ご教示いただきたく存じます。 「ご教示いただきたく存じます」意味と使い方・例文

「いただきたく存じます」の意味と類義語、ビジネスにおける使い方

ご教示いただきたく存じます

この表現は単純になにか物が欲しい時に使う表現です。 「お菓子を頂きたいと存じます」というような使い方は少ないかもしれませんが、このような使い方をすることで相手から何か物をいただきたいという意思表示ができる表現になっています。 頂きたいと存じますはこちらの意味合いで使われることの方が圧倒的に多くなっています。 ビジネスにおいて何かをしてもらいたいあるいはさせてもらいたいというシーンではまっさきにこの表現が頭をよぎることでしょう。 頂きたいと存じますという言葉は「頂きたい」と「存じます」の2つに分かれていますが下記の関連記事は「存じます」という表現に絞って内容を説明しています。 「存じます」という表現は「頂きたいと存じます」以外にも様々な言葉と組み合わせてビジネスで多用される表現なのでこちらもしっかりチェックしておきましょう。 「頂く」という表現が相手から何かをもらう謙譲語であり、その意味を表す時には「いただく」という言葉は漢字で表記をすることができます。 ただしここから説明する2つ目の意味でも漢字を使うのも、現在は許容されているようです。 「もらう」以外のいただくにはこのような意味があります。 「頂く」とここで説明する「いただく」は意味が違うので本来は漢字表記はNGなのですが、「もらう」という意味合いで使われることが限られていて意味の履き違いが起こりづらいため、今ではこちらの意味でも漢字を使うことがしばしばあります。 例文は説明会への参加を促している表現ですが、ビジネスのシーンにおいて参加を促す際に「ご参加いただきたいと存じます」という言い回しはよく使われます。 非常に丁寧で良い印象を与える表現になっています。 この表現に関しては本来であれば「していただきたくお願い申し上げます」という敬語表現を省略している表現にあたります。 また依頼は「していただけましたら幸いでございます」というような強制感のない言い回しがベターです。 ここまでで「させていただきたく」という表現をいくつか紹介しており、これが単独でNGではありません。 しかしながら「させていただきたく」を多用すると相手に身勝手な印象を与えるので多用はNGとされています。 この表現に関しては目上の人に使える類語表現の中でも、非常に相手への気遣いを感じる表現になっています。 強制感がなく相手に判断を委ね、引き受ければ「ありがとうございます」と感謝される言い回しだからです。 ビジネスにおいて相手に対して「お願いします」と言い切る場面はかなり限定されます。 言い切ってしまうとその依頼に強制感が出るからです。 しかし「お願い申し上げます」は丁寧さが強い表現なので強制感はやや薄れます。 頂きたいと存じますをビジネスで活用しよう! 頂きたいと存じますをビジネスで活用することで、何かを目上の人や取引先に依頼をする時に今までよりもスムーズに物事が運ぶようになることでしょう。 それはビジネスパーソンとしてのスキルアップを実感できる瞬間でもあります。 ここで紹介したことがいち早くあなたのビジネスで活用できる状況になればうれしいです!.

