生姜 糖質。 生姜焼きのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食べ物に変える食べ方|CALORI [カロリ]

ファミマでライザップ:コラボ生姜醤油ラーメンの感想・カロリー・口コミは?

生姜 糖質

さきほど、生姜には、栄養素の中でも炭水化物が多く含まれているという話をした。 水分の次に多いのが、炭水化物である。 一方、三大栄養素である、脂質とたんぱく質は少ない。 脂質はそれぞれ100g中、おろし部分0. 8g、おろし汁部分の0. 3gであり、たんぱく質はおろし部分0. 7g、おろし汁部分0. 4gとなっている。 そのほか、おろし部分については、食物繊維総量(不溶性、水溶性含む)が7. 4gと大きい。 生姜をすりおろしたときに筋っぽいところがあることから、想像できるだろう。 身体に有益な栄養の中では、カリウムがおろし部分380mg、おろし汁部分300mgと多く含まれているのが目立つが、生姜といえば、辛み成分が特筆すべきポイントだ。 この辛み成分はジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールと名付けられた3種類である。 ジンゲロールが加熱や長期保存で脱水すると、ショウガオールが増える。 またジンゲロンもジンゲロールからできたものである。 ジンゲロールがほとんどを占めているなかで、これをベースに、ほかの2つの成分が生成されるということだ。

次の

生姜を使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

生姜 糖質

生姜の糖質はどれくらい? 生姜には6. 6gの炭水化物と2. 1gの食物繊維があります。 糖質は「炭水化物-食物繊維」で出すことができるので、生姜の糖質は4. 5gということ。 ちなみに100gあたりの数値です。 生姜は一塊で40g前後。 すべて摂取すると約2gの糖質をとりいれることになります。 とはいえ、生姜をそのままバリバリ食べることは少ないでしょう。 大半は薬味として利用するか、細かくスライスして料理に少しだけ加えるかです。 そのため、必要以上に糖質を気にすることは無いと思います。 糖質を気にせずダイエット効果を期待する方がよほど建設的でしょう。 生姜は野菜の中で糖質が多い?少ない? 他の野菜と比較すると、生姜の糖質4. 5gは少し多い方です。 有名な野菜だけで考えても、少ない方には1. 7g、カリフラワー2. 3g、ピーマン2. 8g、キャベツ3. 4gなどが存在します。 一応はミニトマト5. 8g、ニンジン6. 4gのように多い方の野菜も存在しますが、そこまで数はありません。 しかし、先ほども言ったように生姜は100gバリバリ食べるような野菜ではありません。 そのため、他の野菜と比較するのはナンセンス。 あくまでも比較した場合は、少し多いと考えておいてください。 生姜のカロリーは? 生姜のカロリーは100gで30kcalです。 野菜はカロリーが全体的に少なめなことから、30kcalでも多いように感じるわけですが、食品全体で比較すれば微々たるもの。 比べる対象がおかしいかもしれませんが、チョコレートなんかは100gで500kcalを超えてますからね。 とうがらし345kcal、えだまめ134kcalなど、カロリーの高い一部の野菜以外は気にせずとも大丈夫でしょう。 ちなみに、生姜と同じ30kcalにはたけのこ、赤ピーマン、レッドキャベツ、わけぎが存在します。 生姜の主要成分 生姜にはショウガオールと呼ばれる成分が含まれており、これが先ほど話した代謝能力アップにつながります。 ショウガオールを摂取することで血行が促進され、それによって身体が温まり、新陳代謝がアップする仕組み。 自然と汗の量も増えるため、強力なダイエット効果が得られるでしょう。 この効果は乾燥させた生姜や加熱した生姜の方が高いとされます。 また、ジンゲロールと呼ばれる成分には殺菌作用があります。 同時に発ガン物質による遺伝子の突然変異を防ぐ作用から、ガン予防にも効果的です。 他にも香り成分であるシネオールが含まれ、食欲増進や疲労回復、夏バテ解消などに効果を発揮。 他にもミネラルの一種であるカリウムや食物繊維を多く含んでおり、老廃物の排出効果が期待されます。 生姜の簡単糖質制限レシピ 糖質制限ダイエットのためにも、積極的に摂取したい生姜。 しかし、他の野菜のように生のまま食べるわけにもいきません。 そこで、簡単にできる糖質制限レシピを紹介。 これなら毎日、生姜を美味しく摂取できます。 生姜と卵のスープ 用意するのは生姜のすりおろしと卵、調味料は鶏ガラスープのもとに醤油です。 まず、鍋に人数分の水を入れたら鶏ガラスープのもとを投入し、沸騰させ、いったん火を止めてから卵を投入してかき混ぜます。 終わったら再度加熱し、そこにすりおろした生姜と醤油を加えれば完成。 ただ、これだけだと具材が卵と生姜のみで寂しいので、他の野菜を加えるのもありです。 相性が良いのはみょうがなどでしょうか。 自分の好みでいろいろな食材をプラスしてみてください。 もちろん、食材をプラスする際は、まず糖質量を確認しておきましょうね。 食材によっては糖質制限に向かないものも多く存在します。 まとめ 生姜がいかに糖質制限ダイエットに適した食材かお分かりいただけたでしょう。 生姜の体を温める効果は冬場にぴったり。 体を冷やしすぎてしまうと、そこから冷え性や代謝能力ダウンにつながる恐れがあります。 これらはダイエットの天敵。 体を冷やさないためにも、生姜を上手に活用しましょう。 制限中でも糖質は気にしなくて大丈夫ですよ。 私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?.

次の

豚の生姜【しょうが】焼きのカロリーや糖質量!定食だと?

