創価の森通信。 創価学会 人気ブログランキングとブログ検索

創価学会 人気ブログランキングとブログ検索

創価の森通信

現職ソウル市長の朴 元淳(パク・ウォンスン)が7月9日、 多数の女性へのセクハラ・性犯罪で告発され、7月9日、 自殺したことで韓国で騒ぎになっています。 彼は韓国与党支持層にとって大きな存在であり、 反日運動でも主軸となっていた人物です。 人権重視を主張してきたにもかかわらず、 性犯罪スキャンダルで死を選びました。 パク・ウォンスンは、韓国でのコロナ集団感染の原因とされる 宗教法人「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」の指導部を 殺人罪で告訴した人物で、「あらゆる手段を総動員しても 新天地教の責任を追及する」と言及していました。 2020年3月26日、同教団の対応が問題視される中、 ウォンスンは「謀略伝道と偽装布教など、違法伝道を続けた」 ことを理由として、ソウル市に存在する同教団の 設立許可の取消を行いました。 この行政処分により、 当該教会は法人格を喪失させもしました。 この強硬な行動は、韓国・創価学会にとっても脅威でしょう。 加えて、反日活動の中心人物でもあり、 日本政府としても脅威の存在でした。 いずれにしても、今回の自殺は文政権にとって痛手になります。 先の慰安婦財団の不正や元韓国兵士が損害賠償を求め、 韓国司法が金正恩委員長らに賠償支払いを命じる 判決なども混乱の原因になっています。 諸悪の根源は事実を元にした判断、相手を慈しむ行動の欠如であり、 相手を悪に仕立て、自らを正義に見せるという 左翼運動そのものにあると思います。 他人のせいにばかりし、自らを反省もしない生き方は、 個人も国も決して幸せにしないものです。