次の

ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

ご教示いただきたく存じます

ご助言という言葉の「助言」とは、具体的にどのような意味を持つのでしょうか。 「ご助言」とは、進言や勧告などを含む「助言」に、丁寧語である「ご」を付けたものです。 ご助言の類似語にはご教授やご指導、ご意見やご提案などがあります。 つまり、「ご助言」とは、自分の行動に対する相手からのアドバイスや、方針の提案を指します。 したがって、「ご助言」という言葉は、目下の者が目上の者に対し、アドバイスや指導を乞う際に使う言葉です。 「助言」は基本的に目上の人から目下の人に使用する ビジネスシーンにおいて、「助言」は目上の者が部下に対して、アドバイスやヒントを提案する際に使用します。 新入社員や入社年数の浅い社員は、困ったことや分からないことが起こった際に、自分はどうしたら良いか悩む場面があるでしょう。 そんな上司や先輩方の知識や経験に基づいたアドバイスをして欲しい時に「ご助言」を使います。 例えば、「この企画に対して、ご助言をいただいてもよろしいでしょうか。 」といった具合です。 また、「ご教授願えますでしょうか。 」や、「ご教示いただいてもよろしいでしょうか。 」と言った言い換えも可能です。 このように、「ご助言」や「ご教授」などといった言葉を使って、目上の人に「分からないことに対してアドバイスを下さい」とお願いすることができます。 アドバイスのため社外の人には使わない 「ご助言」という言葉を使う際に注意すべきことは、社外の人間に対して使ってはいけないことです。 それは、「助言」という言葉自体がアドバイスや提案という意味を持つため、社外の人に対して「ご助言」を使うと失礼になってしまう場合があるためです。 外部の人に「ご助言」を使用したことを問題視され、企業のイメージをダウンさせる可能性もありますので、注意が必要です。 「ご助言」は、社内の目上の人に対する言葉遣いで使用する程度にとどめておきましょう。 社外の人からアドバイスや提案を受けた際は、そのお礼として「ご教授」という言葉を使用します。 例えば、「先日提出した企画書に対してご教授いただき、ありがとうございました。 」などといった言い方をするとよいでしょう。 「ご助言」のビジネス上での使い方 次に、ビジネスシーンにおける「ご助言」の使い方について、例文を交えながら説明していきます。 アドバイスが欲しいときには、「今回の事業計画に関して、ご助言をいただいてもよろしいでしょうか。 」というような使い方をします。 また、「私が担当した企画書に関して、ご助言をいただければ幸いです。 」といった言い回しもできます。 相手からアドバイスを受けた際は、「ご助言をいただきありがとうございました」のように、お礼の言葉を添えると良いでしょう。 「ご助言」の類似語は「ご教示」 「ご助言」の類似語には、「ご教示」という言葉があります。 ご助言はアドバイスが欲しいときに使うのに対し、ご教示は業務内容などのやり方や知識、情報などを求める際に使用します。 アドバイスというよりも、具体的な物事に対して教えて欲しいときは、「ご助言」ではなく「ご教示」を使うと良いでしょう。 例えば、「本日の日程をご教示いただいてもよろしいでしょうか。 」「計画書の作成において、ご教示いただけましたら幸いでございます。 」「先日の案件に関して、ご教示を賜りたく存じます。 」などと言った言い回しがあります。 ご教示は、ご助言と同様に目上の人に対して使える用語です。 その場のシーンや知りたいことに応じて、「ご助言」と「ご教示」を使い分けましょう。 「ご助言ありがとうございます」に続く言葉例 目上の人からアドバイスや指導を受けた後は、お礼の言葉を伝えることが大切です。 しかし、「ご助言ありがとうございます」と言うだけでは、少し物足りない印象を与えがちです。 そこで、「ご助言」に対するお礼に付け加えると、より丁寧な言葉になる例文をいくつかご紹介します。 まずは、「勉強になります。 」「仕事の励みになります。 」といった、相手の助言が役に立ったことを伝えることです。 さらに、「今後とも、引き続きご指導のほどよろしくお願いいたします。 」というような、今後の関係性を良好に保つためのフレーズも良いでしょう。 また、「ご多忙中にも関わらず、おご助言をいただきましてありがとうございます。 」といった言葉を付け加えると、相手によりよい印象を与えることができます。 「ご助言」は目上の人からアドバイスをもらったときに使用する 先述したとおり、「ご助言」は目上の人にアドバイスをいただいた時に使用します。 ご助言は、軽いアドバイスのような意味合いがあるため、社外の人に対して使うのはご法度です。 社内の上司にのみ使用するようにしましょう。 外部の人に使いたいのであれば、「ご教授」という言葉に言い換えてください。 ご助言の類義語には、「ご教示」や「ご指導」、「ご助力」などがあります。 使う相手やその場の状況に応じて、適切な言葉を選んで使うと良いでしょう。 目上の人からアドバイスをいただいた後は、お礼の言葉を伝えることも大切です。 相手の貴重な時間を割いて指導してもらったのですから、その点も踏まえて「お忙しいところ」というフレーズを付け加えると、相手にもより感謝の気持ちが伝わります。

