蒲田 東急プラザ 駐輪場。 アクセス|東急プラザ戸塚

アクセス|東急プラザ蒲田

蒲田 東急プラザ 駐輪場

最初に 200 円を支払うようですが、4時間以内であれば 150 円返金されます。 つまり4時間程度の駐輪であれば 50 円になるので、例えば2時間無料・1日 100 円の駐輪場より安く済むことになります。 立地の良さを考えれば短時間ならベターと言えます。 利用時間が決まっていますが、2時間までなら無料で駐めておくことができます。 無料スペースはマナーや防犯性が心配なことが多いですが、こちらは 管理されている区画なのでやや安心感があります。 またここは1日ではなく 24時間単位で100円なのもうれしい設定なので、日をまたいでしまいそうな場合は最適です。 駅にもすぐの立地なので、役所での手続きから電車利用まで幅広く活用できそうです。 駅前までは 300m ほど歩くようですが、 できるだけ 駅近くで安心して終日駐めたいときは、この1日 100 円の屋内施設がおすすめです。 駅まではやや距離がありますが、その分 満車が少ない穴場スペースと言えます。 東口側繁華街のちょうど真ん中にあるので、幅広い用事に使い勝手がいい立地です。 1日料金が手ごろですし、原付も安く駐められる貴重な駐輪場でもあります。 管理人常駐の屋内施設なのも安心感がありますし、 コ ンベアもあるので出し入れも楽でしょう。 最初に 200 円を支払うようですが、4時間以内であれば 150 円返金されます。 つまり4時間程度の駐輪であれば 50 円になるので、例えば2時間無料・1日 100 円の駐輪場より安く済むことになります。 立地の良さを考えれば短時間ならベターと言えます。 利用時間が決まっていますが、2時間までなら無料で駐めておくことができます。 無料スペースはマナーや防犯性が心配なことが多いですが、こちらは 管理されている区画なのでやや安心感があります。 店舗外周に3カ所の区画があり、 買物や電車利用に使いやすい場所です。 駅に近い区画は月極専用なので、一時利用スペースはやや遠い場所になりますが、 駅両側を通じて無料時間が最も長い駐輪場です。 また 屋根が設置されているのもうれしい点です。 またここは 自転車・原付ともに24時間単位の料金なのも便利です。 西口側では原付が駐められる場所は限られるので、覚えておくといいでしょう。 そのため 24時間単位で100円という安い料金設定になっているのでおすすめです。 ちなみに蒲田駅周辺の放置禁止区域は、以下のようにほぼ全域にわたっています。 万一撤去されてしまうと、以下のような遠方の保管場所までわざわざ行き、高い手数料を払って返還してもらうことになるのでくれぐれも注意してください。 特に京急蒲田駅へと延びる再開発エリアの東口側は、駅前だけでなく広い範囲に駐輪場が点在します。 西口側の原付を駐められる駐輪ポイントが少ないのは難点ですが、正味のスペース数ではそれほどの差はあるわけではありません。 また1日及び 24 時間単位の施設も多いので、時間を気にせずに置いておけるエリアと言えます。

