無二の味として守られている秘訣なんですね。 続きまして、今回はなんと豪華に博多美人ゲスト2人目の吉本一椛 いちか さん。 リリー・フランキーさんが「ネクスト橋本環奈」と称したとされる、福岡のローカルアイドル「ルナリウム」の赤色担当です。 一椛さんと一緒に訪れたのは、「ホットヨガスタジオロイブ 福岡PARCO店」。 ロサンゼルスで生まれ、またたく間に全米で話題となった、ドラムのスティックを持って大音量のダンスミュージックに合わせてエアドラムをするエクササイズです。 今田さん、藤本さん、果たしてついていけるのでしょうか? しっかり全身運動してスッキリ汗をかいたあとは、天神地下街にて秋スイーツを堪能しましょう! 「クロッカンシューザクザク」と「芋屋金次郎」で、秋の味覚をたーっぷり味わってもらいましたよ。 さて、そろそろ〆のお店となります。 今回は、予約の取れない人気店「天神たんか」。 牛タンの魅力を焼きとしゃぶしゃぶで楽しめます。 そして料理に合わせた地元九州の焼酎や日本酒も外せません。 もちろん、「うま今田! 」、頂きました! 今回のロケでは、警固神社で引いたおみくじの「結婚」にまつわるエピソードを引きずったせいか、恋愛トークが随所で炸裂します。 今ドキアイドルの恋愛事情は? そして今田さん、結局いつ結婚するんですか…? 本番組スタッフとしては、博多でお嫁さんを見つけてもらえたら、たびたび今田さんが福岡に来てくれるので本気で応援していますよ! 詳細は番組をお楽しみに! 以上、編集部によるロケ密着レポートをお届けしました。 放送は11月30日 土 午後2時30分~3時55分 一部地域を除く! 九州6県での放送となりますので、皆さまどうぞお楽しみに! やーっ!

次の

福岡旅行・福岡ツアー|おすすめプラン・パックが満載【JTB】

福岡ツアー

福岡旅行は何泊何日がおすすめですか? 福岡旅行は、1泊2日でに宿泊し、学問の神様「太宰府天満宮」や柳川下り、マリンワールド海の中道、複合商業施設キャナルシティなどを巡り、夜は中洲の屋台で食事や飲み歩きをするコースが定番です。 また、北九州のレトロな港町『門司港』、福岡市中心部から車で約30分の糸島、猫島として知られる相島なども人気があり、2泊3日で周遊する福岡旅行もおすすめです。 福岡旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか? 福岡は例年、桜が見ごろを迎える3月下旬~4月上旬頃が人気があります。 また春の福岡は、桜だけでなく藤の花も有名で、桜が散った後の4月中旬から5月中旬までは、藤の花がベストシーズンを迎えます。 福岡旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか? 冬休み(クリスマス、年末年始)を除いた12月・1月は、旅行代金がお値打ち価格になることもある、穴場の時期です。 冬場の寒い時期ではありますが、博多や天神は地下街もあるので、十分満喫できるでしょう。 福岡旅行の費用はどのぐらいかかりますか? 東京発の場合、羽田空港から往復飛行機を利用した1泊2日のパッケージツアー(ホテル1泊朝食付き)で約35,000円~40,000円が相場ですが、12月・1月は、相場より約2,000~3,000円ほどお得に行ける場合もあります。 またパッケージツアーには、レンタカー付きのプランや、フリーきっぷなどを追加できるプランもあり、個別に手配するよりもお得な場合もあります。 福岡旅行はどのような服装で行けばいいですか? 福岡では夏本番の7月、8月は半袖で過ごせます。 6月と9月は昼間は半袖で過ごせますが、朝晩は羽織るものがあった方が良いでしょう。 また、12月~3月はコートが必要になります。 福岡旅行の持ち物で必要なものはありますか? 福岡の夏場は日差しが強く、サングラスや日傘、日焼け止めが欠かせません。 また、観光スポットや屋台巡りなど、よく歩く場合が多いので、履きなれた歩きやすい靴が良いでしょう。 福岡で外せないグルメはありますか? 福岡は「食の宝庫」と言っても過言ではありません。 もつ鍋に水炊き、店舗でも屋台でも味わえるとんこつラーメン、ごぼう天やさつま揚げが入った柔らかめのうどん、ご飯のお供にぴったりの明太子や高菜など、1泊2日では食べきれないほど、福岡グルメは充実しています。 また太宰府天満宮名物「梅ヶ枝餅」や「博多通りもん」は、定番のお土産としても人気があります。 福岡への交通手段・所要時間を教えてください 福岡には福岡空港と北九州空港の2つの空港があり、博多や糸島は福岡空港、門司港や小倉は北九州空港を利用すると便利です。 福岡空港・北九州空港へは、羽田空港から約2時間、中部国際空港(セントレア)から約1時間30分、伊丹空港から約1時間15分で到着します。 現地(福岡)での交通手段について教えてください 福岡市内の移動は、JRや西鉄、地下鉄や路線バスが基本となります。 福岡市内から門司港へ行く場合は、博多駅から在来線で約1時間40分、新幹線と在来線で約45分でアクセスでき、門司港では歩いて観光を楽しむことができます。 また、糸島へ行く場合はレンタカーが便利です。

次の