生姜 糖質

生姜焼きは主に豚肉を使います。 豚肉は、部位によってカロリーが大きく異なってきて、生姜焼きで使う豚肉は、一般的に豚ロースを使うことが多いです。 豚ロースは100gあたり「263kcal」で、生姜焼きになるとタレのカロリーをプラスして、「約400kcal」と高カロリーになります。 生姜焼き以外の食べ物のカロリー 100gあたり• 野菜炒め:約60kcal• 麻婆豆腐:約133kcal• チンジャオロース:約163kcal このように他の料理と比較すると、生姜焼きのカロリーが高いということがわかります。 生姜焼きは醤油や砂糖などの調味料がたくさん使用されているので、カロリーが高くなっているのです。 豚バラでの調理方法もありますが、豚バラ肉の100gあたりのカロリーは「434kcal」と高めです。 生姜焼きになるとタレのカロリーをプラスして「約600kcal」と、豚ロースよりかなり高いカロリーになってしまいます。 生姜焼きは高カロリーですが、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることが可能と言われています。 生姜焼きの糖質量は? カロリーは高めの生姜焼きですが、糖質はあまり高くありません。 豚バラ、豚ロースの100gあたりの糖質量は「約0. 1g」、生姜焼きにしても「約8. 1g」と低糖質です。 生姜焼き以外の食べ物の糖質量 100gあたり• 野菜炒め:約3. 麻婆豆腐:約10g• チンジャオロース:約5g このように比較してみても、生姜焼きのカロリーが低いということがわかります。 肉系はもともと糖質が少なく、生姜焼きにしても糖質が多い具材や調味料があまり使用されないので、このように糖質が低くなっているのです。 ただし、豚の中でも豚レバーは100gあたりの糖質が「約1. 3g」と一気に高くなります。 また、同じ肉でも赤身が多い牛肉は、豚肉と比べると糖質が高い部位が多いので、生姜焼きにする場合は豚バラか豚ロースを使うようにしましょう。 生姜焼きのダイエット効果 生姜が体を温め代謝をアップしてくれる 生姜焼きに使用される生姜には、体を温めてくれる働きがあります。 生姜によって体が温められると、内臓まで温められ、内臓の働きが活発に活発になるので、代謝をアップすることが可能なのです。 代謝がアップすると、1日の消費カロリーを高くすることができるので、痩せやすい体を作ることができると言われています。 豚肉に含まれるカルニチンが脂肪燃焼を促してくれる 生姜焼きに使用される豚肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。 このカルニチンという成分は、体に蓄積された体脂肪に働きかけ、体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われています。 豚肉といえば、高カロリーで太るイメージを持たれがちですが、食べる量や食べ方を間違えなければ痩せることができる食材なのです。 玉ねぎがコレステロール値を下げてくれる 生姜焼きに使用されることの多い玉ねぎ。 この玉ねぎには「アリシン」という成分が豊富に含まれており、肥満の解消に効果的と言われています。 アリシンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあり、その結果肥満の原因である中性脂肪も減らすことができるため、痩せやすい体になれるのです。 生姜焼きの注意点・デメリット 高カロリーな部位を使用しない 先ほども紹介しましたが、豚肉は部位によってカロリーに大きな差があり、生姜焼きに使用する部位によってはかなり高カロリーになってしまうことに繋がると言われています。 ダイエット中に生姜焼きを食べる際は、できるだけカロリーの低い豚ロースなどの部位を使用するようにすると良いでしょう。 ご飯の量を減らす 生姜焼きの食べ方として、生姜焼きをおかずにご飯を食べる方法が挙げられます。 生姜焼きとご飯の相性は抜群で、ご飯が進みますよね。 しかし、ご存知の通りご飯は炭水化物なので高カロリー・高糖質になっており、たくさん食べてしまうとあっという間に太る原因になってしまいます。 ダイエット中はご飯を食べないようにするか、ご飯の量を減らすなどの工夫が必要です。 キャベツと一緒に食べる 生姜焼きのお供として人気のキャベツ。 普段何気なく食べているキャベツですが、実は生姜焼きに添えられているのには大きな意味があったのです。 キャベツには「食物繊維」が豊富に含まれており、この食物繊維の働きによって腸内環境が整えられ便秘を解消することができ、痩せやすい体を作ることができるのです。 また、食物繊維には満腹感を出してくれる働きもあり、少量の生姜焼きで満腹感を感じることができ、食事や間食の量を減らすことができると言われています。 生姜を多めに使用する 先ほども紹介したように、生姜には体を温め、代謝をアップし、痩せやすい体を作ってくれる働きがあります。 その生姜を普段よりも多めに使用してあげることで、より高い少雨がの代謝アップ効果を期待することができます。 ただし、生姜は刺激が強い食べ物なので、食べ過ぎてしまうと胃腸に負担をかけてしまうことに繋がるので、食べ過ぎには注意するようにしましょう。 フライパンにサラダ油を敷き、豚肉を炒める 2. そこにえのき、玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める 3. おろし生姜、砂糖、料理酒、醤油、みりんを加えて炒め、お皿に盛ったら完成 低カロリーな「えのきを使った生姜焼き」のポイント このメニューは、高カロリーな豚肉の量を減らし、低カロリーなえのきの量を増やすことで、満腹感は保ちつつカロリーを抑えることができるので、非常にダイエットに効果的です。 さらに、えのきには食物繊維が豊富に含まれており、便秘を解消し、体の老廃物や毒素を排出するデトックス効果を期待できるので、おすすめのメニューです。 高カロリーな生姜焼きでも食べ方次第では痩せれる!.

次の