次の

アクセス|東急プラザ銀座

蒲田 東急プラザ 駐輪場

乗り入れ路線 [ ] 以下の3路線が乗り入れている。 JR東日本と東急の2社が乗り入れ、両社間の接続駅となっている。 JR東日本: - 線路名称上はである(詳細は路線記事および「」参照)が、当駅にはを走る電車のみが停車し、旅客案内では「東海道(本)線」とは案内されていない。 また、制度における「」の南限であり、東海道本線における管内最南端の駅である。 「 JK 17」• 東急電鉄: ・ - 東急の駅にはとの2路線が乗り入れる。 後者は会社名である「東急」を加えた「東急多摩川線」が正式名称であり、駅構内でも同様の案内となっている。 駅番号「 IK15」(池上線)、「 TM07」(東急多摩川線) 歴史 [ ]• (37年):東海道本線の駅が開業。 (3年):京浜線(京浜東北線の前身)運行開始。 東海道線複々線化により列車は停車しなくなる。 (大正11年):線(現在の東急池上線)がまで開通。 乗降分離形の相対式2面2線で国鉄蒲田駅に対して直角方向に設置される。 (大正12年):(現在の東急多摩川線)がまで開通。 国鉄蒲田駅に南から沿う形で池上線との間に片面ホームを切欠きにした1面2線で駅が設置される。 (2年):池上線蒲田駅が移転し、1面1線で目蒲線蒲田駅と向かい合わせに並行する形となる。 (昭和10年)10月ごろ:目黒蒲田電鉄が池上電気鉄道を吸収合併したことに伴い、池上線から目蒲線への連絡線が設置される。 (昭和15年)5月:利用者増加に伴い、池上線が頭端式2面2線で国鉄蒲田駅と直角方向となる位置に移転する。 また、目蒲線蒲田駅も島式1面2線となる。 (昭和20年)• :戦災のため、目蒲線矢口渡駅 - 蒲田駅間休止。 :目蒲線矢口渡駅 - 蒲田駅間が仮復旧。 を休止して、その付近から池上線上り線を転用して池上線蒲田駅まで単線並列化し仮復旧。 (昭和37年):東口駅ビル「パリオ」が開業。 (昭和43年):東急の蒲田駅が高架化され、頭端式5面4線化にされるとともに一部単線区間が複線に戻る。 (昭和45年):西口駅ビル「サンカマタ」が開業。 (昭和46年):旅行センター開設。 (昭和51年):国鉄駅での貨物取り扱いを廃止。 (昭和61年)11月1日:国鉄駅での取り扱いを廃止。 (昭和62年):に伴い、国鉄の駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。 (12年):が東急多摩川線とに分割され、当駅は池上線と東急多摩川線の駅となる。 (平成13年):JR東日本で「」の利用が可能となる。 (平成19年):東急電鉄でICカード「」の利用が可能となる。 (平成20年):パリオとサンカマタが統合し、駅ビル「GRANDUO蒲田」が開業。 (平成24年):池上線、東急多摩川線のホームにあった駅売店が閉店。 (元年)• :この日をもってが営業を終了。 :京浜東北線1・4番線での使用を開始。 ・・を設置している。 折り返しおよび入・出庫用の2・3番線は2つのホームに挟まれた1本の線路を使用している。 双方のホームともに列車入線時・発車時には注意アナウンスが流れる。 駅の南側(当駅 - 川崎駅間)に(旧・)が所在し、大宮方面からは当駅止まりや当駅折り返しの列車が、大船方面からはに当駅止まりが設定されている。 日中時間帯では1時間に2本の当駅始発列車が設定されている。 また、発車時刻は内の駅で最も早く、終電到着も午前1時過ぎになっている。 京浜東北線・根岸線では現在、ATOSプログラムの更新を行なっており、当駅も2013年1月中に新しい放送(いわゆる常磐型)へ更新された。 さらに2016年2月にも再度更新され、やなどで使用されている最新型の放送(いわゆる宇都宮型)となった。 のりば [ ] 下表のように、東京方面(北行)は3・4番線、横浜方面(南行)は1・2番線から発車する。 JR蒲田駅プラットホーム 番線 路線 方向 行先 備考 1 京浜東北線 南行 ・・・・方面 2 線路を共用 3 北行 ・・・・方面 4 (出典:)• 4番線ホームからは午前4時22分に当駅始発大船行が設定されており、これは現時点で国内の頻回運行路線としては、桜木町4時18分発大宮行きに次いで2番目に営業開始時刻の早い定期列車となっている(2020年4月現在)。 2番線は早朝の始発と南行の当駅止まり到着時降車専用ホームとして使用。 3番線は原則当駅折り返し始発のみが使用し、出庫の営業列車は4番線から発車するが、ダイヤ乱れなどにより大田運輸区出庫の営業列車が3番線から発車することがある。 2018年10月にホームの発車案内表示器が、従来のものから東北新幹線の主要駅コンコース付近などにみられる液晶型の新タイプに更新された。 ナンバリングにも対応している。 発車メロディ [ ] として「」 メロディは「放浪者の歌」 が1997年2月23日から 使用されている。 これはかつて蒲田にがあったことに由来する。 1~4 蒲田行進曲 駅改修工事 [ ] 2007年4月17日大規模改修の施工が発表され、同年5月から2008年夏季までが実施された。 これとほぼ同時に、駅ビルのリニューアル工事も実施された(後述)。 老朽化したコンコース天井の一部を吹き抜け空間とし、清潔感・開放感ある明るい駅空間とする。 駅構内に分散している施設店舗を集約し、みどりの窓口・旅行カウンター・指定席券売機を1店舗内に配置した新しいびゅうプラザを開設する。 