ビル・ゲイツの軽井沢別荘。 超豪邸!? ビル・ゲイツさんが軽井沢に建設中の別荘を見に行ってきたよ!

凄い情報です!ビル・ゲイツの軽井沢別荘について: あほうどりのひとりごと 幸福への近道

ビル・ゲイツの軽井沢別荘

マイクロソフト社の共同創業者・会長であり、世界的な大富豪であるビル・ゲイツ氏が、軽井沢町内の敷地2万2,000平米に別荘を建設中というのは、地元では誰もが知るところ。 完成の暁には、日本有数の避暑地はどのように変貌するのだろう。 現地でレポートするとともに、軽井沢の方向性を探ってみる。 ゲイツ氏の別荘については、2012年3月に長野県の業界紙が初めて報道し、その後、情報が広まっていたため、今更特に驚くことではない。 しかし、なぜゲイツ氏がこの時期に日本の軽井沢に別荘を造るのかということには、多くの人が興味を抱いていることであろう。 建設地は軽井沢町長倉千ケ滝西区にあり、敷地約2万2,000平米 =約6,600坪 、総工費約80億円で、地上1階・地下3階、回廊式和風建築の豪邸と言われている。 現場全体は工事用の塀に囲まれ、内部に入り込むことは不可能。 加えて、塀には薄い布が張られているため、中の様子を観察することも困難であった。 規模は不明であるが、広い森林の中に4階建て程度の巨大なビルが建ち始めているという感じだ。 では、ゲイツ氏の別荘建設を地元はどう考えているのか? 関係方面に取材してみた。 まずは地元軽井沢町役場から。 しかし、「役場としては、ゲイツ氏の別荘建設について正式な通知は届いておらず、このような状態で取材に応じることはできません」と断られてしまった。 よく考えてみれば個人情報に値するので、情報が出にくいというのは当たり前だろう。 そこで、地元不動産業者の社長に訪ねたところ、「地元では、ゲイツ氏の別荘の話は既に出回っているよ。 ほとんどの人が内面では歓迎しているんじゃないかな」とのこと。 20世紀にはジョン・レノン氏と家族が度々滞在していた軽井沢。 21世紀になって新たに世界の著名人が進出したとしても、何ら不思議ではないということか。 ところで、軽井沢における近年の別荘事情はどうなっているのか。 前出の社長に尋ねてみると、「うちは30年以上ここで商売をしているけど、1店舗しかなくて事業規模が小さいせいもあり、業況にほとんど変化はないよ。 逆に、ゲイツ氏の別荘建設後の景気に期待している」とのこと。 加えて、町内で3店舗を営業しているというA社の役員にも質問。 「当社は不況と言われる中でも、比較的土地・建物の需要に恵まれています。 別荘の建設現場が途切れたことはほとんどありません。 聞くところによると、近年は他県の別荘を売り払い、ここで新たな別荘を求める富裕層が増加しているそうです」。 確かに、軽井沢は傍目 はため にも分かるように、この5年間くらいで確実に変わってきている。 ひとつは、自転車利用者が増えたということ。 これに伴って、至る所に自転車を貸し出す店舗が出店している。 これにはいろいろな理由が考えられるが、自転車の性能が向上し、より乗りやすく安全になったことなども影響しているらしい。 また、自転車のデザイン自体も優れている。 軽井沢は既に、通年型のリゾート地へと変貌しつつある。 その強力な原動力となったのが、「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」だ。 同施設はかつてゴルフ場があった場所に、長野新幹線軽井沢駅とともに設けられた。 これまでに、East・New East・New East Garden Mall・味の街・West・New Westの6つの店舗群が配置されている。 軽井沢・プリンスショッピングプラザの出現に伴って年間を通して顧客が訪れるようになり、この影響で、ツルヤ軽井沢店、マツヤ軽井沢店などのスーパーマーケットが取扱量を拡大。 並行して、コンビニエンスストアなどの小規模店舗も相次いで出店した。 こうなってくると、冬期は閉鎖していた各種店舗も需要の高まりから通年型へと営業形態を変化させ、結果として、軽井沢は通年型のリゾート地へと変貌を遂げつつあるのだ。 ただし、冬場の軽井沢は気温が低く積雪もあり、防寒と乗用車の冬用タイヤ装着は必須条件である。 では、軽井沢でおすすめスポットはどこか。 前述の通り軽井沢は通年型のリゾート地へと変貌しつつあるため、ほとんどのリゾート客の要望に応えられるほど、多くの立ち寄りスポットを抱えていること間違いなしだ。 旧軽井沢メインストリート 旧軽井沢銀座)、旧三笠ホテル、雲場池、白糸の滝、千ヶ滝、碓氷峠、塩沢湖、浅間山、油屋旅館、つるや旅館、万平ホテル、軽井沢大賀ホール、ショー記念礼拝堂他、矢ヶ崎公園、堀辰雄文学記念館、セゾン現代美術館、小瀬温泉、ゆうすげ温泉、塩沢温泉、塩壺温泉、星野温泉トンボの湯、立ち寄りの湯 軽井沢千ヶ滝温泉……。 枚挙にいとまがない。 そこで、旧軽井沢ホテルの近くにある小洒落 しゃれ たお店へ。 この「La volonte」は森の中の小さなお店で、アーティストによるクラフトや雑貨を選りすぐって集めている。 そして、ゆっくりと軽井沢を過ごせるカフェ・コテージも併設している。 筆者はここで、素朴な味のチーズケーキ 400円・税込み とシナモンが掛かったカプチーノ 650円・税込み を注文。 手作りの味と静寂感のある店で浸れる幸せをかみしめた。 ちなみにLa volonteは、4月中旬〜11月下旬のみ展開している。 本題から逸れてしまったが、今回の取材のテーマ、ゲイツ氏の別荘出現で軽井沢はどんな影響を受けるのか? ということである。 これに対する答えは簡単には出てきそうにないが、ある意味軽井沢がいよいよ、日本有数の避暑地から国際的なリゾート地へと、変貌を遂げる過程と見ることもできるのではないだろうか。 ゲイツ氏別荘の完成は今冬と言われており、一体どういう影響が出てくるのか、注目せざるを得ない。 外部サイト.