次の

創価学会 人気ブログランキングとブログ検索

創価の森通信

御書に見る「成仏を約束された人々」 19 新池殿 新池左衛門尉といい、生没年不明、大聖人御在世当時の鎌倉幕府直参の武人の門下で遠江国磐田郡新池(静岡県袋井市)に住み、日興上人の折伏によって妻・新池尼と共に大聖人に帰依されたと思われる。 新池殿御消息と新池御書の 2 編が遺されている。 「諸経は随他意なり仏一切衆生の心に随ひ給ふ故に、法華経は随自意なり一切衆生を仏の心に随へたり、諸経は仏説なれども是を信ずれば衆生の心にて永く仏にならず、法華経は仏説なり仏智なり一字一点も是を深く信ずれば我が身即 仏となる、譬えば白紙を墨に染むれば黒くなり黒漆に白き物を入るれば白くなるが如し毒薬変じて薬となり衆生変じて 仏となる故に妙法と申す」(新池殿御消息 、法華経 随自意 事1437 頁)弘安 2 年 5 月 58 歳御作 通解: 諸経は随他意なのです。 仏が一切衆生の心に随って説かれたからです。 法華経は随自意です。 一切衆生を仏の心に随がわせて説かれたからなのです。 故に諸経は仏説ではあるけれども、これを信ずるならば、衆生の心に随ったものであるから、永久に仏に成れないのです。 法華経は仏説であり仏智であるから、一字一点でもこれを深く信ずるならば、我が身は即仏となるのです。 たとえば、白紙を墨で染めると黒くなり、黒漆に白い物を入れると白くなる様なものです。 毒薬が変じて薬となり衆生が変じて仏となる、故に妙法というのです。 「かかる上下万人一同のにくまれ者にて候に・此れまで御渡り候いし事・おぼろげの縁にはあらず宿世の父母か昔の兄弟にておはしける故に思い付かせ給うか、又過去に法華経の縁深くして今度仏にならせ給うべきたねの熟せるかの故に・在俗の身として世間ひまなき人の公事のひまに思い出ださせ給いけるやらん。 (中略)かかる所へ尋ね入らせ給いて候事・何なる宿習なるらん、釈迦仏は御手を引き帝釈は馬となり梵王は身に随ひ日月は眼となりかはらせ給いて入らせ給いけるにや、ありがたしありがたし」 (新池殿御消息 1438 頁) 通解: この様に、日蓮が日本国の上下万人一同の憎まれ者であるのに、この身延山まで訪ねて来られた事は、浅い縁ではないのでしょう。 前世の父母か、昔の兄弟でおられた故に、思いつかれたのでしょうか。 また過去に法華経との縁が深くて、今度仏になるべき種が熟した故に、多忙な在家の身でありながら、公務の暇に思い出されたのでしょうか。 (中略)この様な所に尋ねて来られた事は、どの様な過去世の因縁なのでしょうか。 釈迦仏は手を引き、帝釈は馬となり、梵王は身に随い、日月は眼と成り代わって来られたのでしょう。 有難い事です、重ねて有難い事です。 「相構へて・いかにしても此の度此の経を能く信じて命終の時・千仏の迎いに預り霊山浄土に走りまいり自受法楽すべし、信心弱くして成仏ののびん時・某をうらみさせ給ふな、譬えば病者に良薬を与ふるに毒を好んでくひぬれば其の病愈えがたき時・我がとがとは思はず還つて医師を恨むるが如くなるべし、此の経の信心と申すは少しも私なく経文の如くに人の言を用ひず法華一部に背く事無ければ仏に成り候ぞ、仏に成り候事は別の様は候はず、南無妙法蓮華経と他事なく唱へ申し候へば天然と三十二相八十種好を備うるなり、如我等無異と申して釈尊程の仏にやすやすと成り候なり」( 新池御書 1443 頁)弘安 3 年 2 月 御書に見る「成仏を約束された人々」 19 新池殿 新池左衛門尉といい、生没年不明、大聖人御在世当時の鎌倉幕府直参の武人の門下で遠江国磐田郡新池(静岡県袋井市)に住み、日興上人の折伏によって妻・新池尼と共に大聖人に帰依されたと思われる。 新池殿御消息と新池御書の 2 編が遺されている。 「諸経は随他意なり仏一切衆生の心に随ひ給ふ故に、法華経は随自意なり一切衆生を仏の心に随へたり、諸経は仏説なれども是を信ずれば衆生の心にて永く仏にならず、法華経は仏説なり仏智なり一字一点も是を深く信ずれば我が身即 仏となる、譬えば白紙を墨に染むれば黒くなり黒漆に白き物を入るれば白くなるが如し毒薬変じて薬となり衆生変じて 仏となる故に妙法と申す」(新池殿御消息 1437 頁)弘安 2 年 5 月 58 歳御作 通解: 諸経は随他意なのです。 仏が一切衆生の心に随って説かれたからです。 法華経は随自意です。 一切衆生を仏の心に随がわせて説かれたからなのです。 故に諸経は仏説ではあるけれども、これを信ずるならば、衆生の心に随ったものであるから、永久に仏に成れないのです。 法華経は仏説であり仏智であるから、一字一点でもこれを深く信ずるならば、我が身は即仏となるのです。 たとえば、白紙を墨で染めると黒くなり、黒漆に白い物を入れると白くなる様なものです。 毒薬が変じて薬となり衆生が変じて仏となる、故に妙法というのです。 「かかる上下万人一同のにくまれ者にて候に・此れまで御渡り候いし事・おぼろげの縁にはあらず宿世の父母か昔の兄弟にておはしける故に思い付かせ給うか、又過去に法華経の縁深くして今度仏にならせ給うべきたねの熟せるかの故に・在俗の身として世間ひまなき人の公事のひまに思い出ださせ給いけるやらん。 (中略)かかる所へ尋ね入らせ給いて候事・何なる宿習なるらん、釈迦仏は御手を引き帝釈は馬となり梵王は身に随ひ日月は眼となりかはらせ給いて入らせ給いけるにや、ありがたしありがたし」 (新池殿御消息 1438 頁) 通解: この様に、日蓮が日本国の上下万人一同の憎まれ者であるのに、この身延山まで訪ねて来られた事は、浅い縁ではないのでしょう。 前世の父母か、昔の兄弟でおられた故に、思いつかれたのでしょうか。 また過去に法華経との縁が深くて、今度仏になるべき種が熟した故に、多忙な在家の身でありながら、公務の暇に思い出されたのでしょうか。 (中略)この様な所に尋ねて来られた事は、どの様な過去世の因縁なのでしょうか。 釈迦仏は手を引き、帝釈は馬となり、梵王は身に随い、日月は眼と成り代わって来られたのでしょう。 有難い事です、重ねて有難い事です。 「相構へて・いかにしても此の度此の経を能く信じて命終の時・千仏の迎いに預り霊山浄土に走りまいり自受法楽すべし、信心弱くして成仏ののびん時・某をうらみさせ給ふな、譬えば病者に良薬を与ふるに毒を好んでくひぬれば其の病愈えがたき時・我がとがとは思はず還つて医師を恨むるが如くなるべし、此の経の信心と申すは少しも私なく経文の如くに人の言を用ひず法華一部に背く事無ければ仏に成り候ぞ、仏に成り候事は別の様は候はず、南無妙法蓮華経と他事なく唱へ申し候へば天然と三十二相八十種好を備うるなり、如我等無異と申して釈尊程の仏にやすやすと成り候なり」( 新池御書 1443 頁)弘安 3 年 2 月 59 歳御作.