自動改札機の配置を見直しての混雑緩和を図る。 旅客を増設しトイレも設置する。 女性用にはパウダーコーナーを設ける。 大田区と協力し、東口と西口に改札階(2階)と連絡するを各1基設置(2007年7月供用開始)。 この他、大田区により駅施設と一体化した東西自由通路をする構想が発表された。 地下に蒲蒲線、2階レベルで自由通路、駅前広場地下になど。 (10年後以降の建て替え構想)• 備考 東急電鉄直営駅 5面4線を有するである。 ホームは池上線と東急多摩川線がそれぞれ2線ずつ使用している。 両端と中央のホームは降車専用ホームとなっている。 中央部の降車専用ホームは池上線・東急多摩川線共用のものである。 他の池上線と東急多摩川線の駅と同様に、乗車ホームにはに対応した監視設備や安全柵が設置されているが、降車ホームには一部を除き安全柵が設置されていない。 朝夕には池上線と東急多摩川線を直通する列車が設定されている。 これは、平日のの運用に加え、池上線に併設されているから東急多摩川線への車両の送り込み(またその逆も)を兼ねている。 この直通列車は構内配線の都合上、方向転換する必要があるため、通常池上線列車が発着する2番線に入線する。 また、東急多摩川線で臨時列車が運行される時や運行障害などで3・4番線が使用不能な場合は2番線から東急多摩川線列車が発着することがある。 改札口の中には「」が設置されている。 駅売店は、トイレ設置工事に伴い2012年3月16日をもって一旦営業を終了したが、多機能トイレ設置後に営業を再開した(2015年5月時点で営業中)。 池上線で1本、東急多摩川線で2本のが行われている。 このうち各1本ずつがそれぞれ五反田行きと多摩川行きのに充当される。 度(3月)にホーム、コンコース、旅客トイレ等が、で3番目となる全駅となる。 のりば [ ] 番線 路線 行先 備考 1・2 池上線 ・・方面 3・4 東急多摩川線 ・方面 朝夕の一部は2番線• ホーム(2010年3月) 駅改修工事 [ ] 2007年度から、東急の駅についても対応などの改修工事を実施することが発表され、新たにが設置された。 従来より駅ビルや西口(JR側)を経由することでバリアフリーに対応していたが、これにより駅ビルの営業時間外でもエレベーターの利用が可能になっている。 2012年にはトイレも設置された。 2013年度に駅舎改修が行われた。 また、自由が丘駅、緑が丘駅に次いで東京急行電鉄で3番目となる全面照明化され、調光するLED照明が導入されている。 多摩川アートラインプロジェクト [ ] で、当駅には以下のアーティストによる芸術が施されている。 本橋良介「Ibk2007」• 吉田重信「INFINITY LIGHT」 利用状況 [ ]• JR東日本 - 2019年度の1日平均は 144,934人である。 同社の駅ではに次いで第21位。 東急電鉄 - (池上線・多摩川線内相互乗換人員は除く)。 池上線 - 2019年度の1日平均は 77,049人である。 池上線内ではに次いで第2位。 東急多摩川線 - 2019年度の1日平均 乗降人員は 91,787人である。 多摩川線内では第1位。 年度別1日平均乗降人員 [ ] 近年の1日平均 乗降人員推移は下記の通り(JRを除く)。 なお、のは東に800m程度離れた場所に立地する。 当駅から京急蒲田駅を経由するバスに乗車する際に、同駅で降車する旨を運転士に申告すると、現金に限りが100円となる。 駅東口側 [ ]• 大田区役所 蒲田地域庁舎・蒲田東特別出張所• 大田区保健所• 大田区消費者生活センター• 大田区立蒲田駅前• 大田区社会福祉センター• キッズな蒲田(子育て支援施設)• アロマスクエア郵便局• 蒲田支店• 蒲田店• 蒲田一郵便局• 大田労働基準監督署• 大田年金事務所• 蒲田公証役場• 蒲田支店• 三菱UFJ銀行 蒲田駅前支店• 蒲田支店• 蒲田支店• 蒲田支店 駅西口側 [ ]• 大田区役所 蒲田西特別出張所• 蒲田駅前郵便局• 蒲田キャンパス• 駅南口側 [ ]• JR東日本(車両無配置区)• 蒲田清掃事務所• 蒲田店• ラヴィ• ラヴィセントラルフィットネスクラブ蒲田• ソリューションスクエア• 駅ビル [ ] 2008年に「蒲田」として開業した。 JR側のは、2007年3月末まで蒲田ステーションビル株式会社(1963年2月11日会社設立、2007年4月ジェイアール東日本商業開発株式会社に合併される )が運営していた。 東口側に1962年開業の「パリオ」が、西口側には1970年開業の「サンカマタ」がそれぞれ営業していた。 双方とも老朽化・陳腐化が激しくなり、バリアフリーの対応についても不充分であったため、JR蒲田駅改修に併せ、2007年から全館一斉休業して、両館を統合させるとともに、大規模改修工事に着手した。 空港シャトルバス 東口発着のは、路線(川崎・蒲田 - TDR線)を除き、すべてが運行している。 なお、毎年8月に開催される大連合蒲田祭では東口一帯が交通規制されるため、バス乗降場と運行経路が変更になる。 かつては蒲田祭開催時のほか、毎週日曜の日中にもの関係で交通規制があり、バス乗降場と運行経路の変更を伴っていたが、現在は歩行者天国は実施されていない。 かつては、に所在した川崎工場への路線バスやへの直行便なども運行されていた。 (昭和48年)3月までは、同じく京急グループで川崎市内の路線を担当するも共管で乗り入れていた。 