次の

なぜか軽井沢にビルゲイツの別荘 地上1階 地下3階 6657坪

ビル・ゲイツの軽井沢別荘

マイクロソフト社の共同創業者で、 新建新聞の記事をもとに、記者が現状を確認してきましたよ! 新建新聞の記事によると、ビル・ゲイツさんの別荘が建築中だということは、地元ではすでに話題になっていること。 敷地面積は1万9979㎡(約8千坪)で、地上1階、地下2階。 ヘリポートもあり、地下の専用道路から屋内に入れる仕組みもあり、延べ床面積は2000㎡らしい、とのこと。 (新建新聞の記事は、「ビル・ゲイツ 別荘 軽井沢」などと検索すれば出てきますよ。 ) 他にもインターネット上には、「温泉が8つあるらしい」とか「別荘ではなくて個人美術館らしい」とか、「完成は平成25年12月」、「建物だけで軽く10億はしちゃう」などと、様々な噂が流れています。 はっきりしている情報は少ないけれど、 もし本当に、ビル・ゲイツさんが日本を別荘建設の地として選んでくれたのなら、うれしいじゃないの! 今この時期にビル・ゲイツさんが日本に別荘を建設してくれるなんて、なんだか日本に対してビル・ゲイツさんがエールを送ってくれているようじゃないの! そんな気持ちになって、記者はうきうきと車を走らせました。 でも、きっと厳重警戒中で、どこにあるのかもわからないのだろうな……。 そんな予想をしながらも、新聞情報からだいたいの当りを付けて記者が車を走らせると、あっさり見えてきたのが、 何やらどでかい建設現場。 「何これ? まさかこの大きさで別荘じゃないよね。 野外音楽堂でも作ってるのかしら?」と思いながら近づくと、建設会社名も何を建設中なのかの説明書きもまったくない状態の建築現場。 あやしい。 もしや、これがビル・ゲイツさんの別荘!? 別荘地内の地図と現在地をナビを確認し、新建新聞に書かれていた場所と照らし合わせると、どうやらやっぱりここが、ビル・ゲイツさんの別荘らしい。 前の道は細く、曲がりくねって見通しも悪くて、車を止めるのもはばかられるような場所。 道幅に比べて建物があまりに大きいため、引いて撮影することができず、実際のどでかさを写真で伝えきれないのが本当に残念!! 周りに誰もいないので、誰にも確認することができない! 工事現場の反対側に回れば警備の人に会えるかも! そう思って道をぐるっと回って反対側へ。 すると、いましたよ、警備員の方が。 そこで、聞いてみました。 記者:すみません、これは何を作っているのですか? 美術館か何かですか? 警備員: 個人の別荘です。 そのため、これ以上の侵入はお断りしています。 やっぱり!! こんなにでかい建物が個人の別荘だなんて、すごすぎます!! もしここがビル・ゲイツさんの別荘でなかったとしても、個人でこのサイズの別荘ですよ。 相当なお金持ちに違いありません。 聞き込み調査をしようとするも、周りはとっても静かでステキな別荘地。 ぶらぶら歩いている人なんて見当たりませんでした。 周りには、名だたる日本の大企業の保養所がいっぱい。 近隣の保養所にいらっしゃる皆さん、ビル・ゲイツさんがお隣さんになったら、きっとヘリコプターで飛んでくるので滞在している日はわかるかもしれませんよ! 軽井沢は、1888年にカナダ人宣教師が別荘を設けたことから避暑地としての歴史がスタートし、ジョン・レノンも1970年代中期から晩年まで毎年の夏には家族連れで訪れた場所。 夏でもからっと涼しく、木々の香りがとても気持ち良くて、「ビル・ゲイツさん、さすがお目が高い!」と言いたくなります。 はっきりしたことはまだわかりませんが、もし本当にここがビル・ゲイツさんの別荘だったら、とてもうれしいですね! 記者は軽井沢出身に特に縁はありませんが、勝手に「大歓迎です!」とお伝えしたいです! (取材、写真、文=山川ほたる) [ ].

