サカイ リサイクル。 【楽天市場】ブランド品 > ジュエリー:サカイのリサイクルショップ

サカイ引越センターで引越します。 段ボールが足らないので、サカイのリサイクル段ボール(他人が一度使うがきれいなもの)を、貰えると聞きました。

サカイ リサイクル

株式会社サカイ引越センターの奈良支社及び奈良南支社において、排出者から引き取った廃家電の一部が、製造業者等以外の者(いわゆるスクラップヤード業者)に引き渡されていたことから、経済産業省及び環境省は、家電リサイクル法第16条第1項に基づき、株式会社サカイ引越センターに対し、排出者から廃家電を引き取ったときは、製造業者等に当該廃家電を引き渡すべき旨の勧告等を行いました。 1.経緯・事実関係 特定家庭用機器再商品化法(以下「家電リサイクル法」という。 )上の小売業者に該当する株式会社サカイ引越センターの奈良支社及び奈良南支社(いずれも奈良県大和郡山市)に対して、経済産業省本省及び環境省本省並びに近畿経済産業局及び近畿地方環境事務所が家電リサイクル法第53条第1項に基づく立入検査を実施したところ、排出者から引き取った特定家庭用機器廃棄物(以下「廃家電」という。 )である廃エアコンの一部が、製造業者等以外の者(いわゆるスクラップヤード業者)に有償で引き渡されていた事実が確認されました。 これを受け、平成30年5月16日、経済産業省及び環境省において、株式会社サカイ引越センターに対し、家電リサイクル法第52条に基づき報告を求めたところ、同月31日、以下のとおり、奈良支社及び奈良南支社で、複数の従業員の関与により、製造業者等以外の者への引渡しが行われたとの報告を受けました。 2.家電リサイクル法に基づく勧告及び報告徴収 小売業者には、家電リサイクル法第10条の規定に基づき、排出者から引き取った廃家電を製造業者等に引き渡す義務が課せられており、本件は当該引渡義務違反に該当することから、平成30年6月12日付けで家電リサイクル法第16条第1項及び第52条に基づき、以下のとおり勧告を行うとともに報告を求めました。 (1)勧告の名宛人 株式会社サカイ引越センター 代表取締役社長 田島 哲康 (2)勧告の内容 排出者から廃家電を引き取ったときは、自ら当該廃家電を機器として再度使用する場合、又は機器として再度使用し、若しくは販売する者に有償若しくは無償で譲渡する場合を除き、家電リサイクル法第10条に基づき製造業者等に当該廃家電を引き渡すこと。 (3)報告を求めた事項• 平成30年6月からの1年間における、奈良支社及び奈良南支社の毎月の廃家電の引取り及び引渡しの状況• 当該月の翌月末まで• 当該四半期の末月の翌月末まで 3.引越業者の団体を通じた注意喚起 株式会社サカイ引越センターは引越業者であるところ、他の引越業者についても、家電リサイクル法上の小売業者に該当して廃家電の引取り及び引渡しを行っている場合があることから、本件のような不適正な引渡しを防止し、家電リサイクル法の遵守を図るため、引越業者の団体を通じ、引越業者向けリーフレット(平成30年2月作成)等も活用しつつ、適正な引渡しについての周知徹底を行います。 また、他の小売業者についても、小売業者の団体を通じ、適正な引渡しについての周知を行います。 4.参考(会社概要) 会社名:株式会社サカイ引越センター 代表者:代表取締役社長 田島 哲康 本社所在地:大阪府堺市堺区石津北町56番地 主な事業:引越運送、引越付帯サービス業務 関連資料• 経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 環境リサイクル室長 田中(伸) 担当者:鈴木、田中(雄) 電話:03-3501-1511(内線 3981~7) 03-3501-6944(直通) 03-3580-2769(FAX)• 環境省 環境再生・資源循環局 総務課 リサイクル推進室長 小笠原 担当者:中根、高橋 電話:03-3581-3351(内線6804、7863) 03-5501-3153(直通) 03-3593-8262(FAX).