次の

創価8強、早め継投奏功2年生森畑が好救援/西東京

創価の森通信

不倫(ふりん)は本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味するが、近年では特に、結婚制度から逸脱した男女関係の意味で使用される。 不倫は配偶者のある男や女が、配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことをいう(配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も含む)。 古くは姦通、不義密通といった。 (くだけた表現では浮気と呼ばれる。 この言葉は未婚の恋人同士でも使われる。 ) TBSのテレビドラマ「金曜日の妻たちへ」(1983年)が、「不倫」という言葉を「男女間の不義密通」という意味に変化(固定)させたきっかけと言われている。 満州事変(満洲事変、まんしゅうじへん、Manchurian Incident)は、1931年(昭和6年)9月18日に奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍(大日本帝国陸軍)が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件)に端を発し、関東軍による満州(現中国東北部)全土の占領を経て、1933年(昭和8年)5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の戦争(紛争、事変)。 関東軍はわずか5ヶ月の間に満州全土を占領し、軍事的にはまれに見る成功を収めた。 中国側の呼称は九一八事変。 この軍事衝突を境に、中華民国東北部を占領する関東軍と現地の抗日運動との衝突が徐々に激化した。 日本では軍部が発言力を強めて日中戦争(支那事変)への軌道が確定し、中華民国市場に関心を持つアメリカら列強との対立も深刻化した。 1931年(昭和6年)の満州事変の勃発から1945年(昭和20年)の日中戦争の終戦までを一体の戦争と捉え、いわゆる十五年戦争とする見方もある。 しかし、満州事変自体は停戦協定(塘沽協定)の成立によって一応収束しており、以後の日中戦争とは連続しないとする意見もある。 太平洋戦争(たいへいようせんそう、英:Pacific War)は、第二次世界大戦の局面の一つで、1941年12月8日(大本営発表日)から1945年8月15日の玉音放送(ポツダム宣言受諾)を経て、9月2日に降伏調印の期間における、日本と、連合国(主にアメリカ・イギリス・オランダなど)との戦争である。 この12月8日という日付は日本標準時に拠るものであり、アメリカなどでは開戦時12月7日であった。 、 なお、「太平洋戦争」という呼称は、戦後にGHQによる占領政策によって定着した名称であり、当時の日本側の公式な呼称は「大東亜戦争」である。 ただし、「大東亜戦争」の語は1941年から1945年の日中戦争を含むが、「太平洋戦争」は一般的にそれを含まない。 1936年(昭和11年)の日独防共協定、1937年の日独伊三国防共協定に引き続き、アジアにおける日本の指導的地位及びヨーロッパにおける独伊の指導的地位の相互確認、調印国いずれか一ヵ国が米国から攻撃を受ける場合に相互に援助すると取り決めがなされた。 実質上、対米軍事同盟と見なされ、日本の対英、対米関係は極端に悪化した。

次の