しらさぎ 編成。 KATO鉄道模型ホームページ

「しらさぎ」

しらさぎ 編成

京阪神と北陸を結ぶ「雷鳥」系統には681系「サンダーバード」が先駆けて投入され、数年の時間を置いて683系が大量に登場。 一方、首都圏と北陸をアクセスする「はくたか」系統は、「ホワイトウィング」や「スノーラビット」の連続投入で485系投入の列車は一気に縮小。 名古屋圏から北陸へと走る「しらさぎ」は、メイン特急の中で最後まで485系が活躍し、新車投入が後回しとなっていました。 北陸と中京を結ぶ高速道路の建設が本格化する中、JR西日本では来たるべく高速バスの猛攻撃に先手を打つべく、「しらさぎ」への新型特急投入を決定。 すでに「北陸特急」の顔として君臨していた683系「サンダーバード」型車両を「しらさぎ」仕様として製造、新たに683系2000番台が付与されました。 2002年末に第一編成がロールアウト、翌2003年3月のダイヤ改正で一部の「しらさぎ」で営業デビュー。 同年7月には特急「しらさぎ」「加越」の全列車の新型化が完了という、異例のスピードで485系を置き換えました。 先頭フェイスやサイドのデザインは「サンダーバード」とウリ二つですが、JR東海乗り入れを意識したオレンジのラインがチャームポイントです。 グリーン車は、とほとんど同じ空間造形となっていて、一見しただけでは見分けがつかないほどです。 外観上では、座席の肩部分にはグリップが追加されているのが、すぐに目に付く変化となっています。 (現在、サンダーバード編成でもグリップ付きの座席が出回っています) シートピッチは1,160mm。 2面展開のフットレストや上下可動式のヘッドピローは「サンダーバード」と共通の装備です。 付帯設備を展開させると、「サンダーバード」からさらにバージョンアップした点がいくつか見えてきます。 まず、インアームテーブルが片面展開から、2枚折りのワイドに広がるテーブルに変わりました。 また、センターアームレストが開閉式になっていて、開くと中からは液晶テレビ・・・ではなくドリンクホルダーが出てきます。 デッキ仕切り壁と対面になる席には、壁面に電源が設置されていて、車内でパソコンやモバイルの利用や充電が可能に。 (電源席は、名古屋・富山向きで1番ABC席。 米原向きで10番ABC席。 いずれもC席が1人掛け。 列車は上下とも米原で進行方向が変わります。 ) 全席禁煙となっていますが、今回の「しらさぎ」用の683系では、2号車寄りに「喫煙コーナー」が設置されました。 巨大な窓と木製カウンターテーブルが設置されていて、けっこう凝ったスペースに仕上げられています。 喫煙コーナーとトイレコーナーとの間にドアを設置。 さらに強力な換気装置と空気清浄機を搭載。 デッキとの仕切りドアもタッチセンサー式なので不要なドア開閉もなく、煙が客室へ流れるのを防いでいます。 ただ、それでも喫煙コーナーが混んでいると、9番10番席あたりでは軽くタバコの匂いが流入してくるのが分かります。 ちょっとのタバコの匂いも許せないという人は、1番2番あたりの弱番号の座席を指定してのチケット購入を薦めます。 ちなみに北陸本線内では「サンダーバード」などのグリーン車は大阪方で「1号車」なのに対して、 「しらさぎ」のグリーン車は「1号車」だけど富山方に連結されています。 乗車時にはご注意を。

