カマス ジョー 育成。 【圧倒的進化】クイックターン採用!鉢巻カマスジョーの育成論【ポケモン剣盾】【鎧の孤島】

カマスジョー育成論 : 【対DM】飛行に一発ぶちカマスジョー【対面構築】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

カマス ジョー 育成

はすいすい持ちで 最速かつ最高の攻撃力を持っているのでタイプや積み技を考慮しなければ1番適していると言えます。 雨物理でのすいすい持ちは他にと言う候補がいますがは攻撃種族値が低いので考慮外。 はa115とのa123と近い数字と言うことで今回はとの差別化点を中心に考察していきます。 の長所 ・高い攻撃と素早さ ・インファイト の長所 ・並以上の耐久 ・タイプ一致での岩技による打点 ・ダイスチルで耐久をあげながら殴れる の短所 ・紙耐久 ・積み技を覚えない の短所 ・素早さが低い ・岩タイプによって弱点が多い それぞれ長所があり短所もあります。 どちらが強いかは状況によって変わるので明言は出来ませんがいくつか実践的な例を出します。 死に出し前提でダイマックスを切るとした場合、は自分よりsの低いポケモンを倒しながら無傷で次のポケモンと対峙出来ますが、の低いsでは一発貰う可能性は高くなります。 また、すいすい下では電磁波を食らってもは高い素早さを維持出来るのに対しては中速アタッカーにほぼ上を取られてしまいます。 ポケモンと言うゲームにおいてsが高いというのは極めて重要なステータスなので基本的にはこれが1番の差別化ポイントです。 かと言ってそれが全てではなく、 でもすいすいが発動すれば準速でも最速100族以下のスカーフは抜けますし、積み技からの受け崩し、タイプ上などに有利に立ち回れるので出来ることはより多いです。 耐久面ではそれが顕著に現れます。 ダイマックスをしている状況では一発堪えるがは落ちてしまうという場面は多々あります。 やのダイサンダーなど 高いsによる汎用性では、耐久と積み技で崩し性能が高いのがといった所でしょう。 確定技 たきのぼりorアクアブレイク インファイト サイコファングorドリルライナー• 選択技 じごくつき かみくだく こおりのキバ ギガインパクト みがわり 技考察 たきのぼり(威力80命中100) 2割の怯み効果がある水確定枠。 アクアブレイク 威力85命中100 の方が威力は若干高いがダイストリームの威力は130と同じな上、2割の防御ダウンの追加効果よりも怯みの方が強引な突破の可能性があるため今回はこちらを採用。 インファイト(威力120命中100) 水技の次に打つ機会が多いです。 への打点や ダイナックル 威力95 として積み技として使う感覚の方が強い。 DMが切れても連発しても威力が落ちないのが利点。 雨下でスカーフを安定してワンパン出来る。 サイコファング(威力85命中100) ほぼ専用と言っていい。 他にはダイサイコでの皮を剥ぎながら影打ちを封じるのに役立つ。 壁が壊せるという申し訳程度の追加効果もある。 下のドリルライナーとの選択だが対を見た時にDMが切れた後サイコフィールドの火力が乗るこちらを推奨。 ドリルライナー 威力80命中95 1番打ちたい系に刺さらないのが痛すぎる。 上記同様への打点と数は多くないがやaが上がればDMしたも一撃で落とせるのでロトム以外の電気を見たい場合は。 