現在、東口発着の路線は蒲36・森50系統が、川崎・蒲田 - TDR線が、それ以外はすべてが運行する。 川崎・蒲田 - TDR線で共同運行するはの担当となっている。 0番乗り場• 行(空港シャトルバス)()• 1番乗り場• 羽田車庫行(・下経由)(京浜急行バス)• 六郷神社・六郷橋行(京浜急行バス)• 大師橋下行(六郷橋経由)(京浜急行バス)• 2番乗り場• 行(・沢田通り経由)(京浜急行バス)• 3番乗り場• 国際線ターミナル行(・六間堀経由)(京浜急行バス)• 羽田空港行(同上)(京浜急行バス)• 羽田車庫行(同上)(京浜急行バス)• 4番乗り場• 羽田車庫行(日の出通り経由)(京浜急行バス)• 5番乗り場• 六丁目行(日の出通り経由)(京浜急行バス)• 行(日の出通り・北糀谷経由)(京浜急行バス)• 6番乗り場• 五丁目行(・経由)(京浜急行バス)• (京浜急行バス・) 西口 [ ] 西口発着の路線バスはすべてが担当している。 昭和40年代には川崎市内・横浜市内への、また(昭和59年)2月までは・両区への直通路線もあったが、いずれも廃止になっており現在は品川駅行きがに入る以外は原則として大田・品川区内で完結する路線しかない。 「」、「」、および「」も参照 現在、蒲田駅を発着する東急バス路線の担当は森01系統が、それ以外はすべてである。 かつてはや(いずれも廃止)、も乗り入れていたほか、蒲15系統は一時期が担当していた時期がある。 1番乗り場• 行(・高畑小学校経由)• 毎年8月15日の大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」開催時は、地区交通規制のため、高畑小学校止まりとなる。 2番乗り場• 行(・経由)• 3番乗り場• 行(池上駅前・大森駅・経由)• 大井町駅行(池上駅前・大森駅経由)• 井03(入庫) 池上営業所行(池上駅前経由)• 毎年10月12日に開催されるの際は、池上地区交通規制のため、品川駅行・大井町駅行・池上営業所行は15時以降終車まで徳持小学校止まりとなる。 森01系統は矢口東小学校前との間を蒲12系統のルートで迂回運行となる。 2017年2月に廃止された蒲15系統荏原町駅入口行は終車まで運休となっていた。 将来計画 [ ]• 105。 128-129。 、pp. 82-83。 104。 , 2020年4月30日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東京急行電鉄, 2000年3月28日 , の2019年10月29日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東京急行電鉄, 2000年7月14日 , の2015年4月14日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , PASMO協議会/パスモ, 2006年12月21日 , の2020年5月1日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月5日閲覧。 東日本ユニオン東京地本. 2019年8月24日時点のよりアーカイブ。 2019年11月15日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2019年4月3日 , の2019年4月6日時点におけるアーカイブ。 , 2019年10月15日閲覧。 東急電鉄. 2019年11月19日閲覧。 東急電鉄. 2019年11月19日閲覧。 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ]• - 13ページ• - 10ページ• - 10ページ• - 10ページ• - 10ページ• - 10ページ• 参考文献 [ ]• 宮田道一『東急の駅 今昔・昭和の面影』JTBパブリッシング、2008年9月1日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• :JR東日本• (各駅情報) - 東急電鉄.

次の

交通アクセス|大田区産業プラザPiO

蒲田 東急プラザ 駐輪場

29 - Jan. 3 Maintenance Day Unscheduled closure Please kindly check our calendar. 東急多摩川線「下丸子駅」下車すぐ• 東急池上線千鳥町駅~徒歩7分• 1 minute's walk from Shimomaruko Station on the Tokyu Tamagawa Line. 7 minutes' walk from Chidoricho Station on the Tokyu Ikegami Line. 4 minutes from Tamagawa St. Tokyu Meguro Line 10 minutes from Meguro Sta. to Tamagawa Sta. Tokyu Toyoko Line 18 minutes from Sibuya Sta. to Tamagawa Sta. JR Keihin Tohoku Line 18 minutes from Yokohama Sta. to Kamata Sta. 9 minutes from Shinagawa Sta. to Kamata Sta.

次の