次の

485系の動き 配置および編成・運用の移り変わり 金沢

しらさぎ 編成

特急しらさぎの車両と編成 特急しらさぎの使用車両 特急しらさぎはJR西日本所有の681系で運行しています。 (一部は683系8000番台)の列車もあります。 681系は1992年(平成4年)に誕生しました。 現在「しらさぎ」で運行している車両は2015年(平成27年)まで特急「はくたか」で運行していた車両です。 北越急行が所有していた681系2000番台も現在はJR西日本が買い取って「しらさぎ」で運行しています。 金沢方、名古屋方の1号車はグリーン車で流線形の形をしています。 「しらさぎ」用の車両は車両の帯にオレンジが入っています。 グリーン車以外の先頭車は分割や編号ができるように貫通扉が設置されています。 特急しらさぎの編成 特急「しらさぎ」は主に6両編成で運行します。 グリーン車が1号車で、そのほかは普通車です。 自由席と指定席の割合は図の通りです。 (JR西日本 HPより) 特急しらさぎの車内 グリーン車 1号車がグリーン車です。 濃いブラウン系の色の座席と赤いシートカバーで高級感があります。 座席の広さや間隔もゆったりしています。 しらさぎの681系にはコンセントはついていません。 普通車(自由席、指定席) 普通車はJR西日本の特急車両の楊淳仕様の座席です。 グレー系の座席とレッド系の座席があります。 こちらはレッド系の座席です。 色などで指定席や自由席と区別していることはありません。 座席はリクライニングする特急用車両としては標準の座席です。 コンセントはついていません。 車両の端の座席はテーブルが狭いので注意しましょう。 お手洗い等 多目的お手洗いは4号車にあります。 ベビーキープも設置されています。 多目的お手洗いにはベビーベッドも設置されています。 狭いながらもベビーキープが設置されています。 洗面台は鏡の横に間接照明があります。 JR西日本の特急の標準タイプの洗面台です。 WiFiなど 特急「しらさぎ」にはWiFiの設備はありません。 コンセントもありませんので、車内でネットを使って仕事をするなどを考えている場合は自前のネット環境が必要です。 特急しらさぎのおすすめ座席 特急「しらさぎ」では関ヶ原~米原間で伊吹山が見えます。 特に冬には雪をかぶったきれいな伊吹山を見ることができます。 伊吹山を見るには「A席」がおすすめです。 しらさぎには飲み物の自動販売機がある 特急「しらさぎ」には自動販売機はありません。 その他の飲み物や食べ物の車内販売もありません。 乗車前にコンビニや売店で買い物を済ませておきましょう。 特急しらさぎの停車駅、所要時間 特急しらさぎは下記の駅に停車します。 名古屋 米原 東京 (東京~米原間はひかり利用) 金沢 2時間58分~3時間02分 1時間51分~1時間58分 4時間10分~4時間20分 加賀温泉 2時間32分~2時間36分 1時間25分~1時間32分 3時間40分~3時間55分 芦原温泉 2時間21分~2時間25分 1時間14分~1時間21分 3時間30分~3時間45分 福井 2時間09分~2時間14分 1時間02分~1時間09分 3時間20分~3時間35分 武生 1時間56分~2時間 49分~56分 3時間10分~3時間25分 敦賀 1時間35分~1時間40分 28分~34分 2時間45分~3時間00分 時刻は名古屋駅基準で7時台〜19時台までおおむね1時間~2時間に1本。 米原駅基準で8時台から22時台までおおむね1時間に1本。 金沢駅基準で5時台~20時台までおおむね1時間に1本で運行しています。 特急しらさぎの運賃、料金等 通常の運賃、料金は次の通りです。 名古屋 米原 東京 (東京~米原間はひかり利用) 金沢 7,460円 6,930円 5,810円 5,280円 16,300円 15,510円 加賀温泉 6,690円 6,160円 4,700円 4,170円 15,800円 15,010円 芦原温泉 6,140円 5,610円 4,370円 3,840円 15,470円 14,680円 福井 5,810円 5,280円 3,420円 2,890円 14,920円 14,130円 武生 5,810円 5,280円 3,250円 2,720円 14,590円 13,800円 敦賀 4,700円 4,170円 2,150円 1,620円 13,820円 13,030円 (上段:指定席、下段:自由席、新幹線・特急料金は通常期) しらさぎに安く乗るには 特急しらさぎに利用できる割引きっぷには次のものがあります ・名古屋往復割引きっぷ、北陸往復割引きっぷ ・名古屋指定席特急回数券 ・東京往復割引きっぷ 名古屋往復割引きっぷ、北陸往復割引きっぷ はJR西日本が発売する往復タイプの割引きっぷです。 はJR東海が発売する往復タイプの割引きっぷです。 特急「しらさぎ」、「能登かがり火」の普通車指定席と新幹線の米原~名古屋間では普通車自由席が利用できます。 米原~名古屋間ではしらさぎの指定席と新幹線の自由席が選べます。 高岡、富山、黒部宇奈月温泉からは北陸新幹線の自由席も利用できます。 有効期間は福井県発着は4日間、石川・富山県発着は6日間です。 GW、お盆、年末年始以外は利用できます。 北陸エリア、名古屋エリアの主な駅のみどりの窓口で購入できます。 JR西日本のインターネット予約「e5489」でも予約できます。 きっぷの値段は次の通りです。 特急「しらさぎ」の普通車指定席と新幹線の米原~名古屋間では普通車自由席が利用できます。 米原~名古屋間ではしらさぎの指定席と新幹線の自由席が選べます。 高岡、富山、黒部宇奈月温泉からは北陸新幹線の自由席も利用できます。 有効期間は3か月です。 GW、お盆、年末年始以外は利用できます。 北陸エリアの主な駅のみどりの窓口で購入できます。 きっぷの値段は次の通りです。 特急「しらさぎ」と新幹線「ひかり」「こだま」が利用できます。 (「のぞみ」は利用できません) 普通車用とグリーン車用があります。 有効期間は7日間です。 GW、お盆、年末年始以外は利用できます。 北陸エリアの主な駅のみどりの窓口で購入できます。 きっぷの値段は次の通りです。 また羽田空港から小松空港まで飛行機ののって、リムジンバスで福井に行くこともできます。 名古屋~金沢、名古屋~福井、東京~福井の交通機関の比較をまとめました。 名古屋~金沢の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR(しらさぎ) 6,280円~7,460円 2時間58分~3時間02分 16往復 (1時間~2時間間隔) (米原からは1時間間隔) 高速バス 3,600円~4,500円 3時間53分~4時間03分 10往復 (1時間~2時間間隔) 名古屋~福井の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR (しらさぎ) 4,820円~5,810円 2時間09分~2時間14分 16往復 (1時間~2時間間隔) (米原からは1時間間隔) 高速バス 2,850円~3,300円 2時間50分 8往復 (1時間~2時間間隔) 東京~福井の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR (新幹線+しらさぎ) 13,030円~14,920円 3時間20分~3時間35分 1日16往復 (約1時間間隔) 飛行機 (ANA,JAL) 11,270円~27,370円 3時間30分 ~3時間40分 10往復 (ANA4往復、JAL6往復) 各交通機関の解説 金沢~名古屋線 は北陸鉄道、名鉄バス、西日本ジェイアールバス、JR東海バスが共同運行する高速バスです。 所要時間と本数は次の通りです。 名鉄バスセンター(名古屋駅)~金沢駅東口:約3時間53分~4時間03分 1日10往復運転 金沢駅行きは名古屋駅新幹線口からも乗車できます。 降車はできません。 運賃は次の通りです。 福井~名古屋線 は京福バス、名鉄バス、福井鉄道、JR東海バスが共同運行する高速バスです。 所要時間と本数は次の通りです。 名鉄バスセンター(名古屋駅)~福井駅東口:約2時間50分 1日8往復運転 運賃は次の通りです。 東京~福井で羽田空港~小松空港を飛行機利用 航空機は羽田空港から小松空港まで就航しています。 羽田空港~小松空港 JAL、ANAが就航しています。 運行本数:1日10往復(JAL6往復、ANA4往復) 所要時間は次の通りです。 羽田空港~小松空港:約1時間05分~1時間10分 東京駅~福井駅:約3時間30分~3時間40分(JR、京急、リムジンバスの時間を含む) 運賃は次の通りです。 このほかに羽田空港までのJR、京急の運賃と小松空港から福井駅までのリムジンバス運賃が必要です。 (東京駅~羽田空港:580円(JR・京急) 小松空港~福井駅:1,400円、合計1,980円) 運賃 ANA JAL 通常運賃 23,890円 25,390円 バリュー3(ANA 得便割引3(JAL 12,290円~13,290円 12,290円~13,290円 スーパーバリュー28(ANA 先得割引(JAL 9,660円~11,790円 10,090円~11,790円 スーパーバリュー55(ANA) スーパー先得(JAL 9,390円~11,490円 9,290円~11,390円 フライトの時刻やリムジンバスの情報については次のページもご覧ください。 しらさぎにも乗れる宿泊も一緒ならさらにお得なJRセットプラン 特急しらさぎから乗り換えできる列車 名古屋駅 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 特急「」、特急「」 、快速「 」 尾張一宮駅 岐阜駅 特急「」 大垣駅 米原駅 新幹線「ひかり」、「こだま」 、 金沢駅 北陸新幹線「かがやき」、「はくたか」、「つるぎ」 特急「能登かがり火」、特急「花嫁のれん」 特急しらさぎとは 特急「しらさぎ」は名古屋、米原から敦賀や福井を経由して金沢でを結ぶ列車です。 1964年(昭和39年)に運転を開始しました。 当初は名古屋~富山間の列車で車両は485系の1往復の設定でした。 米原駅では新幹線に接続するダイヤとなっており、東京から福井へはしらさぎを利用するのがもっとも速いルートとなっています。 特急「しらさぎ」の設定前は急行「能登」や準急「ゆのくに」が運転されていました。 「しらさぎ」は1往復の設定だったので、「能登」や「ゆのくに」はそのまま残ります。 その後、「しらさぎ」は本数を増やしていきます。 1975年(昭和50年)には湖西線開業に伴い「雷鳥」が米原を通らなくなったため、新幹線連絡列車として米原~金沢・富山間に特急「加越」が設定されます。 1985年(昭和60年)には急行「くずりゅう」が快速に格下げされ、この区間の昼間の優等列車は特急のみになります。 1988年(昭和63年)には米原~金沢間に新幹線連絡の速達特急として「きらめき」が設定されます。 1991年(平成3年)には七尾線電化完成に伴い「しらさぎ」も和倉温泉までの乗り入れを開始します。 1997年(平成9年)に「きらめき」は「加越」に統合されます。 2003年(平成15年)には485系から「しらさぎ」用に新製された683系2000番台に車両が変更になります。 また「加越」が「しらさぎ」に統合され、名古屋・米原~金沢・富山間の全列車が「しらさぎ」となり、16往復の運転となります。 2015年(平成27年)に北陸新幹線が金沢まで開業。 「しらさぎ」は運転区間が金沢まで短縮され、名古屋・米原~金沢間の列車となります。 車両は683系2000番台から「はくたか」で使用されていた681系(一部683系8000番台)が使用されるようになります。 特急しらさぎの関連商品.