選択技 じごくつき かみくだく (威力80命中100) 専用技。 他に打つ相手はいないと言ってもいい。 氷の牙との違いは雨下で打っても天候が変わらない点。 威力命中は一緒なのでどちらでも大差はありません。 こおりのキバ(威力65命中95) 草タイプやドラゴンタイプへの打点。 DMで打つと ダイアイスとなり天候が変わってしまうのが難点。 もっとも1番打ちたい相手はなので襷ケアをしたいのであればこちらもあり。 その場合は後続のスカーフ持ちに抜かれる可能性があるので今回は選択肢止まり。 ギガインパクト(威力150命中90) ネタではなく普通に強い。 a1ランク上昇で苦手なH252やを1撃で倒せる。 かみくだくよりは使う機会が多かったのでこちらもおすすめ。 みがわり 鬼火やあくび避け、相手のDMを枯らすのに。 ダイウォールが使えるようになるので戦いの幅が広がるので地味にでかい。 候補技 どくづき 威力80命中100 コメントよりご指摘がありましたので一考。 DMしなければフェアリーへの最高打点です。 DM時は ダイアシッド 威力90 なので抜群でも等倍ダイストリームの方が火力が出ます。 DM前提の今回は見送りですが鉢巻持たせればh4を6割くらいの乱数で飛ばせるのでありか。 運用方法 たきのぼり ダイストリーム威力130 HB特化 58. カマスの育成論、シンプルながら良く考察されていて素晴らしいと思います。 そこに気付くとはあなたも立派なカマス使いですね。 その場合余りは防御と特防に振れるのでsを調整して…みたいな事が無限に考えられますよね。 本来であれば全てのポケモンはこのように調整するべきなんだろうなぁと思いますがそれが実践で実感する場面は非常に少ないですよね…ほんの少しの耐久調整でミリ耐えした時の快感は異常。 コメント評価ありがとうございます。 ここまでの火力と素早さを貰ってるので耐久に突っ込んではいけない。 毒づきですがドリルライナーと共にやはり1度は考えました。 毒づきはDMとのシナジーは最悪ですし素の状態で打ってもキッス倒せないんですよね…ただフェアリーの打点という意味では一考の余地は本論に記載するべきだと思ったので追記させて頂きますね。 まだカマスを使ったことのないガチ素人の意見ですが、よければ検討お願いします。 「飛び跳ねる」ですが草への打点という意味では「氷のキバ」の方が同時にドラゴンも見れるので採用理由が薄くなります。 sは雨を降らせることであげられるので追加効果もシナジーが薄いです。 「飛び跳ねる」が刺さる相手は思いつく限りではルンパッパくらいしかいなかったのであくまで候補技止まりかなぁと思います。 確かに音技を制限出来るじごくづきの方が良さそうに見えますね。 しかし悪技はほとんど素で打つ機会はないのでどちらでも良いというのが正直なところです。 ぱっと思いつく程度でじごくづきが有効なのはストリンダーくらいでしょうか。 ニンフィアやジャラランガに対しては今ひとつなので滝登りの怯みや氷のきばの方が強そうですね。 ストリンダーはダイストリームや雨滝登り、サイコファングでh振りでも倒せるので襷を考慮しない場合は影響は少ないと言っていいでしょう。 ただかみくだくも採用理由は悪技と言う点でしかないので、音技を封じる事が出来ることによるワンチャンでじごくづきの方が良さそうなので内容を修整しようと思います。 ご指摘ありがとうございました。