次の

「ビル・ゲイツの別荘」軽井沢に建設中の噂 総工費80億円か(2013年7月1日)|BIGLOBEニュース

ビル・ゲイツの軽井沢別荘

こんにちは、kinkoです。 アメリカの大企業「マイクロソフト社」の創業者、ビル・ゲイツ氏は、知らない人がいないほどの大富豪です。 今回、『ネプスちゃんねる』という動画で、「ビル・ゲイツの7つの予言」が気になったので、考察してみたいと思います。 世界5億人計画のメンバー? kinkoは、彼が「」のメンバーという話を耳にしてから、若干、懐疑的であります。 彼の演説映像を見るとそれらしい話をしていますから、 全くの噂話でもなさそうだと思っています。 軽井沢に広大な土地を購入し、大きな建物を建築しているのは何故でしょう? 地下3階は別荘にしては不自然だというオカルト業界では、秘密結社の集会場なのではないか?と憶測が憶測を呼んでいます。 ビル・ゲイツの7つの予言 1. 10〜15年以内に1年で3000万人が感染症で死亡 2. 2019年までにポリオが根絶 3. エネルギー問題は劇的に改善 4. AI 機械化 によって多くの職業が消える 5. デジタルマネーが貧困層の生活を向上 7. 2035年には貧困国は存在しなくなる ビル・ゲイツ氏は、「このような未来を作るにあたっては、経済的支援やインフラなどの環境整備が必要と考えており、予言ではなく実現するように行動すべきだ。 」と言っているそうです。 実現できるようにする? ・・・ ワクチンを推奨する理由 彼は「急激な人口増加によって感染症が蔓延する」と言っています。 とても良い人ですね! でも、 感染症で年間3000万人死ぬよ…と言っている根拠がわからないのです。 ポリオ根絶についても、2012年にインドでポリオが撲滅された影で、未試験のポリオワクチンを使い、47500人に麻痺の副作用が出ているのです。 パキスタンでも死亡例があるなど、彼は非難されているそうです。 AIで生活はよくなる? AIについては、徐々にその方向に向かっていますねぇ。 「仕事を取られる」と考える人と「仕事が楽になる」とポジティブに考える人に分かれると思います。 その点については、本人の努力次第になるかと思いますが、 富の分配 ベーシックインカム制度 をしなければ、貧困層は増えるような気がします。 2035年までに貧困層がいなくなるってことかしら? 労働はAIに任せて、人間みんなセレブになれる? そんな夢のような話が実現するのなら彼を応援したいですけどね。 早く具体的な施策を知りたいものです。 このような雲を見かける事が多くなりました。

次の