次の

兵庫尼崎リサイクルショップドリーム・ブランドショップドリーム

サカイ リサイクル

株式会社サカイ引越センターの奈良支社及び奈良南支社において、排出者から引き取った廃家電の一部が、製造業者等以外の者(いわゆるスクラップヤード業者)に引き渡されていたことから、経済産業省及び環境省は、家電リサイクル法第16条第1項に基づき、株式会社サカイ引越センターに対し、排出者から廃家電を引き取ったときは、製造業者等に当該廃家電を引き渡すべき旨の勧告等を行いました。 1.経緯・事実関係 特定家庭用機器再商品化法(以下「家電リサイクル法」という。 )上の小売業者に該当する株式会社サカイ引越センターの奈良支社及び奈良南支社(いずれも奈良県大和郡山市)に対して、経済産業省本省及び環境省本省並びに近畿経済産業局及び近畿地方環境事務所が家電リサイクル法第53条第1項に基づく立入検査を実施したところ、排出者から引き取った特定家庭用機器廃棄物(以下「廃家電」という。 )である廃エアコンの一部が、製造業者等以外の者(いわゆるスクラップヤード業者)に有償で引き渡されていた事実が確認されました。 これを受け、平成30年5月16日、経済産業省及び環境省において、株式会社サカイ引越センターに対し、家電リサイクル法第52条に基づき報告を求めたところ、同月31日、以下のとおり、奈良支社及び奈良南支社で、複数の従業員の関与により、製造業者等以外の者への引渡しが行われたとの報告を受けました。 2.家電リサイクル法に基づく勧告及び報告徴収 小売業者には、家電リサイクル法第10条の規定に基づき、排出者から引き取った廃家電を製造業者等に引き渡す義務が課せられており、本件は当該引渡義務違反に該当することから、平成30年6月12日付けで家電リサイクル法第16条第1項及び第52条に基づき、以下のとおり勧告を行うとともに報告を求めました。 (1)勧告の名宛人 株式会社サカイ引越センター 代表取締役社長 田島 哲康 (2)勧告の内容 排出者から廃家電を引き取ったときは、自ら当該廃家電を機器として再度使用する場合、又は機器として再度使用し、若しくは販売する者に有償若しくは無償で譲渡する場合を除き、家電リサイクル法第10条に基づき製造業者等に当該廃家電を引き渡すこと。 (3)報告を求めた事項• 平成30年6月からの1年間における、奈良支社及び奈良南支社の毎月の廃家電の引取り及び引渡しの状況• 当該月の翌月末まで• 当該四半期の末月の翌月末まで 3.引越業者の団体を通じた注意喚起 株式会社サカイ引越センターは引越業者であるところ、他の引越業者についても、家電リサイクル法上の小売業者に該当して廃家電の引取り及び引渡しを行っている場合があることから、本件のような不適正な引渡しを防止し、家電リサイクル法の遵守を図るため、引越業者の団体を通じ、引越業者向けリーフレット(平成30年2月作成)等も活用しつつ、適正な引渡しについての周知徹底を行います。 また、他の小売業者についても、小売業者の団体を通じ、適正な引渡しについての周知を行います。 4.参考(会社概要) 会社名:株式会社サカイ引越センター 代表者:代表取締役社長 田島 哲康 本社所在地:大阪府堺市堺区石津北町56番地 主な事業:引越運送、引越付帯サービス業務 関連資料• 経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 環境リサイクル室長 田中(伸) 担当者:鈴木、田中(雄) 電話:03-3501-1511(内線 3981~7) 03-3501-6944(直通) 03-3580-2769(FAX)• 環境省 環境再生・資源循環局 総務課 リサイクル推進室長 小笠原 担当者:中根、高橋 電話:03-3581-3351(内線6804、7863) 03-5501-3153(直通) 03-3593-8262(FAX).

次の

浜松市東区 アルミホイール出張買取 タイヤ販売 リサイクル 有限会社リサイクルサカイ

サカイ リサイクル

サカイ工業 事務所 当社は、明治25年初代坂井作平が現在地で開業以来、主に瓦製造に従事しておりましたが、昭和56年に坂井窯業株式会社を設立後、屋根工事を始め、平成に入ってからは土木工事建設廃棄物の中間処理業、さらには建築業に至るまで業容を拡大してきました。 また、平成16年には社名をサカイ工業株式会社に変更して特定建設業となり、平成17年には一般廃棄物の認証を取得してリサイクル事業にも進出しました。 現在は一般廃棄物の処理は致しておりません。 久留米市宮の陣クリーンセンターにご相談ください。 一般廃廃棄物の収集運搬は可能です) リサイクルセンター 当社では、平成5年に建設廃棄物の中間処理場を開設して県南地区の建設資材の廃棄物処理を行っています。 産業廃棄物中間処理業者と収集運搬処理者の許可を受け、広く県南地域の建設資材の廃棄物加工を引き受けています。 取扱品目は「ガラスくず類」、「がれき類」、平成25年「木くず」を承認されて年々取扱量が増えてきており、現在では毎日平均30トンの廃棄物処理を受け入れています。 廃瓦について受け入れてリサイクル処理をしています。 サカイリサイクルプラザ 瓦廃材は建設物の建て替えや増改築 解体 などにより大量に発生し、当社でも土木工事の造成現場で埋め立て及び再生利用 県市町村 使用されています。 また、建設廃棄物の搬入が増加するなかで、コンクリートやアスファルトは破砕して再生クラッシャラン RC-40 ・粒調砕石 RM-25 、廃レンガ・廃瓦は ルーフチップ・再生埋戻砂・路盤材利用 、木くずはウッドチップ 発電用・ビニールハウス暖房 などを製造して販売しています。

次の