次の

カマスジョー/対戦

カマス ジョー 育成

カマスジョー タイプ みず 特性 すいすい 重量威力(けたぐり等) 60 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 61 123 60 60 50 136 490 個別考察 第8世代にて爆誕した雨パのニューカマー。 数ある天候エースの中でも最速どころか、《すいすい》なしでも大概のポケモンに先制が取れるスピードを持っています。 従来の天候パだとペリッパーなどの天候始動要員が必要になりますが、新要素のダイマックスと天候変化で素早さを倍加させる特性の相性が非常に良いです。 カマスジョーで言えば、水技をダイマックス状態で撃つことでダメージを与えたあとに雨を降らせることが可能なので、相手をダイマックス技で落としつつ次ターンから雨の恩恵を大いに受けて戦闘を継続できます。 とは言え、ダイマックスは一度しか使えないことと、相手もダイマックスを使ったり、天候始動ポケモンで上書きしてくることも想定すれば単体での運用は安定しないのでペリッパーを採用しておくと安心ですね。 耐久は低いものの、ダイマックスすればHPが増えるため、弱点を突かれたり超火力で攻撃されない限りは一度耐える余裕があります。 したがって、攻撃と素早さに努力値を振り切るぐらいでいいと思います。 耐久に振る場合、HPが大きく増えるダイマックス前提であれば、防御特防に努力値を回したほうが耐久指数が上がります。 性格補正は攻撃素早さどちらでもいいと思います。 火力を優先するか、雨なしの状態でどこまで抜いておきたいかというのは環境を鑑みて判断しましょう。 技考察 アクアブレイク 水物理技の中では最高威力です。 威力が5しか変わらないものの、怯みを狙える滝登りもワンチャン掴めることがあるので選択は好みです アクアジェット 水物理の先制技。 かなり素早いポケモンではありますが、耐久が低いことから相手の先制技にもまぁまぁ弱いので、技スぺが余っているなら積極的に採用したいですね インファイト 水の通りが悪いラプラスやサザンドラ、ナットレイなど、技範囲を広げやすく威力も高い優秀なサブウェポンです こおりのキバ 威力は低めですが、草タイプと多くのドラゴンタイプに対して役割破壊できるサブウェポン。 仮想敵を一撃で倒すのは難しいです じごくづき ドラパルトに対しては氷牙よりも与ダメが大きいです。 ランクルスみたいな耐久の高いエスパーにも刺さったりします ドリルライナー 苦手な電気タイプに有効ですが、電気タイプの多くは水技で等倍が取れるので、パッチラゴンなど仮想敵がピンポイントになりがちです サイコファング ジャラランガやローブシンといった耐久の高い格闘タイプが仮想敵です すてみタックル 水技の通りが悪く、他のサブウェポンでは弱点が突けないときに活躍する等倍高威力技。 ダイストリームによる自家荒天により2ターン目以降の火力を爆上げしますが、前述の通り2度目以降の雨展開のためペリッパーや雨乞い要員を連れていくと良いです。