次の

しらさぎ (列車)

しらさぎ 編成

とは、とが運行しているである。 概要 に「」と共に交直流として運転を開始した。 当初はの予定だったがの落成が遅れた為に延期となり、それまでは「運休扱い」だった。 ~間を走るであるが、かつて「加越」(「」に吸収される形で名称消滅・後述)が担当していた~間を担当するも存在する。 乗務員はで・が交代する。 また、~間は需要の関係で6両編成のみで運転され、で付属編成の解結が行われる。 発着の編成はで方向転換をする。 なお、ではやとのに配慮されているが、それ以外との連絡は配慮されていない。 から全となっている。 には共にのを築いてきた盟友「 」が「」に統一された為、「」は単独で交直流最の名称となった。 かつては以東へ向かう、行き・和倉行き(いずれも発)が存在したが、のの延伸後は以東の行は「」1往復を除き止され、「」は全発着となった(なお、については「」で代替)。 ~間の停は、石動(一部)、、であった。 の運行本数は~8往復と~8往復。 乗り継ぎを考慮したシャトル「」が~間に設定され以東を代替している。 北陸新幹線開業に伴う車両の変遷 以降、全が運用に就いていたが、が開業した以降は時代の「」及び「」運用に就いていた0・とが運用に就いている。 「」運用開始にあたり、体のをとに変更し、「 」や「」のも消されている状態で正前に編成の方向転換が行われた。 元所有のとも順次「」のに変更されたが、正直後は、で運用に就くこともあった。 同正直後は、に所属しているも運用に入っていたが、元所有編成の変更が終了したため基成のW01編成は「」運用に戻っている。 なお、付属編成のV01編成は「」運用に戻ることなくとなった。 運用から撤退した「」用はに番の上、「くろしお」「」等の運用に就いているの置き換えの為、と福知山に転属する。 「加越・きらめき」と「しらさぎ」 がへ延伸した、それまで経由だった「」が経由となった事ででの接続を強化すべく~間に「加越」が新設された。 新設された「加越」は当時としてはしくをしていないであった。 その後も「加越」は「」と共に接続にて活躍し、には「加越」の速達版として「きらめき」が登場した。 「・加越・きらめき」は好調に推移していくが、が開業したに「きらめき」が止された。 その後、元「」編成のが「」へ転身するもからが「・加越」に投入され、同年には「・加越」の全てが化された。 ただ、「加越」がで運用されたのは短期間で、同年の正で「加越」は「」に統合された。 「しらさぎ」データ• 会社:・• 運用線区:・• 区間:・~• 使用種():0・、(所属)• 使用種():・・・・・(S編成)・• 運行開始日:• ~間は逆編成• ~間は7~9号をするもある• までは5・8・11両編成での運行であった 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• ・・・•

次の