次の

ビジネスの場における「頂きたく存じます」の意味・使い方・注意点

ご教示いただきたく存じます

目上の人やお客様などに対して、許可や同意を得るために使います。 同じ立場や目下の人に対しては使えませんので注意してください。 漢字で書く「頂きたく存じます」との違い 「いただきたく存じます」の「いただき」はひらがなですが、ここを漢字にした「頂きたく存じます」というフレーズもよく見かけますよね。 この二つのフレーズには、何か意味の違いがあるのでしょうか?それとも単なる書き方の違いで、意味は全く同じなのでしょうか? 実はひらがなの「いただきたく存じます」と、漢字の「頂きたく存じます」には、 はっきりした意味の違いがあります。 漢字の「頂く」は、「(物などを)もらう」という動作を表す時、つまり動詞として使う時に使用します。 一方でひらがなの「いただく」には動詞としての「もらう」という意味はなく、「~して欲しい」という意味で補助的に用いられています。 このように動詞としての本来の意味を失って、補助的に使われる動詞を「補助動詞」といいます。 「いただきたく存じます」の正しい使い方 ここまで「いただきたく存じます」の意味を詳しく見てきましたが、次は具体的にどんな文章で使えるのかを知りたいところですよね。 特に「いただきたく存じます」は日常生活ではあまり使わないフレーズですから、どう使えばいいかピンとこない方もいるはずです。 以下で 「いただきたく存じます」の基本的な例文をいくつかご紹介しますので、ぜひ実際のビジネスシーンで使ってみてください。 ビジネスシーンやメールで使える「いただきたく存じます」の例文 お時間をいただきたく存じます 例えば 先方とアポイントメントを取りたい時に、「打ち合わせのお時間をいただきたく存じます」といった使い方ができます。 または 用事や準備などで相手を待たせなければならない時、「少々お待ちください」のより丁寧な表現として、「お時間をいただきたく存じます」と使うことも可能です。 お教えいただきたく存じます 相手から何かを教えてもらいたい時、「教えていただけますか」などの代わりに「お教えいただきたく存じます」を使うとより丁寧になります。 もっと丁寧にしたい場合は「 ご教示(きょうじ)いただきたく存じます」を使うのもオススメです。 ご高覧(こうらん)いただきたく存じます 「ご高覧」は「見てもらう」の丁寧語で、「ご覧いただく」よりさらに丁寧な表現になります。 目上の人に書類や資料を見てもらいたい時に使える表現です。 「ご高覧」は日常生活ではほぼ使うことはありませんが、ビジネスシーンでは活用の幅が広い単語です。 知らなかった方はこの機会に知っておきましょう。 「いただきたく存じます」の言い換え表現 上で説明したように、「いただきたく存じます」は、「~して欲しいと思います」「~してもらいたいと思います」を丁寧にしたフレーズです。 なので 同じ意味になる表現ならどれでも言い換えることができます。 といってもどんなフレーズで言い換えればいいか分からないと思いますので、以下で少しだけ例をご紹介しましょう。 「いただきたく存じます」の言い換えで使える例文 「いただきたいと思います」「いただければ幸いです」 「いただきたく存じます」では堅苦しすぎる場合、 もう少しくだけた表現として、「いただきたいと思います」「いただければ幸いです」などを使うとよいでしょう。 相手との立場の違いや距離感を踏まえて、うまく使い分けられれば完璧です。 「~くださいますようお願いします」「~いただきますようお願い申し上げます」 「いただきたく存じます」は非常に丁寧な表現ですが、 こればかり繰り返すと堅苦しく不自然になってしまいます。 「~くださいますようお願いします」「~いただきますようお願い申し上げます」などの言い換え表現を混ぜて、同じフレーズばかり続かないように気をつけましょう。 「いただきたく存じます」の英語表現 英語には日本語の「いただきたく」や、「存じます」にピッタリ対応する英単語というのはありません。 なので英語で「いただきたく存じます」を表現したい場合は、へりくだって同意を求めるような表現の中から、その場に合ったものをケースバイケースで使い分けることになります。 シンプルな表現としては 「Can I ~」「Could you ~」 などがあります。 「いただきたく存じます」に比べるとかなり軽いニュアンスなので、同僚や少し目上の人などに使うとよいでしょう。 もう少し丁寧にしたい場合は 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」 といった表現がおすすめ。 「もしかしたら乗り気ではないかもしれませんが、よかったら~してくれませんか」といったニュアンスになります。 ビジネス英語でよく使われる表現です。 日本人が多用しがちな 「I would like you to ~」 は 少し上から目線な印象になるので使わないほうがいいでしょう。 「いただきたく存じます」をビジネスシーンで上手に使おう! 「いただきたく存じます」のような 相手に同意・許可を求めるフレーズは、ビジネスシーンでは頻繁に出てきます。 ちゃんとした正しい表現ですので、二重敬語を心配して使うのをためらっていた方も、ぜひこの機会に使ってみてください。 表現の幅が広がって、ビジネスをより円滑に進められるようになるでしょう。

次の