次の

【圧倒的進化】クイックターン採用!鉢巻カマスジョーの育成論【ポケモン剣盾】【鎧の孤島】

カマス ジョー 育成

カマスジョー育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 カマスジョーはポケモン剣盾(ソードシールド)で初めて登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 高い攻撃と素早さを持つ高速物理アタッカー型の性能となっている。 特に素早さは特性「すいすい」を持つため、更に高めることができ、 こだわりスカーフ持ちのポケモンですら余裕をもって抜かすことができる。 ポケモン剣盾(ソードシールド)ではダイマックスが追加されたため、 「ダイストリーム」で自力で雨天候にして「すいすい」の発動ができる点も強力。 攻撃範囲も広く、水技の他、格闘、エスパー、飛行、悪、毒、地、氷のサブウェポンを覚えることができる。 一方で物理耐久・特殊耐久はかなり低く、等倍攻撃でも一撃で倒されることも多いのが欠点。 とはいえ、「きあいのタスキ」を持たせればある程度カバーすることができる。 スポンサーリンク カマスジョーの特性 すいすい (天候が雨の特に素早さが2倍になる。 ) スクリューおびれ(隠れ特性) (相手の技を引き受ける特性や技の影響を無視できる。 ) 考察 「すいすい」の優先度が非常に高い。 素早さを最大でまで振り補正をかければ、実数値206、雨天候で412と圧倒的。 こだわりスカーフ持ちですら余裕をもって抜かすことができる。 また、素早さを削って低い耐久を補うという選択肢も生まれる。 「スクリューおびれ」は「このゆびとまれ」などの技を誘導する効果を無視し攻撃できる。 よって主にダブル用となる。 シングルではトレース対策にくらいしかならず、採用はありえないと言える。 タイプ一致技。 威力は高くないが命中安定。 追加効果も優秀。 たきのぼり 水 80 100 怯み20% タイプ一致技。 威力は高くないが命中安定。 高い素早さを持つので怯み効果を活かしやすい。 アクアジェット 水 40 100 優先度+1。 タイプ一致先制技。 自身の素早さが高いので不要の場合もあるが、相手の先制技より先に攻撃する用途に使える。 インファイト 格闘 120 100 防御と特防低下 威力は高く命中安定だが耐久が下がってしまう。 「きあいのタスキ」を持たせているならあまり耐久低下は気にならない。 サザンドラに刺さる点が高評価。 サイコファング 超 85 100 壁破壊 威力は高くないが命中安定。 壁構築に刺さる。。 とびはねる 飛 85 85 麻痺30% 相手ダイマックス時のターン稼ぎ。 環境に多いゴーストに刺さる。 じこくづき 悪 80 100 音技を封じる 威力は低めだが命中安定。 音技使いに刺さる。 どくづき 毒 80 100 毒30% 威力を低めだが命中安定。 水半減の草に刺さる。 ドリルライナー 地 80 95 急所ランク+1 威力を低めで命中も95。 苦手な電気に刺さる。 こおりのキバ 地 65 95 氷10%。 怯み10% 水半減の草・竜に刺さるが威力不足。 4倍弱点の相手に。 あまごい 水 - 雨天候にする。 ダイマックスしない場合や相手の天候書き換えに対抗するなら選択肢。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読み、様子見で使っていく。 まもる 無 - 優先度+4。 相手の攻撃を防ぐ。 様子見で使っていく。 耐久をあげられるダイマックスはもったいないので、この型ではできるだけ他のポケモンに雨を降らしてもらうほうが無難。 耐久面はあまり気にしなくてよくなったため、努力値を攻撃・素早さに全振りした。 性格は火力を優先するなら「いじっぱり」。 ただし、その場合素早さは最速 エースバーンと同速となり、 インテレオンには抜かれてしまう。 「すいすい」さえ発動すれば問題ないが、これを重くみるなら「ようき」を選択しよう。 技は水技は確定。 耐久力が下がるが威力は高い「インファイト」も「きあいのタスキ」と相性がいいので確定。 残りの技はパーティと相談して、カマスジョーで倒さねばならない相手を考えて決めるといい。 環境に多いゴーストに刺さる悪技と水を半減する草や環境に多いフェアリーに刺さるどくづきの優先度がやや高め。 雨は他のポケモンに降らせてもいいが、「ダイストリーム」で自力で雨を降らして、「すいすい」を発動させてもいい。 最速にするのも選択肢だが、たとえダイマックスしても耐久は不安なので、個人的には素早さを削って耐久に回すのがおすすめ。 素早さ92振り補正なしで リザードンなど100族を「すいすい」なしで抜くことができる。 技は水技は確定。 「インファイト」はダイマックス時に火力補強に使えるので確定。 残りの技はパーティと相談して、カマスジョーで倒さねばならない相手を考えて決めるといい。 環境に多いゴーストに刺さる悪技と水を半減する草や環境に多いフェアリーに刺さるどくづきの優先度がやや高め。 また、「ダイサイコ」で先制技封じができる「ダイサイコ」も候補となる。 スポンサーリンク カマスジョーのパーティメンバー考察 雨を自力で降らせるとはいえ、できれば他に雨を降らせるポケモンをパーティに入れておきたい。 よって特性「あめふらし」の ペリッパーはいれておいて損はない。 ただし、2体とも電気が弱点なので、電気に強いポケモンも入れておこう。 カマスジョーの対策 注意点 ・高い攻撃と素早さを持ち、高速物理アタッカーとして優れた性能を持っている。 ・「ダイストリーム」で攻撃しつつ雨天候にして、水技の威力増加と「すいすい」による素早さ倍増を行ってくる。 ・水技の他、格闘、エスパー、飛行、悪、毒、地、氷のサブウェポンを備え、攻撃範囲が広い。 対策方法 耐久力が低いのが弱点。 一撃で倒されないポケモンであれば、反撃で大ダメージを与えることができる。 ダイマックス状態でも、草タイプや電気タイプで弱点をつけば一撃で倒せることも多い。 積み技は攻撃1段階上昇の「ダイナックル」、まず覚えていないがランダム性の高い「つぼをつく」程度。 よって火傷をいれてしまえば、確実に機能停止する。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の